2007年06月21日

爺さんをマックに連れていったよ

うふさん、現在つかわれている漢字の九割以上が形声字と呼ばれるもので、これを簡単に説明すると、漢字の半分が意味を表し、残りの半分が発音を表すということだ。発音を表すということは、突き詰めて言えば発音記号だ。

例えば今回のタイトルに出てくる初めの文字は「爺」だが「好々爺」という言葉があるように、音読みは「ヤ」だ。そして同じ発音記号を使う「椰」の音読みが「ヤ」であることは言うまでもない。この二つの漢字の中で、意味を表す部分はそれぞれ「父」「木」だけだ。

こうみてくれば、「言」+「人(ニン)」=認(ニン)だって、形声字という中国伝統の、しかも今となっては主流である造字ルールに則ったものであり、「言」+「上(ジョウ)」=「譲(ジョウ)」だって許せる気にならないだろうか。

漢字に限らず、なんでもそうなのだが、新しいものが出てくると、それを拒否し、古いものを守ろうという人が出てくる。しかしそれは「『正しい』日本語を使え」などと若者が使う日本語を批判したり、「心をこめて万年筆で手紙を書け」などとコンピュータを拒否したりするのと同じ類の、中国風に言えば「封建思想」的態度に過ぎない。

ぼびさん
>俺の書く字は汚いんですわ・・・。 あと、漢字が思い出せなくてねぇ・・・。
考えてほしい。文字を書くのと、携帯やコンピュータなどでタイプする頻度の、どちらが高いかを。実用面から言えば、文字は読めることが大切なのであって、書けることはそれほど重要ではない。例えばうふさんがよく使うと紹介してくれた「贏」という漢字(中国語で勝つという意味)は、我輩は一度も書いたことがないが、それで困ったことも全くないぞ。

蛞蝓さん
>ブルース・リーの生家がある所へお引越されたようで。
仏山に来てから、黄飛鴻とかいう有名人の出身地だということを知ったが、かのブルース・リーもこの地の出身だとは!仏山、なかなかやるじゃないか。がはははは。
>せめて武士の情けで、これに宋(南宋除く)くらいは、つけてやって下さい。
忘れておった(笑)。たしかに宋もそうだ。

さて、今回は森本さんが紹介してくれたこのスレッドを紹介する。タイトルも森本さんからいただいた。いつもありがとう。

元の文にあるとおりに句読点を使うと読みにくくなるので、適宜変更しながら紹介する。
「私は小さいころからお爺ちゃんに育ててもらいました。今年ようやく学校を卒業して、順調に就職もできました。そしてお爺ちゃんを呼んで一緒に暮らし始めたのですが、この二ヶ月の間に、お爺ちゃんは初めて飛行機に乗り、初めてホテルに泊まり、初めてマクドナルドで食事をしました......お爺ちゃんがビッグマックを両手に抱えている様子は、子供のように無邪気で、それを見た私は何だか涙が出そうになってしまいました。お爺ちゃんは一口食べた後、『うん、おいしいのぅ!飛行機の機内食よりおいしい!』と言ってくれました。お爺ちゃんの幸せそうな顔を見て、そのとき心の中でこう思いました、『大好きなお爺ちゃん、きっと長生きしてね。しっかり孝行させてね!私がお爺ちゃんにあげられるものは、この世で最高のものって訳には行かないと思うけど、でも私ができる範囲で最高のものをあげるからね!!!』と。写真を見て気づいたんですけど、お爺ちゃんの髪の毛は全部白くなっていて、眉毛まで白くなっていました。人生の最後のひと時を楽しく過ごしてほしい、一日一日。

あの日、飛行機に乗ったのは朝の8時でした。飛行機に乗る前に朝ごはんを食べる時間もありませんでした。そして飛行機の中で、『朝食をご用意いたしましょうか?』と聞かれると、お爺ちゃんは『結構でございます。飛行機の中のものはとても高いだろうからのぅ。』と言いはじめました。そしてタダなんだよ、と教えると、お爺ちゃんはちょっと恥ずかしそうに『それじゃ、いただこうかのぅ』と言いました。かわいいでしょ!

マクドナルドの前に差し掛かり、お爺ちゃんを引っ張るように連れて入ろうとしましたが、どうしても入ろうとしませんでした。そして『お腹はすいておらんから、家に帰ろう!』と言い出したので、『だいじょうぶだよ、ぜんぜん高くないんだから。10元もかからないんだよ(楼主注:普通は10元以上かかる。つまりスレ主さんはお爺ちゃんを安心させるための気遣いとしてそう言ったということだ。)。』と言うとようやく入ってくれました。私は重慶で7年間学校に通っていたので、お爺ちゃんがコツコツと貯めた数万元の貯金を使ってしまいました。お爺ちゃんは私が使ってしまった貯金にはちっとも気に掛けないくせに、自分がマクドナルドで食事をすることは、もったいながるんです!

