2010年09月24日

こんな腑抜けな政府に誰がした

グローバルスタンダードが身につかない日本
残念ながら、我が政府は尖閣諸島を守るために別のところで譲歩させられるのがオチだろう。
と書いたが、本当に残念なことにその通りとなった。

尖閣諸島沖での衝突事件、逮捕の中国人船長を釈放へ
 那覇地検は、処分保留で釈放する理由について、海保の巡視船に航行に支障が生じるほどの損傷が出ておらず、乗組員に負傷者もいないことなどを挙げたうえで「わが国国民への影響、今後の日中関係を考慮すると、これ以上身柄を拘束して捜査を継続することは相当ではない」と説明した。
中国共産党は日本にどれだけふっかけられるかという可能性を試し、日本はそれに屈した。つまり、今後も中国にやられっぱなしになることが決定した。

さて、ここでドイツ就職 雑記というブログから、JAL408便の中で思ったこと という記事を紹介する。
ドイツ人はとにかく無理な開発日程要求を平気でし、相手に不可能なら不可能と言わせながら論議を組み立てていく論法をします。
日本としては、できないことを単にできないと単純に言えばいいだけなのに、
それを理解しない日本の会社はその当たり前の返答をすることなく、
「相手がそれを承知で要求してきた」
と深読みするたいへん悪い癖があるのです。将棋をしているように考えていきます。

ドイツ側はそんな難しいことを考えながら聞いているのではなく、何にも考えずに単に確認するために聞いているためだけなのに。。。
なので日本側が承知した後は、ドイツ側はあとで、

「かれらはどういうわけかこっちのあの要求を承知してきた。
どう考えても承知するわけない日程をのんできたんだ。わけがわからんよあいつら。何を考えているんだいったい。彼らがあの要求日程を合わせるためにどうするかって?そんな私はしらない。私ならきっぱりと断るんだがね。
責任は彼らにあるんだから。われわれには責任がない。承知したほうが悪いんだ。」
つまり笑い話の種にされるのです。

あとでそれを知った日本人側はいわば被害者意識を持ってしまうほどに深い心の傷を受けてしまうケースがいかに多いことか。。。
『「NO」と言える日本』という本が話題になったのは20年ほど前のことだが、我々は未だに「NO」と言えない、相も変わらぬ世界の田舎者なのだ。

次にこのエントリーを読んでほしい。
ベトナムのビンズン省投資セミナーにでかけてきて、ちょうどいまやっているベトナムの省の投資誘致能力向上という点でとても参考になったんだが、一応これはビンズン省の投資誘致であり、特にその中のある工業団地開発業者の主催ではあり、したがって当然かれらの宣伝なので、聞く人はそれなりに割り引きながら話を聞くわけだ。
 ところが質疑応答に某総合商社の人が質問にたって「おたくの工業団地以外にビンズン省には27の工業団地があるというが、そのそれぞれの長所短所を説明してほしい。それとビンズン省以外の省について、ビンズン省と比較してどうなのか説明してくれ」。ちなみにベトナムには全部で65省かそこらあります。日本でいえば、千葉県成田工業団地の投資セミナーにきて「千葉県のほかの工業団地すべての概要を説明しろ、ついでに都道府県のそれぞれについて千葉県と比較してどうなのかを述べよ」と言ってるに等しい。
 そんなの質疑応答でいきなり答えられるわけないじゃーん。ビンズン省とこの工業団地の宣伝なのに、他の場所についてあれこれ宣伝したくもないでしょー。知ってても、数時間じゃすまないすごい要求だし、5百万円くれるなら、まあ来月末には報告書まとめてあげるけどぉ、というくらいの質問。来場者みんな目を白黒、壇上の回答者たちも顔を見合わせて苦笑で、特にいっしょにきていた弊社の女の子は大喜び。「聞きました、聞きました??!! 総合商社って、すっごいですねえ、ああいうの平気で質問できちゃうんですねー、体育会系っつーか、あのくらい面の皮が厚くないと商社ってつとまらないんでしょうかねえ、アハハハハ」とのこと。
 いや、つとまるとは思うけど、でも時々いるよなー、こういうお客さんって。自分の要求がどの程度の作業を伴うか一切考えることなく、無茶な要求平気でしてくる人って。ダメもとで、というんじゃなくて、そもそもダメかどうかも考えてないという。そしてその中でも、なぜそれが無茶かを説明するとおとなしく引き下がってくれる人と、「客のいうことが聞けないのか!」とかえって逆上するたちの悪い人とがいて……
世界を相手にしている商社の人は流石にグローバルスタンダードが分かっている。商社をバカにしているこの二人こそ、恥さらしの田舎者だ。

