2008年09月01日

玉子トマト麺に隠された愛

今回紹介するスレッドはここだ。玉子トマト麺というのが主軸となって展開される話なので、あまりい写真が見つからなかったのだが、その写真をまずみていただきたい。

玉子トマト麺

「玉子トマト麺に隠された愛

 男がドアから入ってきたとき、女は男が帰ってきた理由を知っていた。

 男はもう三ヶ月も帰ってきていなかったが、男が何をしているかは町中の人に知れ渡っていて、この二人の間にはもう一人若くて美人の女性が存在していた。実は男は心の中に葛藤があり、もしあの女性に別れるわよと脅されなければ、女に離婚を切り出す勇気がなかったのだ。男にはわかっていた、結婚してからというもの、女が自分をどれほど愛してくれたかということを。

 男は椅子に座ると、心臓の鼓動が恐ろしいほど速いことに気付いた、それはまるで悪さをした子供が、親の前に座らされているかのようだった。女は逆に冷静で、以前と同じように、男が仕事から帰ってきたのを出迎えた、という風だった。女はお茶を男の前に出し、平然と『食事は済んだの?』と聞いた。男は首を縦に振ると、ふと目の前にいる女が見も知らぬ女であるかのような錯覚に陥った。

 男は女に詰め寄られ、詰られ、張り手の一つでも喰らわされるだろうと覚悟していたが、思わぬことに、女はここまで平静であったために、『ひょっとするとこの女にとって自分はそれほど大切ではなかったのだろうか?』といぶかしんだ。まあ、それでもいい、その方が話が早いと、あの二文字(楼主注:離婚ということだ)を切り出し、すまない、金銭的に償うと言った。

続きを読む
posted by 楼主 at 11:57 | Comment(6) | TrackBack(0) | 男女と性

2008年09月02日

万里の長城ケーブルカーでの落書き

北の女スパイ、任務果たせず報復おびえ→自宅玄関カギ4個

元被告は今年7月、日本にいる脱北者の居場所を突き止められないまま、渡航先の日本から韓国に戻った後、逮捕された。保衛部からの指令などをすぐに自白し、「逮捕されて良かった」と漏らしたという。

とあった。スパイが我が国で堂々と活動したことが明らかになったというのに、なんだか日常茶飯事のように軽く流すこの報道には驚いてしまった。いやはや、我が国はどうなっているのだろうか。

さて、今回の元スレはここだ。

「韓国人が万里の長城のケーブルカーで何してるか見てよ(写真集)

ケーブルカーに乗って万里の長城に行ったんだけど ケーブルカーの車内は落書きでいっぱいで よく見てみると 全部韓国の字だったんだ……韓国人が何書いてるのか知らないけど まさかケーブルカーは韓国人が発明したって書いてるのかな?それとも万里の長城は韓国人が発明したとでも?

もう一度よく見てみると韓国のカップルがケーブルカーでいちゃついてたんだってわかったよ!!!これは非難されるべきだよね!

万里の長城のケーブルカーに書かれた落書き

続きを読む
posted by 楼主 at 11:16 | Comment(11) | TrackBack(0) | 朝鮮半島

2008年09月03日

広東人が中央テレビを見ない理由

安倍首相の時には、福田を救世主のように持ち上げ、福田が首相になると、一転して支持率が低いから辞めろとでも言いたげな非難を続け、タイのような状況を避けるために福田首相が自ら退くことを決めれば、今度は身勝手だと批評する。これが我が国のマスコミだ。

中国の専門家―福原愛に紹介した自称番長の言葉を思い出した。

 とはいえ僕は、少し格好良く言えば、ジャーナリストだ。おかしなものにはケチをつけていかなければならない立場にある。五輪の全てを肯定する気はサラサラない。

なるほどなるほど。

さて、今回の元スレはここだ。

「どうして広東人は中央テレビをみないのか

大多数の広東人はCCTV(楼主注:中国中央テレビ)をみないことは、明白な事実です。私は責任をもって断言できます、ここ10年から20年の間絶大な人気を誇る春晚(楼主注:春節聯歓晩会の略語。紅白歌合戦のようなもの)さえ、広東人の中には見たことがない人が多いのです。

