2008年10月21日

貧困が広がる日本

<反貧困ネットワーク>「私は部品じゃない」 2000人が訴え−−都内で集会という記事が目に付いた。

敷金、礼金なしのアパートに越したが、家賃が遅れるたびに14回も鍵を替えられたという。「派遣労働で貧困に陥り、住居も仕事も不安定になった」と語った。

なんだこれは。家賃を支払わないのだから追い出されて当然だ。鍵を14回も替えた大家あるいは管理会社に迷惑をかけているとは考えずに、被害者面をしているのには呆れるしかない。派遣労働で貧困にというのは、つまり派遣労働という労働形式をなくせということなのだろうか。このほかにも単なる八つ当たりでしかない言葉が並べられている。

ただし個人の努力ではどうしようもない面があるのは確かだ。なにしろ我が国は以前ほど金持ちではないので、社会の底辺まで回っていくほど十分な金がない。だからこそ、世界から我が国へと金を集めるための施策が必要になる。

ところが我が国には金を集めるための条件が全く整っていない。そのうちでも税金が高いことと、英語が通じないことは致命的だ。だから外国から金が集まるどころか、外国に金がどんどん流出している。そういえば、我が国は輸入超過へと転落してしまった。

そんな中、日本経団連は移民を前提とした外国労働者の受け入れを提言した。我輩はこれに反対だ。我が国に必要なのは、労働者ではない。上の記事にもこう書かれている。

労働の分科会では、日雇い派遣の男性が「不安があっても、文句を言えば『代わりはいくらでもいる』と干される。危険な仕事でも1日7000円。私は部品ではない」と訴えた。

この現状でさらに外国労働者を連れて来ようとする狙いは、生産コストをさらに低く抑えることにある。ただし、そんなことをしても貧困層が拡大するだけだ。なにしろ我が国にある金の総量は増えないにもかかわらず、それをより多くの人数で分けることになるのだから。わかりやすく言えば、1日7000円もらえていた仕事が5000円に、あるいは仕事そのものがもらえなくなってしまうかもしれないということだ。

我が国に必要なのは労働者や留学生ではなく、投資する金をもった金持ちあるいは我が国に足りない知識や技能をもった人たちだ。

さて、そのために我が国に必要なことはなんだろうか。まずなによりも、我が国が二流の国になってしまったと自覚することだ。精神的に大きな痛みを伴うが、現実なのだから受け入れるよりほかはない。

「日本がリーダーシップ取る」麻生首相が米大統領と電話会談というのは、誰にも相手にされていない韓国政府が、大きな口を叩いているのと同じようで実に痛々しい。ピザ生地メラミン、「中国の検査信用」サイゼリヤ社長が釈明にあるように、そんなものすら輸入禁止にできず、朝鮮に対しても何もできない我が国がリーダーシップなど取れるわけもなく、滑稽だとしか言いようがない。

中国語に「好漢不提当年勇」という言葉がある。「好漢はむかし自分が強かったことを話さない」というような意味だ。逆から言うと、昔のことを威張っているのはみっともないということだ。

我が国が世界に占める名目GDPは最高で18%近くを記録したこともあったが、今ではその半分しかない。また1人当たりGDP上位国の共通点は何か?−欧州諸国の成長モデルを探る(1)−(欧州)にはこう書かれていた。

これらの国の1人当たりGDPをみると、例えば10位のオランダは4万6,261ドル(IMFによる2007年推定値)で、日本(22位)の3万 4,312ドルを1万ドル以上、上回っている。昨今の欧州通貨高だけでは説明できない要因があることは明らかだ(表、添付資料の図1参照)。

そしてこうもあった。

各国の共通点として、輸出依存度が高いことも挙げられる(図2参照)。どの国でも自由貿易が国是となっており、自らも経済を開放し、自由化を進展させてきた。こうした努力が金融、ICT、医薬品などの産業で大企業や成長性の高い企業の誘致にもつながっている。

我が国は異様なほど閉鎖的だ。

さらに

汚職や腐敗が少なく公的部門への信頼度が高いことも、共通した特徴といえる。ドイツに本部をおくNGOトランスペアレンシーインターナショナルが07年9 月に発表した腐敗防止リポートの国別ランキング(180ヵ国を対象に調査。上位ほど透明性が高い)では、デンマーク(1位)、フィンランド(1位)、スウェーデン(4位)、アイスランド(6位)、オランダ(7位)、スイス(7位)、ノルウェー(9位)が透明性の高い国として上位にランクされている(日本は17位)。

