2008年01月12日

パリでみた現実 白人=殺人者

元スレはここだ。

「ドイツ語教師が考える中国とは

ALAINはドイツ語の教師で、パリで200人ほどの生徒にドイツ語を教えています。ハンサムな白人で、教養もある感じです。中国の女性が夢見続けている白馬の王子タイプだと思います。ただ年齢は若くなく、40歳です。この人を紹介するのは、一部の白人に共通する考えをこの人がもっているからです。

 この人とはセーヌ川の畔で知り合いました。私は写真を撮っていたのですが、この人は隣でずっと私のことを見ていました。こんな人は初めてで、しかも同性なのに、こんなにもじっと見られるなんてこれまでありませんでした。こちらから笑いかけてみました。するとこの人は近づいてきてどこから来たのか聞いてきました。私は『中国』と答えました。とても驚いた様子で、中国人には見えない、顔は丸くないし、鼻は高い、それに足も短くない、ヨーロッパ人の血が入ってるのかと思ったといわれました。そこで、ヨーロッパにもアジア人のような人がいると笑いながら言いました。向こうも笑ってから、いろいろと質問をしてきましたが、私が学生だと知ると、中国人は一人しか知り合いがいない、もっと中国の人と知り合いたいといいました。そして母国語を教えてくれるとも言ってくれました。私は感謝しました。

 ある日、電話がかかってきて、週末に家に招待するといわれました。またゆっくり話ができそうです。

 家は学校が提供したもので、四つの大きな部屋にロフトまでありました。ロフトにはコンピュータが置いてありました。私たちは中国の都市や経済について話し合いました。言葉で説明するのは難しいので、そのコンピュータを使って画像を見せようと思いました。コンピュータの電源を入れると、驚くべき質問をされました『中国にはWINDOWXP(楼主注:スペル間違いは原文のまま)があるのか?』と。自分の耳が信じられなく、もう一度言ってくれと促しました。間違いありません、そう聞いているのです。そこで、マイクロソフトの開発センターは中国にある。プログラマも中国人が多い。WINDOWXPは自分のラップトップに合わないから、もう使ってないと教えました。

 それから上海、成都と重慶の写真を見せてあげました。するとびっくりした様子でまるで子供のように叫びながらモニタに顔を近づけました。中国がこんな風になってるとは、不可解だと感じたようです。それから、政府に訴えて中国を痛めつけてやらなければならないといい始めました。どうしてかと聞いてみました。中国の発展のために、自分の国が多くの貢献をしているのに、中国は毎年十数パーセントの成長率で、自分の国はたったの数パーセントだというのです。中国人は毎日必死に長い時間働いているのだから、発展しても当然だと私はいいました。不公平な貿易制度がなければ、この数字はもっと高くなる。それに今の貿易のルールは西洋人が決めたものだ。中国はこのルールに従っている。ヨーロッパの発展が遅いのは怠け者だからだと言ってやりました。すると笑いながら、暮らしっていうのはもともとかくあるべきだといいました。

 窓の外を見ながら、独り言のように、ECのやり方に賛成だ、ECが中国からの皮靴と縫製品を制限する政策を支持する、そして叔父、国会議員、を通じて国の発展に有利な意見を提出すると言っていました。私は中国人が何か間違ったことをしたのか、なぜそんなにむきになるのか?と聞きました。その答えに再び驚かされました、『中国はこんなに発展してはいけない』。。。。

 数百年前、ヨーロッパ人は銃を抱えて、世界中で略奪し、殺人し放火しまくった。野蛮の極みだ。他国の財産によって、現代社会を作り上げた。

 数百年後、その血を受け継いだ子孫が、完全無欠というレベルまで進化したのだろうか?新しい世代に影響を与えるこの教師は、教室でどのような考えを学生に植え付けているのだろうか?こう考えると憂鬱になる。

 ここで、私はただ国外にあこがれる漢人に注意したい、美しい外国人、ハンサムな外国人、やさしい外国人をみたとき、あなたはその手のうちにある血のついたナイフをも見ているのです!」
外国から援助を受けているにもかかわらず、外国人や外国企業をあれやこれやと制限している自国、周辺諸国にさんざん侵略してきた自分の先祖、これらの事実はこの人の頭にはまったく存在していないのかもしれない。他国の教師よりも、自国の教師の恐ろしさを感じてほしいものだ。




中国についてなにかを感じたら人気ブログランキング人気blogランキングをクリックして応援してほしい。多謝。

posted by 楼主 at 12:35 | Comment(15) | TrackBack(0) | 妄想
この記事へのコメント
目糞鼻糞
Posted by   at 2008年01月12日 13:32
一体海外に何しに行っているんだろう…
Posted by かた at 2008年01月13日 00:11
このドイツ人がどういう思想かは知らんが、例えば
中国におけるチベット問題とか環境問題とか人権問題を知ってて、
そこが是正されないままの経済発展は世界にとってよくない、
という意見なら、その通りじゃないのか?