これは決して広東人がおごり高ぶってるわけでもなく、誰の文化的レベルが高いということでもなく、誰が誰をバカにしてるということでもなく、ただこの現象が存在している、否定のしようもなく存在しているということで、この存在を認めてこそ、初めて問題が解決できるのです。原因については、以下のようなものが考えられます。

続きを読む
posted by 楼主 at 11:06 | Comment(2) | TrackBack(1) | 広東

2008年09月04日

漢化が進む日本

06年の日本の赤ちゃん、150人に1人が中国系―日本

2008年9月2日、厚生労働省が発表した資料によると、06年に日本国内で生まれた赤ちゃんのうち、「両親または両親のどちらかが中国人」である数は、150人に1人に上ったことがわかった。中国新聞網が伝えた。

法務大臣よ、韓国・朝鮮と中国からの帰化を許可するなと題した内容を書いたことがあり、ローソン中国人留学生大量採用 日本人より優秀だから?という記事を見てからは上海にもあるローソンに行かないことを決めた我輩にとっては、実に残念な内容だ。

台湾独立という漢人内部の闘争にかかわってる暇があるなら、嫌中派のみなさんには、ぜひ法務大臣が偏り過ぎてる国々からの帰化を許可しないようプレッシャーをかけていただきたい。

今のところ漢化されている程度は、台湾>チベット>日本だが、このままいくと我が国は台湾やチベットのように、漢人に占領されてしまうかもしれない。

さて、今回の元スレはここだ。

「日本の義理の母:『あなたが息子と結婚したのは、お金のためですか?』

作者:小魚子

 夫が夫のお母さんに中国の女の子と結婚すると話したとき、夫のお母さんは夫に次のような話をしました。中国人は本当に偉大で、日本は以前あんなに中国に申し訳ないこと(戦争)をしたのに、千五には日本人が残してきた子供を養ってくれたのです。ありがたいことです。普通ではできないことを、中国人は全部やってのけたのですから、本当に偉大です。結婚したら、この中国の女性を大切にしなさい、と。結婚後、老人ホームへ義理の母に会いに行くたびに、義理の母は老人ホームのお医者さんと看護師さんに自慢げに、この子が中国のお嫁さんですよ!と紹介してくれたものです。

続きを読む
posted by 楼主 at 12:13 | Comment(16) | TrackBack(0) | 醜い中国人

2008年09月05日

中秋節にもらえるもの

ソフト上野「金」400万円!ルネサス高崎、4人に大盤振る舞いにこうあった。

代表の4人にとっては、日本オリンピック委員会(JOC)の金メダルに対する報奨金(300万円)と合わせて700万円を得た計算。

これが世界一に対する評価だ。

そして年間2兆円のODA増額を=援助国の取り組み不十分−国連報告にはこうあった。

報告書は日本のODAについても「2000年以降減少傾向が続いている」と言及。

我輩の感想を簡潔に述べると、外国のことなど知ったことじゃないということだ。まず自国民のために金を使おう。

国連に支払ってる金やODAに使う金は、世界一の選手たちにプレゼントした方がよほど我が国のためになる。拒否権という特権をもった国が国連全体の経費の大半を負担し、残りわずかを投票権しかない国が負担するというならわかるが、今のように権限の大きさと負担額の大きさが全くバラバラというのでは納得できない。

国際連合というまやかしの名前に騙されがちだが、本来は連合国と訳すべきで、枢軸国側の我が国は仲間外れなのだろう。

さて、今回の元スレはここだ。

「もうすぐ中秋節です、自分の会社の福利厚生を発表しましょう

続きを読む
posted by 楼主 at 12:19 | Comment(6) | TrackBack(0) | 収入

2008年09月07日

バイクタクシーがほぼ壊滅

中国では、バイクが禁止されている少数の都市以外なら、たいていどこでもバイクタクシーを利用することができる。利用することができるどころか、道を歩いていると、通りすがりのバイクにクラクションで注意を促され、こちらがいらないと意思表示をしなければならないほどだ。もちろん違法だが、ずいぶん昔の広東省の東莞だったか中山だったかでは、一応許可制になっていて、許可をもらった人は番号が書かれたベストを着ていたような気がする。広州ではバイクが全面禁止になったので、この風景をみることができないのがうれしいところだ。ぜひ上海もバイクを全面禁止にしてほしいものだ。

