2008年10月01日

中国 V.S. 韓国

元スレはここだ。以下に紹介する内容はあちこちに転載されているので、どれが元のスレッドかはよく分からない。

「韓国よ、あんたはたいしたことない

韓国人は中国をバカにして、韓国にはサムスンやLGがあるけど、中国にあるか?というのが大好きです。これに対して中国人は何も言えないことが普通です。韓国人に聞きたいんですけど、サムスン、ヒュンダイ、LG以外に何があるんですか?この三つの企業の生産高があんた立ち韓国の大部分を占めているわけで、この三つの企業がなくなったら、韓国は終わりですけど、そのほかには?では私たち中国には何があるのでしょうか?あなたたちと文化と歴史について語るのはやめておきますけど(あなたたちは盗むのが大好きだけど)、そして香港台湾マカオはおいといて、中国内地だけに限って話します、


下に書いたものがあなたたちにはないもの

1、私たちには20万個の部品から作られる飛行船(楼主注:宇宙飛行船のことだろう)とこれを支える産業プロセスがあります、あなたたち韓国人にはありますか、そうそう自動車があるとか言わないでください、自動車にはたったの16000個の部品しか使われてないのですから。

2、私たちにはLoonsong CPUがあり、世界でも日本とアメリカに次ぐレベルですが、あなたたちにはありますか?

3、私たちにはIBMを買収したLENOVOがあり、すでに世界レベルですが、あなたたちには世界で知られているPCブランドがありますか?

続きを読む
posted by 楼主 at 16:08 | Comment(24) | TrackBack(0) | 比べっこ

2008年10月02日

日本のノータリン

元スレはここだ。

「日本のノータリンをみたら、びっくりしすぎて呆然としちゃったよ!!!

日本のノータリン

続きを読む
posted by 楼主 at 12:30 | Comment(20) | TrackBack(0) | ゲテモノ

2008年10月03日

階級化の道をたどる中国社会

橋下知事が大阪府職員に「自由な服装で自由な発想を」 服装は仕事の内容に影響すると思いますか?というのをみかけたが、日本のノータリンをみる限りでは、服装が仕事の内容に影響しそうだ。

今回の元スレはここだ。

「【オリジナル】警告:VIPがのさばって、中国人を階級化するかも!

 “VIP”というのは英語の“VeryImportantPerson”の略称で、直訳すると“とても重要な人”となります。この言葉の起源は前世紀の八十年代で、当時電子メールがアメリカの発達した地区で流行し始めて、人々が気軽に知り合いにメールを書いていたころ、ある人が電子メールを出す時にほかの人に電子メールの内容を知られたくないために題名をVeryImportantPersonと書いたのが、VIPという言葉の始まりでこれまでずっと使われ続けています。

 中国では、VIPは当初ホテルやレストラン、デパートなどお得意様をもてなす領域で使われていました。でも、中国には数え切れないほどの汚職役人や田舎の金持ち、セレブチンピラ成金などがいて、これらの人が特権をほしがる人たちなので、巨大な特権消費マーケットを抱えていたので、サービス業界によってはこの流れに乗るものが出てきたため、様々なVIPが次々に登場したのです。

続きを読む
posted by 楼主 at 15:16 | Comment(3) | TrackBack(0) | 検証しよう

2008年10月04日

日本に来て初めて知ったよ

アキバ、ジブリ…修学旅行は日本へ 中国で人気急上昇に、中国から修学旅行で我が国にやってくる学校と生徒数が増えていると書かれていた。2008年は8月26日現在ですでに11200人だという。

こういった記事で必ず書かれるのが、費用はXXの月給で○か月(年)分だという内容だが、この記事も例外ではない。

貧富の差が大きい中国では平均というのは役に立たないことが多い。基準は忘れてしまったが、一定以上の資産をもった金持ちの数は中国が我が国を上回ったという記事を先日どこかで読んだ覚えがある。

