2006年08月09日

南京に行ってきたよ

元スレはここだ。

「南京にはたくさんの歴史の名所があるから、いろいろ感じることができるよね...............まずは一枚中山陵から

nanjingguilai1.jpg
中山というのは孫文のことだ。陵というのはお偉いさんのお墓だ。この中山が日本人の姓から来てることを話しても漢人はたいてい信じない。また、彼が人生の最も大切な時期を日本で過ごし、日本から革命の資金も調達したことを知っている漢人はほとんどいない。
「もう一枚中山陵から

nanjingguilai2.jpg

「中山陵

nanjingguilai3.jpg

「中山陵の博愛牌

nanjingguilai4.jpg

「迎賓樹(楼主注:白樺だろうか)

nanjingguilai5.jpg

「昔日本人に一部爆破された中華門.........

nanjingguilai6.jpg

「総統府の正門

nanjingguilai7.jpg

「秦淮の夜は昔ながら、踊り子たちは亡国の恨みを知ってるか!!!!

nanjingguilai8.jpg
なんだかワケが分からない文になってしまったが、後半部分はむりやり杜牧の詩をもってきたためにこのような訳になってしまった。秦淮河はその昔、ナイトクラブのメッカとして有名で、この発音を聞くだけでそこに思いが馳せるのが普通だ。杜牧は本当は踊り子たちを批判したのではなく、そこでうつつを抜かしている人たちを批判したのだが、それはもうどうでもいい。

「南京の有名な場所は商売商売してていやな感じだよ、孔子の銅像のそばで売ってるのは偽者の論語だし、孔子廟の外は客引きの女ばっかり、それに二人の死人の墓を見るだけで、100元ちかくもするんだよね」







中国についてなにかを感じたら人気ブログランキング人気blogランキングをクリックして応援してほしい。多謝。

posted by 楼主 at 21:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他の地域
この記事へのコメント
南京虐殺が”本当に”あったのなら、その霊を鎮めたり遺族がお参りできる廟・施設は無いのでしょうか?

>彼が人生の最も大切な時期を日本で過ごし、日本から革命の資金も調達したことを知っている漢人はほとんどいない。

そういうことを教えて行くことが他国との関係を良くする秘訣だと思うのですが、「メンツが立たない」の一言でかき消されてしまうのでしょうか。

愛ちゃんを泣かせたインタビュアーも「愛ちゃんが中国に勝つとメンツが立たない」って言ってましたけど、「強い選手を中国が育てたんだぞ!」「愛ちゃんよくやった!」という誇り・広い心にならないのがどうしてもわかりません。


Posted by Hageちゃん at 2006年08月11日 10:02
そのような懐の深さがあれば今頃日本は日本省ですよ。
Posted by 金珍宝 at 2006年08月12日 20:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。