2008年11月02日

注射死刑執行所の秘密が明らかに

死刑廃止議連が執行を批判 「暴走」「国連無視だ」にこうあった。

議連メンバーの福島瑞穂社民党党首は「今回の執行は、死刑に厳しい態度の国連から何を言われようが、関係ないという日本政府の姿勢の表明だ」と批判した。

「今回の執行は、死刑に厳しい態度の国連から何を言われようが、関係ないという日本政府の姿勢の表明だ」と独立国家としての態度を毅然と示したのかと思ったら、なんと国連に従えという批判だった。不思議な人がいるものだ。

ちなみに<刑事施設>高齢化ズシリ…医薬品費、1年間で1.5億円増にはこう書かれていた。

刑務所や拘置所などすべての刑事施設について、受刑者らが使う医薬品調達額を法務省が調べたところ、07年度で計19億5124万円にのぼり、前年度から約1.5億円増加していることが分かった。会計検査院に報告を求められた同省が初めて医薬品について調べた。同省矯正局は、受刑者らの高齢化や増加で医療費が増大していると分析している。

さて、今回の元スレはここだ。

「死刑が明らかに 太原に建てられた注射死刑執行所の秘密が明らかに(恐ろしい)
続きを読む
posted by 楼主 at 16:39 | Comment(4) | TrackBack(0) | 共産党と政府機関

2008年11月05日

メラミン入りの粉ミルクをめぐって

皮肉で中国産食品は安全ですというのを書いたことがあるが、恐ろしいことに実際のところ我が国の食品はたいして安全ではない。産地を偽装するのはもう日常茶飯事といってもいい。産地を偽装することに良心の呵責を感じない数え切れないほどの会社が、食品を加工する際にどんなあくどい事をしているか分かったものではない。

例えば基準超の亜硝酸ナトリウム、日東ベスト製ソーセージから検出なんてのは騒ぎにすらならない。

さらに日本からの支援粉ミルクにメラミン、西アフリカで押収なんてのは国辱ものだが、話題にもならない。中国からのメラミンには大騒ぎの我々が、自国からのメラミンには黙っているのが不思議だ。

さらに『危機管理甘かった』 伊藤ハム 地下水にシアン発表遅れを謝罪したとおもったら、「シアン汚染は地下水が原因」 伊藤ハム説明に柏市が首かしげると柏市に否定されている。と思ったら今度は伊藤ハム:トルエン検出 フィルム製造工場、再発防止策を提出と、トルエンも検出された。

他国の悪口ばかりで、自らを反省しないことのツケがどうやら我が国に回ってきてしまったようだ。人の振り見て我が振り直せという先人が残してくれた教訓を思い出そうではないか。

さて、今回の元スレはここだ。 2008-9-18 15:03に発表された、少々古いものだが、メラミンつながりとして紹介する。下に出てくる伊利というのは中国における牛乳メーカーの中のトップの一つだ。

続きを読む
posted by 楼主 at 11:13 | Comment(10) | TrackBack(0) | 環境汚染

2008年11月06日

コンピュータがゴキブリに壊された

今回の元スレはここだ。

「コンピュータがゴキブリに壊されたよ!ヘルプ!

私は寮に住んでいます!コンピュータはベッドの横のタンスの中に置いてありました!何日か使わないでいたらゴキブリに壊されてしまいました!電源の中にうじゃうじゃいました!それで電源が焼けてしまったのです!マザーボードも壊されてしまいました!やつらをぶち殺してやりたいです!でもどうしたらいいかわかりません!みなさんアドバイスをよろしく!それからAM2+のマザーボードなんだけど!どれがいいかな!それから電源もね!!!!!」

続きを読む
posted by 楼主 at 20:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | 電脳

2008年11月07日

アメリカでの辛い暮らし

元スレはここだ。

「北米で孤独、いらいらすること

同胞のみなさんへ。中国からアメリカに嫁いでまだ一年にもなりませんが、夫は中国人で、私よりも20歳近くも年上で、夫の二人の息子は私よりも10歳ほど年下で、27歳と28歳になります。二人とも私たちと一緒に暮らしています。私は学校で英語を勉強中で、生きていくのに大きなストレスを感じています。立派な仕事を見つけて生活費の負担をしたいと切実に考えています。時々ですが、夫の二人の息子に食事を用意するのが心底いやになります。毎日4人の大人のために料理を作って、後片付けをするのは本当に大変なのですが、夫になんと言って切り出していいかわかりません。こんな風に言うのは夫の二人の息子にひどいでしょうか?????