さて、今回の元スレはここだ。

「バイクタクシーが無料バスを生み出した経済学の原理

 メディアの報道によると、バイクタクシーがもたらす社会と交通の問題を取り除くため、湖南省常寧市は数百万元を投入していくつかの無料バスを提供することに決めました。すると、もともと1700台ほどもあったバイクタクシーがあっという間に400台ほどにまで激減したそうです。

 ここ何年か、常寧市政府はバイクタクシーを排除するために五百万から六百万元ほどの費用をかけたり、警察を総動員したりしましたが、何の効果もありませんでした。ところが考え方を変え、それまでと同じ程度の数百万元の支出で、排除から競争へと方針を変更し、問題が解決されるに至りました。

 バイクタクシーが無料バスを生み出したことは、実は簡単な経済学の原理によるもので、これこそがサミュエルソン(ノーベル賞経済学者)の準公共財が公共財に移行する理論なのです。

続きを読む
posted by 楼主 at 14:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 共産党と政府機関

2008年09月08日

国を挙げての反中教育―日本

中国の冷凍ギョーザで有名な天洋食品廠でございますと題してかの有名な会社を紹介したことがあるが、当時は日本中が大騒ぎしていたような感じだった。

ところがメタミドホス検出の中国米、9割が食品で流通 三笠フーズ、3000万不正利益にある

 三笠フーズは平成19年度までの4年間に、基準値の5倍に当たる0・05ppmのメタミドホスが検出された中国産米800トンなどを工業用糊(のり)の材料として国から購入した。しかし、430トンを食用として不正に転売。米穀会社や仲介業者などを通じて、295トンが製菓会社などに納入された。

というひどい会社に対してはそれほど非難の声が聞こえてこない。ましてやマスコミがこのニュース一色に染まるなんてこともないようだ。

いやはや、ここまで見事なダブルスタンダードには中国政府も苦笑いしていることだろう。マスコミを使って反中教育をしなければならない日本は大変だなあ、と。落ちぶれつつある日本は中国バッシングをしなければならないほど情けない国になってしまったようだ。さらに情けないのは、反日教育に洗脳されていると漢人をバカにしてきた我々日本人だ。なにしろ自分がマスコミに洗脳されていることに気付いていないのだから。

そうそう、反中のための洗脳教育用の教材としては“太陽”オグシオ夢散…「殺!殺!」報復応援に萎縮 がわかりやすい。

 「シャーッ! シャーッ!」。中国選手がスマッシュを打つたびに、中国人の大応援団から、敵を威嚇する獣のような声が起こった。漢字を当てると「殺!殺!」。本来はスマッシュの時のかけ声は「扣殺(コーシャー)!」がフェアな応援なのに、オグシオにむけて会場全体で一糸乱れず「殺せ!殺せ!」の大合唱をしていたのだ。

これに洗脳された人がどれほどいるかはわからないが、少なくとも二人はいたことが明らかとなっている。なにしろ本ブログにそう書き込んでくれたのだから。そして自分が洗脳されていることに気付いていないF4Phantomさんはここに、中国を非難するための「極めつけ」として上の記事を挙げてくれた。

続きを読む
posted by 楼主 at 13:03 | Comment(21) | TrackBack(0) | 嗚呼日本

2008年09月09日

中国産食品は安全です

日本の対中依存を検証するというページを見てほしい。我輩にとっては目新しい情報が満載されている。たとえば

 日本で中国産食品に対する不信が突然湧き起こったのは、不信感を高めるような格別の事件がなかっただけに不思議である。厚生労働省の「平成18年輸入食品監視統計」を見ても、中国から輸入された食品が検査によって日本の食品衛生法違反と判定される割合はきわめて低い。1年に91,264回の検査を受けて、違反率は0.58%である。これは全輸入食品の違反率 (0.77%)より低いし、EU (0.62%)、アメリカ (1.32%)、タイ(0.68%)、ベトナム(1.63%)など、日本の主要な食品輸入相手国よりも低い。確かに違反の絶対数はもっとも多く、そのことを騒ぎ立てるメディアもあるが、それは単に中国が日本にもっとも多数の食品を輸出していることを反映するにすぎない。