というのを見ると、我が国が立ち遅れていることがよくわかる。

経済が縮小中で、税金が高く、閉鎖的で外国語も通じず、汚職や腐敗も多い。それが我が国の現状だ。

まずはこの現状を受け入れて反省し、その上でどう改善すべきかを考えなければいけない。我輩の提案は落ちぶれつつある日本に書いたことがある。皆さんにも、ぜひ世界で生きているのだという気概と視野をもって、どう改善すべきかを考えてもらいたい。







中国についてなにかを感じたら人気ブログランキング人気blogランキングをクリックして応援してほしい。多謝。

posted by 楼主 at 16:26 | Comment(20) | TrackBack(0) | 嗚呼日本
この記事へのコメント
金融サミットけっきょく米国に開催地をとられてしまったのが象徴的ですね。
Posted by ぴ at 2008年10月21日 17:37
でも中国の格差と日本の格差って根本的に違いますよね。日本の場合自業自得という言葉が少なからず当てはまります。自覚してるか知らないが。彼らの逆恨みは凄まじい。
Posted by 通りすがり at 2008年10月22日 00:30
少数の自堕落な生活を送っているものが暴れているならいざ知らず、2000人もの人間が反貧困を訴えるのは、社会自体にまともな生活が営めるポストの絶対数が不足していることの現れではないでしょうか。

言うなれば、10人で椅子が5つしかない「椅子取りゲーム」をしているかのよう。
運良く椅子に座れた人は座れなかった人を「自業自得」と言うのでしょうが...。

政治の役割はその椅子の数をひとつでも増やすように努力することにあると思うのです。
Posted by ぴーなつ at 2008年10月22日 06:06
>金融サミットけっきょく米国に開催地をとられてしまったのが象徴的ですね。
今回の件で主導権取らなくても良いだろ。下手に仕切ろうとすると「お金貸して」って言われるのは判ってる。破産しそうな所は必死だよ。
http://www.recordchina.co.jp/group/g25020.html
金融危機:「韓国にアジア初スケープゴートの恐怖」
http://www.chosunonline.com/article/20081018000008
助ける所は助け、見捨てる所は切り捨てる。そうしないと馬鹿をみるからな。

 
 マスコミが格差社会とか言ってるから、日本が酷い格差社会だと思いこんでいる人がいるが、ジニ係数とか理解してないね。日本はOECD加盟国の中でも中程だ、格差は多少拡大したとはいえ格差が酷いとは言えないのだ。
↓Chapter 4. Globalization and Inequalityの fulltxtを開いて36ページ参照
http://www.imf.org/external/pubs/ft/weo/2007/02/index.htm
所得再分配後で見ないといけないのに当初所得で見て「日本は世界で最も格差のある国」って野党の党首が言いだしたのをそのまま垂れ流してるマスコミが駄目なんだけどな。
http://www.ozawa-ichiro.jp/massmedia/contents/appear/2007/ar20070208152420.html

中国の場合、ジニ係数は危険域突入していると思われるから、注意してみておくと良いと思う。
http://eco.nikkei.co.jp/column/ecowatching/article.aspx?id=MMECcd016031072007&page=4
Posted by F4Phantom at 2008年10月22日 07:44
一つリンク張り忘れた、下の方の再配分後のジニ係数を見て欲しい。0.3618で問題にすべき値ではない。これでも格差が酷いというなら、地上の楽園を標榜する国家にでも亡命すればよかろう。
http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2008/zenbun/html/s1-2-2-02.html

 それとGDP上位国についてだが
 泡沫の繁栄に酔いたいなら、楼主も中国と一緒にGDP上位の国の真似をすれば良かろう。GDP上位の国に共通してみられるのが「小規模な国家」「輸出依存度が高いこと」
1番であるルクセンブルグには「ルクセンブルクの労働人口31万1,681人のうち、約43%に当たる13万2,744人が隣国であるフランス、ベルギー、ドイツから通勤する「コミューター」と呼ばれる人々である。1人当たりGDPはGDP総額を国の人口数で割るため、このコミューターの数は分母に含まれていない。越境労働者が総労働力の大きな割合を占めていることもルクセンブルクの1人当たりGDPが極めて高額である大きな理由となっている。」
http://www.jetro.go.jp/biznews/feature/eurogdp/48d1eb3804a38
なんて書いてある。
 結局上位の国は、小規模国家で規制緩和で外資が集まって繁栄しているように見えるだけ。IMFの支援を真っ先に要請したアイスランドが4位とか、アホか馬鹿かと。
 
