2008年06月22日

台湾人として独立のために戦っている人を尊敬するな

まあですが楼主さんは漢人と生活しながら田中宇のコラム見て世界を全て分かってらっしゃるようですからもう何も言いませんけどねw

というあまり感心できない捨て台詞を書いた影丸さんが、また書き込んでくれた。駐日大使に当たる人を召喚した台湾政府より評価できる。ただ、もう何も言わないと言いつつ汚い言葉づかいで再び書き込むやり方をみて、以前にも似たような人がいたことを思い出した。興味のある人はharuという中国留学生を読んでいただきたい。

そんな血筋の話をしてるんじゃなくてアイデンティティの話をしてるんですよ。 例え血筋が他にあろうとその郷土で生まれ育ってここの人間だという強い意識があれば その郷土人だと見て何がおかしな感覚ですか?

たいていの日本人にとってはおかしくないと思う。しかしたいていの漢人にとってはおかしな感覚だ。国籍に意味がないわけがないに書いたことを引っ張る。

我々は例えば日系ブラジル人や中国残留孤児などはもはや同胞などと思っていないのが普通だが、漢人は移民して何世代になろうとも中華人民共和国あるいは中華民国を心のよりどころにし、それが漢人社会からも受け入れられている

日本人にとって大切なのは住んでいる日本という場所だが、漢人にとっては現在住んでいる場所よりも漢人として先祖代々受け継いできた血筋の方が大切だということだ。

また

台湾人として独立のために 戦っている人を見ると尊敬できる。

というのには首を傾げるしかない。感覚的にとらえやすくするために、立場を変えてオハナシをしてみよう。

元韓国人である日本人が島根県に大量に移住し、独立運動を始めた。それをみたある台湾人が「独立のために戦うとは素晴らしいですね。本当に尊敬できる人たちですよ」と独立運動をしない人は尊敬できないという意味を暗にほのめかしながら影丸さんに話してきた。

さて、影丸さんはどう感じるだろうか。もちろん、台湾のことをよく御存知の影丸さんなら、台湾のいわゆる本省人というのは、アミ族やタイヤル族などを押しのけて台湾に住みついた人たち(我輩の言葉でいえば漢人)だということは当然知っているはずだ。そして独立のために戦ってる台湾人が少数派だということも。

次に

ようするに台湾は馬で変わったから台湾を全否定しろと?

というのは、愉快な意見だ。影丸さんにとって、台湾というのは尊敬するか全否定するかのどちらしかないのだろうか。影丸さんは、なんだか観念に走りすぎているような気がする。まるで牛肉問題で大騒ぎをしている韓国人のように。

中国のテレビで、日本風にいえばお笑い芸人(ただし中国の場合、日本のそれのように下品ではない)一家を紹介する番組を見たことがある。この人の娘さんも芸能人としての仕事をしていて、ネット上で非難されたことを苦にしていた。その娘さんに対して、このお笑い芸人が諭した内容は以下のようなことだった。

「人にはそれぞれの考えがあって、それを変えるのは難しい。お父さんは六割の人に認めてもらうことを目標にして努力してきた。半数以上の人に今日のパフォーマンスは良かったねとほめてもらえれば、それでいいじゃないか。自分で完璧だと思っても批判の声がないなんてことはありえないんだ。」

芸能人のあるパフォーマンスに対する評価が、全肯定あるいは全否定なんてことはあまりなさそうだ。ましてや台湾という大きな対象に対してならなおさらだ。

おいおいw相手が自分とこの大使を召喚するのは相手の権利だ。なんで日本に謝罪になるんだ? 謝罪をさせるのは、日本の領海侵犯(国際法違反)についてだ。

個人レベルで考えよう。謝罪というのは、道義的に間違ったことをした人に対して要求するものであり、法律違反をした人に対してはまずその罪を償うことを要求するのが法治国家としてのやり方だ。もちろん両者は相反するものではないが。

そして台湾は道徳的に間違ったことをしたのだから、我が国は謝罪を要求しよう、というのが我輩の意見だ。

我輩は国際法については全く知識がないが、仮に法律違反をとがめるなら、我が国としては賠償を要求するのが理にかなっているように思える。この点については国際法を熟知してるであろう影丸さんに解説を願いたい。

和猫さん

「韓国人の方が台湾人より日本人に近い」と言われて即座に否定するのは、単純に韓国が嫌われてるから。

このコメントは、我輩の意見を誤読した影丸さんのコメントをさらに誤読している。もう一度読み直していただきたい。

台湾抜きで「韓国人と日本人は近い」と言われても即座に否定すると思いますよ。

それはおかしい。

二つの要素だけでは近いか遠いか判断のしようがない。例えば「地球と太陽は近い」というのは肯定も否定もできない。ここに北極星あるいは火星という三番目の要素が加わって、ようやく近いか遠いかが判断できるようになる。

