2006年03月31日

若鳩の唐揚げ

鳩のどこが平和的なのか分からないが、一般に平和の象徴とされているようだ。もちろん中国料理では普通に食材として用いられる。下の写真は若鶏の唐揚げで、中国語では唐揚げに分類されないのだが、日本人にとっては唐揚げと表現した方が分かりやすいだろう。

ruge1.JPG

このスレではマジシャンのような技を繰り出すコックの芸当が紹介されていた。

「脅かさないでよ

ruge2.jpg
この写真は紹介したことがあるような気がする。

「2

ruge3.jpg

「3

ruge4.jpg

「4

ruge5.jpg

「5

ruge6.jpg

「6

ruge7.jpg
中国ではシシカバブと呼ばれる羊の串焼き、ありていにいって焼き鳥の羊バージョンが街中で良く売られている。↓がその写真だ。
ruge8.jpg
先日上海で抜き打ち調査が行われて、3割ほどが「猫科の肉」だと判明した。上海でさえこれが実情なのだから、北京やその他の地方都市ではさらにひどいのかもしれない。







中国についてなにかを感じたら人気ブログランキング人気blogランキングをクリックして応援してほしい。多謝。

posted by 楼主 at 10:58 | Comment(5) | TrackBack(0) | ゲテモノ
この記事へのコメント
食事中でした (´д`;)
Posted by 陽光燦爛的日子 a diary of worldwalker at 2006年03月31日 23:12
>3割ほどが「猫科の肉」だと判明した。

ということは、羊肉と猫肉が味で区別できないほど似ているということですか?
よ〜し、近所の野良猫つかまえて、今夜はジンギスカンだw
Posted by あqwせdrftgyふじこ at 2006年04月01日 13:59
食後1時間でした(^O^)
鶏もネズミもテカテカに焼いていますね。
焦げを付けない所が中国風?
私は炭火焼きで少し焦げたのが好みデス。
Posted by Hageちゃん at 2006年04月01日 21:45
worldwalkerさん、あなたほどの人なら食事中でも問題ないはずだ。

あqwせdrftgyふじこさん、道端で売られているシシカバブには香料がたっぷりかけられ、肉の味はあまりしない状態で提供されている。新疆系のレストランに行くとしっかり羊の味がしてうまいのだがのぅ。野良猫でジンギスカンをやるなら、香料を鬼の敵のように振り掛けてほしい。幸運を祈る。

Hageちゃんさん、おそらく肉があまりないので、焦げが付くほど火を通すと固くて喰えなくなるのかもしれん。日本で使われている炭の多くが中国からの輸入物だと聞いたことがあるが、気をつけていただきたい。
Posted by 楼主 at 2006年04月03日 22:00
気もい、もう加工品なんて食べない
Posted by むww at 2006年04月07日 21:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。