2008年06月24日

たけのこじまのおはなし

むかしむかしにほんとかんこくのあいだに、たけのこじまとよばれるちいさなしまがありました。たけのこじまには、かげまるさんいっかがつつましくもしあわせにくらしておりました。

そんなあるひのこと、たけのこじまに、ろうしゅというみすぼらしいかっこうをしたおっさんが、にほんからやってきました。このおっさんがかわいそうだとおもったこころのやさしいかげまるさんは、ものおきとしてつかっていたへやにおいてあげることにしました。

ところが、このおっさんはものおきのへやだけではまんぞくせず、ものおきのへやをじぶんでつかいながら、いつのまにかそのとなりのへやでねおきするようになりました。

そしてしんせきやらしりあいやらをたけのこじまにつれてきて、かげまるさんのいえやはたけ、さかながあつまるつりばなどをすこしずつうばっていきました。

そうこうしているうちに、たけのこじまは、にほんせいふからかんこくにぷれぜんとされてしまいました。かんこくせいふは、たけのこじまでえたものをかんこくにおくるため、たけのこじまをはってんさせようとがんばりました。そのおかげでたけのこじまは、けいざいてきにもえいせいてきめんでもおおきくかいぜんしました。ただ、かんこくごをつかえときょうせいされました。

そしてあめりかというとおいくににまかされたかんこくは、たけのこじまからさっていきました。たけのこじまはにほんのものだということになったからです。

しかしにほんではいくさがおこり、たけのこじまはわすれられたもおなじでした。

しばらくすると、にほんでのいくさにまけたさむらいたちが、たけのこじまにやってきました。かたなやゆみやをぶきにもつさむらいたちは、かげまるさんいっかやろうしゅたちをけちらすようにしてたけのこじまにすみつきました。いつかはにほんにもどっててんかをとってやると、こころにちかいながら。そしてたけのこじまではかんこくごをつかうことがきんしされました。

げんざい、たけのこじまにはひゃくにんものひとがすむようになりました。ひゃくにんのうち、ろうしゅたちがはちじゅうごにん、さむらいたちがじゅうさんにんで、かげまるさんのかぞくはふたりしかいなくなってしまいました。

そんなあるひのこと、うわさにきくせんきょというのをたけのこじまでもやってみるべ、ということになりました。かげまるさんいっかからは、りっこうほをだすことすらかなわず、せんきょのけっか、たけのこじまのかしらとしてえらばれたのはろうしゅでした。

ところがろうしゅはじぶんのりえきしかかんがえなかったため、つぎのせんきょではさむらいたちのなかからかしらがえらばれることになりました。

げんざいろうしゅは、たけのこじまをひとつのくにとしてみとめてもらおうとがんばっていますが、たけのこじまにいるひとはほとんどがいまのままでいいとかんがえています。

ふしぎなことに、かんこくにはろうしゅをおうえんするひとがたくさんいて、「ろうしゅさんをそんけいする」というかんこくじんもいるようです。

めでたしめでたし。

え?かげまるさんいっかはどうなったのかですって?

ではろうしゅをそんけいしているかんこくじんにきいてみましょう。

「そんなことはもうどうでもいいですよ。ろうしゅさんたちが、たけのこじまじんというあいでんてぃてぃーをもって、にほんじんやにほんじんのてさきであるさむらいたちとたたかっているのがとうといのです。このようなすうこうなしめいにくらべれば、かげまるさんのかぞくなんてとるにたりません。かんこくじんがうしなってしまったかんこくじんだましいを、ろうしゅさんにかんじます。がんばってください!おうえんしています!」

さて、ろうしゅは尊敬に値する人物だろうか。ろうしゅは楼主と同様、尊敬には全く値しない。理由を書こう。

ドイツ発コラムの定住と移住の物語(1995年7月)から引用させていただく。

コンパートメントに乗客が2人。見知らぬ他人同士だ。ゆったりとくつろぎ、空いた席にカバンやコートを広げている。と、そこに新たな2人の乗客が入ってくる。このとき、電車はトランジットな場所であるにもかかわらず、先客2人は新参者に対する共通の抑えた反感を持つ。ここは自分たちが自由に使えるテリトリーだと。

