2008年06月20日

男子三日会わざれば刮目して見よ

漢人がよく使う言い訳に「不是存心的(大陸風)」あるいは「不是故意的(台湾風)」という言葉がある。これは「わざとじゃありません」という意味だが、この言い訳を使う人間は、必ずと言っていいほど同じような過ちを繰り返す。考えてみれば、「わざとじゃありません」ということは「自分の責任じゃありません」と言ってるのと同等なのだから、反省などするはずもないのだ。

一方で、たとえば会社での待遇に不満があり、わざと他人の足を引っ張る漢人がいる。この場合、こちらがその不満を解消してあげることができれば、その漢人はもうそのようなことは繰り返さない。その行いの責任が自分にあることが分かっているからだ。

我輩にとっては後者の漢人の方がよほど付き合いやすい。

さて、「漢人より韓国人のほうがまし」とか「日本に台湾をよく思わせようとするのが中国の策略」などのセリフを捏造した影丸さんは、これをわざとやったのか、それとも故意ではないのだろうか。これは影丸さん自身に分析してもらいたい。

余計なことを書くと、「漢人より韓国人のほうがまし」というのが誤読だとすると、西さんが紹介してくれた

台湾の友人曰く、(「気を悪くしないでね」と前置きして)「日本人で台湾好きって言ってる人って、自分達より下の台湾人が日本に懐いてるという前提だよね。対等の関係で見ていない。」

という考えにぴったりつながる。

前にも中国人が日本で暴れたら血が上って 日本が終わりかのようにあたふたし、 今回は尖閣諸島に侵犯したら、台湾は漢人だと 血が上る〜台湾に対して今までの長い経緯から、今回の政権が変わったときの事象ごときで すぐに興奮して評価を変えるほどおかしくはないですよと言っているだけ。

これは興味深い意見だ。

ニュートンはリンゴが木から落ちるのをみて万有引力を思いついたという逸話がある。これが事実かどうかは別として、ニュートンはそれまで万有引力について何も考えていなかったが、りんごが木から落ちるという事象に興奮して、なんだか突然そこに考えが行ったのだろうか。そんなわけがない。考えに考え、リンゴが落ちるという事象がきっかけとなり、万有引力という考えに至ったはずだ。

このような例はいくらでも挙げられる。

地震の発生や火山の爆発も同じことだ。うわべだけを見れば、急に地震が発生したり火山が爆発したりしたように見えるが、その力は長期に渡って蓄積されたもので、それが何かのきっかけで一気に噴出したということだ。

風船をどんどん膨らませていくと、ある時点でそれが一気に破裂する。経済的にバブルがはじけたというのも同じことだ。

自動車を運転する資格がなかった人が、免許証を受け取ったとたんに自動車を運転してもとがめられなくなる。これはもちろん試験を受けるまでの間に自動車や交通法規に対する知識を蓄積した結果が、免許証授与という事象になって表れたということだ。免許証を受け取る5分前と、免許証を受け取った瞬間とで、この人自身にほとんど差異はない。ただ、法律という観点から見ると、評価がガラッと変わってしまったということだ。

非スクリプト言語でプログラミングをしていて、それまで何の動作をすることがなかった文字や記号の羅列が、コンパイルと同時に実行可能なプログラムへと急変する。コンパイルにも意味があるが、より大きな意味はそれまでのプログラミングの蓄積にある。なにもないものをコンパイルしてもなんにもならない。

中国語に「君子豹変」ということわざがある。「君子」というのは、今の時代では「人」というのとほぼ同義だ。「豹変」は日本語では悪くなるという意味に使われることが多いようだが、元々は良くなることを表した。

中国語には、ほかにも「士別三日、当刮目相看」という言葉がよく知られている。日本語では「男子三日会わざれば刮目して見よ」という解釈が多いようだ。

悪さばかりしていた人間が、誰かの言葉によって急に生き方を変えるというようなお話しはいくらでもあり、我輩はそれに感動を覚えることが多い。

影丸さんや、影丸さんの意見に賛成だというKさんは、日々何ら変わることのない暮らしをしているのだろうか。残念ながら我輩にはそれがどんな暮らしなのか想像すらできない。

さて、和猫さんの

「親日人士は信用するな、しかし馬英九はすばらしい」では、ミスリードを誘ったプロパガンダにしか見えません。

というのはほぼ誤読だ。poreporeさんが馬英九について評価したのは、あくまでも一人のリーダーとしてという話であって、日本にとってすばらしいということではない。

これを理解するために、和猫さんが憧れる大日本帝国の時代を想定してほしい。仮に朝鮮半島に朝鮮独立を指揮する素晴らしい能力をもった朝鮮人のリーダーが現れたとしたら、日本にとってはどうだろうか。

