2008年10月11日

現実逃避する日本人

祖国日本に書いたように、我輩が最も憂うのは、他国のことではなく、我が国のことだ。さらに言うと、我が国にいる漢人や韓国人が多すぎることも問題だが、それよりも深刻な問題は日本人が漢化されることだ。

漢人に対して行われる批判の中で、最も多い理由の一つに「中華思想」というのがある。簡単にいうと、以前は偉大だったかもしれないが今は威張れる立場にはいないだろ、あるいは偉大だった人たちとお前達は関係ないくせに何を威張ってるんだ、といった感じだ。

それなら同じ基準で我が国を見てみるべきだ。

我が国を見てほしい。以前は経済的に強かったが、今ではもう落ちぶれている。以前はモラルが高かったが、今ではもう崩壊寸前だ。以前は研究熱心だったが、今では研究は減る一方だ。

残念ながら我々に中国や韓国を見下す資格などなくなってしまったのだ。

それを認めたくないばかりに、中国や韓国の欠点だけをあげつらって満足しているような日本人が多すぎる。まるで反日で盛り上がっていたころの中国のように。

もしそのような行為が、我々のためになるなら大いにやってほしいが、そんな傾向は全く見いだせない。実際には、我々から我々に備わっていた長所を失わせる結果となっている。

さて、韓国は漢字を排除してきたから韓国人がバカになったというような意見があるが、では漢字をいまだに使っている日本人はどうなのだろうか。東国原知事「出るのか出ないのか」 40分イライラ記者会見の一部始終を見ていただきたい。

「(問題を)引き伸ばしているのはあなた方。『今のところありません』『そうですか』でいいじゃないですか。ここで終わりですよ。『だったら、その気持ちになったら言ってくださいね』『はい』。これで終わりですよ。でしょ??」

と応戦。さらに、南日本新聞の記者が

「分かりにくいので蒸し返します。昨日の発言は『出馬辞退宣言』と捉えてよかったんでしょうか」

と念を押しても、知事から帰ってきた答えは

「不出馬とは言っておりません。今のところ考えておりません」

平行線のまま、会見は終わった。

知事が言っている「不出馬とは言っておりません。今のところ考えておりません」という言葉すら理解できない記者だらけということに開いた口がふさがらない。漢字を使っていようがいまいがバカはバカだ。「来週の土曜日にあなたは傘をもって近くの公園に行きますか」という問いに対して、無数にある条件を無視して「はい」か「いいえ」で答えろと要求しているようなものだ。

次に南部さんは米国籍、下村さんは米在住 日本人ノーベル賞受賞者の数を喜ぶよりも、アメリカへの頭脳流出を議論すべきではないでしょうか?というのを見てほしい。どうしてこんなことが起きるのだろうか。簡単だ。彼らは我が国に魅力を感じていないからだ。

ところが、取るに足らない国であったはずの中国では全く逆の現象が起こっている。中国人留学生の帰国増加、今年5万人突破か―中国メディアにあるように

2008年10月8日、海外で学ぶ中国人留学生にここ数年「帰国熱」が高まっている。「中国青年報」が伝えた。

ということだ。

我が国からは学者が流出し、中国には学者が流れ込んでいる。実に憂うべき現実だ。

我が国には技術がある、という意見がある。ところが、ノーベル賞に沸いているけど… 日本の論文数5位に転落というタイトルに象徴されるように、我が国に明るい将来は見えない。

政府は「資源に乏しい日本の未来を切り拓(ひら)く途(みち)は、独自の優れた科学技術を築くことにかかっている」として、科学技術基本計画を策定。96〜05年度の10年間で約41兆円の政府研究開発投資をつぎこみ、06年度からの5年間で約25兆円を投入する目標を掲げているが、米国(年額17兆円)や中国(同10兆円)よりはるかに少ない。

「中国には、そういう未来への投資が出来ているのか?」という的外れな疑問を投げかけた人がいるが、この人には全く現実が見えていない。小林・益川両氏も論文発表、伝統の学術誌が赤字で廃刊危機というのは技術立国を誇りにしてきた我が国の凋落を示す象徴的な出来事だ。

