2008年08月11日

張芸謀のレベルなんてこんなもの

今回の元スレはここだ。

「張芸謀のレベルなんてこんなもの

オリンピックの開幕式はもう張の『ヒーロー』、『王妃の紋章』、『LOVERS』の特撮を繰り返しただけで、勢いと大きさは充分でしたが、中華数千年の文化を表しきれませんでした。

長所:華麗な場面など。

短所:中華は龍の後継者ですが、飛び回る龍を見ることができず、中華ブランドのタバコの柱があっただけでした。

中国でもっとも長く続いた王朝は漢で、前漢後漢合わせて600年の歴史があり(楼主注:400年だったはずだ)、古のシルクロードも漢の時代にでき、しかも私たちの民族も『漢』と呼ばれます。開幕式で着用された服装は鮮やかな色づかいでしたが、一目で唐の時代の文化だとわかり、おそらくまたもや日本人がデザインしたものなのでしょう、日本人は我が国の文化から多くの物事を盗みましたが、唐の皇帝はなんといっても漢人ではないのです。張芸謀も漢人じゃないのでしょうね、さもなければ自分の先祖を忘れるなんておかしいですよね?

残念なこと:平和の象徴であるハトを飛び立たせる部分が省略されてしまいましたが、夜は鳥目で帰る道がわからないことを心配してのことなのでしょうか?

以上が個人的な意見です」
誰々が文化を盗んだという意見を言う人は、たいてい自分が同じことをしているのに気付いていないか、あるいはくるりと見方を変えて文化侵略などと言いだすのがオチだ。
ハトに関して言えば、手をクネクネと動かしていたハトの踊り、のようなものがあった。これを見ているときに、我輩は「これは素晴らしい。なにしろ本物のハトを飛ばしてしまったら、漢人に捕まえられてすぐに調理されてしまうのだから」と一緒に見ていた漢人に話をしていたのだ。なにしろ上海の人民公園にハトが放されたが、確か一週間で半分以上が漢人の犠牲になっていたのだから。そういえば若鳩の唐揚げというスレッドを紹介したことがある。ただし食事中の人は見ないように。


「張は田舎もんだね」

「オリンピックの開幕式は5時間以上にも渡って行われ、張芸謀のレベルに関して様々な評価があるが、しかし2時間以上もかけてつまらない選手の入場をみたときには、確かに数え切れないほどの視聴者と観客それに観客席に座っていた各国のリーダーたちは我慢比べをしているような感じで、居眠りをすることができた人はほとんど居眠りをしていたはずで(各国のリーダーたちは眠るに眠れない)、これこそが張監督の最大の失敗だったかもしれず、張監督はどうして何か新しいことをしなかったのだろうか?もし入場が歩行によるものではなく、床全体が動くようにして、そのスピードを歩行のスピードの二倍にすれば、入場の時間が一時間ほどに短縮でき、より魅力的なものになったはずで、そうすれば8月8日に開幕で9月9日(楼主注:8月9日の間違い)に点火というみっともない局面が避けられたはずだ。これは張監督が一生後悔することになるかもしれない。」
陸上の競技場にそんなものを作れるはずがないと思うが。

「上の人は学歴がないというかなんというか。

入場行進はオリンピックの決まりに則って行われるんだよ。

張芸謀だってどうしようもないよ。」

「上の人の学歴が高すぎ、オリンピックの決まりを読みすぎて、頭がおかしくなってるんじゃないかな、入場行進は歩行でって決まりはなかったはずだし、決まりと言えば平和のハトを放たなきゃいけないんだけど、開幕式でハトを見かけた?ハトの羽すら見当たらなかったけどね。手を動かしてハトの代わりをしてただけだよね?決まりは決まりだけど人はそれに柔軟に対応できるんだよ、ましてやそんな決まりなんてないんだしね。勉強のしすぎだよ、勉強のしすぎもよくないかもね、旅行にでも行けば。」
ちなみに中国の中国語では「文化」という言葉が「学歴」という意味をも表す。

