2006年06月23日

日本文化とサッカー

オーストラリア戦が終わったあと、カズが日本にはリードしたまま勝ち逃げをするような文化がないから、一朝一夕にはどうしようもないという内容の発言をしていたそうだ。さすがはカズ、サッカーという枠を超えて外から大きな視点でサッカーを見ている。日本代表チームは、ドーハの悲劇,オーストラリア戦,ブラジル戦とリードを守れずに泣きを見た。

よく知られているように、日本は千年以上も中国の背中を追い続けたあと、いわゆる列強の真似事をし始め、ここ数十年間はアメリカの尻にくっついている。サッカーに限っても、ヨーロッパスタイルを真似してみたり、南米スタイルを模倣してみたりしている。

つまり他人の後追いをしているのが日本の文化で、後追いをしている状態でこそ平常心を保つことができる。他人の前に立ち、それを引っ張っていくような状態にはどこか不安を感じる。サッカーで言えば、一点差で負けているときにこそ優良なパフォーマンスが出やすく、リードしたまま試合を続けるときにはぎこちなさが現れるということだ。

別の角度から言うと、試合前に自分が有利だと判断している時は、たいていよくない試合結果になり、試合前に自分が相手よりちょっと劣っていると考えるときには、そこそこがんばれるのが日本チームだ。ワールドカップ前の対マルタ戦と対ドイツ戦が正にその実例だ。

こう見てくるとキャプテンを務めてきた宮本の「(世界の)トップ10なのか、そのすぐ後ろに食い込める力はあると思う」という言葉にはがっかりせざるを得ない。ヒデの「まだまだ自分たちの力が足りなかったことをを実感した大会だった」という言葉と比べてほしい。宮本のような心の置き方だと、日本チームは勝てないのだ。ましてやキャプテンがそのような考えでは最悪だ。

日本チームのキャプテンを務めるべき人はヒデしかいない(代役は川口)。彼をキャプテンにしなかったのはジーコの失策の一つだ。

この理由を日本文化から述べよう。

日本にはプラス面から言うと「おもいやり」の文化が、マイナス面から言うと「他人の目を気にする」文化がある。

ブラジル戦でキャプテンを務めることになった中沢が、自分は普段からチームメイトの様子をじっくり見ているからキャプテンを十分務めることができるという内容の発言をしていた。しかしそんなことは日本で育った人なら多かれ少なかれやっていることで、日本チームにとってはことさら必要な要素ではない。日本チームに欠けているのは前に立ってチームを引っ張っていける人物であり、それがヒデなのだ。中沢のような選手は、自分勝手な文化の中にある中国チームでこそ、気配りができるキャプテンとして活躍できるだろう。

ジーコはブラジルという異文化圏からやって来たのに、日本の文化が見えていなかったようだ。異文化圏からやってきたジーコは一般の日本人よりも、日本の特徴を感じることができる立場にあったにもかかわらず、である。人間としての限界なのだろう。

さて、こうみてくると「トルシエ監督は組織的なヨーロッパのサッカー、ジーコ監督は個性を重視した南米のサッカーで両方ともダメだった。これからは日本独自のサッカーを作っていってほしい」という元日本代表の武田修宏の言葉が全く的外れだとわかるだろう。そんなものは作れるわけがない。

四年後だが、ヒデにはまだまだがんばってもらう必要がある。そして中村がもつ独特のリズムをチームにうまく生かせるかもポイントになる。ブラジル戦で露見したのが日本選手のボールトラップの下手さで、少し強めのパスをやわらかく止めることがほとんどできなかった。若い選手にはブラジル選手のトラップを見習ってほしい。がんばれ日本!




中国についてなにかを感じたら人気ブログランキング人気blogランキングをクリックして応援してほしい。多謝。

posted by 楼主 at 13:07 | Comment(3) | TrackBack(0) | 嗚呼日本
この記事へのコメント
桜主さんの仰るとおり。
中田選手に一番同情した。
誤魔化さずに現実を見て欲しい。
Posted by K at 2006年06月24日 00:28
これまでの日本の団体競技を見る限り、やはり日本には日本独自のやり方が向いていると思う。野球も東洋の魔女と言われた頃の女子バレーも、運動能力や個人の才能に頼るだけではない戦術を有していたのではないだろうか。
サッカーも南米式よりは欧州式をベースに日本独自の方法を目指す方が向いていると感じる。
Posted by zap at 2006年06月24日 18:29
カズとゴンが出ていたらもっと点が取れたかもしれません。
Posted by worldwalker (・∀・) at 2006年06月27日 02:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/19716747
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。