日本が再び世界のリーダーとなるために必要なこと――和田洋一氏基調講演にある

何より大事なことは「まず危機だと思うこと」だと話した。

に大賛成だ。現実から目を背け、中華思想ならぬ大和思想にうっとりしているような人は、我が国にとって害でしかない。

「危機の本質はお金のことではない。モノ作りに対する日本の土壌がやせ始めているということで、これはゲーム業界に限らず、日本全体の問題だと思っている。あるタイミングがきたら解決する問題ではなく、意識して相当無理しなくてはならない」(和田氏)

という言葉を実感できるだろうか。

北朝鮮 金日正 総書記 が亡くなれば 北朝鮮の独裁 体質は変わるのでしょうかにこんなことが書かれていた。

全く関係の無い北朝鮮 金日正の心配よりも
足元の日本の現実を見つめる勇気を持ちましょう現実逃避してませんか?
日記の最後にオニギリガ食べたいと書いて亡くなった人
今日も仕事も無く8ヵ月の妻、子供との無理心中
金日正を揶揄して貴方のウダツは上がりましたか?

金日正を中国あるいは韓国に置き換えても同じことだ。







中国についてなにかを感じたら人気ブログランキング人気blogランキングをクリックして応援してほしい。多謝。

posted by 楼主 at 13:31 | Comment(18) | TrackBack(0) | 嗚呼日本
この記事へのコメント
>「不出馬とは言っておりません。今のところ考えておりません」という言葉すら理解できない記者だらけということに開いた口がふさがらない。

いや、記者は理解してますよ、当然w
東国原サンは良く喋る人ですから、色々喋らせれば本音や失言が飛び出して面白い記事が出来ることを期待して、くどくど質問してるだけです。


>全く関係の無い北朝鮮 金日正の心配よりも

こういう混ぜっ返したことを言って利口ぶるバカは何処へ行っても鼻つまみでしょう。
まぁ、回答者は在日でしょうが。
それに、北朝鮮の体制に大変動があれば、日本経済にも大きな影響がありますから、金正日の動静に関心を持つことは「日本の現実を見つめる」ことにもなります。
Posted by SPS at 2008年10月11日 14:51
>>我が国を見てほしい。
>>以前は経済的に強かったが、今ではもう落ちぶれている。

あれっ、今では日本も経済が弱くなったのかなw?
サブプライム問題で世界中の通貨が値を下げている
中でも、円は強いと思ったけど…
Posted by ななし at 2008年10月11日 15:52
SPSさん
>いや、記者は理解してますよ、当然w
元の記事を読んでほしい。そんなことは全く読み取れない。記者が理解しているという根拠は何だろうか。

>それに、北朝鮮の体制に大変動があれば、日本経済にも大きな影響がありますから、金正日の動静に関心を持つことは「日本の現実を見つめる」ことにもなります。
日本経済に大きな影響をもたらす大変動とは、たとえばどんなもので、それがどのような影響をもたらすかを教えていただきたい。

これまでの経験では、書き逃げの人が多いのだが、SPSさんにはぜひ例外になっていただきたい。

ななしさん
>あれっ、今では日本も経済が弱くなったのかなw?
>サブプライム問題で世界中の通貨が値を下げている中でも、円は強いと思ったけど…
「円が強い=日本経済は強い」というのはなかなかユニークな意見だ。我が国が貿易赤字に転落したことも、ななしさんは大歓迎なのだろう。
Posted by 楼主 at 2008年10月11日 17:53
相変わらずですな(笑い
二点申し上げましょうか。

>ところが、取るに足らない国であったはずの中国では全く逆の現象が起こっている。中国人留学生の帰国増加、今年5万人突破か―中国メディアにあるように2008年10月8日、海外で学ぶ中国人留学生にここ数年「帰国熱」が高まっている。我が国からは学者****中国には学者が流れ込んでいる。

この『留学生』がどうして『学者』だと思われたのか、教えていただきたいですな。リンク元の関連記事には、日本で就職する外国人留学生が1万人もいて、ほとんどが中国人だと書いてあるが、これも『学者』さんなのですかな(笑い

>我が国には技術がある、という意見がある。ところが、ノーベル賞に沸いているけど… 日本の論文数5位に転落というタイトルに象徴されるように、我が国に明るい将来は見えない。