ろうしゅはここでいう先客だ。アイデンティティーのぶつかり合いなどとかっこいいものではなく、単に新参者を嫌ってるだけだ。

ハノーファーでドイツ人とトルコ人の少年たちが徒党を組み、ロシアから最近移民してきたドイツ系少年たちを排斥しているというのである。定住者側に立つトルコ人はドイツに住んで30年。対する流入者は200年前ロシアへ移民したドイツ人の末裔たちだ。

影丸さんが紹介してくれたような漢人は、特に目新しい人ではない。上に引用したトルコ人の少年たちと同じ心理をもっているに過ぎない。ちなみに我輩は「外省人だからという理由で外省人を嫌っている本省人」の顔と名前をすぐに思い出すことができる。どれくらいいるか数えてみたら、すぐに十人を超えてしまった。そのうちの一人などは「顔を見ただけで外省人だとわかる」と豪語するほどだ。

台湾に精通している影丸さんにはこのような知り合いがいないのだろうか。そういえば影丸さんの言論には具体的な台湾人が登場しないなという疑問がふと湧いたが、まさか台湾人のアイデンティティーを熱っぽく語る影丸さんに限って、台湾人の知り合いがたった数人しかいないなんてことはありえまい。

なにはともあれ、この漢人の主張をまとめよう。

中華民国は1971年以前は、魚釣島を日本の領土として認めていた。

ところが1971年に突然自分の領土だと言い出した。

1971年にいったい何が起きたのだろうか。

蒋介石が国連を追い出されたのだ。

そして「魚釣島を守れ」という運動が生まれた。

我輩は知識不足のせいで、蒋介石が国連を追い出されたことと、「魚釣島を守れ」という運動が生まれたことの因果関係が理解できない。これをわざわざ紹介してくれた影丸さんなら、もちろん御存知のはずだから、ぜひ解説をお願いしたい。

さて、別の話題に移る。ヨーロッパではホロコーストの存在を疑う言論は違法だと聞いたことがある。なんだ、ヨーロッパにだって言論の自由なんてないのかなどと言おうものなら、影丸さんからお叱りを受けることになる。「ホロコーストの存在を疑うのだけがいけないと言ってるんだよ。別に言論の自由の制限をしてるわけじゃない!曲解して上げ足を取るのは止めていただきたい」と。

ちなみに影丸さんの主張は

これについてはあなたにとっては肯定も否定もできない内容であるから、あなたは何も言わないでね。

だ。これは他人の言論を封鎖するものではないというのが影丸さんの詭弁主張だが、より身近な例でみてみよう。

A「昨日はXXで○○を食ったよ。いやー、実にうまかった。」
B「へー、それはうらやましいね。」
A「お前は食ったことがないってことは、うまさを肯定も否定もできないんだから、何も言うな。うらやましいという感想もな。」
B「うまさを肯定も否定もできないのは確かだけど、それがいくらだったかとか調理方法とか聞いたっていいだろう。」
A「だから、おまえには肯定も否定もできないんだから、何も言うなって言ってるんだ。」
B「なんでお前に何も言うななんて言われなきゃいけないんだ。何様のつもりだ。」
A「いや別にお前から言論の自由を奪ってるわけじゃない。ただこの件に関しては何も言うなって言ってるだけだ。」



次に台湾に謝罪させろという我輩の主張に移る。影丸さんは

謝罪の字の通り、罪を認め謝らせるってのがその意であるならば

というあざとい解説を加えたが、昔の中国語ではあるまいし(しかも中国語にも謝らせるという使役の意味はない)、日本語では罪という法律違反に関してという意味で使われることはほとんどない。例としてAll Aboutのいざ謝罪!正しい謝罪のパターンはどれ?から引用する。

そんな時、みなさんはどんな「謝り方」をしていますか?謝り方を間違えてしまうと、かえって火に油を注ぐようなことになりかねません。また、ビジネスにおいては、下手に謝罪してしまうと「責任を認めた」ことになり、不利な状況に追い込まれることもあります。謝罪の仕方1つで、その後の展開が大きく変わるといっても過言ではありません。