「床全体を動かせだってさ、文系のアホがここに一人」







中国についてなにかを感じたら人気ブログランキング人気blogランキングをクリックして応援してほしい。多謝。

posted by 楼主 at 10:42 | Comment(5) | TrackBack(0) | 検証しよう
この記事へのコメント
私は冬季夏季とも入場行進を一番楽しみにしているので、たいくつだと思わなかった。
選手団の数=その国の経済力、影響力だと思いつつも、ミクロネシアや中南米の小国が数名で入場しているのを見ると、頑張れ〜と思う。
いろんな国の人や国旗が見られて、そして、みんなが堂々として、オリンピックで一番好きな瞬間です。

でも、前回、楼主が拷問だとおっしゃっていましたが、周りでお姉ちゃんたちが取り囲んで踊る必要はなかったと思う。
出場国が最多ということもあり、先に入場した選手も気の毒ですね。

ミスもあったけど、それを含めても張芸謀監督はよくやったと思うし、才能豊かだなぁと私は思います。
(あれだけお金をかければ、という声も聞こえますが。)
私は意地悪なので、ミスがあって実は少しホッとしたり…。
でも、巻物の時は、最後はうまくはまって、良かったと思いました。

ところで中原を支配した王朝が中国の歴史でいいじゃない?なぜ漢民族にこだわるんだろう。
支配し、支配されるのが、人間の歴史なのに。
開会式で見せたとおり今の中国は56の民族が作り上げているのなら、漢民族だとか、そうじゃないとか、どうでもいいと思うんだけど。だいたいそれが罵り言葉になること自体、変なの。
Posted by 西 at 2008年08月11日 14:22
相変わらずの斜め上だな
Posted by at 2008年08月11日 15:12
開会式の一部の花火はCG合成だったそうですね。
Posted by げんごろう at 2008年08月12日 20:07
どうもおひさしぶりです。
>またもや日本人がデザイン

チャンイーモウ監督と日本のデザイナーが
何か関係してるんですか?よく知らないもので。

 中国って経済的な面だけでなく、文化的な面でも日本にコンプレックスを刺激されるってことがあるんでしょうか?
中国が発祥の地であるのに、日本で発展・展開したせいで世界的に日本のものと認知されているものって結構ありますよね。
たとえば「禅(ZEN)」とか「囲碁」とか。漢方だって特許のほとんどは日本のものであると聞いたし、簡体字になって読めなくなった古典の研究のためにわざわざ日本の研究者に教えをこうこともあると聞きます。長年にわたって極東地域での文化の中心であった中国が、「クールジャパン」とか言われてちやほやされている今の日本を見て正直どうなんでしょうか?


 私は陳瞬臣の「小説十八史略」の大ファンであったこともあって、「中国ってすげ〜」ってずっと思っていました。
でもネットでいろいろ見聞きするうちに文革の影響で「あの」中国はもう無いのだ、と知るようになりました。
でも心のどこかで「なくなったとはいっても程度があるやろ。まだ残ってるもんはあるはず」って思っちゃうんですよね。2chでよく「文革ですべてをなくした」というフレーズを目にしますが、本当の所「どの程度なのか」に興味があります。

 長ったらしい文章ですみません。文革で失った「文化的なもの」を解説している本があれば是非教えていただけないでしょうか。
(できれば入門書で。スミマセン。)

 どこかの書き込みで「中国人は日本を侵略して併合してしまえば、あの時文革で失った文化や歴史を取り戻すことができると」というものを目にしました。

何で中国で失われた文化が日本に残ってるって考えるんでしょう?

そりゃ文献とかは日本にしかのこってないものもあるかもしれないけど、なんか日本に丸ごとオリジナルが保存されてるように考えてるみたいで。

日本人からすればもう完全に違う文化だと思いますけどね。
Posted by ジョー at 2008年08月13日 13:17
そもそもあんな遅い時間に開始しなければ良かったのでは?
という点を突っ込んだ方は居なかったのでしょうか?
(私の妹曰く、時間が遅いのはアメリカでの放映時間の関係らしいよ、との事でした。)
Posted by わか at 2008年08月15日 13:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。