2008年10月02日

日本のノータリン

元スレはここだ。

「日本のノータリンをみたら、びっくりしすぎて呆然としちゃったよ!!!

日本のノータリン

日本のノータリン

日本のノータリン

日本のノータリン

日本のノータリン

「ヘンタイ」

「アホだ...........」

「ノータリンどころの話じゃないね!」

「マジで並大抵の怖さじゃないよね」

「笑っちゃうね。。。日本人ってもう~~~~アホとしか言いようがないね!!!」

「普通じゃん、だってこれ日本なんだよ!」

「でもこんなに恐ろしい格好でも、日本で生まれたってだけで、エリートたちにはモダンだとか言われそうだね。。。。」

「ブス。」

「これこそが日本だよ わかっただろ」

「日本の変な宗教のイベントとか?」

「そもそも日本っていうのがヘンタイの代名詞なんだけど」

「別に何ともないね、だってこれ日本でのことなんだから。」

「日本にノータリンが増えれば増えるほど、中国にとっては希望が膨らむってことだよ!」







中国についてなにかを感じたら人気ブログランキング人気blogランキングをクリックして応援してほしい。多謝。

posted by 楼主 at 12:30 | Comment(20) | TrackBack(0) | ゲテモノ
この記事へのコメント
希望が持ててなによりです
Posted by 通りすがり at 2008年10月02日 12:54
シナには、できないだろうね...
余裕!
Posted by beggar at 2008年10月02日 17:21
微妙な目のモザイクは必要ないような。。。
Posted by hi! at 2008年10月02日 18:38
田舎者なので都会の事情に疎いのですが。
山姥さん達はまだ沢山いらっしゃるのでしょうか?だとすると息長いですね。
もうてっきり廃れたかと
Posted by acha at 2008年10月02日 19:31
30日の記事にコメント書いてるから逃げんなよ
Posted by 笹 at 2008年10月02日 21:05
あっはっは。若干下手糞なPS写真が混じっているが上手に誇張してあって面白い。
楽しめた。うんうん。

しかし、こうやってマジマジと見ると。山姥のメークは美醜を超越してる。
Posted by pekepon at 2008年10月03日 00:36
まいった・・・。
人は見かけではないと言うが、本当にノータリンにしか見えない。

で、上の人。
「30日の記事」とかあるので、何だろうと思い見てみたら、記事に関係ないことをグダグダと書いてある(ここには久しぶりに来たので、詳しい経緯は知らないが、知りたいとさえ思わない文章だったよ)。
ノータリンに見えるので、あんまり粘着なことは自制した方がいいと思うけど、知ったことじゃないんだろうね。
「お前には関係ない。これは管理人と自分との問題だ」と言うのなら、記事にまたがって書かず、その記事のコメント欄のみで完結させるように。うっかり読んで、ムナクソワルクなるのはもう御免だから。
Posted by さとー at 2008年10月03日 08:44
まぁ、これでもOKって御仁がいるから・・・・。w
個人の多様性は他に迷惑をかけなければ尊重しても・・・・・でも自分の娘だったら・・・・・笑うしかないか。w
Posted by POPPO at 2008年10月03日 10:14
一体何年前の写真だ?
山姥はまだ渋谷に生息しているのか?
絶滅したと思っていたが。
Posted by 重箱の隅を掘り出すネタ at 2008年10月03日 15:00
こんな日本の恥がまだいるのか?
情けない。
Posted by zaknk at 2008年10月03日 18:36
例え、どんなに愚かであろうとも自由に自分の好きな服装をすることがわるいと思いません。
日本は自由な国です。憲兵が貴方の行動を言われもなく制限することはありません。
問題は、かつてJohnny Rottenが女王陛下を罵倒しても許容され、それがあらたな文化を生み出す起爆剤になったということを受け入れるかどうかです。
楼主老師は、さすがに一党独裁に染まった方と見えて、体面を守ることに気を配られるようですね。
中共の価値観での「恥」で断罪し、受け入れる懐の深さがないのなら、これからの発展も期待が出来ないと思われます。
Posted by XTC at 2008年10月03日 22:53
個人の自由といえど、人の目を気にするのもファッションのうちだと思いますけどね
Posted by 777 at 2008年10月04日 01:00
>「日本にノータリンが増えれば増えるほど、中国にとっては希望が膨らむってことだよ!」

日本人も中国のノータリンを見て余裕を感じてるね。
相手の底辺を見て悦に入るってのはどうかと思うけど、どっちの底辺がマシかって話。
Posted by たなか at 2008年10月04日 01:44
XTCさん
>楼主老師は、さすがに一党独裁に染まった方と見えて、体面を守ることに気を配られるようですね。
実は我輩は一言も感想を書いていない。なによりもまず、自分の読解力を反省していただきたい。発展を語るのはそれからでも遅くない。

たなかさん
>相手の底辺を見て悦に入るってのはどうかと思うけど、どっちの底辺がマシかって話。
それよりも互いの良いところを見習った方がいいだろう。
Posted by 楼主 at 2008年10月04日 12:23
>実は我輩は一言も感想を書いていない。

うふふf 本当にそうでしょうか?

