2008年10月27日

コメント:貧困が広がる日本

貧困が広がる日本に書き込めなくなったのでここに書く。seesaaがんばれ。

ぴさん
>金融サミットけっきょく米国に開催地をとられてしまったのが象徴的ですね。
麻生首相は頑張っているようだが、いかんせん世界の中では力がないので仕方がないのだろう。

通りすがりさん
>日本の場合自業自得という言葉が少なからず当てはまります。
確かにその面はある。しかし、例えば

「貧困の世襲化が起こっている」 子どもの貧困打開でシンポ 
http://www.kyoto-minpo.net/archives/2008/08/23/post_4526.php
をみると、困ったことになっていることが分かる。

ぴーなつさん
>政治の役割はその椅子の数をひとつでも増やすように努力することにあると思うのです。
同感だ。ただ政治家というのも我々の代表に過ぎず、我々が井の中の蛙の状態では、政治家に何かを期待するのも無理な相談だろう。我々一人一人が世界に目を向けなければならない。

F4Phantomさん
格差など今以上に拡大しても全くかまわない。かまわないどころか拡大しなければ我が国に未来はないとさえ思っている。ただし貧困層が拡大するのは困る。さて、これは矛盾しているだろうか。

chemicalさん
>エリート層のクオリティが先進国中最低じゃないの。諸外国なら当然グローバルにビジネスしててしかるべきエリート層の外国語能力が低く、海外勤務を忌避する傾向も強く、国内市場でチマチマやってる。
精神的に鎖国状態だと言えよう。情けない話だ。

>いま日本に必要なことはニート対策じゃなくてエリート対策なんですよ。でもこれは難しいよ。非正規労働者やフリーターに職を与えるのは無理やりでも何とかなろうが、エリート層に「もっと有能になれ」と言うのは至難の業だ。
うーむ。確かにその通りだ。どうすればいいのだろうか。何か刺激を与えることが必要かもしれない。

(再び)通りすがりさん
>どの企業に入れるかだって大学レベルで変わってくるでしょ。だからいい大学に勉強して入ろうとするんじゃない?そのためには高校も。勝負は早くから始まってるのさ。
我輩は大学という組織にあまり期待していないせいか、そんなことよりも、金儲けの方法を教えたほうがいいような気がする。

trmaさん
>文章読解力を育成しないと、日本は終わる。経済よりも教育だな。
中国語に「十年樹木、百年樹人」という言葉がある。「木を育てるには十年かかるが、人を育てるには百年かかる」というような意味で、教育とはそれほど難しいということだ。そして教育には時間ばかりでなく、金もかかる。だから教育のためにも景気を良くしていく必要がある。

総務や経理まで中国へ業務移転
日本からホワイトカラーの仕事が消えていく
http://diamond.jp/series/analysis/10045/
を読んでほしい。恐ろしいことだ。

あ゛さん
>日本は技術があって大きな市場をもてる要素があるのに実行できないのは歯がゆいね‥
日本を出て世界の中で生きていくという気概がある若者が減っているようで、実に残念だ。

>日本てゆとり教育導入するときは早いのにそれを改善するのは遅いね。邪魔な組織が多すぎるのかな。
組織よりも我々一人一人の意識を変えることが先決だ。

東さん
>ほんまの世界レベルの貧困ゆうのが年収なんぼかわかっとんのか。日本の貧困など甘えいがいでのなにものでもないわ。
相変わらず下を向いて歩いているようだ。もう少し胸を張って前を見て生きてほしい。

内藤さん
初めまして。

>あなたの 夢はなんですか?
>私の夢は 大人になるまで 生きることです。
これは悲惨だ。我が国をこのようにしてはいけない。そして、その子が大人になるまで生きるように手助けをしてあげるには、まず我々にそれだけの余裕がなければならない。

