2009年05月26日

妊娠させてしまった時の責任の取り方

今回の元スレはここだ。

「16歳の女の子が二か月も生理がないと母親に告げました……

母親はこれを聞いて驚き、薬局へ行き妊娠検査薬を買って確かめることにしました……

結果は本当に妊娠していました!

母親は泣き叫びながらこう聞きました、『いったいどこの大馬鹿野郎にこんなことされたの、正直に言いなさい!!』と。

女の子は仕方なく電話をかけました……

30分後、新車のフェラーリが女の子の家の前に急停車し、車内から出てきたのは全身をブランド物に固めた立派な中年のジェントルマンでした。

ジェントルマンは家に入ると女の子そして女の子の両親と向かい合ってソファーに座りました。

『お邪魔いたします!』と紳士は挨拶をした後、こう話し始めました、『お嬢様からさきほど聞きました、ただ私の家庭の事情で、お嬢様を妻として迎えることはできません。しかし責任はとらせていただきます!』

『こうしましょうか、もし生まれてきたのが女の子だったら、三つの店舗と、二つの家、海辺の別荘を一つと200万ドルが入っている口座を差し上げましょう。』

『もし男の子だったら、私の二つの会社を受け継いでもらい、200万ドルが入っている口座を差し上げましょう。』

『もし双子だったら、それぞれに一つずつ会社を受け継いでもらい、さらに100万ドルが入った口座をそれぞれに差し上げましょう。』

『もし不幸にも流産してしまったら……』

ここでずっと黙って話を聞いていた女の子の父親が、突如として立ち上がり、手を紳士の肩に力強く押し当てて言いました、『******』と。」
さて、父親は何と言ったのだろうか。ぜひ自分で考えていただきたい。





中国についてなにかを感じたら人気ブログランキング人気blogランキングをクリックして応援してほしい。多謝。

posted by 楼主 at 15:58 | Comment(11) | TrackBack(0) | お笑い
この記事へのコメント
「この子には妹がいるんだが」
「俺の嫁もどうかね?」
……系しか思いつかないです。
Posted by にょろ at 2009年05月26日 18:43
「あんたのフェラーリと200万ドルが入っている口座の両方をいただくことにする」
Posted by worldwalker at 2009年05月26日 20:31
”もう一度子供を作りなさい” かな?
Posted by trma at 2009年05月27日 00:11
「全財産寄こせ」だろ。
娘を傷物にしたのだからと言ってな。
Posted by F4Phantom at 2009年05月29日 05:19
「もういっぱつ」
Posted by 元NHK受信料集金人 at 2009年05月29日 22:21
「あなたもですか…」
Posted by saizwong at 2009年06月01日 00:07
「お父さん」
Posted by えんどこいち at 2009年06月03日 08:37
「おもてに停まっているフェラーリ…

            …わナンバーだな」。
Posted by 森本 at 2009年06月05日 00:35
「俺のも評判いいぞ!さぁ!」
とおもむろにズボンを下ろし後ろを向いた・・・。
Posted by k at 2009年06月09日 16:03
少なくとも子供が生まれたときの対価以上のものを示されたはず。

つまり、「意図的に流産=中絶させろ」あるいは
「流産したことにしてほしい」と暗に言っているのだ。

Posted by ちん★こちゃいな at 2009年06月14日 01:29
おお! 何と律儀な息子よ。
Posted by どん at 2009年08月07日 22:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。