2006年06月13日

日本のサッカーは落ち目だね

漢人が日本対オーストラリアの試合をどうみたかチェックしてみたが、クソ日本ざまあ見ろという内容がほとんどだった。中にはこの程度の技術じゃ情けないぞという書き込みもあったが、13億の人口を誇り、子供のころから半分プロ状態で練習してるくせに、できることといえばワールドカップ直前の練習試合でフランス選手に怪我をさせてワールドカップ出場不可能にすることぐらいの中国にそんなことは言われたくない。

ちなみに怪我をさせた件について「あれは絶対韓国から賄賂をもらってるね」という意見があったのには大笑いした。皆さんもご存知の通り、フランスと韓国は同じグループに入っているので、フランスの戦力を弱めることはつまり韓国の戦力を相対的に強めるという意味での発言だ。FIFAの十大ミスジャッジに2002年の大会だけで4つも韓国戦が入っているという話を聞いたことがあるが、この噂はさすがに御伽噺だろう。

さて、日本サッカーチームの悪口をいう書き込みが並ぶ中に、「日本は落ち目だね」という意見があった。これについては感慨深いものがある。というのも…

ジーコは新しい世代の力を開拓することなく、トルシエ時代の選手をほぼそのまま使っているので、極端に言うと、未来を捨てて今大会にかけている部分が大きい。次回の大会には世代交代に悩まされることだろう。もちろん現メンバーからも次期大会に出場する選手は複数いるだろう(ヒデも出場するかもしれない)が、しかし現時点でさえ体力が試合の最後まで続かないのだから、4年後には90分グラウンドに立っているのさえ難しくなることが予想される。そして若い世代にはワールドカップの経験がない。つまりは世代の断層ができることだろう。この意味で「日本は落ち目だね」というのは非常に不気味な一言だ。

突然だが、プロボクシングの階級を見たことがおありだろうか。プロボクシングの階級はもちろん体重によって区分けされていて、ほとんどの日本人ボクサーが参戦している階級では、1キロちょっとで別の階級になってしまう。体重というのはそれほどまでに与えたり与えられたりするダメージに影響を持つのだ。

ここで日本とオーストラリアの平均体重を見てみよう。日本のそれが74キロに対して、オーストラリアのそれは80.6キロだ。プロボクシングの階級で言えば、日本がスーパーミドル級で、オーストラリアはその上のライトヘビー級を跳び越してジュニアヘビー級だ。

サッカーは格闘技ではないが、例えばバレーボールやバドミントンと違い、接触プレーがある。体重的に劣る日本選手は力負けして倒される場面が多くなるのは当然の結果だ。そして倒される際にダメージを受けるが、ダメージを受けるというのはつまり体力の消耗なのだ。二階級上の相手からのダメージがどれほど大きいかは、想像するだけで寒気がしてくる。

仮に持久走での体力が同じだったとすると、サッカーの試合における持久力とでいえば、日本はかなり見劣りがするということだ。

今回の試合でも、日本の選手は最後には足が上がらなくなり、そこら辺の小学生にも負けそうなほどゆったりとしたスピードで歩いて走っていたが、走ることができないのではそもそもサッカーにならない。


さてオーストラリアの友人と賭けていた1000元の勝負に負けた悔しさにかまけて、うだうだと書いてみた。ふと思ったのだが、このチームに小野という選手はそもそも必要なさそうなのに、ジーコはどういうつもりで彼をこのチームに入れたのだろうか。よくわからない。




中国についてなにかを感じたら人気ブログランキング人気blogランキングをクリックして応援してほしい。多謝。

posted by 楼主 at 12:32 | Comment(8) | TrackBack(0) | 嗚呼日本
この記事へのコメント
小野も大黒ももっと早く使っていれば結果は違っていたかもしれません。
Posted by worldwalker at 2006年06月13日 12:58
中田が走れなくては意味が無いって、しつこく言ってましたよね。
Posted by K at 2006年06月13日 13:36
ごっつあんゴールのみで全然だめでしたねー。
Posted by akiti at 2006年06月13日 18:23
日本もまだまだってことですか。
ガックシ。
せめて良い試合をしていれば、こんなにヘコまないですんだんですが・・・。
Posted by さとー at 2006年06月14日 00:19
いつも楽しみに読んでます。
一点だけ。
バレーボールは確かに接触はないですが、身長で日本は世界の強豪相手に圧倒的に不利に立たされています。
 女子でいえば、アテネ五輪金の中国、銀のロシアは190cm台がゴロゴロいて、ロシアには2m超もいる。リベロですら180cm台。
 翻って日本は、以前よりかなり高くなりましたが、大山の187cmが現時点で最長身。平均で10〜20cmの差があります。
 ダメージを負っても、それを乗り越えて走り続ける持続力があれば何とかできるサッカーより、絶望的な状況とえるのかも知れません。
Posted by たぬき at 2006年06月14日 00:26
体重云々のお話が出ていますが、ラグビーファンの端くれとして言わせていただければ、サッカーの体重差なんて正直どうということないんじゃない?って感じです(笑)。中田だって中村だって、あの小さな身体で欧州で現に頑張っている訳なんだし・・。

それにしても、韓国にせよ中国にせよ、同じアジアの国が負けてなにがそんなに嬉しいのだろうか?。私自身、韓国に勝って欲しい等とは思わないけど、彼らが仮に負けても別に嬉しくないし(日本にはそもそも関係ない)・・。寧ろ、W杯のアジア枠のことを考えれば、アジアから出場の代表チームの戦績が軒並み悪いと枠が減っちゃう可能性が高いんだから、日本の敗北を喜んでも何の得にもならんことぐらい考えろよ−>中国人。日韓W杯でアジア枠が広がってラクに本大会出場を決めてしまったことで、そういう発想が希薄なのかも・・。
Posted by 雷電 at 2006年06月14日 00:57
中国(中共)は本当に駄目駄目ですな。

これが同じ漢民族でも、香港とか台湾とかシンガポールなどならば「日本ガンバレ!」レスが多くなると思います。(事実、WBCの時もそうだった。嬉しかった!特に台湾などは、特集組んだり。)

これは、漢民族がどうのとか中華民族がどうのとかいう問題ではなく、『『『キチガイ(中共)』』』に刃物(金)を持たせてしまった、日本を含めた国際社会の責任でしょうね。

心のそこから、中国政府が憎いですよ。私に力があれば、明日にでもぶち壊してやりたいぐらいです(怒)!そんな事を企んだら共謀罪にひっかかりそうなので、仕方なく止めておきますが。
Posted by 中共は死んでほしいな(マジ) at 2006年06月14日 07:01
オレは日中友好目的で、中国の掲示板に友好的なコメントを書き込んだりもしていましたがね、もう止めますわ。効き目が全然ないんで。

それで確信した事が一つあります、



    『日中友好は徒労に終わる』



中共はネットにも規制をかけてるし、外の情報は入りにくくなってきている。何をしても無駄だ。中国政府はできるだけ早めに自爆しろ。
Posted by 中共は死んでほしいな(マジ)2 at 2006年06月14日 07:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。