ずっと前のことですけど、『就職できたらお爺ちゃんを呼んで一緒に暮らすんだからね』、とお爺ちゃんに言ったことがあります。その時はお爺ちゃんも喜んでいましたけど、でもその後、やっぱり一緒に暮らすのはよくないと言い出しました。どうしてか理由を聞くと、心配そうにこう言いました、『お前さんはまだお嫁にも行っておらんからのぅ。もしワシがお前さんの相手に好かれなかったら、うまく行かなくなるじゃろ。』と。これを聞いて、胸がいっぱいになりました。お爺ちゃん、自分のことを考えてから、その後で孫娘のことを考えるってことは、これまで一度もなかったよね??

これが親心っていうものなんだね!本当に頭が下がるよ!孝行しないわけにはいかないよね!!

みんなあの公共広告をみたことあるかな。ちょっと長かったから全部は思い出せないけど、その中の二行の言葉に感動したのを覚えてるんだ。

両親がのろまだと言わないで。だって小さいころ、両親がどれほど忍耐強く歩くことを教えてくれたのか、あなたには想像すらできないのだから。
両親がコンピュータ恐怖症だからってバカにしないで。だって小さいころ、両親が何度も何度も繰り返し字を読むことを教えてくれたのを、あなたは決して思い出せないのだから。
..........
みんなの応援と祝福、ありがとう!書き込みしてくれた人全員が、家庭円満でありますように。

diyicidaiyeyechimaidanglao.jpg





中国についてなにかを感じたら人気ブログランキング人気blogランキングをクリックして応援してほしい。多謝。

posted by 楼主 at 11:16 | Comment(12) | TrackBack(0) | 感動
この記事へのコメント
名翻訳!! スゴイです。

おバカ系のスレッドです
かなり広範囲に転載されているので、すでにご覧になっているかもしれません
  ↓
英国旅行で間違って女子トイレに入っちゃった……そんな時どうする?
http://bbs.enjoykorea.net/thread-38544-1-1.html
Posted by 森本 at 2007年06月22日 01:00
本当にいいお話。
おじいちゃん、かわいい。
女の子もいい娘。

Posted by K at 2007年06月22日 09:45
心温まるいい話だなー。
管理人さんって、こーゆーいい話見つける才能あるよ!きっと、管理人さんもいい人なんだろな。
Posted by ぴーなつ at 2007年06月22日 14:55
こういう話しを見ると嬉しくなるね。
お爺ちゃん、長生きするといいな。
Posted by み at 2007年06月22日 18:53
おじいちゃんも大してうまくないのに娘のためにうまいって言ったんだろうな。
マックなんて食えたもんじゃないだろうに。
それにしても良い子だね。
こんな子でも反日なのかね。
Posted by iy at 2007年06月22日 21:06
感動し過ぎて全俺が泣いた・・・(笑

ps友人が仏山です。
Posted by 小小子 at 2007年06月22日 23:04
このサイト見ると「中国の若者はしょうがねーなぁ」なんて思うことが多いけど、本当にいい子もいるんだねぇ。こんな子ばかりになればいいのに。
Posted by よう at 2007年06月25日 22:42
昔の日本人の感性と言うか、このじいちゃんもそしてこの子もむかしの日本人じゃんって思った。東洋人って言うのはやはりこんな感性を持っているのが普通なんだよね。 久しぶりに感動して昔を思い出した。 なんだ、中国人もいい話あるじゃんね。  やっぱり教育じゃね。
Posted by 宙国 at 2007年06月26日 00:36
余り孝行していない自分がちょっと恥ずかしくなりました…
良い事は素直に見習いたいですね
Posted by わか at 2007年06月28日 13:05
シナにもこういう人がいる、あたりまえですけど。最近のシナの報道は、これが人間のすることかという事件の洪水でしたので。

この先も仲良く暮らして欲しいです。
Posted by K8 at 2007年06月28日 13:56
いい話だった。そうそう、外の事よりまず自分の身内を真剣に考える精神が備わると自ずと外も正しい価値観で見られると思う
ネットでこんなに民度の高い中国人の話を聞くのは本当に久しぶりだ
Posted by JTfoods at 2008年01月30日 17:01
中国にも心優しい人はたくさんいますよね。
バスにお年寄りや妊婦、小さな子供連れが乗ってくると、必ずと言っていいほど席を譲ります!
わたしも見習わなきゃと思いました。
ちなみにわたしも妊娠していた時、何度も席を譲ってもらいました!
Posted by pu at 2008年03月24日 12:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/45447825
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。