英語でも中国語でもいい、テレビでインタビュー番組を観てほしい。質問されたことに対して馬鹿正直に答える人などいない。質問された内容の中で、或いは質問とはかけ離れたところで、自分が言いたいことだけを長々と話すのが世界の常識なのだ。

上の商社の人の質問を、馬鹿正直に受け止めて、全て詳細に答える必要など全くない。件の工業団地のスポークスパーソンは、もう一度自分の工業団地の長所を強調するだけの話だ。それができないスポークスパーソンは別の仕事をしたほうがいい。

また、質問者が「自分の要求がどの程度の作業を伴うか一切考える」必要など全くない。あくまでも自分の要求を突きつけるだけでよい。要求が受け入れられるかどうかは、相手の問題だ。

さて、ドイツ就職 雑記の管理人はドイツ語ができず、英語もそれほど流暢ではないそうだ。一方、商社の人を馬鹿にした文章を書いた人は、英語がペラペラだそうだ。

外国語ができなくても世界で通用する人と、外国語ができても田舎臭い考え方しかできない人がいるということだろう。

最後に、こんな腑抜けな政府に誰がしたのだろうか。もちろん田舎っぺのあなたや我輩だ。




中国についてなにかを感じたら人気ブログランキング人気blogランキングをクリックして応援してほしい。多謝。

posted by 楼主 at 17:03 | Comment(15) | TrackBack(0) | 嗚呼日本
この記事へのコメント
あっちの方の奴らは本当バカばっか、そんで日本は腑抜けすぎ。日本国民て一人じゃなにも出来ないカスばっかだけど、そもそも国自体がそうなのな。
Posted by あ at 2010年09月25日 17:55
失礼します。
個人的に中国人出入り禁止にしようと思います。

国が戦えないなら個人で戦います。

中国人の客は最低なのでちょうどいい口実ができました。

Posted by うぃ at 2010年09月25日 19:53
外聞もあると思うが、この国には自分が泥を被ってでも守ろうとする奴がいなくなってる気がするわ。

この国は好きなんだけど、国の政治家の人たちは好きになれない人が多いわ。もう政治家は、その筋の専門家を選んだほうがいいんじゃないかな。
Posted by プロトン at 2010年09月26日 01:49
何故例えがドイツの場合なのですか?

ドイツ人は出来ないことを前提に議論を組み立てるのかもしれないですが、今回の相手は中国人、そして「出来ない」と言えば「出来る」と答えるまで追い込んでくる相手ですよね?

しかも国家経済のレベルであれば、自分も相手も損をするのに。
その違いに気づかないことがグローバルスタンダードを理解していない、というのであれば、そんなグローバルスタンダードはクソくらえです。

中国の場合も、日本に屈すると国家指導者としての、自分の立場が不味くなるので曲げられないだけなのでは?
チキンレースで国が損することになっても身を守りたい。
自己保身という意味では、中国の方が悪質だと思います。
Posted by い at 2010年09月26日 20:35
個人的な考えですが、そんなに欲しがっているのならば尖閣諸島などいっそ渡してしまえばよいと思っております。
それで解決するならいいんではないでしょうか。
Posted by マオ at 2010年09月26日 22:24
マオ氏> 尖閣を渡した先に、今度は沖縄を要求されたらどうします?
Posted by trma at 2010年09月27日 01:55
↑工作員様に愚問でしたw
Posted by trma at 2010年09月27日 01:57
今回の件で中国は全世界に野蛮国ということを露呈したわけだが、ある意味北朝鮮のやり方とおなじだ。
政治家や国民は日本の対応を批判するより中国の卑劣な対応を国を上げて抗議するべきだ。
デモをやってもおかしくない。
ナショナリズムを煽るな、とか大人の対応とか言ってるのは寂しい・・・
Posted by 4千年 at 2010年09月27日 12:02
いさん

せっかくリンクで紹介しているのだから、ぜひリンク先も読んでほしい。無理難題をふっかけるのは、ドイツや中国だけではなく、残念なことに世界の常識だということがわかるだろう。

>今回の相手は中国人、そして「出来ない」と言えば「出来る」と答えるまで追い込んでくる相手ですよね?

