2007年01月22日

日本語は発音が気持ちいいよね

元スレはここだ。たまには我々に肯定的なスレッドを紹介しないと、漢人は100%アホだと思われてしまわれては困るという、我輩の優しい心遣いだ。

さて、ここでミニ中国語口座だ。中国語の表現方法として「好+(動詞)」というのがある。複数の意味があるのだが、ここでは最も有名だとおもわれる「好吃」スタイルを教授しよう。「好吃」の「吃」は「食べる」という意味の現代中国語で、「食べるのに好い」つまり「おいしい」と言う意味だ。そして今回のスレッドにたびたび登場するのが「好聴」で、「聴くのに好い」つまり「聴き心地が好い」と言うような意味になる。「好聴」は日本語に単語レベルで訳せない厄介な中国語で、その場その場で意訳しなければならないので少々面倒だ。

「日本語って聞くだけで最高!」
「その通り!!」

「うん 例えば 未来 って発音はすごくいいよね~~~」

「もちろん!上海にはすごくたくさん『日本語の発音フェチ』がいて そういう自分も日本語が大好き」

「ほんと気持ちいいよね」

「確かにそれは言える
事実は否定できないよ
私たちはクソ日本みたいに歴史を否定するようなことはしちゃいけないよ」
歴史を否定しているのはむしろ中国なのだが。

「発音は心地いいけど 勉強するのは難しいね」

「日本語がどうしたの?漢語の変形バージョンでしょ?
聴いた感じも大してよくないし、ちょっと荒っぽく聴こえるよ(正直な感想、政治とは関係なしで)」
日本語と漢語つまりいわゆる中国語はあまり関係のない言葉なのだが、時々このようなマヌケな意見が提出される。

「日本語の『台詞言葉』(テレビとか映画とかアニメとかの会話)はそうだけど、普段の会話を聞くとなんか変な感じ。」

「母音調和を大切にする言葉、例えば日本語、スペイン語は音楽感が強いよね」
日本語における母音調和はそれほど目立ったものではないのだが、そんなことまでよく知っているものだ。

「みんな中国語が最高だって思わないの?まだ目が覚めないの?日本がまたいつか9.18をやりだしたらそのときはもう遅いんだよ~~~!!!マジで」
9.18というのは盧溝橋事件のことだ。こういうバカどもは、神風と言う言葉がどこから生まれたのかも知らないことが多い。





中国についてなにかを感じたら人気ブログランキング人気blogランキングをクリックして応援してほしい。多謝。

posted by 楼主 at 20:32 | Comment(4) | TrackBack(0) | 嗚呼日本
この記事へのコメント
これ、同じようなことを知り合いの韓国人も言ってたな。
日本語は聞いた感じが可愛いらしい。
私が思う不好聴な言語は韓国語と広東語!
Posted by 足長おじさん at 2007年01月23日 01:23
>「日本語って聞くだけで最高!」「その通り!!」
非難の嵐かと思ったら…。びっくりしました。
浴衣のスレとは随分違いますね。
コマーシャルで聞く中国語の歌はキレイだと思いますけど、あれは上海の言葉なんでしょうか?
韓国語は確かにきつく聞こえます。
Posted by K at 2007年01月23日 09:55
 中国人同士の会話は声がでかいせいであまり耳に心地よくありませんが、中国語の歌は耳に心地よいですよね。

うーん。韓国語は私もあまり好きではないなあ。個人的な感情がジャマしている可能性もあるにはあるんだけど。言葉では表現しにくいんだけど、にごっててやわらかくない感じ?ネチズンって単語とか語感がサイテーだと思う。

 でも外国人って日本語と韓国語の区別つくのかなあ。中国語は街中で聞くとすぐわかるんだけど、少し離れたところで聞く場合韓国語は時々日本語と間違えたりするんですよね。私の場合。よく聞くと韓国語だったみたいな。どちらの言語もあまり抑揚がないからかな?

 最近は札幌にも特ア+台湾の観光客が多くて良く耳にします。
Posted by kurochan at 2007年01月23日 12:31
日本語の母音の少なさは、日本語ネイティブ特有の脳みそ使用法しているとか。
Posted by 蛞蝓 at 2007年01月23日 14:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/31911748
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。