2007年01月27日

日本人が言う友好って?

元スレはここだ。

「日本人が言う友好

特別な意味はないんだけど、日本人が私たち中国になにか友好的なことをしてくれたのか知りたいんだけど??もしくはなにかを表明したとか?
偽善、それとも本気??なんでもいいんだ!
いくら考えても、なにも頭に浮かんでこないんだよね。
みんな聞いたことある?」
我が国のODAが失敗だったことがよくわかる。中国共産党は様々な場所に我が国からのお金が使われていることをできるだけ隠しているのだ。反日の国にお金を出すよりも、税金を減らすなり、国内にもっとお金を使えばいいのだ。この反日の国は宇宙関連の技術に関しては我が国よりもずっと先を行っているし、我が国からの援助を恥知らずにも受け取っているくせに、外国に援助しているし、もちろん武器も輸出している。
「環境保護とか、植樹とかやってるみたいだよ。
でも黄砂が日本に行かないようにっていうのが理由だけどね」

annchuan2007_116962144470056.jpg

「中国はほとんど黄色なんだよね」

「そんな写真は隠しておいたほうがいいのに...見せびらかすなんて....」

スレ主
「現実に目を向けようよ!!」

「あと低利の借款かな」

スレ主
「ありがとう」

「日本の中国に対する最大の貢献は:中国は長期的な、無料の敵をもつことができたってこと!
外に敵がいなかったら、内に揉め事が起こるんだよ!!!」
中国共産党の立場がよくわかっているようだ。ただし、ここでちょっと触れたが、2007年に中国共産党は我が国に友好的な態度をとってくるはずだ。そのときに中国国内の世論とどう折り合いを付けていくかに悩むことになる。自分でまいた種だ、我が国に泣きつくな。





中国についてなにかを感じたら人気ブログランキング人気blogランキングをクリックして応援してほしい。多謝。

posted by 楼主 at 13:11 | Comment(8) | TrackBack(0) | 嗚呼日本
この記事へのコメント
ホント、無駄な友好はやめた方がいい。日本のお金や技術、ジャンジャン流れてるように思うがアチラの方は知らない。
そのぶん、全て明らかになった時が怖いですよね。
Posted by まり at 2007年01月27日 16:02
>日本人が私たち中国になにか友好的なことをしてくれたのか

 中国政府の意図的な情報操作で日本のODAや民間の援助の実績を一般市民が知らないのは、まあ当然かも知れないけど、ちょっと想像力を働かせれば日本(や欧米諸国)が中国にもたらしたプラスの側面なぞいくらでもあげられると思うけど。中国人は本気で現在の経済成長や技術向上が自分達の潜在能力だけで達成できたと考えているのかな。

>外に敵がいなかったら、内に揉め事が起こるんだよ
一応「歴史はくりかえす」ってのをわかっているのね。

 それにしても中国の国土の黄色っぷりよりも、南朝鮮の国土の黄色っぷりの方がおどろいた。北朝鮮よりもさらに黄色くない?
Posted by kurochan at 2007年01月27日 16:29
アレ関連は正直半信半疑で傍観していたので。
Posted by 蛞蝓 at 2007年01月27日 21:36
最近は日本からのODAが中国から他国へのODAに流れてるとか、軍備増強に使われてるとか、いろいろ聞くので不安です。
Posted by K at 2007年01月28日 10:36
>日本人が私たち中国になにか友好的なことをしてくれたのか

基本的に中国も南北朝鮮も、「他人から何かをしてもらう」のが当然の姿勢なんですね。そういう体質が恥ではない国民性ってことか。
Posted by kurochan at 2007年01月28日 16:30
>kurochanさん
あちらさんは"他人から何かをしてもらう"ではなく"してやらせる"=仕事を与えているなので、恥どころか名誉なことなのです

仕事が成功すればしたり顔で利益丸取り、失敗すれば余計なことをしたな!とひっぱたく
主人と奴隷そのままw
Posted by a at 2007年01月28日 21:16
>恥どころか名誉なことなのです
>仕事が成功すればしたり顔で利益丸取り、失敗すれば余計なことをしたな!とひっぱたく

なるほど。納得です。
どちらの価値観が正しいか間違っているかではなく、
そういう中国人の価値観を日本人が理解したうえで、
どう日本人が行動できるかが重要ですね。
といっても現時点では中国政府に利用されまくりの様ですが・・・
Posted by kurochan at 2007年01月28日 21:56
シンセンの就職難を解消する為に、市民にカルチャー教室を開いてはどうでしょうか。
Posted by 恩々蘭々 at 2007年02月11日 11:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。