2005年05月16日

誰の責任?

共産圏には言論の自由どころか、共産党への批判さえできないことは誰もが知っている。しかしそれをどうやって裏手から表現するか、というところに面白みがある。今回の元スレはここだ。中国語ができない人は下を読みなさい。下を見る前に人気blogランキングをクリックしてくれるとうれしいぞ。

タイトル:誰が歴史の罪を背負う!?
誰が中国を世界のゴミ製造工場にしてしまったの?

このスレがあったのは環境保護を話し合う掲示板だ。

責任!!

はっきり言う価値があるね。

じゃ言いなさい。

子供でも知ってることだよ。ただ言えないけどね。民衆の口を塞ぐのは、堤防の決壊を塞ぐことより大切だ、というのが中国統治のコツだからね。
中国が秦というよそ者の国に統一されて以来、言論の自由が制限されてきたことを再び思い出させられるレスだ。







中国についてなにかを感じたら人気ブログランキング人気blogランキングをクリックして応援してほしい。多謝。

posted by 楼主 at 01:27 | Comment(2) | TrackBack(8) | 中中友好
この記事へのコメント
はじめまして、色々興味深く見させてもらいました。これからも楽しみに見させていただければと思います。

>民衆の口を塞ぐのは、堤防の決壊を塞ぐことより大切だ、というのが中国統治のコツ

まさに本質を突いた一言ですね。黄河や揚子江の氾濫よりも、人民による反乱の方が国家にとっては恐ろしい事を言い当ててます。
だから、民衆が心の中で恨みや妬みを持ち続けている限り、どこか(主に日本)に責任転嫁をし続けると・・・・・

転嫁できなくなった時が、共産党の最後なのかなぁ
Posted by T72教信者 at 2005年05月16日 13:35
見てくれてありがとう。

引用してくれた一言を紹介したいがために訳してみたのだ。それをわかっていただけて感激だ。

文化大革命も四人組に全てを責任転嫁してるしな。日本を非難している中国共産党こそ反省をしない組織なのだが、その自覚があるのかないのか。

中華人民共和国は少なくとも秦よりは長く続いているが、この記録がどこまで伸びるかは誰にもわからん。
Posted by 楼主 at 2005年05月17日 15:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


自分たちへの視線も考えてみよう。
Excerpt: 「靖国参拝 周辺国の視点を」「中・韓のみならず東南アジアでも」という方向に持って行きたいのが見え見えですが、引っ張り出したのがシンガポールじゃ説得力に欠ける。英国の植民地支配政策に協力してきた華僑が、..
Weblog: そして僕はぼやき続ける(BLOG)
Tracked: 2005-05-20 07:23

靖国に毎日参拝すべし!
Excerpt: 小泉首相の靖国参拝に関して、中国が歴史問題に対して日本に謝罪の気持ちがあるなら、言葉だけではなく行動で示せとまた騒いでいます。常任理入りについても反対の立場をとるとのこと。これは首相が靖国を参拝すると..
Weblog: ヨン様の南中山教室!
Tracked: 2005-05-20 09:46

毛沢東「日本軍国主義は中国に大きな利益をもたらしました」
Excerpt: 昭和39年に社会党の佐々木更三委員長の謝罪に対した、毛沢東初代国家主席・中国共産党主席の言葉。「何も申し訳なく思うことはありませんよ、日本軍国主義は中国に大きな利益をもたらしました。中国国民に権利を奪..
Weblog: 1喝たぬき
Tracked: 2005-05-21 10:14

大東亜戦争の評価
Excerpt: 俺が前に書いた「毛沢東。日本軍国主義は中国に大きな利益をもたらしました」に対して、まっくんさんから「日本軍国主義が中国に大きな利益をもたらしたというのは、いかがなものでしょうか」というコメントをいただ..
Weblog: 1喝たぬき
Tracked: 2005-05-25 09:26

呉儀副首相が小泉首相との会談を取りやめ
Excerpt: 中国国営紙チャイナ・デーリーは社説で、儀副首相が小泉首相との会談を取りやめた理由について、靖国問題が背景にあると指摘。
Weblog: 1喝たぬき
Tracked: 2005-05-30 20:04

呉儀副首相が小泉首相との会談を取りやめ
Excerpt: 中国国営紙チャイナ・デーリーは社説で、儀副首相が小泉首相との会談を取りやめた理由について、靖国問題が背景にあると指摘。
Weblog: 1喝たぬき
Tracked: 2005-05-30 20:11

A級戦犯、国内では罪人でない
Excerpt: 極東国際軍事裁判は魔女狩り同然であったとの意見もある。なぜなら戦争犯罪はどこの国でも犯しているものであり、勝者が敗者を裁くこと自体、卑劣な復讐劇に過ぎないからである。アメリカの原爆投下も、日独に対する..
Weblog: 1喝たぬき
Tracked: 2005-05-31 17:34

A級戦犯、国内では罪人でない
Excerpt: 極東国際軍事裁判は魔女狩り同然であったとの意見もある。なぜなら戦争犯罪はどこの国でも犯しているものであり、勝者が敗者を裁くこと自体、卑劣な復讐劇に過ぎないからである。アメリカの原爆投下も、日独に対する..
Weblog: 1喝たぬき
Tracked: 2005-05-31 17:34
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。