うーむ。また長くなってしまった。





中国についてなにかを感じたら人気ブログランキング人気blogランキングをクリックして応援してほしい。多謝。

posted by 楼主 at 10:50 | Comment(12) | TrackBack(0) | 嗚呼日本
この記事へのコメント
人間や自然科学以外の分野にも当てはまるのかもしれませんね。
「君子豹変」に限らず、「言語」なんてもろにそこに生きる人々の、その時代の特有な文化を反映した生物といってもいいのかもしれません。アニミズム思想のような原始宗教とは違った意味で崇高な理念が感じられます。人間は絶えず外的の刺激を受け、そして環境に影響されています。別の言い方をすれば、生きている限り「死」は不可避と言えばいいのでしょうか。
ところで、留学中に議論好きなホストファミリーの一人に“too logical”って言葉を使った際に、私はあろうことか感謝をされたんですよね。私は「理屈っぽい」という悪いニュアンスで使ったのに…。
これと同じように日本語にも「礼儀正しい」という言葉は、肯定的な意味で使われるのが普通ですが、英語圏では皮肉の意味で使われることもあります。
向こうの人間が「理屈っぽい」を覚えることが先か、我々が「礼儀正しい」を忘れるのが先か興味深いことです。


Posted by porepore at 2008年06月20日 12:30
さっきもちょっと書いたけど、台湾の大統領は韓国のそれと違って馬鹿ではないと思う。
だから、一連の発言も日本政府に対して更なる譲歩を引き出すメッセージ性の高い挑発だと考えている。
曰く、中国に接近されたくなければ対価を、と。
これは別に直接の尖閣諸島についてでなくても、別のことでも自分の望んでいる方向に物事を進めようとしているだけ、古今東西の小国の政治手法です。
同様に中国に対しても同じように、日本につくぞ、と定期的に問題提起しているんじゃないかな。裏とってないけど。
日本に対する事柄だけを見ていると、大局を見誤ってしまうと思うよ。
Posted by mi at 2008年06月20日 12:33
>こちらがその不満を解消してあげることができれば、その漢人はもうそのようなことは繰り返さない。その行いの責任が自分にあることが分かっているからだ。

領海侵犯を繰り返す台湾の漁民達、勢い余って、以前より中国の反日グループとも付き合いがあるという・・・

彼らが領海侵犯や反日行為を繰り返す理由は、漁ができない事による「生活苦」でしょう。
ですから、台湾の歴代政権は、彼らの不満を解消するべく日本を批判したり、軍艦を出して威嚇したりして来ました。
理由があって、違法行為を繰り返しているわけです。
Posted by 猫的眼睛 at 2008年06月20日 13:37
ですから、台湾の歴代政権は ×

ですから、台湾の歴代政権や政治家は ○

Posted by 猫的眼睛 at 2008年06月20日 13:40
向こうには向こうの都合があるってだけのことで。
こっちにもこっちの都合があるんで、その辺は同じ。

ただ、こっちの都合を無視するなら、
こっちも向こうの都合を気にしなきゃいいだけで。

昔の東京にはいい言葉がございまして、
「薄情も情のうち」と申すのですよ。
Posted by keamo at 2008年06月20日 17:19
miさん

そんなアピールあるかい。無理やりすぎる気がする。むしろアピールだとしても中国へのアピールと見れるはずだろ。
Posted by 何も at 2008年06月20日 23:36
何故台湾が中国にアピールしてはいけないのか。
台湾が日本よりでなければ成らないというのは、日本人の単なる願望ではないのかな。
Posted by guaipi at 2008年06月21日 00:12
因果応報もそうですね。良い意味であっても日本では悪いほうに取られることが多いようですね。
Posted by 因縁果 at 2008年06月21日 01:58
あなたの高尚な漢人論はもう結構ですってw
あなたが確固たる漢人論があるようにこちらにも確固たる台湾視観がありますので。

「漢人より韓国人のほうがまし」

楼主さんは韓国人は日本人に近いって力説しているのを見たからそう受け取ったまでの事。
”韓国人と話して日本人に近いと感じたとか言語が日本人と似てるとかね”
楼主さんが日本に愛国心があるっぽいんで漢人には言わないことを韓国人に言ったことが
「漢人より韓国人のほうがまし」に感じたと、ただそれだけの事です。
まあそれが捏造だって興奮するのであればそれで結構です。

>地震の発生や火山の爆発も同じことだ。うわべだけを見れば
私の見立てでは国民党が選ばれたのは、
台湾経済の発展重視
中国との関係を改善
民進党の腐敗にはうんざりだ。
ですけど。それが蓄えられてきた反日行為の発露だと言いたいんですか?