ここで外交関係に関するウィーン条約から引用する。

第四十五条 二国間で外交関係が断絶した場合又は使節団が永久的に若しくは一時的に召還された場合には、
 (a)接受国は、武力抗争が生じたときにおいても、使節団の公館並びに使節団の財産及び公文書を尊重し、かつ、保護しなければならない。
 (b)派遣国は、接受国が容認することができる第三国に、使節団の公館並びに財産及び公文書の管理を委託することができる。
 (c)派遣国は、接受国が容認することができる第三国に、自国の利益及び自国民の利益の保護を委託することができる。

外交関係が断絶した場合と使節団が召還された場合が並列になっていることに注意してほしい。つまりそれほど深刻なやり方だということだ。そしてそのような場合に起こりうる可能性の一番目に武力抗争が生じるということが予想されている。要するに台湾政府は我が国と戦争をもいとわないという意思表明をしたということだ。

またまたオハナシをしよう。

影丸さんの家の庭に立派な柿の木がある。この柿の木には枝が折れそうなほど柿の実がなっている。そして影丸さんの家の隣には、楼主というおっさんが住んでいる。ある日、このおっさんが柿を奪ってやろうと垣根を越えて影丸さんの庭に忍び込んだ。用意周到の影丸さんは監視カメラを設置していて、楼主が忍び込む瞬間を監視カメラに捉えることに成功した。そしてその証拠をもって楼主に抗議した。すると、楼主は逆切れし、「お前さんとは絶交だ」などと言いだし、銛を発射するための装置をいくつも購入し、影丸さんの家に向けて設置した。

上の楼主のやり方が、つまり台湾のやり方だ。こんな失礼な話があるだろうか。

この失礼なやり方に関して、台湾に謝罪させろというのが我輩の主張だ。

ちなみに我輩の主張は、楼主が影丸さんの家に不法侵入したという罪、つまり台湾が我が国の領海したという罪を問うものではない。罪というのはそれに対する罰則を強制実行させる力が伴っていなければ意味がない。影丸さんが言うところの国際法違反に対して、どこの裁判所が判決を下し、その判決の内容をどの機関が台湾政府に実行させることができるか、我輩は知らないからだ。仮にそれが可能なら、我輩は謝罪よりも賠償を要求する。




中国についてなにかを感じたら人気ブログランキング人気blogランキングをクリックして応援してほしい。多謝。

posted by 楼主 at 10:48 | Comment(6) | TrackBack(1) | 嗚呼日本
この記事へのコメント
楼主さんと影丸さんはお互いの発言に対して、
互いにズレていると感じているのではないでしょうか。
お互いの『台湾』に対するとらえ方が違うから、
いくら言葉を尽くしても平行線だと思います。

影丸さんは、『台湾人としてのアイデンティティーを確立しよう』と奮闘している人のことを話しており、
楼主さんは、現実の台湾人の話をしている。

また、影丸さんの紹介されたブログの記事は、漢人かどうかは関係ないと思う。
(台湾人・中国人から売国奴と言われるだろうが)

でも、ブログのサブタイトル
「人類学者の研究によると、80%の台湾人は平埔族の血が流れており、台湾人は純粋な漢人ではない。台湾人は中国人ではない。」と
サブタイトルにありますが、通婚が進んでいるからなぁと、私は思うのですが…
それに、大陸の漢民族だって、
満州族や朝鮮族等等の血が入っているからなぁ。

お話は、こういうことですかね。
たけのこじま=台湾
ろうしゅ=本省人
さむらい=外省人
かげまるさん=原住民
かんこくせいふ=日本
あめりか=アメリカ
にほんせいふ=中国(初めの、にほんせいふは「清」)

これを踏まえて、私の理解です。
@台湾への本格的な入植が始まったのは、
明末、鄭成功の生きた時代。
鄭成功は、漢民族の王朝である明の再興を掲げて、
満州族の清と戦うも、破れて、台湾に逃げる。
大陸を支配した清の歴代の皇帝はずっと台湾を重視してこなかった。
そして、下関条約で日本に割譲することになる。

A第二次大戦後の国共内戦の結果、
共産党に敗れた国民党が台湾に逃げ延びる。
以後、50年くらい国民党の台湾支配が続く。
国民党の大義名分は、いずれ大陸に帰って政権を取る。
(だから蒋介石時代の台湾は独立しようと思えばできたのに、大陸へ帰れなくなるから独立しなかった。←推測です。)

