2010年05月27日

中国の窃盗最前線

だいぶ間が空いてしまったが、首に針金、腹に刺し傷 京都で男性現金奪われる
同署によると男性は、後ろから突然、針金をまかれ、男の声で「カネ、カネ」と要求されたという。財布を差し出すと、男は中に入っていた千円札と小銭を奪い、アイスピックで男性の脇腹を刺して逃走したという。
を読んで、台湾の友人から流れてきたメールを思い出したので紹介しよう。

ちなみに上のやり方は、中国では一昔前の手口だ。今回の犯人が漢人だったとしても、我輩はちっとも驚かない。

唐突だが、日本サッカー協会という組織はクズだ。ワールドカップの本戦に出場できるのは今回が最後になりそうな気配すらある。そうならないことを祈るばかりだ。

さて、一通目のメールだ。

「新しいやり方…親友と同僚に知らせてください

あぶないぞ、大切な給料を引き出すときには注意を!!!!!

あなたはデビッドカードでお金を下ろそうと並んでいて、人の良さそうな女の子が、なんだかわざとらしくデビッドカードがATMに入れられない様子で、あなたのカードで試していいですかと聞いてきて、それぐらいならと渡すと、もちろん……すんなりと入っていきます。

それでその女の子がカードをあなたに返したときには、カードはもうすり替えられていて、女の子はぶつぶつと文句を言いながら立ち去ります。

それからあなたは自分のカードではないカードを差し込んで自分のパスワードを押しますが、受け付けてくれないので、何度もパスワードを押すことになりますが、その時には、あなたの後ろに並んでいた女の子の仲間があなたのパスワードを盗んで、携帯で女の子に知らせて、あなたのカードでお金を盗みだすんです!

このやり方でお金を盗まれた人がたくさんいます……

今すぐ友達に伝えてください(恐ろしいよね!)」

続いて二通目のメールだ。

続きを読む
posted by 楼主 at 12:44 | Comment(4) | TrackBack(0) | 盗み
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。