よく小さいと言われる日本だが、国土面積では、世界第61位、人口では世界10位、排他的経済水域では6位で低い方では無い。だから、それなりの運営が必要だって事さ。
Posted by F4Phantom at 2008年10月22日 08:09
まあ、中国はGDP上位国の真似は出来ないけどな。
http://sankei.jp.msn.com/world/china/081021/chn0810211903005-n2.htm
 中国政府は数年前から、内需主導の新たな成長モデルを探っており、2006年から始まった第11次5カ年計画で、雇用創出の重点を製造業からサービス産業へ移行する方針を打ち出し、サービス産業への投資を奨励するなど政策面で支えたが、その効果はほとんど表れていない。
 07年のGDPに占めるサービス産業の割合は約39%で、06年より0・3ポイント下がってしまった。

 サービス産業が育っていないし、国家のシステムについての信頼性も低い。これでは無理。
Posted by F4Phantom at 2008年10月22日 08:16
ジニ係数を持ち出して「日本の格差は大したことない」と認識するのは根本的な事実を見落としてると思いますね。

なぜなら日本ほど労働者のクオリティが均質な国は世界にまずないんですよ。
移民の多い欧州はもとより、アメリカなんか人口の2割が読み書きにすら問題あるといわれてるんだぜ?
そういう国情なら、結果的に格差が出るのは当然だが、日本を見てみろよ。エリート層のクオリティが先進国中最低じゃないの。諸外国なら当然グローバルにビジネスしててしかるべきエリート層の外国語能力が低く、海外勤務を忌避する傾向も強く、国内市場でチマチマやってる。

いま日本に必要なことはニート対策じゃなくてエリート対策なんですよ。でもこれは難しいよ。非正規労働者やフリーターに職を与えるのは無理やりでも何とかなろうが、エリート層に「もっと有能になれ」と言うのは至難の業だ。
Posted by chemical at 2008年10月22日 08:41
>ぴーなつさん 日本は資本主義国で競争社会だから自業自得と言われるんだよ。ネットにはそんな言い訳がましい人間が溢れてるがその間に何かすりゃいいのに。日本は階層の非一貫性が高いと言われてるんだけどな。だから皆必死なのさ。努力してきた奴がいい職を得るのが今の現状。全てを政治の責任にはできないよ。そういう人達も英語できればチャンスが増えるかもな。ま、自業自得だ。
Posted by 通りすがり at 2008年10月22日 10:13
ぴーなつさんはもしかして派遣社員同士レベル話をしてるの? 努力していい大学に行きアルバイトしながら必死で勉強して国家試験に合格して職を得た者も‘運良く’と表現するの?どの企業に入れるかだって大学レベルで変わってくるでしょ。だからいい大学に勉強して入ろうとするんじゃない?そのためには高校も。勝負は早くから始まってるのさ。
Posted by 通りすがり at 2008年10月22日 10:30
文章読解力を育成しないと、日本は終わる。経済よりも教育だな。(by trma)
Posted by trma at 2008年10月22日 21:58
いや読解力の話してないだろ。もう派遣が終わってるってだけの話だ‥小泉のときから。読解力のない人間ほどその言葉を言い訳に使いたがる(笑)
Posted by あ at 2008年10月23日 12:01
 まあ、教育に力入れないと日本は駄目になるからね。だからゆとり教育の弊害をさっさと取り除かないといけない。

 ただ、ジニ係数のある程度の値にしておくことは、国家の安定的な発展を図る上で必要なのだ。 この値が大きいということは、貧富の差が大きいということになり社会に不満を持つ者が多くなり、政情不安の原因となる。
 かといって小さくし過ぎると努力しても報われないという事になり、努力する意欲を削ぎ閉塞感と社会の沈滞を招く。
 そこら辺の匙加減が難しいわけだ。
 
