2009年04月01日

世界に衝撃を与える一枚の写真

元スレはここだ。

20090324084704f401c.jpg

3月23日、ガザ地区南部のラファで、二人のパレスティナの女の子が弾痕だらけのベランダから外を眺めている。長期の戦争がこの地域の子供たちを戦火と傷の中で幼年期を過すことを強いている。」

続きを読む
posted by 楼主 at 12:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | 人人友好

2009年04月06日

日本の男性と交際したい

元スレはここだ。

「ここに日本の男性がいますか。日本の彼氏と付き合いたいんですけど。

いませんか?」

続きを読む
posted by 楼主 at 14:07 | Comment(3) | TrackBack(0) | 嗚呼日本

2009年04月13日

こんなひどいリストラって!

元スレはここだ。

「もう三日目になるけど、会社は賠償するつもりはないみたい

ことの成り行きはこんな感じです。

3月30日に突然人事部から口頭で、労働契約を解除したいと伝えられ、会社側は理由なく辞職を要求することを認め、N+1の賠償を行うとのことでした。

3月31日に人事部から口頭で明日から出勤しなくていいといわれ、人事部がプリントアウトした辞職願にサインするように言われましたが、会社は契約を解除するための書面資料を提出しなければならない、辞職願にサインするなどもってのほか、という話を聞いたことがあったので、交渉しましたがこちらの要求は受け入れられませんでした。

続きを読む
posted by 楼主 at 16:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | 職場

2009年04月17日

上海人ってサイテーだよ

日本の男性と交際したいにコメントが書き込めないので、ここに書くことにする。

企業ばかりか結婚相手も中国移転?
働く女性に広がる“上海人ブーム”
から一節引用する。

「洗濯以外の家事は99%、夫がやっている」と言うのは、6年前に上海人と結婚した山崎こずえさん(37歳)だ。

上海ではなぜか男性が家事をするのが伝統となっているため、上海の男性は中国国内でも人気がある。なにしろ結婚した後、家事をしなくて済むのだから当然かもしれない。

さて、今回の元スレはここだ。

「上海の地元の人を軽蔑します

本音を言うと、上海で5年間働いてるけど、上海人にはいいイメージがあまりありません。このところ家を買うために上海人とやりとりをしていますが、このイメージはさらに悪くなっています。

まずは部屋を借りていたあの大家だけど、二年間借りた後、引っ越すときに、家具を壊したから、金を払えと言われて、お金を払いました、しかも契約よりも多めに。それなのに十数元の電気代を払えとしつこく言ってきて、さらには旧正月で帰省しているときまで電話してきたんです。

今年は旧正月が明けてから、家を買ったのですが、相手はまたもや上海人で、不動産登記事項証明書も発行されて、この家に相手は住んでもいないくせに、銀行からの振り込みを待っていて、家の中を改装したいので、鍵をくれるように頼んで、残りの支払いも済ませたのですが、相手は鍵をくれず、入金を確認するのが先だと言い張るのですが、入金までには時間がかかり、二三日必要なのです。

まったくもう、上海人はほんとにケチくさいですね。私は上海に戸籍を移したので、上海人の一人となりました。でもケチくさい上海の地元の人って本当にサイテーですよ!」

続きを読む
posted by 楼主 at 15:08 | Comment(5) | TrackBack(0) | 上海

2009年04月20日

お金を持たない男の特権

ここしばらくの間、毎日発言小町に入り浸っている。気がつくと昼食の後、夕食までの間ずっと読んでいたりする。さまざまな話題にさまざまな意見が飛び交い、実に興味深い。

今日は例えば「皆さんが励まされた言葉は何ですか?」 by川嶋あいという素晴らしいやり取りを見た後に、最低な後妻にムカつきます!!というわがままの塊のような書き込みをみて驚いたりしている。

これらを中国語に訳して中国人に紹介するのも面白いと思ったが、すぐにそっくりそのままコピペされるのは気分がよくないのでやめておこう。

そんなコピペ文化を象徴するようなスレッドを見つけた。これはあちこちの掲示板でみかけるのだが、元の文はどこにあったのかと検索してみると、これがみつかった。日付が2004-04-22 15:21となっているが、実はこれすら最初のものではなかった。

