2007年09月29日

この中国伝統の服装の名前は?

元スレはここだ。

「誰か教えて!!!!この写真にあるのはなんという名前の服装なの!!

写真にあるような服装を買いたいんだけど、どこに売ってるか、具体的に教えてくれないかな、仕上げがしっかりしてきれいなものがいいな、私って民族の特徴があるようなものが好きなんだよね

shenmefuzhuang1.jpg
この女性は李小璐だろうか。李小璐は中国トップクラスの女優だと我輩が認めている女優だ。中国ではそれほど人気が内容で残念だ。
「清の時代に漢族の女子が着た馬面裙だね」
中国ナンバーワンのサーチエンジン、百度で画像検索をした結果がこれだ。たったのこれだけしかないということは何か間違っているような気もする。

スレ主
「すごく気に入っちゃったんだ、本当に買いたいから、誰か教えてください

shenmefuzhuang2.jpg

「易趣とか淘宝とかで探してみなよ
それ以外には思いつかないな」
易趣と淘宝はオークションサイトで、日本で言えばヤフオクのようなものだ。

スレ主
「ありがとう、淘宝にいってみたけど、漢服ばっかりで、私がほしいものはみつからなかったよ」

「もう一度よく探してみて
なかなか見つからないのは確かだけど
でも掲示板に買いたいって書き込むといいかも」

スレ主
「どこに書き込んだらいいの、淘宝に書き込んだけど、全く音沙汰なしだよ,,,,でもありがとう、アドバイスをくれて、へへ、もしどこで買えるか教えてくれたら、ご馳走するよ、へへ」

「秀禾服って呼ばれてるやつだね、フォトスタジオにはたいてい置いてあるよ。《橘子紅了》(楼主注:みかんが熟したという意味。テレビドラマ。)が放送されてから、結婚写真を撮るときにこの服装を指定する人が多くなったんだよね。

shenmefuzhuang3.jpg
秀禾というのはこのテレビドラマの主人公の名前だ。上の写真がつまり秀禾だ。

「この新婚さんをみて:)
shenmefuzhuang4.jpg

スレ主
「ふふふふ、そうだったんだ??興味深い名前だね、こんど探してみるよ、ありがとう」

「もし北京だったら、五棵松撮影場で買えるよ。」

shenmefuzhuang5.jpg

スレ主
「私は東北人で、遼寧省瀋陽にいるんだけど、どこで売ってるかわかりますか」

「絶対あるはずだから、フォトスタジオをいくつか回ってみたら:)」

「そうですか、わかりました、本当にありがとう、もうあきらめようかと思ってたんだけど、また力が沸いてきました、へへ」

「石の上にも三年ってか
:-)」

「瀋陽に『龍撮影(楼主注:フォトスタジオのチェーン店)』があるのかな?あるなら、きっとそこにあるよ:)」

スレ主
「あるある、こっちにも『龍撮影』があるよ、でも写真撮影がしたいんじゃなくて、買いたいんだけど、売ってくれるかな?」

「相談してみたら、それか新しいものをオーダーしてもらってもいいよね。」

スレ主
「ありがとう、愛してるよ、てへへへ」





中国についてなにかを感じたら人気ブログランキング人気blogランキングをクリックして応援してほしい。多謝。

posted by 楼主 at 10:48 | Comment(6) | TrackBack(0) | 検証しよう
この記事へのコメント
きれいな布ですね。
ベッドカバーに良さそうです。
服もボディラインが気にならないし、楽そうです。
Posted by K at 2007年09月29日 11:07
カミさんが大連でチーパオを作ったのだが、日本ではまったく着る機会がない。
オレがインドに行ったときには、カミさんにサリーを買って帰ったのだが、同じように日本では着る機会がほとんどない。
一度だけ友達の結婚式に来て行ったときは高評だったらしいが。
Posted by worldwalker at 2007年09月29日 11:28
着てみたいなあ。
中華街行ってみるぞ。
Posted by 萌え主婦 at 2007年09月29日 21:05
いつも楽しく拝見しております。
旗袍、でしたかね?
Posted by ニサ at 2007年09月30日 00:51
あの女優さんは李小じゃなくて周迅ですよ。たしかずっと前にNHKで中国語講座も担当していたような気がします。
Posted by たしか at 2008年08月23日 04:00
たしかさん
女優として超一流の部類に入る周迅がNHK講座をやっていたとは驚きだ。うーむ、そんなことがありうるとは。

そして《橘子紅了》に出ていたのが周迅だ。上で言うと三枚目の写真が彼女だ。

一枚目の写真は李小[王路]だと思う。
Posted by 楼主 at 2008年08月23日 11:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/57825518
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。