2005年09月12日

エイズを日本に広めようね♪

元スレはここだ。

「今年20歳で、もう少しで21になるんだ、人生でも楽しい時期のはずなんだけど、でもそんな風には全然感じられないんだ。
 うつ病になったみたいなんだ、先月から、どんどん悪化してるようで、先月は一週間以上の間、全てが薄暗くなって、楽しくなりたくても、全く楽しくなれなくて、誰とも話をしたくなくなって、両親とか、BFともね............今月また始まって、もう二日になるんだけど、本当に辛くて、自分で盛り上がろうとしても、できないんだよね、こういう感覚は正常な人にはわからないと思うんだ、私にとっては、死にたいくらいの感じなんだ.............でもまだ死にたくないんだよね、だって自分にやり残したことがあるように思えるし、子供のころの夢もまだ実現してないから。(続きを読んでください、私たち中国人をがっかりはさせないと信じてるよ)
 子供のころの夢、誰でもあるよね、大きくなったら宇宙飛行士になるとか、お金持ちになるとか、色々ね.......でも私は違ったの。子供のころ学校で抗日戦争の映画を見て、日本人を憎んで、畜生にも劣ると思ったんだ、同じ人なのに、どうしてあんなにひどいことができるのか、私たち中国の土地がほしいから?ってね。教科書に書かれた歴史を読んで、どんどん日本人を憎むようになって、こんな夢をもつようになったんだ:大きくなって、もし第四次世界大戦が起きたり、日本人がまた私たち中国に侵略してきたら、私は軍人になって、自分の命を引き換えにしても、一人殺せばおあいこだし、二人殺せば一人もうけたことになって、殺した数が多いほど、儲けが増えるんだ.......
 日はどんどん過ぎていくけど、第四次世界大戦は起こらないし、日本人も侵略してこない、、毎日見るニュースに出てくる日本の報道は二種類:一部分の日本人は自分が過去に行ったことについて後悔していて、一部分の日本人は自分の先祖が偉大だと思っている(右翼ってことだよね)。日本人にもいい人もいれば悪い人もいるって考えたこともあるよ、でも抗日戦争で被害を受けた中国人が日本に賠償を求めて敗訴したり、日本の教育局が教科書の歴史を勝手に変えたりするのをみて、怒りの炎がまた燃え上がってきたんだ、間違いを犯したのにそれを認めないなんてひどすぎる、クソ日本、お前らは最低だよ!!!
 20歳、20歳はまだ大学にいる年齢だよね、でも私はそうじゃないんだ、あなたたちは大学に入って国家のために役に立とうとしてるよね、だから私も何かしなくちゃ、私が住んでるこの田舎では、うつ病とかいっても誰も知らないんだ、なんでうつが病気なの?どうして薬を飲むの?とか全然わかってないんだよ!私は計画を立てたよ、自分の夢を実現するためにね。
 明日広東の辺りに行くつもりだよ、なにをするかって?みんなが恥に思ってる職業につくためだよ、売春婦にね......売春をするのもお金のためじゃないよ、じゃ何のため?売春婦はお金と関係がなきゃだめなの?いまエイズが流行ってるよね?売春婦になるのは自分がエイズに感染するため.......それから日本に密入国して、自分がエイズに感染したら計画は半分成功したようなもの、日本についたら99%成功.....それから日本で売春婦を続けて、この邪悪なウイルスを広めて、たくさんのクソ日本人にこの病気を感染させて、家に帰って妻や恋人に感染させて、妻が不倫相手に感染させて、妻の不倫相手が自分の妻や恋人に感染させて....................こうやって広まっていくんだ........
日本はあっという間にエイズという恐怖の病に包まれて、それはまるで富士山の上に黒い雲が折り重なっているようにね、そんな富士山は美しい.........黒い雲はすぐに流されていくけど、エイズはそうはいかないよ、どんどん広がっていくんだ、全ての日本人がエイズにかかったとき私たち中国人民は喜んで、韓国も喜んで、そのときにはあなたたちは花火を上げて、爆竹を鳴らして、ほんのちょっとだけ私のことを思い出してね、生まれ変わった時にはもう少しましな人生をおくれることを祈って...........」