もし日雇いで15000円もらえれば、エントリーに出てきたような人も文句は言わなくなり、他国の恵まれない子供にさえ寄付するかもしれない、ということだ。







中国についてなにかを感じたら人気ブログランキング人気blogランキングをクリックして応援してほしい。多謝。

posted by 楼主 at 20:50 | Comment(11) | TrackBack(0) | 嗚呼日本
この記事へのコメント
海外研修生問題は日本国内の貧困問題の延長線にある問題だと思う
日本の社会は今、間違った方向に進んでいます。私たちはそれを直したい。それが、私たちの責任です。「自己責任」などは、決して私たちが取るべき責任ではない。私たちには私たちの、地球市民には地球市民の、責任の取り方がある。
いま、日本社会は大きな岐路に立っています。自己責任も名目下
労働者をいじめ続けるのか
Posted by ku at 2008年10月27日 22:42
あのね、
>下向いて歩いてる。
たぶん、下ばかり見て悦に入ってると言いたいやろけど、その表現やと全然ニュアンスが違いまっせ。言いたいことが伝わらん人やなー。まあ、普通に読んでくれた人がわかればええけどな。
>「自己責任」などは、決して・・・・・。
なんでも他人のせいにして、文句ばかりやと気楽でええなー。誰のせい?親、教師、会社、政治、社会、外国?どないせえ言うねん。
自分のけつ自分で拭かれへんのやったら、泣いて拭いてくれる人さがさせばええだけのはなしや。
それすらせいへんやつは、この世に必要ないやろ。
Posted by 東 at 2008年10月28日 01:58
関係ないけども、関西の人はネットの書き込みも会話と同じように関西弁で書き込む人が多いんですかね?
あまり見ない気がしますが。
Posted by ad at 2008年10月28日 15:28
楼主様
>我が国をこのようにしてはいけない。
その通りですね。同意します。
但し、少し違和感といいますか、私の意図が伝わっていない(あるいは伝わっていても意図的に無視されている?)と感じた部分について以下に述べさせて頂きます。

>もし日雇いで15000円もらえれば、エントリーに出てきたような人も文句は言わなくなり、他国の恵まれない子供にさえ寄付するかもしれない、ということだ。
私は年収が2倍になったら余裕があるんだから100円が無くて死んで行く子供たちを助けたらどうだろうかということを言っているわけではないです。
意識の変化がなければおそらく年収が100倍になっても助ける気にはならないと思います。
これは収入に関係なく与えられる物は与える(与えるという言い方は不遜かもしれませんが)人がいることでわかります。
ここで私が言いたかったことは贅沢(世界標準で)したいがために現状を不満に思うよりも、優しい心を持つ方がその人にとっても日本国にとっても重要ではないかということです。

それから日本経済再建のために外国からの投資を呼び込まなければならないという楼主様の主張についてなのですが
同じく田中宇氏のHPを読んでいながら私と違う考えの方に触れて興味を持ったので述べさせて頂きます。
ポリティカルコンパスhttp://sakidatsumono.ifdef.jp/draft1.htmlはご存知でしょうか?
私は政治的には2.2の保守で経済的には-2.78の左派となりました。
おそらく楼主様は政治的には私と同じく右派であると思われますが、経済的には私と異なり右派すなわち市場信頼派ではないかと思われます。

米国一極から多極へと変遷しつつある世界でグローバリズムというのはもはや過去の概念ではないでしょうか?
これからはむしろ反グローバリズム、国家による金融、生産の統制
そして一国家あるいは地域国家グループでの経済的完結という流れになっていくのではないかと思います。
その後にプラウト経済が生まれるかどうかはわかりませんが、もしそうなればそれはマルクスが予言した資本主義が最終的な進化を遂げた後でこそ成立しうる共産主義の完成形ではないかと思います。

その中で"経済力"をもつ日本国に突きつけられた命題は中国と共に東アジアあるいはアジア全域を安定させることなのか、それとも対米従属を続けて米国にすべて任せるのか?
中国は単独での覇権(軍事力を使わずに地域国家を統制することと解釈しています)は無理なので我が国と共にと考えていると思われます。
米国は世界中に軍を派遣する経済力がなくなりました。アジアはアジアでやって欲しいEUはEUでやってほしい、こっちは国内で手一杯ということかと思われます。

しかし我が国は覇権を望まず、対米追従というか米政府の代官ともいえる政権(自民党)を続けてきました。
日本国民の望みとはなんでしょうか?東アジア、アジア、そして世界の安定ではないでしょうか?
ネットの中では韓国、中国を滅ぼせ〜(まあ純軍事的にも中国には勝てないと思うんですが)みたいな意見もあると思いますが、大多数の国民の望みは安定であると思います。

なんかまとめるのが難しいんですが、対米追従解消は(米国自身が望んでいても)自民党では難しいと思います。
じゃ民主党にいれろっての?ミンスは売国政党だろ?サヨ乙とかいわれそうですが、民主党の主張を詳く読んでくださいとしかいえません。
でもまぁ、アメリカ(+台湾)と一緒に中国と戦争だ〜とか思ってるひとが多いのかもですね〜アメリカはアジアはアジアで勝手にって思ってるのに・・・
いずれにしろ日本は日本ですから。
Posted by 内藤 at 2008年10月29日 01:08
楼主は、上海での日本人留学生との抗争で忙しかったのか更新が滞っていたようだな、御苦労様。
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp1-20081023-421788.html