そもそも馬政権は中華ナショナリズムの政権でやり口が中国と同じなんでその前提で対応は当然。
ですがそれと台湾への評価とは違います。
権力遂行者が変わるだけでガラっと雰囲気が変わるのは当然ですが
国民の性質はいっしょですので。

「男子三日会わざれば刮目して見よ」
男子は三日も会わないでいると驚くほど成長するもんだって意味じゃありませんでしたっけ?
台湾内からの情報として流してくださる方のを見れば
前の台湾人は台湾人としてあまり変わってませんが?
国民党が権力を握ったから、それに連なる勢力が活性化したとしか見えません。

>影丸さんや、影丸さんの意見に賛成だというKさんは、日々何ら変わることのない暮らしをしているのだろ>うか

。残念ながら我輩にはそれがどんな暮らしなのか想像すらできない。

台湾の評価できる行動に対する今までの蓄積があるからですよ。
例えば信用できる取引を何回も繰り返してきた実績のある人と、何回も取引をダメにした人が
同じ失敗をしたとしても、その行為に対する評価が違うのは当たり前でしょう。

あなたから見たら私を人の良い日本人で漢人にすぐに騙される馬鹿な人間と見えてて悟らせたいんでしょうけど
私から見たらあなたは中共の思惑通り動く台湾と中国を一緒にしたがる人間にしか見えません。
楼主さんは漢人から謝礼貰えるんじゃないでしょうかw

そもそも私は台湾人を漢人とは見ていないので前提からして違いますが

まあですが楼主さんは漢人と生活しながら田中宇のコラム見て世界を全て分かってらっしゃるようですから
もう何も言いませんけどねw
Posted by 影丸 at 2008年06月21日 02:25
何もさん

ばっかお前、昔っからちっちゃい国は大変なんだよw
三国志の時代から、自分を高く売り込むために敢えて敵方に靡いちゃうかも?ってフリはずーと使い古されてきた手なんだって。

例えばだけど、力が均衡してる大国AとBがあったとする。
その真ん中に小国Cがあるとして、近い将来自主独立がヤバゲな状態にあったら何を考える?
将来の安定した暮らしを得るためにも、自分たちをより高く買ってくれるほうに靡こうとするだろ?
そんで、より高く買わせるためにも、「このままじゃ相手方に買われちゃうよ〜」と危機感を煽り、より金を高く積ませようとする。
そんな過程だと思うんだけどどうよ?

まあ、ぶっちゃけ地政学的には最重要地点とはいえ技術的には得るものがない日本と、地政学的にも技術的にも得るものが多々ある中国とでは、この問題に対するスタンスが違いすぎて勝負にならないと思うけどね。
ましてや福ちゃん→小沢のコンボが決まったら沖縄まで差し出しちゃうんじゃないかねw
Posted by mi at 2008年06月21日 02:34
miさん

しかし、台湾人のバランス感覚を侮ってはなりません。
馬英九政権は、発足時の支持率からして、歴代政権と比較してそう高くは無かったのですが、それが、様々な要因により急降下しているという事なのです。

「庶民の意見と政府の意見は常に食い違う」という事も一つの真実であり、日本においても同様です。
「選挙で多くの日本人が(親中の)民主党に投票した。一方で、日本人の対中好感度は過去最低を記録した。」これは、日本の民意であり真実です。

台湾も日本も民主国家なので、世論を無視すると大変な事になります。

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2008062001000770.html

>与党国民党寄りのTVBSテレビが行った世論調査によると、政権発足直前に52%だった支持率は1カ月で41%に下落。陳水扁前政権が2000年の政権発足1カ月で77%を記録したのとは対照的だ。
対中政策では6割が「満足」と答えたが、対日関係では45%が「不満」と回答。中南部で続いた豪雨の災害対策でも対応の遅れが指摘され、66%が馬政権は「準備不足」と指摘した。
Posted by 猫的眼睛 at 2008年06月21日 08:11
>影丸さんの意見に賛成だというKさんは、日々何ら変わることのない暮らしをしているのだろうか。

まあ、確かに代わり映えしない生活ですがw
WW2での日本が一方的に悪いというわけではなかったというのは、私にとって大きく世界観が変わる契機になりました。
生活は何も変わっていないのに不思議なものです。

>poreporeさんが馬英九について評価したのは、あくまでも一人のリーダーとしてという話であって
>一連の発言も日本政府に対して更なる譲歩を引き出すメッセージ性の高い挑発だと考えている。
曰く、中国に接近されたくなければ対価を、と。

これはこれで判るんです。
実際、尖閣に同行するつもりだった中国のグループは無視されましたし、台湾側は漁業権の交渉を求めました。

私は桜主さんが何を言いたいのか、まだ判らないんですけど、自分の世界観が変わってから警戒するようになった、ある種の宣伝に似てるとつい思ってしまうんです。
自分が単純なのは良くわかってますから、匂わせないでもう少し簡単に説明してもらえませんか。
Posted by K at 2008年06月21日 08:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/101102895
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。