本音を言うと、夫と二人で暮らしたいのです。

続きを読む
posted by 楼主 at 19:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男女と性

2008年11月08日

フェルプスに財布を奪われた!

元スレはここだ。投票形式になっているので、数字は翻訳した時点のものだ。

「もしフェルプスがあなたの財布を奪い取って、水に飛び込んだら、あなたはどうしますか?

1 中国サッカーチームに川で足を洗わせる 472/44.6%
2 フェルプスの金メダルを盗む         38/3.6%
3 ボルトに川岸でフェルプスを追わせる    60/5.7%
4 高圧線を水につける              156/14.7%
5 フェルプスを釣り上げる             44/4.2%
6 川に三鹿の粉ミルクを投げ込む       289/27.3%」

続きを読む
posted by 楼主 at 11:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い

コメント:コメント:貧困が広がる日本

なんだかおかしなタイトルだが仕方がない。本来はここに張り付けるべきだが、seesaaに拒否されてしまった。続きを読む
posted by 楼主 at 14:04 | Comment(12) | TrackBack(0) | 嗚呼日本

2008年11月11日

オバマへの手紙

あなたの相手は宇宙人かもしれない!(2008年02月12日に投稿)にこう書いたことがある。

突然だが、アメリカの大統領選が盛り上がっている。これまで黒人と女性はアメリカ大統領になったことがなかったようだが、今回はどうやら初の黒人あるいは女性大統領が誕生しそうな勢いだ。

ただ気になるのは、アメリカの世界における地位が急降下する時期が目の前に来ていて、任期がその時期に不幸にも重なってしまう次期大統領が、スケープゴートにされてしまうことが予想される。

立候補者個人にとっては大きなチャンスだろうが、アメリカの将来を考えると、二人とも大統領選を辞退して、他の立候補者あるいは共和党に任せた方がいい。「だから黒人はダメなんだ」とか「だから女性はダメなんだ」と難癖をつけられるきっかけを与えないために。

アメリカの次期大統領はオバマとなったが、我輩の予想を覆してくれることを祈る。

さて、今回の元スレはここだ。

「オバマへの手紙
続きを読む
posted by 楼主 at 14:50 | Comment(7) | TrackBack(0) | 検証しよう

2008年11月13日

中国の各都市

今回の元スレはここだ。

「中国各都市の典型

離婚した人に最もふさわしい都市:北京
ここには数え切れないほどの仕事があって、常に変化する文化が家庭をほっぽり投げるのに充分だし、離婚のための口実に事欠きません。

愛人に最もふさわしい都市:深【土川】(楼主注:香港の隣)
成金になった証が愛人をもつということで、東南アジアと香港の後宮は悩ましい愛人生活にぴったり。(男性にもね)

続きを読む
posted by 楼主 at 12:34 | Comment(12) | TrackBack(0) | 比べっこ

2008年11月25日

我が祖国 日本

このブログを始める時に考えたのが、中国語がわからない人にも生の中国人がどのように暮らしているかを紹介したいということだった。もちろんニュース記事でも中国のことを読むことができるが、掲示板からそのまま翻訳することによって、中国人の生の声をそのまま伝え、読んだ人がそれを自分あるいは日本社会と比べることによって、中国人あるいは中国社会をおおよそ理解し、さらに日本人あるいは日本社会に関してなんらかの感想をもってくれることを目指してきた。

この試みはあまり成功したとはいえない。何よりも大きな原因は、日本社会に中国社会を理解しようという雰囲気があまりなかったことだろう。これは中国という対象の問題ではなく、日本社会全体がひきこもり状態になっていることの方がより大きな意味をもっているようだ。

続きを読む
posted by 楼主 at 15:19 | Comment(54) | TrackBack(0) | 嗚呼日本
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。