 楼主ののレスについてだが、人のコメント消去しておいて何がやりたいのだ。再度書くぞ。

前半略
 ただ、ジニ係数のある程度の値にしておくことは、国家の安定的な発展を図る上で必要なのだ。 この値が大きいということは、貧富の差が大きいということになり社会に不満を持つ者が多くなり、政情不安の原因となる。
 かといって小さくし過ぎると努力しても報われないという事になり、努力する意欲を削ぎ閉塞感と社会の沈滞を招く。
 そこら辺の匙加減が難しいわけだ。
以下略

 匙加減を誤り、革命や内戦にでガタガタになった事例はこれまでいくつかある。胡錦涛はバランスを取ろうとしているが、そんなことお構いなしで勝手にやってる連中を統制できてない。今後どうなるのか私は注視している。
Posted by F4Phantom at 2008年10月29日 07:08
東さん
>たぶん、下ばかり見て悦に入ってると言いたいやろけど、その表現やと全然ニュアンスが違いまっせ。
それならどこがどう違うのか説明すればよかろう。先日も「的外れ」だと言うばかりで、その「的」が何なのかを説明しない(あるいはできない)人がいたが、なんとも情けない話だ。

内藤さん
>意識の変化がなければおそらく年収が100倍になっても助ける気にはならないと思います。
それはまた別の問題だ。ここで言っているのは、助けたいという意識があっても自分に余裕がないので助けられないという人たちについて書いている。

ポリティカルコンパスのドラフト3
http://sakidatsumono.ifdef.jp/draft3.html
での結果は政治が6、経済が2.2だった。

>一国家あるいは地域国家グループの経済的完結という流れになっていくのではないかと思います。
これは興味深い観点だが、我輩がみるにそんなことはあり得ない。一国家で経済的完結を実現するには、最低でも数百年は生活レベルを下げる必要があるだろう。そんなことをだれが望むのだろうか。地域国家グループでも同じことで、たとえばEUだけでどうやってやっていくのだろう。

>対米追従解消は(米国自身が望んでいても)自民党では難しいと思います。
なんだか我が国はアメリカにつきまとっているストーカーのようになってしまっていて、確かに自民党にはこの状態から抜け出す勇気がないようにみえる。

F4Phantomさん
自信がない人は他人の批判を受け入れることができずやたらと反発する。そしてこれが昂じると被害妄想を引き起こす。

>楼主ののレスについてだが、人のコメント消去しておいて何がやりたいのだ。再度書くぞ。

http://chinabbs.seesaa.net/article/108404895.html#comment
に「そこら辺の匙加減が難しいわけだ。」という誰でも知っていることが(削除されることなく)しっかり載っているので確認してほしい。

さて
>格差など今以上に拡大しても全くかまわない。かまわないどころか拡大しなければ我が国に未来はないとさえ思っている。ただし貧困層が拡大するのは困る。さて、これは矛盾しているだろうか。
Posted by 楼主 at 2008年11月02日 18:09
経済学者の池田信夫氏(リバタリアンの立場の方ですね)が提唱しているように、派遣を禁止しても格差対策にはならんですよね。
むしろ、正社員をもっと容易に解雇できるようにして、その上で正社員と同じ内容の労働内容の派遣には、正社員と賃金格差を付けることを禁止する政策がベターだと思うんですが、こうした政策は、自民はもとより労組が票田になってる大半の野党ではもっと難しいでしょうね。
あぁ、お先まっくらだ。

今の日本、法人税が下がって個人の所得税は上がってるって野党が文句言うけど、楼主さんはよくご存知だと思いますが、それでも日本の法人税って、共産党独裁の中国より高いんだから苦笑するしかない。

日本は実質社会主義国家だと言う人がいて、モチベーション高めるためには金を稼げる富裕層や企業が豊かになるのが大切っていう説は、まことにごもっとなんですが、何度も言いますが、日本は、そのエリート層のレベルが低いのが大問題だと思います。英語で机をガンガン叩いてディベートできないような人は、そもそも世界基準で見たら、高給取っちゃいかんのですよ。