 日本では経済発展しきった国家につきまとう人件費の高騰が起こっている。企業が、人件費を下げるために正規の雇用を減らし、派遣社員を増やしたり人件費の安い国での生産をしているわけで、格差社会は、小泉首相が原因だというのは間違いだ。もっと貿易や為替の視点をもたないと駄目だ。
 米国が自動車の生産拠点を、人件費の安いメキシコに移転したのと同じような事が起こっている。
 長文になりそうなのでここで分割する。
 
Posted by F4Phantom at 2008年10月24日 07:39
小泉首相は弱いもの切り捨てして改革半ばでやめちゃったのが一つの決定的要因じゃないの?そうすることで得をした人もいるのも事実だけど‥N○Kでもやってたけど日本は技術があって大きな市場をもてる要素があるのに実行できないのは歯がゆいね‥ 日本人の黙ってても伝わるとか、読解力云々といって終わらせてしまう悪しき風習はなくした方がいいかもね。日本てゆとり教育導入するときは早いのにそれを改善するのは遅いね。邪魔な組織が多すぎるのかな。
Posted by あ゛ at 2008年10月24日 09:31
日本で貧困の話やて。あほらし。マスゴミの話に乗って、いかにもと話題になる。
ほんまの世界レベルの貧困ゆうのが年収なんぼかわかっとんのか。日本の貧困など甘えいがいでの
なにものでもないわ。
ただし1部の乞食は否定しない。
Posted by 東 at 2008年10月25日 01:51
あ゛さんへ
御質問の回答は、このスレッドはコメント欄が長くなって表示されにくいので2008年10月22日のスレッドに書いておきます。
Posted by F4Phantom at 2008年10月25日 09:12
時々楽しく見させてもらってます。
初めてコメントさせていただきます。

貧困の次元が違うかもしれませんが知って欲しいと思った記事「あなたの 夢はなんですか?」
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/bookstand-ikema.html#黙示録

8歳の子が命がけで1日10時間以上働いて50円稼げないとか見るとやはり危険な仕事で1日7000円で文句いってるのはどうかと思いました。
危険の度合いとか物価とかもありますけどね。

他にもいろいろあるようですが私の知ってるとこ
http://www.worldvision.jp/over0807/?banner_id=adwords&gclid=CJ-nxLfowpYCFQ_DbwodwRYXyQ
Posted by 内藤 at 2008年10月26日 01:42
この程度の貧困なんてたいした事は無いかもしれないが、日本の国力がどんどん衰退している兆候だろ。このままでは、この先貧困の度合いが更に高まり広がっていくのではないか? 自業自得では済まされないべ。
Posted by trma at 2008年10月26日 12:01
trma さん
 一旦先進国になったから、発展途上国に追いかけられるのは定めだよ。相対的な国力差は縮まり結いの度合いが低くなる。だから、これまでと同じように頑張っていくしかない。
 老人が増えてそれを養っていかないといけないから、足枷付きみたいなもんだが、中国とか韓国とか同じように高齢者沢山抱えて居るんだよね。一人っ子政策のツケや男性の比率が高いことによるものだ。
 とりあえず直近にすべきことは、経済破綻して助けを求めてくる韓国を門前払いすること。あの国は助けても反日だし貸した金が戻ってこないからな。大統領が媚びてきているようだが、奴らの巨額の負債なんか面倒見ていたらこちらが沈む。
http://mainichi.jp/select/world/news/20081025k0000m010036000c.html
 長期の問題は教育改革等々順番に片付けていこう。
Posted by F4Phantom at 2008年10月26日 21:31
>自業自得では済まされないべ。
何があかんの?本人の意識のレベルの問題やろ。
他人みて、隣の芝生は青い言う話のレベルやろ。
我がで努力もせいへん、考えもせえへん。そんなやつらわし等が、かまわなあかんのか?かまいたい人らにまかせとき。この国がどれだけ恵まれてるか、考えるええ話やろ。
Posted by 東 at 2008年10月27日 01:46
はじめまして
派遣労働者が置かれた不安定な雇用環境の不安と窮状を自身もまた派遣労働者である 叉葉賢(またはけん)氏が歌にして youtube に発表しています。

http://jp.youtube.com/watch?v=v0siyuT_0as

泣けてきますが一聴の価値はあります。
Posted by すすき at 2008年10月29日 01:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。