驚いたことに、ルールを守らないことで有名だったはずの中国から輸入される食品は、食品衛生法的には優等生だったのだ。

いやいや、それは単に輸入品の中では優等生だというだけで、国産品の安全性とは比べもにならないだろう、という疑問に対する答えも書かれていた。

 さらに、輸入食品の方が国産食品よりも危険だと判断する根拠もない。厚生労働省の「平成14年度農産物中の残留農薬検査結果」によれば、農産物中に農薬が検出された割合は国産品が0.44%であったのに対して輸入品は0.34%であった。

安全だと思っていた国産品はそれほど安全じゃなかったということだ。安全だと信じて高い金を支払ったのにもかかわらず、騙されて農薬を体内に取り込んでしまった人たちが哀れでならない。

 こうして2007年夏から秋にかけて、中国産食品は危ないとの報道があたかも大キャンペーンのごとくテレビや週刊誌で展開され、日本人の間に中国産食品に対する恐怖の感情を植え付けた。折しも2007年春から、日本の業者による食品表示偽装事件が次々と発覚していたが、中国産食品の問題があたかもそれらを覆い隠すかのように喧伝されたのは単なる偶然であろうか。日本のスーパーには、なぜ中国産と書かれた食品を棚から撤去しないのか、という消費者からのクレームが数多くよせられた。スーパーによっては、産地がどこであろうともその安全性は監視しており、中国産だからといって特に危険だとは認識していない、というビラを作って消費者を説得しようとした店もあったが、単純に中国産を撤去することでことを納めようとする店もあった。

これをみて我輩が思い出したのは地位を取り戻した中国のスズメたちだ。漢人はアホだと嗤っていた我々こそアホだったということだ。なにしろアホな漢人が半世紀前にしたことと同じことをしているのだから。

続きを読む
posted by 楼主 at 11:41 | Comment(25) | TrackBack(0) | 嗚呼日本

2008年09月10日

裸で寝る理由十カ条

sadatajpの「基本を押えて」という愉快なブログがある。ここに「自分は自分、人は人」というエントリーがあった。「自分は自分、人は人」という言葉に対して

そうそうその通りと嬉しくなるのがサヨク。

なんて無責任なんだと無性に腹が立つのがウヨク。

だそうだ。どうやらサヨクと左翼、あるいはウヨクと右翼は違うもののようだ。

この分類に当てはめると、我輩はウヨクだ。みなさんもぜひお試しあれ。

さて、今回の元スレはここだ。

「裸で寝る彼女がオレにも裸で寝ることを強要する最強の理由十カ条

初めて新しい彼女と寝た後、彼女に裸で寝る習慣があるって知ったんだ。そしたら、二日目にこう言われたんだ。『パジャマを着て横で寝られると鬱陶しいの!二人とも裸で寝るか、別々に寝るしかないよ』ってね。

みなさん、助けて下さいよ!毎晩そんなホットなスポットを抱きかかえてたら、いくらなんでも体が持たないって!一日や二日ならまだしも、ずっとこのままだと、もう無理です!でも、彼女に裸で寝る最強の理由を十も並べたてられ、泣くに泣けず笑うに笑えずといった感じです―――――― 

一、アダムとイブがこの世に誕生した時、そもそも何も来ていなかった。

続きを読む
posted by 楼主 at 10:37 | Comment(14) | TrackBack(0) | 男女と性

2008年09月11日

盛大花園小学校でのできごと

男性教諭が口止め料要求メール 神戸市、万引で補導の女子生徒にという記事が目に入った。

 神戸市北区の県立高校の男性教諭(49)が6月、万引で補導された同校2年の女子生徒に「卒業まで黙っているから、1万円で取引しない!?」と口止め料を要求するかのようなメールを送っていたことが11日、分かった。兵庫県教育委員会は「生徒に恐怖心を抱かせ、信用を失墜した」として8月、教諭を戒告の懲戒処分にした。教諭は「金銭を要求する意図はなかった」と釈明し、生徒らに謝罪したという。