全く同意できない。そう判断した根拠は何だろう。

彼らは犬と同じで、こちらが逃げれば図に乗って追いかけてくるのだ。以前書いたことを引っ張る。

『さて、中国圏に長く暮らしている人なら「得寸進尺」という言葉に凝縮された漢人の性格に嫌気がさしていることだろうと思う。これは「寸を得て尺進む」ということで、少しでも隙を与えると、そこに入り込んできて勢力を伸ばすということだ。これはもう個人レベルから国家レベルまで浸透している。』

件の船長を返したことが「寸を得て」という部分にあたる。これから「尺進む」という部分を展開してくるだろう。例えば賠償請求するだとか、不法侵入しつつ護衛船を派遣するなどだ。

>自己保身という意味では、中国の方が悪質だと思います。

中国の方が悪質だからどうしたというのだろう。中国ほど悪質ではないから、と安心するのだろうか。全くレベルの低い話だ。

4千年さん

>今回の件で中国は全世界に野蛮国ということを露呈した

中国はこれまでにも野蛮国であることを露呈してきた。今回の件はほんの一例に過ぎない。

しかし、そもそも国際社会というのは野蛮国の集まりなのだ。喧嘩が強い国がやりたい放題やっているのが国際社会だ。したがって、中国の行為は何のお咎めも受けない。

最後に、一昨日の夜に上海のある街角で目にした場面を紹介しよう。登場人物はAとBの二人で、Bはペットボトル入りの飲み物を手にしている。

A:オレが飲まないって言ったら飲まないんだよ。ちょっと見るだけだから。
B:(苦笑いしつつ飲み物をAに渡す)
A:(手に取るとすかさず)ちょっと味見するだけだから。(と言って勝手に飲み始める)

もちろん中国ではAが仲間内から批判されることはなく、ましてや村八分にされることもない。これは国際社会の縮図だ。
Posted by 楼主 at 2010年09月27日 13:42
マオはつりか?
それともバカなの?(笑)


| 釣れますか?                ,
\                         ,/ヽ
   ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         ,/   ヽ
   ∧_∧          ∧∧  ,/         ヽ
  ( ´∀`)         (゚Д゚,,),/            ヽ
  (    )      (|  つ@               ヽ
  | | |   ___ 〜|  |                ヽ
  (__)_) |――|.  ∪∪                     ヽ
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                 ヽ
  /⌒\/⌒\/⌒\/⌒\|彡~゚ ゜~ ~。゜ ~ ~ ~ ~~ ~ ~~ ~ ~~ ~~ ~~
  ⌒\/⌒\/⌒\/⌒\/⌒\彡 〜 〜〜 〜〜 〜〜 〜 〜
Posted by worldwalker  at 2010年09月27日 22:13
楼主さん

手厳しいですね。たしかに、国際社会は駆け引きがあって当たり前ですが、行きすぎた要求は軋轢しか生まないと思います。
確かに、今の中国は経済的な発展が著しく、昔の日本のような異常な発展のスピードを見せています。しかし、それにモラル等の文化的な面が追いついて来ていないように思えます。
発展している今はいいでしょうが、もし、今後中国の経済状況が一気に崩れることが合った時、率先して助けなければと感じる国がどれだけあるでしょうか。

村八分にならずとも、友人がいるかは別問題だと思います。それに、ころころ意見を変え、嘘を日ごろからつく人を自分は余り友人にはしたいとは思いませんね^^
Posted by プロトン at 2010年09月29日 03:46
まあ、楼主の言うとおり今回の件は中国を調子付かせてしまったな。民主党の阿呆共のお陰でかなり困った事態になりそうだ。
日本としては、
1 対中国についての認識を改めること。
2 軍事力の整備
3 中国からの資本の退避
4 中国と対立する国との連携
が必要だね。

あと、物資の流通についても中国を回避しないといけない。一部の貨物が中国の港で動かなくなって損害が発生しているとの話がある。
Posted by F4Phantom at 2010年10月01日 06:26
確かに中国資本の撤退は行うべき内容だと思います。むしろ、ここまで成長している国が、発展途上国をうたっている事が自分には理解できません。国際援助を受ける側から与える側になったはずです。
相手を批判するならば、それに対する対応というものも求められると思います。

中国と日本、文化的に本当に成長したと思えるのは、いつになるのでしょう。。。
Posted by プロトン at 2010年10月04日 21:21
ばかにされ過ぎだろう…いい加減気付けよ日本人…
鎖国じゃあ〜〜〜 〜
Posted by 桜花 at 2010年10月17日 01:07
本当に真実をありがとうですね!

中国が100%ぶつかったとしかいいようがない。なにぶつかって­るば〜

ばかやっし。

けんかでも売ってるの??

中国人くそや〜!死ねよマジで。

この世から消え去れカスが。やっていいことと悪いことがあるだろ­!!

それも分からんとか脳がおかしいな。病院でも行ったら??
Posted by 一 at 2010年11月06日 17:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/163631297
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。