2008年08月29日

星野監督とゴキブリ

五輪野球 「勝ったものが強い」星野監督ら帰国会見から一文を引っ張る。

星野監督は「強いものが勝つのではなく、勝ったものが強いという五輪の難しさをしみじみと感じた」と今大会を振り返った。

この男は今まで何をしてきたのだろうか。五輪に限らず、草野球だろうが高校野球だろうがプロ野球だろうが、勝ったものが強いというのは当たり前だ。そもそも試合をすること自体が、どちらが強いかを決めるためのものであり、「こっちの選手はあんたらの選手よりずっと優秀だから、こっちが強いのは明らか。もう試合なんてしなくていいよ」などと言ったら頭がおかしいと思われるだけだ。勝てば官軍負ければ賊軍という言葉すら知らないのだろうか。

この男に対しては、職場で部下に暴力をふるう、指導力のない二流監督というイメージしかなかったが、この記事をみる限りオツムも足りないようだ。

試合をする意味すら分かっていないのだから、国際試合に関する情報収集さえまともにしていなかったはずだ。そして日本のプロ野球という閉鎖された世界でのやり方を国際試合でぶざまにさらけ出した姿が罰金という形で記録に残った。日本という世界の片隅からいきなり国際舞台に出て、傍若無人にふるまうこの男には井の中の蛙という言葉がお似合いだ。

驚いたことに、こんな日本の恥さらしともいうべき男をWBCの監督に推す声があるそうだ。やれやれ、日本の野球界も落ちぶれたものだ。国際野球を全く知らない田舎者に、オリンピックで経験を積ませ、WBCで運だめしという育成プランがあるのだろう。

まるで大名行列のように、オリンピックにお伴として連れて行かれた選手はどう思っているのだろうか。我輩なら「国際野球はもう卒業です。これからはお世話になってるチームのためにペナントレースで頑張ります」などという口実で、この男が監督を務めるチームには参加しないであろう。

Wikipediaにプロ野球監督という項目があり、ここに「通算500勝以上の監督」という表があった。この表の「(リーグ)優勝」と「日本一」をみるだけで、この男に短期決戦で勝負する国際試合の監督を任せるのは無謀だと分かる。

さて、今回の元スレはここだ。

「ゴキブリが怖い人いますか?

ちょっと気になってね」

「怖くないよ.....でも今はもうだいぶ良くなったよね」

「ちょっと焼いてね
食べられるのも大丈夫」

「それはすごいヒーローだよ」

「じゃゴキブリ捕まえて焼いてあげるよ」

「うん、ゴキブリクラブをつくろうと思ってるんだ
入りたい人は言ってね
無料だよ」

「怖くないよ

へへ」

「ゴキブリクラブってゴキブリばっかり食べるのかな」

「同じ志をもった人たちは一緒に考えよう!」

「じゃまた気持ち悪くなってきたそういうの嫌い」

「ゴキブリを研究するんだよ
それとネズミ 蛇 クモとか毒性が強いかわいい動物もね」

「じゃ入ろうかなハハ食べるのは遠慮しとくけど」

「先着百人には
無料で毒グモとコブラの炒め物をプレゼントするよ。」
なんだかよくわからない。







中国についてなにかを感じたら人気ブログランキング人気blogランキングをクリックして応援してほしい。多謝。

posted by 楼主 at 09:53 | Comment(8) | TrackBack(0) | ゲテモノ
この記事へのコメント
さて、今回の元スレはここだ。以下

なにがなんだかわかんないだ?全くもってわけわからん!何の意味を持ってこのスレを貼ったん?楼主・・・クソスレの転載やめようぞ・・・
Posted by だず at 2008年08月29日 21:41
無理やりゴキブリ愛好会に入れられた人間としては納得できないでしょう。

今後はゴキブリ愛好会、ネズミ倶楽部、犬猫サークル等から、
所属先の決定権を選手に任せてみたら面白そうですけどね。

紹介のあった記事から判断しても、上原選手の発言は実に興味深いところです。
この機会を無駄にせず、次に繋げるという前向きな姿勢には、
誰かに爪の垢を煎じて飲ませてやりたいところです。