日本の科学技術予算は民間投資の割合が昔から高く、それが楼主殿の誇らしい日本の『技術』を支えてきたわけですな。『科学』は手薄で『技術』は手厚い。また、政府支出も産業への波及を意識した重点分野への支出を手厚くしている。理論物理学者は不満かもしれませんが、『技術』には配慮していますな。

『留学生』と『学者』。『技術』と『科学』
似て非なるものを一緒くたに論じるのがお好きだが、楼主殿はこの様な詭弁に納得する愚昧な日本人を望んでいるのか、エントリーにあるような賢明な日本人を望んでいるのか、本心は何れなのでしょうな(笑い
Posted by ngmz at 2008年10月11日 18:26
ななし at 2008年10月11日 15:52さん
 経済については、現在のサブプライムローンに端を発した経済の動乱が収まって暫くしてから、経済的に生き残れた所が勝者だろうね。

 金融は全世界でかなりの動乱になるとみられているからな。アジアでは韓国が沈没し、釣られてベトナムに波及するのは確定だろう。
 そうやって連鎖していくと困るので、日本が金を貸すという話になりそうだ。
IMF緊急融資枠構想、中川財務相G7で提案へ、新興国向け−読売
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=a6_Zll.IvfNc
 日本が救援に行かないといけないって言う状況は、なんか釈然としないけどしょうがない。

 そんなこんなで円高になって輸出が冷え込むけどどうなるやら。楼主は日本が26年ぶりに貿易赤字になった事を日本の衰退と単純に考えているが、私はそう単純ではないと考えている。

 さて、中国はどう動くかね。
とりあえず韓国は中国に救援を求めている。
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2008100800911
金融危機に対応するための早期の日中韓財務相会談について「物理的、政治的に困難」と語り、日中両国の財務相との個別会談などを通じ連携強化を目指す考えを示した。
Posted by F4Phantom at 2008年10月11日 19:23
 さてと楼主は、私の「朝鮮語(韓国語)は、漢字を捨てたため、知識レベルの低下を招いているという論に相当反発されているが、

話にならない韓国人の国語力
中学「国語優秀生徒」年々減少
大人の読解力もOECD加盟国で下から5番目
「漢字教育をなおざりにしたせい」 
読書量も不十分
http://www.chosunonline.com/article/20080713000020
http://www.chosunonline.com/article/20080713000021
http://www.chosunonline.com/article/20080713000022

専門家は「これほどまでに韓国人の国語力が下がったのは、韓国語の70%が漢字の組み合わせによる漢字語であるのにもかかわらず、学校で漢字教育が後回しにされてきたため」と指摘する。

ソウル大学国文科の李鍾黙(イ・ジョンムク)教授は「国語力が低下した最大の原因は、学校で漢字教育をなおざりにしてきたため。学校での漢字教育を強化し、子供のころから古典を中心に良質な読書を続けてこそ、根本的な国語力が身に付く」と話す。

 とまあ、彼等自身も気がついているようだけどね。勿論、私が朝鮮語の問題について、そう判断しているのは、これ以外の情報から総合的に見た結果だけど、一々貼れない。
 このblogは、長文を貼ると暫く表示されなかったりするからな。
Posted by F4Phantom at 2008年10月11日 19:55
 それと
>残念ながら我々に中国や韓国を見下す資格などなくなってしまったのだ。

 こういう発想は、中国や朝鮮の人によく見られるものだが、私はあまり好きじゃないね。

 朝鮮語(韓国語)の問題点についても、問題があるから漢字を復活させるべきって勧めていたけど、朝鮮(韓国)側からは現状で問題ないって答えばかりだった。全教祖とか漢字復活に反対していたから無理だったんだろうけど、私は韓国人の為に忠告してきた。
 
 それと、問題点を指摘される事が、非難あるいは見下されていると感じるのが、朝鮮や中国にはあるようだね。中国なら面子って言うんだろう。

>海外で学ぶ中国人留学生にここ数年「帰国熱」が高まっている。「中国青年報」が伝えた。

 そりゃ結構なことだ。かって「海亀」と言われていた帰国留学生が、最近では「海草」って言われているとのお話は聞いているよ。

 日本にいる中国人留学生も、期間が過ぎたら速やかに帰国するようにして欲しい。そして中国留学生に支出している補助金を、日本の科学技術発展に回したい。
 留学生受け入れに掛かる経費を日本が負担し続ける必要は無いからな。
 楼主の言う衰退した国に学ぶことはあるまいから、留学生の補助金打ち切りには楼主も賛同していただけるだろう?
Posted by F4Phantom at 2008年10月11日 20:42
>経済的に生き残れた所が勝者だろうね。