さらに恐ろしいことは、我が国がなんと貿易赤字になってしまったことだ。これが大きなニュースにならないのが不思議でならない。

我が国では篤姫という大河ドラマが人気だそうだが、このドラマを観ている人がドラマの時代背景に何を感じているのか知りたいものだ。

さて、森本さんがまた興味深いスレッドを紹介してくれたので紹介しよう。ちょっと検索してみると、それほど新しいスレッドではないようだ。我輩がみつけたものは2007-12-10に発表されたものだ。なお、下に出てくる東京博士というのは評論を加えた人の名前だ。

「ネット上にあふれる『日本に来て初めて知った』という内容に対して

1。日本に来て、大きな道路でさえ中国の歩道より狭いって知ったよ。

東京博士――勘違いしてませんか?あなたが見たのは大きな道路ではありません、歩道が狭いのは確かですが、歩行者なんて少ないので、自動車社会では当然必要ありません。中国の都市で馬車専用道路なんて見たことありますか?

続きを読む
posted by 楼主 at 11:53 | Comment(7) | TrackBack(1) | 検証しよう

2008年10月05日

上海でやり放題の新疆人

新疆人(たいていウイグル人のことを指す)についてのスレッドは何度も紹介してきたが、最近来たばかりの人は見たことがないかもしれないので、一つ紹介しよう。元スレはここだ。

「怒り!上海は新疆のスリが統治し始めたっていうのか?

付き合ってる彼女が9月17日の正午に西藏路と南京路の交差点(楼主注:歩行者天国で上海にやってきた非上海人がまず行きたがる場所の一つ)を北から南に向かうところで、中年の新疆女にものを盗まれそうになりましたがそれに気づくと、すぐに新疆人の男女4-5人に囲まれ、口汚く罵られ、その手にはナイフさえ持っていました!彼女がバッグの中をチェックしてると、中年女は挑発するかのように笑いながら覗き込もうとしたので、彼女に止められると今度は眼鏡が地面に落ちるほど彼女を殴り、『ほらみたことか!誰があんたの物を盗んだっていうんだ?!』と周りの人と一緒に堂々と去っていきました。

続きを読む
posted by 楼主 at 11:36 | Comment(14) | TrackBack(0) | 上海

2008年10月06日

メラミンなしの牛乳

元スレはここだ。

「【笑い】毒入り粉ミルクのシリーズ問題――それぞれの対処方法

出勤したあと、主婦たちが毒入り粉ミルクについて話すと話が止まらなくなりました。

A:『もう、みんな牛乳はもう飲めないわよ、なんでもメラミンとか言うのが入ってて、体に悪いらしいって話よ。』

B:『そうなよね、私なんかミルクキャンディーとか、粉ミルクとか、ミルクティーとか全部もう怖くて飲めないのよ、それに洗顔フォーム(楼主注:洗顔フォームの中国語には牛乳という意味の漢字が使われる)ももう使えないわよ。』

C:『そうなのよ、私はずっと朝食に牛乳を飲んでたのに、豆乳は苦手だし、どうしたらいいかな、朝食に何を飲んだらいい?』

Dがげっぷをしながら入ってきました。みんなはDが家で何かいいものを食べてきたのだと騒ぎ始めました。

D:『そんなお金なんてないわよ、ただちょっと牛乳を急いで飲み過ぎただけよ。』

みんなはこの言葉を聞くと、興味津々に聞いた:『みんな牛乳なんて怖くて飲めないのに、どうして牛乳を飲んでるの?』

Dは笑いながらこう答えた。『メラミンだかメラニンだかのことでしょ?私が飲んでるのは100%自然なものだから、大丈夫なのよ、ただ、スイッチがないから、量をコントロールするのが難しいのよね。』

安全な牛乳とは?
posted by 楼主 at 18:44 | Comment(1) | TrackBack(0) | お笑い

2008年10月07日

韓国一の美男子―金城武

元スレはここだ。

「韓国一の美男子金城武

韓国一の美男子

続きを読む
posted by 楼主 at 19:42 | Comment(4) | TrackBack(0) | 朝鮮半島

2008年10月08日

中国と朝鮮:地下資源を巡って

元スレはここだ。

「中国朝鮮貿易の内容が明らかになりました、朝鮮は中国に何を輸出しているのでしょうか?

