2006年06月07日

日本の友人はどんな食べ物が好きかな

元スレはここだ。

「子供のころは私も日本の友人も三黄鶏が好きだったんだけど、今はあまり好きじゃなくなったみたいなんだ。グルメの皆さん、どこに連れて行ったらいいかな?和食がいいかなそれとも中華がいいかな?」
三黄鶏というのは読んで字の如く三つの黄色の鶏という意味で、この鶏はくちばしも皮も足も黄色だ。ただし白斬鶏という料理を指すこともあり、ここでは料理のことを指している。↓が白斬鶏だ。
sanhuangji.jpg

「北京ダックがお勧め~全聚徳がいいよ」
全聚徳というのは北京ダックの老舗で、上海にも支店がある。ただし北京の地元の人は全聚徳を好まない人が多い。知名度は超一流だが、味はそうでもないというのがその理由だ。

「ショーロンポー~湯団~」
湯団というのは読んで字の如くお湯の団子で湯圓ともいう。
tangtuan28203.jpg


「和食なら上井がいいかもね、食べ放題で168元、料理もなかなかで、おいしいよ」
食べ放題は止めておいた方がいいぞ。

「北京で全聚徳に行ったんだけど、期待してたほどおいしくはなかったよ」
味がわかっておるな。

「ザリガニだよ

他のスレを見たら ザリガニって日本人が中国にもってきたものらしいよ」

「生煎マントウ、鶏かアヒルの血のスープ」
生煎マントウというのは肉まんを小さくして焼いたようなものだ。血のスープは喜ばれないような気がするぞ。
shengjianmantou2992.jpg


反日グループの傾向というすばらしいスレッドを紹介したことがあるが、上海オンラインの掲示板は上海人が集まる掲示板で、日本という文字に条件反射で反日の書き込みをする人が少ない。今回のスレッドが全国的な掲示板あるいは他の都市の掲示板に登場したら、まともな書き込みが登場する前に反日の内容で埋まってしまうことだろう。







中国についてなにかを感じたら人気ブログランキング人気blogランキングをクリックして応援してほしい。多謝。

posted by 楼主 at 12:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 美食
この記事へのコメント
北京の全聚徳、結構美味しかったというイメージがある…
Posted by at 2006年06月07日 17:35
確かに味はそうでもない。北京の全聚徳で撮りました。

http://photos.yahoo.co.jp/ph/worldwalker6/vwp?.dir=/ed83&.dnm=c0f8.jpg&.src=ph&.view=t&.hires=t
Posted by worldwalker at 2006年06月11日 01:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。