 という発言に脊髄反射しそうな方が居そうなので一応申し上げておきます。

 今回のサブプライムローンに端を発する金融混乱は、世界恐慌並みです。下手をすると日本や米国経済を破壊し、ユーロを消滅させかねません。
 
宇宙科学的に例えるとこのぐらいです。http://jp.youtube.com/watch?v=SWQaTOj1H4A&feature=related

 今回の騒動が軽度で終わることを切に願うものですが、輸出依存国家においては、存亡の危機です。輸出に依存していない日本でも、既に保険会社が1社爆沈してます。
 他に誘爆する所が無いことを祈りたいです。昨今の円高は、その結果ですが、理解するにはそれなりの金融についての知識を必要とします。
Posted by F4Phantom at 2008年10月11日 22:39
もし、普段嫌韓・嫌中的な書き込みにふけったりしている人々が、台湾を馬鹿にし、フィリピンを馬鹿にし、スイスを馬鹿にし、パラオを馬鹿にし…といった具合に、要するに日本以外のほとんどの国をあざ笑って見下しているのなら、楼主様の指摘も当たっているといえますが、そんな傾向はほとんどないと思いますよ(ただ、嫌韓・嫌中をきっかけにして「外国を悪く言ってはいけない。馬鹿にしていいのは日本だけ」のようなタブーがなくなってきたので、外国批判そのものは増えていると思いますが。充分に健全な範囲だと思います)。
嫌韓・嫌中的言辞が盛んなのは、その二国があまりにも無礼であり、それが度を超えすぎたことへの意趣返しであると思います。この意趣返しは必要なことで、それをしない方がむしろ呆けといわれてしまうほどの程度だったと思いますよ。日本人は充分すぎるほどに我慢してきましたから。
Posted by じゃリン子テツ at 2008年10月12日 05:27
たしかに約60年間たまった中韓に対するもっともな不満がネットの普及により放出されている事に文句は言いませんが(中国の言動を見ていれば不満がたまるのも当たり前)、何度かこのブログで言われている通り、それによって日本に対する許容範囲が拡大する事が問題なのでしょう。

中国が経済的に発展して日本に追いつこうとしているにも関わらず、日本の中国に対する優越を探し出し、「まだまだ日本の方が優れている」、「日本は大丈夫だ、自信を持て」と自己満足するだけで、中国の発展を見習い日本をさらに発展させようという空気がない。少なくとも多くの嫌中の間では。(なにせ中韓を罵倒し、叩く事が生きがいと恥ずかしげもなく豪語するものがいるくらいですから)
中国人がよく使う「日本は憎いが、日本の方が優れている。日本を見習おう」といった言葉は、姿勢はいいが所詮口だけだと思っていましたが、そうも言えなくなってきましたね
Posted by 777 at 2008年10月12日 10:35
ngmzさん
相変わらず末節だけにしか言及できないようだが、お付き合いしよう。ただしこれが最後だ。

本当に「決定力不足」なのか?
http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/blog-entry-724.html

>この統計から、決定機の何パーセントがゴールに結びついているかを考えると、どれだけ多く見積もっても、35%程度であることが分かる。面白いことに、決定機の回数では雲泥の差がある、1位のガンバ大阪と18位の横浜FCだが、決定機を得点に結び付けた割合に関しては、ほとんど同じであることに気づく。したがって、横浜FCの低迷の理由を、「決定力不足」とすることは、ありえないと断言できる。

つまり決定機の多寡がゴールの数を決定するということだ。

中国には中国国内の学校を卒業する人もいれば外国の学校を卒業する人もいるが、外国の学校を卒業して中国に帰国する人が増えればそれだけ学者の数が増える元手が多くなるということだ。

ところでngmzさんの言うところの技術とはどんなものを指すのだろうか。理解に苦しむ。

F4Phantomさん
中国や韓国に対して、すべてが借り物の技術だと批判していたF4Phantomさんに質問したい。「日米共同開発の迎撃ミサイル」というのは何割が日本の技術なのだろうか。そしてその迎撃ミサイルを第三国に売った場合、我が国の取り分は何割あるのだろうか。おおよその数字を教えていただきたい。
↑に対しての回答がまだなので、ぜひお願いしたい。