子供のころの夢を話すときに出てきたのが宇宙飛行士、非常に珍しい女性だ。そして日本の「教育局」がどの教科書をどのようにしたというのだろうか。日本の「教育局」が教科書を編纂してるとは知らなかったぞ。しかも「広東辺り」に行くつもりというのもおかしい。広州辺りというならわかるのだがのぅ。

結論を言おう、これはネタだ。ただしネタだとしても、このようなことを堂々と書いて恥とも思わず、恥とも思われない中国は、その存在自体が恥さらしだ。

中国人よ、かつて偉大だった中国人よ、お前らがこれ以上落ちぶれていくのを見るのが忍びない。中国人よ、かつて輝かしい歴史をもっていた中国人よ、お前らの先祖は泣いているぞ。

ところで第三次世界大戦というのはどこで起きた戦争だったのだろうか。







中国についてなにかを感じたら人気ブログランキング人気blogランキングをクリックして応援してほしい。多謝。

posted by 楼主 at 12:54 | Comment(11) | TrackBack(0) | まぬけな反日
この記事へのコメント
中国は国の中がもうすでに世界大戦化してますね。各地で地方政府に対する暴動勃発(笑)
日本の中国人に対するVISA免除なんて、とんでもない事がわかります。
Posted by worldwalker at 2005年09月12日 13:39
東西陣営が相対した事を考えれば「朝鮮戦争」も「ベトナム戦争」も世界大戦と言えるのかも。

「愛国教育はあっても反日教育は無い」と言う中国の役人や、「ビザなし渡航実現」とか言っている日本の政治家に読ませてあげたいですね。
あと「軍隊が無ければ戦争は起きない」と思っている性善主義者にも
Posted by きつね at 2005年09月12日 13:49
中華女には手を出すな! という意味での警告と捉えれば、このネタも意味を持ちますな。

書いている内容は、人間として最低の行為・心理をよく表現しており、こんな人間になっては駄目だ! という見本ですね。

でも、マジでこんな妄想をする人民が中国各地に生息しているのでは? と想像するだけで、下手な「恐怖映画」より遥かに「怖い」・・・。
Posted by ケロヨン軍曹 at 2005年09月12日 17:49
こんにちわ。
確か冷戦を第三次世界大戦と呼ぶ国がありませんでしたっけ。
それが中国だったかどうかはちょっと思い出せませんが。
Posted by りうりう at 2005年09月13日 11:41
「中国人よ、かつて偉大だった中国人よ」というのは明らかに誤解です。
今中華人民共和国と自称している地域及び支配者と、かつてその地域を支配していた支配者とは、まったく別物で、何度も入れ替わっています。
かの地には、殲滅による支配、被支配者の交換構造があるだけで、国民=人民なるものは存在しません。よってご指摘でもありますが、この地域に住む者に、民度なるものを求めても無駄なのです。
この地を、「有望な市場」と読み誤った欧州・美国は、誤りを続けるでしょう。
かの地域についていてもよいことはあまりない、と判断し、文化や技術などを吸収した後、派遣を絶った賢明な昔にもどるべです。
Posted by 蓬莱山 at 2005年09月13日 12:21
worldwalkerさんへ
お互いを高めるためにするのならいいのだが、足の引っ張り合いになるのが目に見えている。

きつねさんへ
なんでもベトナムに行って「昔のことは水に流そう」とヌケヌケと話した中国の高官がいたそうだが、ダブルスタンダードが大好きな漢人のやりそうなことだ。

ケロヨン軍曹さんへ
確かに反面教師としては立派なのかもしれない。それにしてもこれを恥と思わない漢人たちの存在自体が恥だ。

りうりうさんへ
なるほど、そういう見方もあったのか。勝ち負けにこだわる中国もそのような見解をもっているとしたら、勝ち負けについて質問してみたいものだ。

蓬莱山さんへ
確かにそういう見方もできる。むしろその方が正しいのだが、現在の中国を構成する人として恥を感じないのかと問いたい。

例えば現在のエジプト人はピラミッドを作ったエジプト人とは関係のないアラブ人だが、仮に彼らがピラミッドを大切に取り扱わなかったら、エジプト人としてそれを恥に感じないかと問うようなものだ。
Posted by 楼主 at 2005年09月13日 12:41
楼主さんへ
なるほど、そういう言い方ならば納得できます。が、やはり同じ問題に突き当たります。
これらの掲示板に主知没する、個々の人たちは、我々が考えるような“国”を構成している国民という自覚が果たしてあるのかどうか、そしてこの先も芽生ええるかという点です。
彼らに“国”と、“国民”の意味を問うて、その意味を我々と共有でき、尊重しあえるのかという点だと思うのです。