「韓国人と日本人は近い」という命題に戻ると、ここに例えばユダヤ人という三番目の要素を加えなければ、肯定も否定もできないということだ。





中国についてなにかを感じたら人気ブログランキング人気blogランキングをクリックして応援してほしい。多謝。

posted by 楼主 at 10:06 | Comment(9) | TrackBack(0) | 嗚呼日本
この記事へのコメント
以前から、どうにも納得できないと感じてたんですが、やっと解決しました。

簡単な話、管理人さんが漢人に染まってるだけじゃないですか。

>我々は例えば日系ブラジル人や中国残留孤児などはもはや同胞などと思っていないのが普通だが、漢人は移民して何世代になろうとも中華人民共和国あるいは中華民国を心のよりどころにし、それが漢人社会からも受け入れられている

管理人さんも、すでに漢人的な思考に染まってるんです。台湾に住んでる住人にアンケートをとれば、自己のアイデンティティを台湾人、漢民族、中国人など色々な答えが出してくるでしょう。

普通の日本人だったら、その辺の事情が理解できます。

その事情を考慮せずに一刀両断で漢人と決め付けられるのは、すなわち漢人思考に染まってるからに他なりません。

「台湾人として独立のために 戦っている人を見ると尊敬できる。

というのには首を傾げるしかない。」
この辺まで来ると、完全に大陸人の考え方。
日本にとって、台湾が独立する事はメリットのほうが、多いでしょう。
なぜ問題にされるのか、私も首を傾げます。
例え話にもならないオハナシを書かれてますが、台湾人自身が独立運動をしているのなら、尊敬するもしないも日本人の勝手でしょう?

自覚しているかどうかは知りませんが、漢人批判をしながら考え方自体が漢人そのものになっています。

Posted by 和猫 at 2008年06月22日 12:04
>興味のある人はharuという中国留学生を読んでいただきたい。


何度も見ましたが、この方は本当に「中国人留学生」なのですかね?
haruという自称留学生は、日本人や、日本で生まれ育った人による「自作自演」ではありませんか?
haruさんの仰っている事ですが、その当時の民主党や社民党とそれを支持する人々の言論にリンクする点が多々見受けられます。

楼主さんは、20年以上も中国に住んでらっしゃるので、日本人や日本在住の漢人の言動について、いささか疎くなっているのかも知れません。
楼主さんは、純粋無垢すぎますな。
Posted by 猫的眼睛 at 2008年06月22日 13:28
具体的なことを書き忘れました。

haruという「自称中国人留学生」は、数エントリーに渡りかなり粘着的に書き込んでいるようですね。(暇なのでしょう。)

この「自称中国人留学生」は、観察するに、当時話題になっていた年金問題などにも感心を持っているようで、全体の論調も、民主党左派か社民党のような中国人留学生でありますね。

楼主さんは「haruこそが典型的な漢人だ!」と度々取り上げてらっしゃるようですが、私にはそう断定する勇気はないのです。

人間には、「思い込む力」があるようです。
Posted by 猫的眼睛 at 2008年06月22日 13:38
>>もう何も言いませんけどね

そのつもりだったんですが、楼主さんのしつこいからみは
座視できないと判断しましたので。

>>日本人にとって大切なのは〜受け継いできた血筋の方が大切だということだ。
だからそういうルーツに根ざす台湾人を見てきた上で台湾人と呼んでいるわけではなく、
しっかりとした台湾人の意識を持っている人がいるのを見てきたから
台湾人と呼んでるんですよ。
確かに実際台湾全土でどのぐらいの割合が台湾人として意識して生活しているかの
正確な把握はない。だが今までの台湾社会を代表するニュースを継続的に見るだけでもその性質は把握出来る。
ただ単に中国共産党支配になりたくないだけで自分たちは漢人なんだという社会的な行動が
断続的に見られないからだ。はっきり言うなら台湾社会が中国と日本の尖閣諸島の争いに対し
台湾社会が中国同胞と共に日本と戦おうなんていう姿勢に傾注しないのは一つの事例だろう。
まあ今後利害関係から見ての尖閣で共闘はありえるかもしれないがね

>>元韓国人である日本人が〜
日本という国家内に国家を作る独立運動は国家分裂にほかならない。
台湾は中華人民共和国に一度たりとも統治下に置かれたことはない
台湾では少数民族が国家として存在していたわけではない。
台湾は長い間中華人民共和国で統治されその恩恵もすくなからず受けたわけでもない
今の台湾の台湾人というアイデンティティは台湾という郷土に根付くものだ。
それに対して血や民族で併合しようとする漢人に対して独立運動をしている人々を尊敬すると
言っている。
政治的な側面で言えば独立運動ではないな。すでに独立しているんだから。
つまり国際社会に承認させるための承認運動が正確か。
漢人が血のルーツを大事にする性質があるのであれば、台湾人として独立運動をしている
人々は例え血のルーツが漢人であろうと台湾人としての行動をする、
漢人とは別のアイデンティティの発露がある。
このことこそすでに漢人ではないという証左ではないか。