>さてと楼主は、私の「朝鮮語(韓国語)は、漢字を捨てたため、知識レベルの低下を招いているという論に相当反発されているが、
どこをどう読むと「相当反発」という理解ができるのか不思議でならない。韓国で漢字を捨てたことが知識レベルの低下を招いているかどうかは、我が国とは関係ない。わが国でも漢字を捨てようという機運が高まっているなら別だが。そこまで韓国の心配をするF4Phantomさんは韓国人なのだろうか。

>日本にいる中国人留学生も、期間が過ぎたら速やかに帰国するようにして欲しい。そして中国留学生に支出している補助金を、日本の科学技術発展に回したい。
もちろん賛成だ。日本は何よりも我々日本人のために存在している。

法務大臣よ、韓国・朝鮮と中国からの帰化を許可するな
http://nius.blog84.fc2.com/blog-entry-46.html
に書いてある通り、留学生だけの問題ではない。

じゃリン子テツさん
>嫌韓・嫌中的言辞が盛んなのは、その二国があまりにも無礼であり、それが度を超えすぎたことへの意趣返しであると思います。この意趣返しは必要なことで、それをしない方がむしろ呆けといわれてしまうほどの程度だったと思いますよ。
それで我が国にどんなメリットがあったのだろうか。我輩から見ると、単に我々のレベルが低下したに過ぎない。

ネット上ではあれこれ言うくせに、実際にまわりにいる漢人や韓国人には何も言えないのは情けない。近くのスーパーで漢人がレジ係をしていたら、意見書に漢人を使う店にはもう来ないと書くぐらいできそうなものだが。

あるブログの管理人は、コンビニに漢人がいるとチベット解放のようなデザインのTシャツを着てその店に行くそうだが、心がいびつになっているとしか思えない。それで何を解決しようというのだろうか。

777さん
>中国人がよく使う「日本は憎いが、日本の方が優れている。日本を見習おう」といった言葉は、姿勢はいいが所詮口だけだと思っていましたが、そうも言えなくなってきましたね
全くその通りで、実に残念だ。

メラミン入りの牛乳に対する中国政府の対応と、汚染米に対する我が国の対応を比べてみると、実に恥ずかしくなる。

親が子を殺したり、子が親を殺すのはもうありふれた事件となってしまい、秋葉原で何人もが殺された事件は、今ではもう話題にもならない。

職員の着服隠ぺい 北大阪農協「口外は懲戒」と口止め
http://www.asahi.com/national/update/1011/OSK200810110052.html?ref=goo
>内部告発で知った府の指示で農協が調査したところ、コンプライアンス(法令順守)の担当部長は「着服事件を口外したら懲戒対象になる」と職員たちに口止めしていたという。

置き去りの不適正ごみ 動物が食い荒らし散乱
http://news.goo.ne.jp/article/kahoku/region/20081011t13041.html
>市は新しい指定袋で出されていないごみを集めず、ペナルティーとして次の収集日まで集積所に取り残す。放置された数日の間、動物が食い散らかすケースが出ている。

このようなニュースはもう日常茶飯事となってしまった。

様々な面で、我が国は下降線をたどっている。それにもかかわらず危機感をもっている人はあまりいない。

平和だった江戸時代に時代の変化を感じ取り、天と地がひっくり返るほどの考え方であったはずの開国という道を、迷うことなく突き進んだ我々の先輩方を見習いたいものだ。
Posted by 楼主 at 2008年10月12日 15:39
F4Phantomさん
中国や韓国に対して、すべてが借り物の技術だと批判していたF4Phantomさんに質問したい。「日米共同開発の迎撃ミサイル」というのは何割が日本の技術なのだろうか。そしてその迎撃ミサイルを第三国に売った場合、我が国の取り分は何割あるのだろうか。おおよその数字を教えていただきたい。
↑に対しての回答がまだなので、ぜひお願いしたい。

 全て借り物の技術だと言った覚えはないが?
 中国人は、コスト削減技術や手抜きについては、熱心だと評価したことは有ったが。
 あとミサイルについては、関係者じゃ無いから判らないとしか言い様がない。他国に売却するための基準変更についてもまだ検討中だからな。