@からAの直前に来た漢民族が本省人、
Aで来たのが外省人。

現実として、本省人は、何代も台湾に住みながら、
「原籍・○○」(例:原籍・福建)が捨てられない。
もちろん、「何人ですか?」と尋ねられれば、「台湾人」と答えるかもしれない。
でもそれは「中華人民共和国の国民ではない」ということであって、
漢民族であることの否定ではないのだと思います。

漢民族の「中華」への執着は、私には理解しかねるのだけど、
それはやはり、純粋な漢民族の王朝かどうかは、別として、
歴史上ずっとナンバーワンの自負があるからから、どこへ行こうと捨てられないのかもと推測しています。

乱暴な言い方だけど、李登輝さんあたりが、一生懸命説いたとしても、
上で書いたとおり、
「台湾人」は、「中華人民共和国ではない中国人」としての意識くらいしかない気がします。

台湾のアイデンティティが確立されたとして、それは『中華』から脱却したものであるのか、興味深いところですね。

余談ですが、中国文化を比べた場合、実は台湾の方が、言語的、習俗的に共産党以前の中国を残していて、おもしろいですね。
あの広い中国を徹底的に変えた文革の破壊力が分かります。
Posted by 西 at 2008年06月24日 14:15
>「人類学者の研究によると、80%の台湾人は平埔族の血が流れており、台湾人は純粋な漢人ではない。台湾人は中国人ではない。」と
サブタイトルにありますが、通婚が進んでいるからなぁと、私は思うのですが…
それに、大陸の漢民族だって、
満州族や朝鮮族等等の血が入っているからなぁ。

と、書いたけれど、
私の読み違いかもしれませんね。

「大陸とは違う、台湾原住民の血が入っているんだから、胸を張って「台湾人」と言おう!」
ということでしょうか。
Posted by 西 at 2008年06月24日 16:09
では、答えるがそのさむらいの連中はニホンの考え方や行動でたけのこじまの運営を
しようとろうしゅにしきりにおまえらもニホン人だろうと宣伝をし、たけのこじまの運営を
やりやすくしながらニホンの機嫌をとっている。もしかしたらたけのこじまをニホンにする気かとの疑念もある。
それに抵抗して我々はたけのこじまのものでありたけのこじまはニホンでない。
現実的にニホンと付き合うのは目をつぶるがそれもたけのこじまの為。
たけのこじまにやってきたさむらい独裁の統治を排除してたけのこ民主に変革し
たけのこじま住民の意思でたけのこじまの運営をやってきた。
それを守りニホンでないたけのこじまとしてやっていく。
そういう運動をしているいるろうしゅを尊敬する。
仮にその運動をやっているのがかげまる一家だろうとさむらいだろうと関係ない

たけのこじまのかげまる一家にとって自分たちの住んでいるたけのこじまが
たけのこじまとして存在するのとニホンになってしまうのとではどっちが望まれるか。
ニホンは少数民族を虐殺弾圧し、たけのこじまの今までの保障された自由すら
変える恐れがある。しかもかげまる一家とろうしゅは血で見れば同化もかなり進んでいるようだ
人数が少ないかげまる一家が代表になりにくいのは自覚しているし、
かげまる一家だけでたけのこじまを守れないのも知っている。
ろうしゅのいうたけのこあいでんてぃてぃは当然たけのこじまにすんでいるかげまる一家
も含んでいる。そしてそのあいでんてぃてぃはかげまる一家というあいでんてぃてぃを
否定するものではない。

台湾では台湾アイデンティティの発露が散見される。
どれぐらいの割合で浸透しているか正確には
判断できないが社会に影響を与える程度にはあると推測できる。
仮に今台湾アイデンティティを持っているものが将来漢人のごとく豹変しようとも
今わざわざ漢人だと見方を変えて、漢人化を促す理由は全くない。
馬政権や国民党は基本的に中華ナショナリズムを含有する中国人だ。馬は便宜上台湾人と称するときが
あるが思考や行動原理を見れば中華ナショナリストだと分かる
台湾人のアイデンティティを歓迎し協力して馬政権に圧力をかけ、またチベットウイグルを支援する。
これが日本の必要な立場と考える。漢人に近い楼主さんは腹立たしいだろうが理解してもらいたい。