金正日のせいで、東北アジアがまたもや騒がしくなっています!いつもと同じように、国際社会が注目しているのは朝鮮の背後にいる巨人です。中国の一挙一動はメディアから目を逃れることができないでいます。中国が毎月朝鮮に与えている食糧援助の実態はどうなっているのかとか、中朝国境における食料の密輸入が横行しているかなどなどです。

実は、私たちも朝鮮に関して以下のことに注目しています。

朝鮮の自然資源の現状を大雑把に見ると、朝鮮地区ではこれまでに360を超える鉱物が確認されていて、その中で経済的に利用価値のある鉱物だけでも200種類を超えます。特にマグネサイトの埋蔵量は世界トップで、トップ10に入る鉱物には他にもタングステン、モリブデン、グラファイト、バライト、螢石など7種類あります。朝鮮地域にはこのように豊富な金属鉱物とエネルギー鉱物があり、工業原料と燃料の70%は国内で自給自足しています。

続きを読む
posted by 楼主 at 13:51 | Comment(4) | TrackBack(0) | 朝鮮半島

2008年10月09日

客にリンチを加えるレストラン

元スレはここだ。下に出てくる【金金金】というのは「木」を三つ並べた「森」と同じように「金」を三つ並べた漢字を表す。

「【金金金】旺閣で食事のときゴキブリが登場、客はなぜか殴られる

時間:2008.10.03―10.04未明3時半
場所:【金金金】旺閣(普陀区志丹路151号で甘泉路の近く)
人物:大人からお年寄りそれから子供までの一家、【金金金】旺閣(チンピラ店)の店員、甘泉路の派出所の警察

事件:

おばさんの70歳の誕生日+金婚記念日を祝いました。みんな大喜びで【金金金】旺閣に食事に行きましたが、途中で、スープの中にゴキブリの頭が入っているのを見つけたので、レストランのマネージャーにどういうことかと聞きましたが、レストラン側に無視されました。

最後に私たちは料金を支払い『証拠』を持ち去ろうとしましたが、下に降りるときこのレストランの総マネージャー、女、が立ちふさがり、この総マネージャーは顔を真っ赤にして、酒臭い息を吐いていて、おばさんの一人をけり、レストランの店員に命令して私たちに殴る蹴るの暴行を加えました!

総マネージャーは『持っていかせないわよ!』と言い店員に対しても『やっちまいな、全部私が責任をもつからね!』と命令してこっちの年寄りや病人や子供に暴行を加え、20人以上の男性店員が、ビール瓶、灰皿などを使っていました。暴行を加えながら証拠を隠滅しようと、カメラまで奪おうとしたのです!こうしてレストランの中から外までずっと暴力をふるわれました!子供達は驚いて泣きわめいていました!

続きを読む
posted by 楼主 at 10:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 醜い中国人

2008年10月10日

日本の旅館で猿が従業員に

元スレはここだ。

「日本の旅館が宣伝のために猿を従業員に

ポイント:日本の宇都宮市にある旅館が宣伝のために、なんと二匹のニホンザルを従業員として雇い、おしぼりやビールなどを運ばせている。この二匹の『猿のサービス係』は宿泊客に大好評で、この旅館でもっとも注目を集める『スターサービス係』となっている。

お猿さん

続きを読む
posted by 楼主 at 11:39 | Comment(4) | TrackBack(0) | 嗚呼日本

2008年10月11日

現実逃避する日本人

祖国日本に書いたように、我輩が最も憂うのは、他国のことではなく、我が国のことだ。さらに言うと、我が国にいる漢人や韓国人が多すぎることも問題だが、それよりも深刻な問題は日本人が漢化されることだ。

漢人に対して行われる批判の中で、最も多い理由の一つに「中華思想」というのがある。簡単にいうと、以前は偉大だったかもしれないが今は威張れる立場にはいないだろ、あるいは偉大だった人たちとお前達は関係ないくせに何を威張ってるんだ、といった感じだ。

それなら同じ基準で我が国を見てみるべきだ。

我が国を見てほしい。以前は経済的に強かったが、今ではもう落ちぶれている。以前はモラルが高かったが、今ではもう崩壊寸前だ。以前は研究熱心だったが、今では研究は減る一方だ。