で、軍事の話になったところで前に貼った
http://jp.youtube.com/watch?v=5S-tARDgbt0&NR=1
の意図するところは判ったかね。
別に90式だけじゃない、メルカバ君もやってる。
http://jp.youtube.com/watch?v=47SbtotkUAE
他の動画も見てみたが、やはり指摘されたとおりであった。
http://jp.youtube.com/watch?v=LJALimBQcdc&feature=related
Posted by F4Phantom at 2008年10月12日 21:06
どこをどう読むと「相当反発」という理解ができるのか不思議でならない。韓国で漢字を捨てたことが知識レベルの低下を招いているかどうかは、我が国とは関係ない。わが国でも漢字を捨てようという機運が高まっているなら別だが。そこまで韓国の心配をするF4Phantomさんは韓国人なのだろうか。

 先にも書いたとおり、言語教育の失敗の貴重なサンプルとして観察しているよ。国レベルでの壮大な実験をやったような物だから、なかなか得難いと思う。
 同様に中国の経済の動向も観察している。共産党独裁国家で市場経済とかいう世界でも例を見ない体制だからな。経済の下降局面でどのような展開を見せるか興味深い。多分現在のジンバブエのような展開が有るのではないかと予測はしている。

>日本にいる中国人留学生も、期間が過ぎたら速やかに帰国するようにして欲しい。そして中国留学生に支出している補助金を、日本の科学技術発展に回したい。
もちろん賛成だ。日本は何よりも我々日本人のために存在している。

なら、結構。
Posted by F4Phantom at 2008年10月12日 21:47
それと他の方へのレスに口を挟むが、

>嫌韓・嫌中的言辞が盛んなのは、その二国があまりにも無礼であり、それが度を超えすぎたことへの意趣返しであると思います。この意趣返しは必要なことで、それをしない方がむしろ呆けといわれてしまうほどの程度だったと思いますよ。
それで我が国にどんなメリットがあったのだろうか。我輩から見ると、単に我々のレベルが低下したに過ぎない。

あるブログの管理人は、コンビニに漢人がいるとチベット解放のようなデザインのTシャツを着てその店に行くそうだが、心がいびつになっているとしか思えない。それで何を解決しようというのだろうか。

 日本にとってのメリットは、「中国人はこういう人達だからそれなりの対応をしようね。」という意識統一が出来たことだろうね。相手によっては、それなりの対応をしないと駄目だからな。

>実際にまわりにいる漢人や韓国人には何も言えないのは情けない。

との事だが、海外での「日本人観光客は苦情を言わない上に金払いが良いので上客だが、不快な対応をするといきなり来なくなるのが日本人。
 文句言えば理由も分かるんだけど、何も言わずに突然来なくなるから、理由が判らないので対応が困難だそうな。客が来ない店は潰れるから死活問題だわな。
 日本人が苦情を言い立てるようなら、よほどの事態だってことさ。

 某政治家曰く「日本人に色々要求したら、すんなり要求に応じてくれたので、もっと要求したら「あんさん、ワシを舐めとるな、いい加減にしとかんと、ケツから手え突っ込んで歯ガタガタいわしたるで。」って言われた。後でボコられて2杯損した。奴ら駆け引きって奴を判ってない。(ここを見ている皆さんに御願い、元ネタやヒントをここに書かないようにしてね。)という話がある。
 楼主も今までROM専だった奴が、最近某blogの件に触発されて積極的に書込し始めたのに辟易しているようだが、お判りにならないか?

 それと日々チナオチさんのblogを話題にしているようだが、この際あのblogにもこのblogの事を知らしめたい。そうすればあのblogの来訪者がここにも訪れてblogが活性化するから、より楽しくなるだろうがどうだろう。
 ここは長文投稿に不便だから、別途に中国の掲示板観察blogを作っても良いと思う。
Posted by F4Phantom at 2008年10月12日 22:54
>東国原知事「出るのか出ないのか」 40分イライラ記者会見の一部始終を見ていただきたい。

この程度のことを現場の記者が理解していないというのは眉唾ものです。
通常メディアは、左右問わず大仰に何でも針小棒大に取り上げる傾向があります。
これは記者の見識とマナーの問題かと思うのですが、
第三の選択肢でもある「まだ決めかねている」という意見を恣意的に封殺して
よりセンセーショナルな単純二元論で良しとする姿勢こそ問題で、
背景には揚げ足をとりたいという卑劣な意思が読み取れます。

しかし最大の問題は、記者は媒介メディアであると同時に国民の代弁者(仲介役)でもあります。
我々は記者の判断能力を嘆いているばかりではいられません。
我々が記者を蔑視している一方で、実はその記者から我々自身が舐められており、
そうした構造自体に注意が払われていないことのほうが問題ではないでしょうか?