>>影丸さんにとって、台湾というのは尊敬するか全否定するかのどちらしかないのだろうか。
笑わせる。こちらが馬政権が反日でも必ずしも台湾人がそれにリンクしていない
という意味を込めて言ったら、やつらは馬の行動こそ本性で漢人だといっしょくたにしたのはそっちでしょうよ。

>>そして台湾は道徳的に間違ったことをしたのだから、我が国は謝罪を要求しよう、というのが我輩の意見

台湾の主権行為である召喚という抗議がどう道徳的に間違っているんだ。
愚かな行為で歓迎は出来ないが、道徳とは次元の違う話だろう?
謝罪の字の通り、罪を認め謝らせるってのがその意であるならば
召喚行為は台湾の政治行為であって罪ではない。ていうか召喚行為は何罪だ?
日本反逆罪か?
日本から召喚した罪によって謝罪せよなんて馬鹿なことを言えるわけがない。
日本が要求するのは日本への領海侵犯に対する犯罪行為に対してだ。

>>二つの要素だけでは近いか遠いか判断のしようがない。
ならあなたの考えは漢人に近い日本人?だ。(?はあなたを確定出来ない推測だから)

これについてはあなたにとっては肯定も否定もできない内容であるから、
あなたは何も言わないでね。
Posted by 影丸 at 2008年06月22日 16:54
追記

私が牛肉で騒いでいる韓国人だとか例えましたが、
私は韓国人が心底嫌いだが、彼らの牛肉に対するデモに対しては違和感はない。
彼らにとって牛肉の不安は現実でそれに対してデモを行った。
私たちにとってたかが牛肉だが彼らにとってされど牛肉であるのだろう。
むしろそのようなデモで政府を動かし、自分たちの政治目的を達成した行動力は評価に値する。
(裏に北朝鮮強硬派政権を追い落とすための北朝鮮親派が関与して組織作っている可能性があるにしても)
翻って中国の毒餃子で幼い子供が犠牲になってなお今まで通り粛々と中国産食品を輸入し
問題解決も迷宮入りになる現状においてなんら大規模デモすら起きない日本や自分の不甲斐なさに
失望を禁じえない。
Posted by 影丸 at 2008年06月22日 17:10
聯合報による馬英九の支持率調査がもう50%を切ったそうですね。
まぁ、様子を見ましょうよ。

>猫的眼睛さん
haruという自称留学生の件
私も見てみたんですが、典型的な漢人留学生の言いかたですよ。政治的立場については、彼が民放のテレビをよく見てるだけなんだとおもいます。それよりは論理の運びとか逃げ方がそれっぽいです。
Posted by njr at 2008年06月22日 22:33
njr さん

>典型的な漢人留学生の言いかたですよ。

「haru」で検索してみました。
強いて言えば「臭い」ですな。
ミクシィや某巨大掲示板、一部ブログ等のカキコミ等でみかける論調(釣り)とリンクしている事、また、留学生にしては暇そうである点などですね。

haruが登場する少し以前に「上海人」を名乗る胡散臭い「自称中国人」(あまりにも胡散臭いので、こちらのブログの住人の皆さんからも「疑惑」の目を向けられていたようで・・・笑)

たまにそういう胡散臭い輩が湧くのかな?と思った次第です。

http://www.google.co.jp/custom?domains=chinabbs.seesaa.net&q=haru&sitesearch=&sa=Google+%8C%9F%8D%F5&client=pub-0521375799281765&forid=1&ie=Shift_JIS&oe=Shift_JIS&flav=0000&sig=VV2SwDjUbqyR_ps5&cof=GALT%3A%23C19F76%3BGL%3A1%3BDIV%3A%23583038%3BVLC%3AC19F76%3BAH%3Acenter%3BBGC%3A583038%3BLBGC%3A583038%3BALC%3AC19F76%3BLC%3AC19F76%3BT%3AA1A1A1%3BGFNT%3AC19F76%3BGIMP%3AC19F76%3BFORID%3A1&hl=ja
Posted by 猫的眼睛 at 2008年06月23日 07:44
楼主様、皆様はじめまして名無しで失礼します

ドイツとオーストリアの例もあるように同じ民族が違う国家を形成することはあります

中華人民共和国が一方的に主張するような同族だから台湾が中国の一部であるかのような言草は前近代的で通用しないと思います

ただ是を前提とした上で自らを漢人と称する人々が大陸で過ごすうちに認識するようになった
中華主義と言う物に台湾に住む人々(本省人を含め)が毒されているじゃないかなと

国家の独立は甘いものではありません国家を構成する人々の不断の努力のみが其れを維持させると認識しております

台湾を構成する人々は国民党独裁時代から民進党政権時代を経ても明治の人々が世界に示した様な石に噛り付いても独立を維持する意志を一度もはっきり示していません

国際政治や経済のために独立宣言や核抑止力の保持が無理でも地理的にわが国と同じ様に海に囲まれた国防に資する環境があるなら国産艦隊(国産潜水艦など)による海上拒否権を獲得するなど方法は有るはずです


Posted by 名無し at 2008年06月23日 11:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/101260591
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。