この記事を読む限り、恐喝あるいは未遂に見えるのだが、この教師は起訴されないのだろうか。

また、教育委員会による戒告という軽い懲戒処分にも違和感がある。

戒告という処分を生徒の立場にに置き換えると、内申書に書かれるのと同じようなものだろう。ある生徒がかつあげのためのメールを送ってそれが見つかった場合、内申書に書かれるだけで済むのだろうか。もし済むなら甘すぎだし、もし済まないのなら教師にも同じ程度の処罰を下すべきだ。

恐喝は例が少なかったので、万引きつまり窃盗での例をざっと検索してみたが、公務員が万引きをして捕まっても戒告で収まるようだ。ところが生徒が万引きで捕まると、自主退学を事実上強要されることがある。摩訶不思議だ。

さて、今回の元スレはここだ。

「盛大花園小学校、ひどいよ!!!!!

盛大花園小学校がこんな学校だったとは!!

夏休みに、子供が盛大花園小学校に転校したいと言い出しました。先生は生徒に試験を受けさせ、試験の結果が出た後、先生に国語と数学は70点以上でしたが、英語はよくなく、20数点だったので、不合格だと言われました。私は英語の点数が信じられませんでした、というのも子供は夏休みの間ずっと英語を塾で習っていたからです。そこで先生に答案用紙を見せてくれといい、初めは嫌がっていましたが、ねばったおかげでようやく答案用紙を見せてくれましたが、なんとディクテーションの部分がまるごとそのまま無視されていいたのです。先生にどういうことですかと聞きました。先生は黙っていました。しばらくすると先生はたとえディクテーションの点数を加えても、点数が足りないと言い出しました。私はそれはおかしい、子供の点数は点数ですと言いました。先生は元の学校でうまくやっていたのだから、元の学校に行った方がいいと言いました。それに定員枠の関係で、これ以上は受け入れられないとも言いました。

続きを読む
posted by 楼主 at 12:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 賄賂

2008年09月12日

電話とエルサレム

どこかに、日本人が外国語でうまく話せないのは、そもそも日本語でうまく話をすることができないからだと書いたことがある。話のプロであるはずのお笑い芸人でさえ、なんだか下品な動きでしか笑いがとれないのが多いのだから、素人が話し下手でも仕方がないのかもしれない。

それでも関西には話がうまい人が多いのだが、標準語で話―ここではある出来事を他人に伝えるという意味―が上手いのは最近ではオリエンタルラジオの中田だろう。とんねるずの石橋以来の逸材だ。石橋に比べると、中田は相方に恵まれていないのが気がかりだが、ソロでがんばってもらいたい。