「お金を持たない男の特権

続きを読む
posted by 楼主 at 16:42 | Comment(1) | TrackBack(0) | 暮らしの知恵

2009年04月23日

武漢人はお断り

読売新聞の発言小町に相変わらずハマっている。

友人に嫌われているのでしょうか?はすさまじい。簡単にまとめるとこうなる。

友人が新築した。行きたい。断られる。そこを無理強いする。子どもは連れてこないという条件で許される。ところが都合が悪くなり子供を連れていく。ファミレスにでも行こうと言われたが断る。子どもが悪さをした。でも子供がしたことだからオッケーだよね?こんな友人でも友達でいてあげたい


次に新年会でもめています…は、かつての電車男を彷彿とさせる素晴らしい物語だ。電車男はどこか作り話のような雰囲気があったが、これは自然な感じがする。起承転結でいえば、転の部分が素晴らしい。結がうやむやなのが残念だが、実に楽しめる内容なのでネタばらしはしないでおく。

さて、今回の元スレはここだ。

「就職活動中の会社にそんなルールはないと否定された

広東のある有名な電子企業が学校で行われた社員募集イベントに参加し、多くの学生が本籍を理由に履歴書を受け取ってもらえず、そのうちの一人の男性は『武漢人は募集しない』とはっきり言われ、その場で履歴書を破った。昨日、張(仮名)という学生が当時のやり取りについて話してくれた。

続きを読む
posted by 楼主 at 12:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | 差別

2009年04月30日

大学入試に英語はいらない

数年前のことになるが、知り合いの母堂が上海にやってきたので、少し案内して差し上げた。

おしゃべりをしているうちに、何がきっかけだったか、英語会話教室に通っていたが、恥ずかしくて先生の前で英語を話せなかった、といったようなことを話してくれた。何が恥ずかしいのかが分からず、聞いてみるとどうやら「英語っぽい発音で話すのが恥ずかしい」ということのようだった。我輩にしてみれば、日本語の発音で英語を話すほうが恥ずかしいと思ったが、言わずにおいた。

といったことを官庁ページ、外部から改ざん 「歴史忘れるな」表示を見て思い出した。

このページにアクセスすると、中国の国旗が大写しになり、「リメンバー・ヒストリー(歴史を忘れるな)」などと英語で記されていたという。

なんとも不可思議な書き方だ。

「Remember history(歴史を忘れるな)」などと英語で

でよさそうなものだが。

俺の目から見た日本と日本人にこんなのがあった。

5。日本人が最も恥に感じるもの。英語。パーティーとかに行くと、こっちが外国人だと知った日本人に、英語で話しかけられるんだよね、英語会話の練習がしたいんだろうけど。でも目の前で、顔を真っ赤にして、もごもごと何も言えずに、なんか足まで奇妙に動かす人もいて、そこまで緊張しなくてもいいのに。

 日本人が英語を勉強するにはもともと大きな壁があるんだよね、原因は二つあって、まずは発音システム、例えば日本語にはrって音がないけど、中国語と英語ではちょくちょく使われるよね。二つ目は大量の外来語、例を挙げると、中国語には外来語があるよね、例えば『tank』とか、中国語でも『坦克』っていうけど、でも中国語には1000の単語の中にようやく1つこのような音訳の外来語がある程度だけど、でも日本語には50個の中に1つこのような外来語があるから、英語で話す時にも外来語の発音から抜け出せないんだ。

チュートリアルとかマクドナルドとかがいい例だ。発音が英語とは全く違うし、さらに日本語における外来語のアクセントにありがちなように、後ろから数えて三つ目の音節が高くなる特徴も重なるため、英語とは似ても似つかない言葉となっているので、英語の会話でそのまま使っても通じない。

そういえば英語に劣等感をもつ日本人というのを書いたこともあった。

さて、今回の元スレはここだ。

続きを読む
posted by 楼主 at 12:12 | Comment(10) | TrackBack(0) | 検証しよう
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。