いつも見せてもらってます。多謝。
言いにくいのですが、私にはまだ画面の文字が読みにくくてなりません。文章は長くないので反転させるか、他のソフトで呼んでいます。
こういう、老人性の目性の者もいます。
Posted by 蓬莱山 at 2005年09月13日 17:15
蓬莱山さんへ
中国人には人間くさいやつらが多く、護身のために例えば毛語録を片手に声を張り上げて愛国の意を表明することはあるが、基本的には国なんてものを信じている奴はあまりいないはずだ。

密出国や密入国なんて聞くと、我々日本人にとってはなんだかすごいことをやっているイメージがあるが、国さえ信じていない中国人にとって、国境やパスポートやビザなどは道端に落ちている石ころのような存在に過ぎない。

日本人は型やルールに則ってこそ安心できる部分が大きいが、中国人はそれが大嫌いで、勝手気ままに生きることを望んでいる。

したがって蓬莱山さんが仰るような意味を、中国人は我々と共有できないと思う。また、他人を尊重する余裕も習慣も、今のところは期待できない。我々にとっては付き合いづらい奴らだが、日本が中国の隣に位置しているという事実を変えることはできない。


さて、文字が読みにくいのは非常に申し訳ない。文字を大きくするだけで効果があるだろうか。もし大きさを変えるだけでよいならすぐに変更ができるのだが、やはり配色の問題だろうか。
Posted by 楼主 at 2005年09月14日 01:00
楼主さんへ
中国人と深い付き合いのある、楼主さんの観察のとおりなのだと思います。
日本人の性癖であるところが多いと思いますが、無批判の受容や、最近の「話し合えば分かり合える」「信じることが信頼を作る」「同じ人間同士だから」「おもいやり」を極端に進めた教育は、あきらかに自滅の道を歩むと思うのです。
価値観がまったく違う人たちがいる、ということを肝に銘じておかなければならないと思うのです。

親からの遺伝と、モニタを見つめる仕事と、寝ながらの読書で、30代から老眼になってしまいました。あ、飲兵衛のせいもありますね。
文字の読みやすさは大きさもありますが、配色、コントラストによるところが大きいです。が、あまりご心配なく、ブログの更新の方に力を入れてください。因業者で縦書きが好きなもんで“smoopy”にコピペしてますから。
Posted by 蓬莱山 at 2005年09月14日 08:59
蓬莱山さんへ
>価値観がまったく違う人たちがいる、ということを肝に銘じておかなければならないと
まったく同感だ。反日をやってるつもりの大馬鹿漢人と、平和運動をやってるつもりの大間抜け日本人は似たような水平線に立っている。ありもしない幻想をつくりだし、現実から目をそむけ、その幻想に向ってマスタベーションをしているようなものだからだ。

やはり配色の問題であったか。このテンプレートを選んでしまった自分が悪いのだが、蓬莱山さんのお言葉に甘えて、とりあえずこのままで行くことにする。時間があれば全てやり直したいとは思っているのだが。
Posted by 楼主 at 2005年09月15日 00:33
売春婦になんかならないで!!まずそれだよ。自分から病気になってどうすんの!!まだ20なんだからこれからでしょう??もっと自分を大切にしなきゃ・・・。それに教科書読んだだけで日本人はひどいとか思っちゃだめだよ。教科書なんて視野が狭いんだから。もっと自分でよくみなきゃ。全て書物で学んではだめよ。それでも日本人をうらんでいるなら、もっとべつの方法にしてね。なにもあなたが傷つくことはないんだから・・・。
Posted by あや at 2006年05月12日 23:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。