残念ながら我々に中国や韓国を見下す資格などなくなってしまったのだ。

それを認めたくないばかりに、中国や韓国の欠点だけをあげつらって満足しているような日本人が多すぎる。まるで反日で盛り上がっていたころの中国のように。

もしそのような行為が、我々のためになるなら大いにやってほしいが、そんな傾向は全く見いだせない。実際には、我々から我々に備わっていた長所を失わせる結果となっている。
続きを読む
posted by 楼主 at 13:31 | Comment(18) | TrackBack(0) | 嗚呼日本

2008年10月12日

末節だけに反応する日本人

議論の途中で、我輩がある事柄を末節であるかどうかを判断する基準は、その事柄が結論に影響を及ぼすかどうかにある。

簡単な例として、「この木は健康だ」という結論を挙げよう。これに対する反論として、「この一枚の葉っぱを見てほしい。すでに枯れて地面に落ちている」という人がたいてい出てくる。木は全体として成長を続けているにもかかわらず、だ。

これが末節ということだ。

反論するには、たとえばその一枚の葉っぱは病気のために枯れて地面に落ち、そしてこの病気が木全体に移っているということを突き止め、したがって「この木は健康でない」といわなければならない。

続きを読む
posted by 楼主 at 14:27 | Comment(8) | TrackBack(0) | 嗚呼日本

2008年10月13日

こんな会社もういやだ

世界大恐慌とも言うべき状態になりつつあるが、これを数年前から予見していた田中宇の国際ニュース解説の先見性には目を見張るばかりだ。本ブログを見る暇があるなら、ぜひ田中宇の国際ニュース解説を数年前からじっくり読んでいただきたい。

さて、今回の元スレはここだ。中国の会社も大変なことになっている様子を見てみよう。

「会社が経費節約のためにこんなことまでやり始めました

会社は人情味をなくして、私たちから少しずつもぎ取り始めました。今回の出張では、外国のお金を前もって手渡さないので、私たちが費用を立て替えて銀行で両替するように言われました。国外手当の金額を減らされ、しかもこの分にも税金を納めることになりました。しかも今回のフライトを決定する唯一の基準が料金とされました。

会社がこんな風にまで落ちぶれてしまったので、出張にはもう行きたくありません。帰宅する上司にこうも言われました、シンガポールエアライン+ルフトハンザの料金はエアチャイナ+ルフトハンザより1万元も高い、だからチケットをキャンセルして、北京に行ってエアチャイナに乗るように、と。そうなると行き帰りで4日も無駄になり、私もずっと疲れることになります。でも上司は経費削減を要求してくるので、私たちも聞かないわけにはいきません、仕事が遅れた場合の責任は私たちのような下っ端が責任をとれるものではありませんけどね。
続きを読む
posted by 楼主 at 15:25 | Comment(7) | TrackBack(0) | 職場

2008年10月14日

コメント:末節だけに反応する日本人

末節だけに反応する日本人にコメントが書けなくなってしまったので、しかたなくここに書くことにする。seesaaがんばれ。

続きを読む
posted by 楼主 at 18:40 | Comment(10) | TrackBack(0) | 嗚呼日本

上海の不動産価格

元スレはここだ。

「上海市の中心で(不動産価格が)大幅に下落した原因

 今年に入ってから上海市の中心地区で不動産価格が大幅に下落した主な原因は、去年一年間に大幅に上昇した価格に対する調整の意味が大きく、これは特に中心地区の高級マンションの価格に顕著です。

 もう一つの原因は、上海では広い範囲で都市建設が進み、以前は優勢を保っていた市の中心における利便性が低下したことで、新しく開発された地域にも同じように買い物や暮らしに便利な設備が整えられ、しかも市の中心よりも美しい環境に恵まれています。

 ここ数年に開発が進んでいる上海の松江地区、閔行地区と浦東の金橋地区、三林地区などが典型的な例で、商業設備や暮らしに便利な設備が整い、交通網も整理されています。この中でも特に上海の金橋地区は最も発展が目覚ましく、市の中心からもそれほど遠くなく、暮らしに必要な設備も最も充実しています。」

続きを読む
posted by 楼主 at 19:09 | Comment(7) | TrackBack(0) | 上海
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。