>>橋下知事が大阪府職員に「自由な服装で自由な発想を」 服装は仕事の内容に影響すると思いますか?というのをみかけたが、日本のノータリンをみる限りでは、服装が仕事の内容に影響しそうだ。

ひとつの記事だけを読者は読んでいるのではない。
連続したコメントから、貴兄の考えを捉えてゐる。
Posted by XTC at 2008年10月04日 19:05
>例え、どんなに愚かであろうとも自由に自分の好きな服装をすることがわるいと思いません。

まったくその通りだ。
しかし、「自由」には常に「責任」が伴うことを忘れてはいけない。
この「責任」とは、その個人が関わる全てのつながりにおいての広義の意味をなす。

つまり、この女達が周囲の人達から「ノータリン」と思われ、接客関係の仕事につけず、恋人ができなかったとしても、それは仕方のないということだ。
そして、さらにそれが個人だけの問題に留まらず、他国に恥をさらす結果となれば、周囲から批判・批難されても当然といえる。

自らを主張するのは結構だし悪いことではないが、その内容によっては反動もありえるということは最初から覚悟していなければならないし、それを受けとめる意識がないのなら主張するべきではない。
それが「自由」と「責任」の関係だ。

我々が彼女らを批判・批難することは、無理矢理彼女らの主張を封じ込めるものではない。
彼女らはそれら意見に対して闘う自由がある。
(もっとも、彼女らにそんな深い主張があるとは思えないが)
覚悟のない無責任な自由を批判も批難もせず容認することこそ、発展の妨げになると私は思うけどね。
Posted by さとー at 2008年10月04日 21:47
XTCさん
>うふふf 本当にそうでしょうか?
なんだかuをうち忘れるほど喜んでいるようでなによりだ。

さて、このエントリーに出てくるような女の子を相手に物を売ろうとしたとする。XTCさんは店員に和服を着せたり、スーツを着せたりするだろうか。我輩ならこのエントリーに出てくるような服装や化粧をさせる。

満足だろうか。

さとーさん
>我々が彼女らを批判・批難することは、無理矢理彼女らの主張を封じ込めるものではない。
>彼女らはそれら意見に対して闘う自由がある。
素晴らしい分析だ。あるいはXTCさんが彼女らの代わりにコメントをしてくれてもいい。

>覚悟のない無責任な自由を批判も批難もせず容認することこそ、発展の妨げになると私は思うけどね。
これも素晴らしいお言葉だ。

我輩が日本にいたころは電車の床に座っている人は酔っ払いだけだったが、最近は若者が座っているようで、全く情けない限りだ。
Posted by 楼主 at 2008年10月06日 18:54
>>うふふf 本当にそうでしょうか?
>なんだかuをうち忘れるほど喜んでいるようでなによりだ。

そういうことにしたいのですねw

>さて、このエントリーに出てくるような女の子を相手に物を売ろうとしたとする。XTCさんは店員に和服を着せたり、スーツを着せたりするだろうか。我輩ならこのエントリーに出てくるような服装や化粧をさせる。

まったく、日本の風俗が理解不能なのですね。
今度、来日されるときは109でも行かれてみるのも
御一興かと。
ガングロ、山姥はテレビやショップの店員に
影響されてないからこそ面白いのに。
私の姪っ子のデコ携帯なんて(ご存知?)
もはやアートなんですけど
楼主老師は、店員が持ってるのと同じものしか
買わないのでしょうか?
いや、買えないのか。w
Posted by XTC at 2008年10月08日 20:22
XTCさん
>ガングロ、山姥はテレビやショップの店員に影響されてないからこそ面白いのに。
最初にこのようなファッションを始めた数人は、オリジナルだと言えるが、その他大勢は他人に大いに影響されている。

全てがオリジナルなら、XTCさんは「ガングロ、山姥」とひとくくりにしていないはずだ。逆から言うと「ガングロ、山姥」とひとくくりにしているXTCさんは、彼女らの行為を他人の真似ごとだとみなしていることになる。いまさら影響されていないなどと分析しても説得力のかけらもない。

我輩が見るに、化粧というのは外観において欠点を隠し長所を伸ばすためのものだ。これが正しいとすると、もともと美しい人は化粧はあまり必要なく、もともと醜い人は大いに化粧をする必要がある。

したがって「ガングロ、山姥」というのは自分の外見に自信がない人たちの間で流行ったものだと推測される。

そして自分に自信がない人たちは周りに影響されやすい。そこで美人でスタイルのいい女性を店長として採用し、似たような格好をさせて、雑誌で「なんとかのカリスマ」だと騒いでもらえば、上の写真のような女の子たちがすぐにまねしてくれるだろう。

>私の姪っ子のデコ携帯なんて(ご存知?)もはやアートなんですけど
そんなに素晴らしいなら、XTCさんの携帯も同じようにしてもらえばいいのに。
Posted by 楼主 at 2008年10月09日 14:01
残念ながら確かにノータリンであろうと推定される。
前からそう思ってましたよ。

まず、目に輝きが無い。
とろ〜んとしてる。

さっき、昨日、明日、来週の話しか出来ない。
売春が本業で友達と合う為に学校へ行く。

しつけをしない親が原因です。
餓鬼に酒を飲ませて脳みそを破壊する馬鹿親。
20歳になるまでは壊れちゃ困るだろう。

スッカスカで薄い教科書でなぜ90点以下の
成績になるのか。

授業時間減らしすぎ?
それなら6.3.3.4制を変えればいいさ。
7.4.4.7制で理解度別?習熟度別?クラスわけする?
Posted by しつけはしろよ at 2008年10月10日 15:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。