漢人に近い楼主さんに一つ聞きたい。
独立運動をしている人を尊敬するなという真の理由が聞きたい。どうも信用出来ない。
原住民を出してごちゃごちゃ言っているが実のところ
台湾は中国の領土で独立運動は国家分裂に値するからするなという事ではないのか?
Posted by 影丸 at 2008年06月24日 21:38
今回は長くなった
>ハノーファーでドイツ人とトルコ人の少年たちが徒党を組み
>単に新参者を嫌ってるだけだ。

台湾においては新参者を嫌っているのか、アイデンティティが目覚めたのか
分からんでしょ。その新参者がいなければ今のように台湾アイデンティティが
芽生えなかったかと問われれば私はNOと言うでしょう。
また仮に台湾においてその外省人を駆逐してよそ者を追い出したら、
その台湾人と言っていた連中が俺たちは漢人だと元に戻ると考えているのか?

>台湾に精通している影丸さんにはこのような知り合いがいないのだろうか。

つまり知り合いの数が多いから俺のほうがよく知っている。
俺の意見に頷いてろ。
こういうことですね。
お断りします。

というか漢人に近い楼主さんは台湾アイデンティティや独立に懐疑的なゆえ
そういった連中に対しては興味を持って見ていないのでは?
まあ台湾全土に均等に知り合いがいて、世論調査レベルの把握が出来ているのであれば
それは感服いたします。私も漢人に近い楼主さんも自身の認識内のレベルで
しゃべっていると思うのですがね。


中華民国は1971年以前は、魚釣島を日本の領土として認めていた。

ところが1971年に突然自分の領土だと言い出した。

1971年にいったい何が起きたのだろうか。

蒋介石が国連を追い出されたのだ。

そして「魚釣島を守れ」という運動が生まれた。

もちろん、指摘されている部分は自分の認識とは違う。
それはこの人の尖閣諸島についての歴史認識でしかない。
それと台湾アイデンティティと何の関係があるの?

>>ヨーロッパではホロコーストの存在を疑う言論は違法〜
これは他人の言論を封鎖するものではないというのが影丸さんの詭弁主張

まあそんなどうでもいい部分でそこまで張り合う気はないので
私の意見ごときで言論を封鎖されていたのでしたらお悔やみ申し上げます。
好きなだけ『漢人に近い楼主』についておっしゃってください。

>>台湾政府は我が国と戦争をもいとわないという意思表明をしたということだ。

ウィーン条約をわざわざ持ってきたから何かと思えば、召喚行為が戦争もいとわないということを
言いたいと。そんなもの行政院長が開戦も辞さずって言ってるんだから自明の理だろう。

>>ちなみに我輩の主張は、楼主が影丸さんの家に不法侵入したという罪、つまり台湾が我が国の領海したという罪を問

うものではない。

ルールを侵害したら罪という理解は多数が認知する所だと思うが。
国際法もある意味ルールであり、現状罪を罰することは国家間のパワーゲームに委ねられるが
罪と認知させることは出来る。国際法違反に対して謝罪というのは、
領海侵犯をしたという責任(罪)を認めろという要求
だ。
領海侵犯で謝罪させ認めさせることによって次回の領海侵犯への抑止圧力になるだろう?
海保が謝罪したことによって今度から海保の取り締まりに少なからず影響が出るのは十分考えられる。
召喚をやらないように圧力かけても領海侵犯を繰り返したら意味ないだろうに。
我々が台湾に言いたいのは、二度と領海侵犯するなであって召喚するなではない。

Posted by 影丸 at 2008年06月24日 21:56
観念より実を重んじるという点で楼主は漢人に近いのかも知れませんね。どちらが良い悪いではなく話が平行を辿るのは致し方ないように思う。
Posted by guaipi at 2008年06月24日 23:40
素直に考えれば原住民は日本人支配も漢人支配も嫌なはず。と思うけれども。
Posted by 飛び地 at 2008年06月25日 00:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/101422414

トルコ人
Excerpt: 交流:トルコの小学生、串本・大島小児童と 図工授業に「ベリーグッド」 /和歌山...
Weblog: なりみの日記
Tracked: 2008-06-24 23:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。