日本企業が、嫌韓や嫌中にあれほど批判されても、どうしても韓国や中国と商売しちゃうのも根っこは同じで、日本エリートの外国語能力が低いから、日本語話せる人が多い東アジアの国と商売するのが「ラク」だっていう実情もあるだろうと思う次第です。
Posted by chemical at 2008年11月04日 07:36
>(削除されることなく)しっかり載っているので確認してほしい。

 勝手に削除しておいて、削除された事を非難されると復活させる。出たとこ勝負というか行き当たりばったりだな。いい加減にしろ。

>格差など今以上に拡大しても全くかまわない。かまわないどころか拡大しなければ我が国に未来はないとさえ思っている。ただし貧困層が拡大するのは困る。さて、これは矛盾しているだろうか。

 書いたとおり匙加減の問題だ。貧困層富裕層昼間層のバランス及び差の大きさを考慮しないといけないが、このような質問をしてくるようでは、理解する意志か能力に欠けているようだな。
Posted by F4Phantom at 2008年11月05日 07:11
>勝手に削除しておいて、削除された事を非難されると復活させる。

ちょっと気になったんですけど、seesaaのブログでは、そんなに器用なことができるんですかね^^;
一旦コメントを削除したら、ログを取るかコピーでもしてない限りは復活させるなんて無理だと思うのですけど...。
F4Phantomさんの見落としじゃないのかな?
Posted by ぴーなつ at 2008年11月05日 15:33
楼主様
>それはまた別の問題だ。ここで言っているのは、助けたいという意識があっても自分に余裕がないので助けられないという人たちについて書いている。

これは失礼。それでもやはりここで言う「余裕」というのはお金ではなくて心の余裕ではないかと思います。というのも助けるのに必要なお金はジュースを買う120円でもいいのですから。
その120円も無いという方については楼主様のおっしゃる通りです。

>での結果は政治が6、経済が2.2だった。

思ったほど市場原理主義ではないんだな〜と思いました。

>一国家あるいは地域国家グループの経済的完結という流れになっていくのではないかと思います。
これは興味深い観点だが、我輩がみるにそんなことはあり得ない。一国家で経済的完結を実現するには、最低でも数百年は生活レベルを下げる必要があるだろう。そんなことをだれが望むのだろうか。地域国家グループでも同じことで、たとえばEUだけでどうやってやっていくのだろう。

経済的完結といってしまうと確かに極論になりますね。経済的完結に向かう流れと訂正します。
「生活レベル」というのも面白い言葉ですよね。自動車・エアコン・テレビ・インターネット・冷蔵庫・洗濯機・電気・ガス・水道といったものが無くなったり不十分になることとか
googleで検索するとブランド品の服や鞄や靴を買ったり、ランチに5000円かけたり出来なくなること等が「生活レベルが下がる」と言われているようですが
「生活レベルが下がる=悪いこと」という考えではない人が増えてきているように感じます。数百年前の生活(日本の場合)は物質的には現在よりは不便かもしれませんが
精神的には遥かに高いレベルにあったと想像できます。
経済ブロックについて楼主様が懸念されているのは資源に関することと思われますが、たとえば日中韓朝だけで天然ガス・鉄などは充分ですし石油も採掘コストを考えなければ
あるにはあります。また石油に代わる燃料の開発も進むでしょう。いずれにしろ石油は無くなるのですから。

>なんだか我が国はアメリカにつきまとっているストーカーのようになってしまっていて、確かに自民党にはこの状態から抜け出す勇気がないようにみえる。

そうですね。地政学的に考えても米国一国に追従するのはありえないですし。
ただ我々に自民党以外の選択肢が民主党しかないというのも残念ですね。
それでもどっちが政権とっても同じだから投票しないという考えだけはいけませんね。
人は現状維持を望むものなので民主党の悪い面、自民党の悪い面を見続けるともうどうでもいいやと思う人が多いと思います。
それこそが現状維持を志向する既得権益層、自民党の思うツボです。
Posted by 内藤 at 2008年11月07日 01:03
>ぴーなつ さん
 何度も見直しましたよ、でもね表示されなかったんだ。コメント欄の途中からね。
 このブログの載っているシステムのせいなのか意図的に削除したのかどうか判らないが、そんな脆弱あるいは意図的に削除される環境では、突っ込んだ話は無理だわ。ちょっと長い文章書いたら1日近く表示されなかったりするしなあ。
Posted by F4Phantom at 2008年11月07日 08:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。