>日本が再び世界のリーダーとなるために必要なこと――和田洋一氏基調講演にある

言いにくいことを良くぞ言ってくれたもんですね。
次世代ゲーム機というのを私は所持していないものの、
しばしば友人宅でこの種のゲーム機で遊ぶこともあるのですが、
ここ数年の動向を考慮しても、海外勢の目まぐるしい発展が目に付きます。
戦場もののゲームでは臨場感を出すのに国産では太刀打ちできるとは思えないし、
サッカーゲームにしても動きの滑らかさや選手の表情を考慮しても
海外勢の勃興には目を見張るものがあります。

基準点をどこに置くかによるのですが、背景や人の表情や動きのもととなる、
描画エンジン、物理演算やシェーダー技術をはじめ、
解像度・グラフィックの開発という技術面に限定すると、
素人目からでも国産と海外(ほとんどアメリカ)産の違いは、
既に比較にならないほどの差がついていると感じられるのが率直な意見です。
問題は我々がそうした事実を直に受け入れているのか、というのがどうも怪しい。

“VGchartz”という有名サイトでは、
各エリア(日・欧・米)の販売数の動向を知ることが出来ます。
我々は「欧米」とひとくくるにする傾向があるのですが、
家庭用ゲーム機に限定しても「欧」と「米」には違いが見受けられます。
例えばアメフトのような家庭用ゲームはアメリカで流行ったところで、
日本や欧州市場では見向きもされません。
しかし「欧」と「米」では違いよりも共通する要素のほうが多いのも特徴的です。
北米で売れるゲームの多くは欧州でもよく売れるのが現状です。
一方で日本で売れるゲームの多くが、
欧米でも必ずしも満足な売り上げを計上するとはとても思えません。
例えば日本でも爆発的な売り上げを計上するRPGの有力候補でもある、
「ドラクエシリーズ」や「ファイナルファンタジー」にしても、
欧米ではお世辞にも馬鹿売れするレベルであるわけではありません。
気がかりなのが欧米でよく売れるゲームが日本ではほとんど見向きもされない点です。
敷居の高さから取っ付き難さがある点は否めないものの、
それよりも日本市場の閉鎖性に目を配るべきでしょう。
背景には我々は心のどこかで海外勢を馬鹿にしている点があるのではないのでしょうか。
こういう状況下では他勢を崇め自陣を蔑む行為は、
タブー視される傾向というのが世の常です。
そういう意味でも、発言しにくいと予想される環境化の中での和田氏の姿勢には感服する限りです。


「中華思想」という言葉を日本人から指摘されることで
はじめて知る中国人もいるというのを聞いたことがあります。
実は我々の“造語”だったなんてことはないでしょうかね?
まあ…真偽はともかく「中華思想」というのは“毒”にも“薬”にもなる示唆に富んだ言葉です。
大事なのは背景知識を読み取ることが重要で、
どうせなら一歩踏み込んで“薬”にするべきです。
この言葉の本質をかつての清朝の役人が知っていたなら、
後世に今日のような惨めで辛い思いをさせることは避けることができたでしょう。
「中華思想」という先代の知恵に富んだ言葉を我々は生かすべきではないでしょうか。
Posted by porepore at 2008年10月13日 01:28
F4Phantomさん
>先にも書いたとおり、言語教育の失敗の貴重なサンプルとして観察しているよ。国レベルでの壮大な実験をやったような物だから、なかなか得難いと思う。
我が国が漢字を廃止しようとしているなら参考にできようが、そんな話は聞いたことがない。韓国という外国のことよりも、我が国の心配をした方がいい。例えば

学力不問の青田買い競争 私大推薦入学の呆れた実態
http://news.goo.ne.jp/article/diamond/nation/2008101002.-diamond.html?fr=rk