さて、今回はいつも迷惑なありがたいメールを転送してくれる台湾の友人から送られてきた笑い話を二つ紹介しよう。

「こんなのをみかけましたが、頭がくらくらします。

社長が秘書に電話をかけた、『ちょっと北京に遊びに行こう。準備してくれ』と。

秘書が夫に電話をかけた、『社長と北京に行ってミーティングします』と。

夫が不倫相手に電話をかけた、『妻が出かけるから、一緒にいよう』と。

不倫相手が生徒に電話をかけた、『先生はちょっと用事があるから、補修は休みにします』と。

生徒がお爺さんに電話をかけた、『補修が休みになったから、どっか遊びに連れて行って』と。

お爺さんが秘書に電話をかけた、『北京には行けなくなった、孫が遊びに連れて行けとうるさいので』と。

秘書が夫に電話をかけた、『社長に急用ができて北京への出張がキャンセルになった』と。

夫が不倫相手に電話をかけた、『妻は出かけないと言い出した、今度また』と。

不倫相手が生徒に電話をかけた、『いつも通り補修です!!!』と。

生徒がお爺さんに電話をかけた、『うわーん、先生に補修だって言われたよ』と。

お爺さんが秘書に電話をかけた、『やっぱり北京に行こう。準備してくれ!』と。

どうでした?目まいがしませんか!!!」

さらにもう一つ。

続きを読む
posted by 楼主 at 17:56 | Comment(12) | TrackBack(0) | お笑い

2008年09月13日

悲劇のMade in China

毒グモさらに700匹 福岡市東区 公園などで駆除作業という記事の最後にこうあった。

 特定外来生物に指定されているセアカゴケグモは体長約1センチで、体表は黒く背に赤い模様がある。かまれると発汗や吐き気を催すが、これまで重症の報告はない。

重症の報告はない、しかし駆除する。当たり前の処置だ。

ところが残留農薬に対して

ココ10年ほどで、日本の残留農薬によってあわや死人が出るような騒ぎが起きたことがあったかしらん?

という人がいるのだから呆れる。

夏さんが書いてくれた

嫌中に偏りすぎると、日本の物事に対してその人の許容範囲が大きくなりますね

という鋭い指摘に、遺憾ながら感服せざるを得ない。

さて、中国ではまたもや粉ミルクで大騒ぎとなっている。今回の粉ミルクを飲むと腎臓に結石ができてしまうようだ。問題の物質はメラミンで、どうやら粉ミルクを作るために購入した原料の牛乳自体にメラミンが入れられていたらしい。なお三鹿という会社の粉ミルクはほぼ回収済みだそうだ。

今回の元スレはここだ。

「CCTV(楼主注:中国中央テレビ)が少し前に三鹿をほめちぎってたけど、ってことはCCTVもクオリティーに問題があるってこと?

CCTVの《ウィークリークオリティーレポート》のスペシャル版『Made in China』で三鹿を大推薦!――CCTVの看板にも土がついたってことだよね

 9月2日、CCTVのニュースチャンネルで《ウィークリークオリティーレポート》がスペシャル版――『Made in China』第一話――《1100もの検査の後ろに》を放送しました。CCTVは三鹿赤ちゃん用粉ミルクの生産プロセスに関して詳細な調査を行い、中国の赤ちゃん用粉ミルクにおけるシンボル的企業――三鹿集団が行っている厳正なクオリティー管理と科学的で厳格なプロセス管理を紹介しました。

続きを読む
posted by 楼主 at 15:04 | Comment(9) | TrackBack(0) | 検証しよう

2008年09月14日

韓国政府に屈した中国政府

金総書記の容態 韓国しきりに「回復」、日米は「深刻」という記事にこう書かれていた。

 関係筋によれば、健康悪化の情報は米国が8月に関係者から入手、日韓などに提供した。「基本的な情報はみな同じ。各国の思惑が異なるため分析に差が出る」(同筋)。

すぐそばにある国のことですら、遠く離れたアメリカから提供されなければ何もわからない日本と韓国は似た者同士のおめでたい国だ。しかもその情報提供者であるアメリカはウソつきとして有名なのだ。ウソつきによってあたふたさせられている姿は、滑稽としかいいようがない。

さて、中国が首爾を採択へというスレッドを紹介したことがある。日付をみると2005/10/24(月)となっていた。これは外国政府が中国政府に中国語表記を変えさせたという点で画期的であった。それまでは「漢城」と呼んでいたソウルの呼称を、韓国政府の要請に従って「首爾」へと変更したのだ。中国政府が中国語表記に関して外国政府からの指図を受け入れるはずがないと思っていた我輩にとって、全く予想外の出来事だった。

そんな呼称問題に関して、文句を言っているスレッドが見つかったので紹介する。元スレはここだ。

「我が国が『漢城』を『首爾』と変更した意味

 韓国(あるいは南朝鮮)の首都を我々はずっと漢城と呼んでいて、これは我々中国語を使う人間が長きにわたってこの都市に対して使ってきた呼称で、しかも単なる呼び名にすぎない。しかし少し前のこと、韓国側は我々にこの呼称を『首爾』と変更するよう要求してきたが、これは英語の発音を基とした呼び名で、聞くところによると、韓国側はこれによって中国文化からの脱却を図っているというのだ!そして我々はそれに従ってしまった!?まったく理解できない!!