中国人って、他人の意見を代弁するとき
己らにとって耳が痛い部分を
丸ごとカットして、残りの部分、結論だけ話するから、
素っ頓狂な内容になることが、多々あるんだよね。
だから中国人からの又聞きほど当てにならないことはない。
日本人なら、聞いたそのままに代弁して、
後に注釈を付けるように自分の意見を話すんだが。

まぁ、白人連中が傲慢なのはその通りですけどね。
Posted by 00 at 2008年01月13日 09:49
確かに白人はこんな奴ばっかりだね。

Posted by ごご at 2008年01月13日 15:47
さすがはチャリアン(チャイニーズとコリアンの合成語)中国人をコリアンに変えても全く違和感がない。
Posted by 01 at 2008年01月14日 13:50
私も外国に住んでるので、色々な質問をされます。
「日本に大学はあるの?」
「日本にペンはあるの?」
まぁ、教養のない外人からしてみたら中国も日本も同じなんだろうね。
中国人が自国の発展を自慢げに嬉しそうだけど、中国を手助けしてる者に対して自慢げにされてもね。
Posted by 長針 at 2008年01月14日 16:35
この中国人の気持ちも分からなくはない。

ほんと白人ってこんな傲慢なのが多いよ。

心の底では"アジアはいつまでも未開なままで、我々の優越感を満たすための対象でなくてはならない"って思ってるからだろうね。

東アジア人は同じ東アジア人同士でいつまでも争ってないで、戦略的に団結したほうがいい。中国韓国日本で争っても、結局それで利を得るのは上の三国以外だから。
Posted by あぼぼぼ at 2008年01月15日 09:20
しかしだね、それが可能なのは
中国韓国が日本と同程度の協調性と責任感をもっているという前提があればこそだと思う。
そもそもこの2国がキチガイ的な国家だからこそ、今まで(おそらくこれからも)連携できなかったんじゃないか?
Posted by sss at 2008年01月16日 10:54
コメントのほとんどにドン引き。人種差別しているのは自分らだという自覚はある?

それと泥臭い大アジア主義演説は止めなね。日中というのならばともかく、『東アジア』などという枠組みに意味はない。そのうえ漏れなく『欧米敵視』が付いてくるところが胡散臭いんだよね。欧と米であれだけいがみ合っているのが現実なのに(といってもメインは欧州勢のアメリカコンプレックスだが)、なぜそれをまとめて敵視しなければならない。

巣に帰りなさい。
Posted by 思想厨キライ at 2008年05月01日 23:49
は?何を言うか、このフランス人のセリフを言う資格があるのは日本人だよ。

なぜなら、現代の中国の近代化は技術が伴っていない。
結局のところは海外からの資金を入れて、安い労働力で生産させる必要があるのですよ。

で、その資金30兆円のODAを戦後最初に中国に提供したのが
ほかならない日本政府なわけだ。中国のインフラは日本の金でなされた。インドにはされていない。
だから差がついてしまった。

今だって、中国への投資二位のドイツも日本の20%程度だしさ。
正直、反日とか軍事で脅したりとかの対応を見てると、あとチベットの虐殺を見てると、

日本こそ投資すべきではなかった。

まーフランス人の視点も分からんでもないね。
中国人も同じこと言うよ、もし日本と中国の立場が逆だったらね。
日本の方が異常では?
Posted by jagging at 2008年08月02日 01:45
あ、ごめん。ドイツ人だった。
Posted by jagging at 2008年08月02日 01:47
私も白人には殺戮者の血が流れていると思う
あんなに美しいのにと思ってしまう

白人はとんでもない肉食獣だと思う

結局は一部の白人に支配された世界だと思う

この世界は

白人→アジア人→黒人


多分こんな感じで残虐
Posted by まさまさ at 2009年09月15日 05:08
中国、朝鮮半島、いずれにしても組みしにくい相手であることは確か。
でもいつかはがっちり手を組む日が来なければならない。

我々がいがみ合い、白人に良いところを全部持って行かれるような、
そんな自尊心を持てない世界は早く終わりにすべきだから。
白人はアジアで、アフリカで、近隣の国や民族をいがみ合わせて、
おいしいところを持っていく。漁夫の利そのものだ。

白人を見て「あんなに美しいのに」と思っている時点で、すでに
脳をやられてしまっている。美の価値観なんて、外から植え付けられたもの。
東アジア人は小柄だが、極端に太った人は少なく、全体的に見ても
美しい人が多い。黒人解放運動の時の「ブラック イズ ビューティフル」
を見習うべきだ。
Posted by とおりすがり at 2009年09月23日 13:36
20世紀史を見て支那・朝鮮が日本とが水と油だと言うことがまだ理解できないのか?
アジア圏で協力ならまだ分かるが、話し合いもできない連中とどう組めというのか
他のアジアに迷惑掛け捲る中国・朝鮮と組むことよりもインドやASEANやブラジル等の第3世界を見た方が早いと思うんだがね

この掲示板の中国人のレスを見て分かるのは「白人コンプから来る白人への敵愾心を持ってること」だろ
Posted by   at 2010年07月14日 15:42
コメントの頭が悪すぎる……
別の問題を持ち出したり、「○○の方が〜」などと言って現実から目を逸らさせたり。

00 at 2008年01月13日は記事と関係のない、自分の話したい事ばかり書いている。
長針 at 2008年01月14日は「嬉しそう」だの「自慢げ」だの、わざと低レベルな感情論に話を持っていって自尊心を満足させようとしている。
sss at 2008年01月16日は無知。そして若い。
思想厨キライ at 2008年05月01日は欧米>>>欧米>>>アジアという欧米の価値観が分かっていない。(欧米同士が敵対してるからといって、アジアを同レベルには見ていない)
jagging at 2008年08月02日はアホ。近代化しなければならなくなったのは欧米の侵略のせいだし、何人も他の国家に対して「発展してはならない」などと言う権利はない。
すぐ上の名無しは、ヨーロッパも昔は(そしておそらくは今も)水と油で、長い戦乱の末にようやく少しはまとまった、という事を知らない。
そのまとまりも、かなりのところは核兵器のおかげ。
Posted by あいよー at 2011年08月03日 17:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。