>ある底辺校の学長は正直にこう言う。「うちの法学部は、司法試験に合格させるのではなく、新聞を理解できるようになるのが目標」。

……なんだこれは。

>それと日々チナオチさんのblogを話題にしているようだが、この際あのblogにもこのblogの事を知らしめたい。そうすればあのblogの来訪者がここにも訪れてblogが活性化するから、より楽しくなるだろうがどうだろう。
異論はない。

poreporeさん
>第三の選択肢でもある「まだ決めかねている」という意見を恣意的に封殺してよりセンセーショナルな単純二元論で良しとする姿勢こそ問題で、背景には揚げ足をとりたいという卑劣な意思が読み取れます。
全く同意見だ。広島カープだったかの外国人監督も「監督を続けるかどうか、まだ結論は出ていない」というようなコメントをしていたが、それに対して「やるのかやらないのかはっきりしろ」なんていう記者はいなかったようだ。スポーツ記者の方が政治記者よりレベルが上なのかもしれない。

大手マスコミ全部を敵に回した麻生首相
http://news.livedoor.com/article/detail/3856069/
>とにかく“選挙特番”の日程を決められず、どこのテレビ局もイライラなのですよ。スポンサーを集める関係で、準備には1カ月以上必要。さらにスタジオを押さえ、ニュースキャスターや政治評論家、売れっ子ジャーナリストも早く確保しないと他局にとられてしまう。だから、投開票の日を確定したい

>これは大手新聞社も同じだ。総選挙シフトをスタートさせたため、投票日まで人事異動を凍結している社もある。だから大新聞も、連日のように「総選挙投票日」をぶち上げ、麻生首相の尻をたたいている。

これが本当なら呆れるしかない。

>基準点をどこに置くかによるのですが、背景や人の表情や動きのもととなる、描画エンジン、物理演算やシェーダー技術をはじめ、解像度・グラフィックの開発という技術面に限定すると、素人目からでも国産と海外(ほとんどアメリカ)産の違いは、既に比較にならないほどの差がついていると感じられるのが率直な意見です。
なるほど。あてずっぽだが、日本人は描写する際に写実的でないというのはいかがだろうか。好みのせいか、あるいは観察力が足りないせいかはわからないのだが、日本のアニメを見ていると写実的になろうとすらしていないような感じがする。あるいは勝てないから逃げているのかもしれない。

>それよりも日本市場の閉鎖性に目を配るべきでしょう。
ゲーム以外にも様々なところで閉鎖的だ。例えば

<外国人旅行者>ホテル・旅館4割、泊めません 「外国語対応できない」−−総務省調査
http://news.goo.ne.jp/article/mainichi/life/20081010ddm002040121000c.html
>外国人旅行者を受け入れていない宿泊施設は全体の37・8%。うち72・3%が「今後も受け入れたくない」と回答した。外国人旅行者を受け入れていない30室未満の小規模な施設で、73・9%が「今後も受け入れたくない」と答えたほか、100室以上の大規模な施設でも同様に44・2%に上った。

>背景には我々は心のどこかで海外勢を馬鹿にしている点があるのではないのでしょうか。
>こういう状況下では他勢を崇め自陣を蔑む行為は、タブー視される傾向というのが世の常です。
そう。まるで幕末にタイムスリップしたかのようだ。

>「中華思想」という先代の知恵に富んだ言葉を我々は生かすべきではないでしょうか。
まったくだ。この恐らく日本で作られた言葉は、今、なんと我々に問いかけているのだ。
Posted by 楼主 at 2008年10月13日 22:21
「日本語は国際語になりうるか  鈴木孝夫 」って本を読むことをお勧めします。

明治〜現代の国語に関することが載っております。

漢字どころか、完全ローマ字化しちゃおうってほざく学者もいたようで。
Posted by にゃ at 2008年10月14日 04:51
にゃさん
>漢字どころか、完全ローマ字化しちゃおうってほざく学者もいたようで。
大地の果ては滝のようになっていると信じられていた時代の人に対して、アホだと言っているようなもので、そのような批評はちょっと酷だろう。当時はそういうものだとされていたのだから。

ちなみに中国で簡体字を採用したのも同じ流れによるものだ。当初簡体字というのは、元々は完全ローマ字化の中間点として考えられていた。
Posted by 楼主 at 2008年10月17日 11:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。