 これは何を意味するのだろうか?

続きを読む
posted by 楼主 at 11:15 | Comment(6) | TrackBack(0) | 共産党と政府機関

2008年09月15日

日中の世論調査の結果について

二か月ほど前のことになるが、友人に古本屋に連れて行けといわれて同行した。この店は外国の本を売っていることで知られ、店の規模は神保町にある普通の古本屋といった感じだが、日本の本を含め、そこそこの在庫がある。

せっかく行ったのだからと、我輩も何冊か本を買った。そのうちの一冊が『ザ・レイプ・オブ・南京』の研究という本だった。この本はいわゆる南京大虐殺の宣伝に使われた写真が、南京大虐殺とは関係ないという主張をしているものだ。

こんな本を中国に持ち込んだ人の勇気に脱帽だ。

さて、今回の元スレはここだ。

「日本と中国の世論調査にどうしてこんなに大きな違いがあるのだろう?

 08年9月9日、日本の民間世論調査団体である言論NPOと中国のメディアが行った【08年日中共同世論調査】の結果を日本の朝日新聞が発表し(楼主注:中国産食品は安全ですに紹介したのと同じもの)、中国では54.3%の人が『日中関係が良好』を選び、07年の24.9%から二倍以上の伸びを見せたことが明らかになった。しかし日本では『日中関係が良好』という人は13%しかおらず、依然として『関係がよくない』とする人が46.1%だった。そして今後の日中関係がよくなるとみる中国人は81%にも達し、つまり大多数の中国人は将来の日中関係に楽観的だが、35%の日本人は『将来にわたり良くならない』とすし、良くなるとみる32.2%を上回った。この大きな差をよく考えてみる必要がないだろうか?中国人が楽観過ぎるのだろうか?それとも日本人が悲観過ぎるのだろうか?どうして日中の人々にここまで大きな違いで出てきたのだろうか?

続きを読む
posted by 楼主 at 13:09 | Comment(22) | TrackBack(0) | 検証しよう

2008年09月19日

悪徳ペットショップに気をつけて

犬猫の飼い主探し、環境省が全国に90施設…殺処分を半減へという記事にこう書かれていた。

 毎年30万匹を超える犬猫が殺処分されている現状を改善するのがねらいで、収容スペースの拡充や環境整備のほか、飼育希望者との交流の場づくりなどにも補助する方針だ。

人間にとって住みにくくなりつつある我が国だが、犬猫にとっては住みにくいどころの話ではなく正に地獄だ。

さて、今回の元スレはここだ。

「私の経験―――悪徳ペットショップをボイコットしよう

ワンちゃんや猫ちゃんを飼ってる人は気をつけてください、岳州路377号の関愛ペットショップは無責任を絵に描いたような悪徳ペットショップです!!!

この病院の費用は驚くほどです!一週間で千元以上も取られました!しかも医者としてのモラルと医療レベルが費用とまったく釣り合っていないのです!!!うちのワンちゃんは半月前から熱を出して、関愛ペットショップで治療しましたが、医者は特に異常が見つからないといって薬も出してくれず、犬ペストの検査をしても異常なしと言いました。数日後に、ワンちゃんはせきが止まらず熱が出ると、医者は炎症を起こしてるが、その場所がどこかはわからないといい、それでも一週間の点滴と注射をしました。この一週間の間、ワンちゃんは全く食べず飲まずで、しかも発熱を繰り返していました。病状はよくなるどころかどんどんひどくなっていったのです!!!一週間後になって、医者はワンちゃんが犬ペストに罹ってると言い出しました!??こんなひどい話はないとおもい、医者に治るかどうか聞きました。すると医者はまずなによりも費用の話をし始めたのです!あの傲慢な態度と冷たい話しぶりにはとことんがっかりさせられました!!李という女性オーナーのその時の態度と入会費を受け取ったときの態度は全く別人かのようでした!私たちの話も最後まで聞かずに立ち去って行ったんです!!

続きを読む
posted by 楼主 at 15:02 | Comment(1) | TrackBack(0) | 生き物
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。