2006年11月27日

医者への袖の下

Hageちゃんさん、我輩はタダで使えるavast! 4 HomeSpybot-S&Dを使っているが、警告が出るのは中国のサイトが多い。
中国ってサービス(冷房)が増えるとちゃんとその 料金を要求する社会なんですね。
漢人はお金に関しては非常に敏感だ。知り合いの家に泊まった次の日の朝、階下でおばさんたちが騒いでいるのでなにごとかと聞いてみると、2.4元だった卵の値段を2.3元にまけるかまけないかの攻防であった。2.1元を2元にというならわかるが、2.4元を2.3元というのはいくらなんでも無理がある。

Kさん
どちらにしても中国製の化粧品はかなりの濃度の水銀が入ってますからぁ〜
そんな秘密があったとは。水銀はコスト削減になるほど安い物質なのだろうか。

さて、今回の元スレはここだ。

「医者が袖の下をもらってるけど、あげた人いる?

私が知る限りでは、手術をした人100人のうち、98人が袖の下を渡してるんだよね。
あなたはどうですか?
あげないといやな顔されるかな?????」
「父が入院したとき、てんやわんやで袖の下にまで考えが回らなくて
手術のとき、麻酔担当の人がなんだか麻酔には危険性が付きまとうとか何とかグダグダ言ってたんだけど
それが袖の下を要求してるって気づかなくて
手術後に父が本当に辛そうにしてたんだ
もう」

「今は部隊病院以外は、
基本的に袖の下が必要だよ、」

「下に住んでる3歳の坊やがおチンチンを手術したよ。料金は1000元
袖の下が800」

「FUCK!この社会は、どんどん醜くなってるよ」

「ほんとだよ!周りの人はみんなお礼をあげてるんだよ!!!クソ医者どもが!モラルがないのかよ!」

「大声じゃいえないけど、おととしお隣さんが交通事故で手術したんだけどそれが部隊病院で、医者はやっぱりお礼を受け取ってたよ、いくらかは忘れたけど、何人にもお礼をして、4桁だったのはまちがいないよ」







中国についてなにかを感じたら人気ブログランキング人気blogランキングをクリックして応援してほしい。多謝。

posted by 楼主 at 20:39 | Comment(3) | TrackBack(0) | 健康が一番
この記事へのコメント
>中国製の化粧品
>水銀はコスト削減
水銀は一時的に肌を白くするらしく、美白商品では基準の何万倍だったりだそうです。
ttp://fukushimak.iza.ne.jp/blog/entry/73007/

中国とじゃ規模も頻度も違うでしょうけど、医者の袖の下って日本でも結構聞きますよね。
まぁ『くれるんなら有難く…』くらいのことで、出さなかったからって被害が出るようなことは無いでしょうけど。
Posted by K at 2006年11月28日 09:36
Kさんの水銀の話、為になりました。
田舎に引っ越してから、日焼け止めとリップクリームですごす事がほとんどなので疎くなっていました。
それでも少々持っているファンデーションと口紅(古くなっている方がもっと問題かも・・・汗)も怖くなります。
最近テレビで見たリフティング化粧液?(上の方にマッサージするとたるみが解消する)にちょっと心を動かされていたので、びくっ!です。
もっと調べてから買おう。。。

派遣社員をやっていたとき、1週間だけ耳鼻科のカルテ受け渡しの仕事が舞い込みました。
おばあちゃんが「先生に渡して」ってポケットに1万円札ねじ込まれた時はびっくりしました。
もちろんお返ししましたが、贈答品は頂いてしまうのかな?おやつにいろいろ頂いた思い出があります。
耳鼻科でさえこうなのだから、重篤な病気の時はお礼とか皆さんしているのかしら?
治療費だけでも大変なのに、お医者様にはそれによって不公平がないようにお願いしたいですね。
Posted by Hageちゃん at 2006年11月28日 17:58
袖の下どころではない記事を見つけました。
患者の遺棄なんて、もう驚愕です。
ttp://banmakoto.air-nifty.com/blues/2006/11/post_2a63.html#comments
Posted by K at 2006年11月29日 11:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。