2006年06月13日

世界に追いつけない日本サッカー

倒されてもアピールしない。

倒したあとのなにもしてないよというアピールがない。

リードしてるときの時間つぶしの方法をまったくしらない。

ドーハの悲劇は歴史の彼方、走らないサッカーは最低。

最大の敗因は柳澤を小野に換えたこと。柳澤を小野に換えるなら、ついでに高原も下げて全員で守った方がまだマシ。柳澤の怪我を心配したなら、別のフォワードを入れるべき。




中国についてなにかを感じたら人気ブログランキング人気blogランキングをクリックして応援してほしい。多謝。

posted by 楼主 at 00:08 | Comment(6) | TrackBack(0) | 嗚呼日本
この記事へのコメント
び、びっくりしたぁ!
中国人が掲示板でそんな的確な批評をしていたのかと思った。一瞬世界の終わりが見えた気がしましたよ。
Posted by at 2006年06月13日 01:11
一言。


あほな戦術や(怒り心頭)!!
Posted by at 2006年06月13日 06:47
みせばなかった日本。
ドイツでキムチ調達の報道に???
これからに期待します。
Posted by 残念 at 2006年06月13日 11:02
キムチはいらんやろ。納豆でOK。
Posted by worldwalker at 2006年06月13日 12:31
オーストラリアの選手は倒れた後まで視線をボールから外さなかったけど、日本の選手は転んだらボールは見ずにひっくり返ってたように見えました。ボールへの執念が違うのかしら?
Posted by K at 2006年06月13日 13:40
ジャイアンとのび太君が戦っているようでつらかったです。。。
Posted by Hageちゃん at 2006年06月13日 20:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。