ところで最近、友人の中国人の方から、例の「東条英機の手記」解釈を頼まれ、
その記事の気になった該当箇所を引用すると、

【引用開始】

8月11日
今後予見すべき情勢判断。
 新爆弾〈原爆〉に脅〈おび〉え、ソ連の参戦に腰をぬかし一部条件を付し在りといえども、全く「敗戦者なり」との観念に立ちたる無条件降服を応諾せりとの印象は軍将兵の士気を挫折せしめ、国民の戦闘意思さなきだに逓下せんとしつつ在る現況に更に拍車を加うる結果となり、軍の統帥指揮上に大なる混乱を惹起し戦闘力において精神的著しく逓下を見るに至るなきやを恐る。

8月13日

――(前略)――

もろくも敵の脅威に脅え簡単に手を挙ぐるに至るがごとき国政指導者及国民の無気魂なりとは夢想だにせざりしところ、これに基礎を置きて戦争の指導に当りたる不明は開戦当時の責任者として深くその責を感ずる。

【引用終わり】


ここで先の野球監督のコメントを引用すると、

メダルなしに終わった「敗因」については、1次リーグ第1戦のキューバ戦(13日)で「打者がストライクゾーンに不信感、怖さを感じたことがポイントだった」と話した。

この二人にはどこかに共通する何かがあるのでしょう。

そして、解釈後の中国人の一言が示唆に富んでいます。
「日本人は過去を反省した方がいいんじゃない?」
この言葉に反論することなどできません。
Posted by porepore at 2008年08月29日 22:22
↑反論なんかいらへんで。
過去の不都合な事は、すべて消してしまう彼らに対してなんも反省なぞいりません。国内で議論するのは、結構ですが。
Posted by 東 at 2008年08月30日 03:14
>>東

そういうことではないんでは?(笑)
Posted by 777 at 2008年08月30日 09:22
WBCはノムさんかボビーバレンタインで。
負けても、そのあとのコメントに納得できそうです。
野球が五輪の種目に返り咲いたらアマチュアに返してあげたい。
*


ゴキブリで思い出しました

「マイアヒ」の中華ポップ版です
郭美美 - 不怕不怕
http://hk.youtube.com/watch?v=6m1DoCSYLGk
Posted by 森本 at 2008年08月30日 15:46
スレ主の煽り方は、どうにもよく判らん。

時として、単なる「構ってチャン」としか思えない言動をなさるね。ここんとこ、その手の「枕」が多いようですが、なんぞありましたやら?

「理想論」を語るのが、オツムの足りない阿呆がする事なのなら、核兵器廃絶やエコ生活だのを語る奴も同様ではありませんかね?
Posted by Alan Smithee at 2008年08月31日 00:42
>>777

>そういうことではないんでは?(笑)

たしかに(笑)。オカドちがいというやつですな。
Posted by josephhaydn at 2008年08月31日 01:35
poreporeさん
>「日本人は過去を反省した方がいいんじゃない?」
確かに。

我が国は敗戦国となったわけだが、我が国は何かを反省しているのだろうか。ちなみに我輩が反省してもらいたいのは、負け戦をしたことだ。戦をするなら勝て、勝てないなら戦をするなということだ。

Alan Smitheeさん
>「理想論」を語るのが、オツムの足りない阿呆がする事なのなら、核兵器廃絶やエコ生活だのを語る奴も同様ではありませんかね?
星野という男の言葉は「強いものが勝つのではなく、勝ったものが強いという五輪の難しさをしみじみと感じた」であり、これを言いかえれば「試合をすることの意味を知りませんでした」というオツムの足りないアホの発言だということだ。かの男は理想論など全く語っていないように思えるが、どこをどうやって理想論に結びつけたのかぜひご教授願いたい。
Posted by 楼主 at 2008年09月01日 13:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。