2008年01月14日

大発見!韓国人が日本製品を買わないのは愛国とは無関係なんだ!

元スレはここだ。

「漢人が勘違いしている世界―韓国人が日本製品を買わないのは愛国とは無関係

 中国のメディアが韓国関連の報道をする時はたいてい自分勝手な角度から、韓国人を民族主義の塊のような『政治的動物』として描くことが多く、その国民が日本製品を買わないこと、そして日本に抗議するために指を切ることをその『証拠』として挙げることがしばしばだ。

元濤 国際先駆導報ソウル特約記者

韓国に行ったばかりのころ、友人の教授にこんな質問をしたことがある、『韓国にはどうして日本車が少ないのですか?』と。そしてその教授に一瞬戸惑った様子を見せ、『そんなことが問題なのですか?』と反問されたため、こちらも戸惑い、『どうしてこれが問題じゃないのですか?』と感じた。しかし、後に私も、これが問題でないと認めざるを得なくなったが、私は一時期ずっと韓国の友人たちに『どうしてさやえんどうを食べないんですか?』と聞いていたことと同じく、彼らには答えられない問題なのだった。

国産品を買うことと愛国は無関係

 つまり、韓国人が日本車を買わないということにおいて、我々の理解と実際の状況とは全く異なる。韓国人にとって、韓国車はそこそこのクオリティーで、サービスも良く、値段も安いので、韓国車を買うのは自然の成り行きで、それは愛国とは無関係なのだ。仮に、韓国車が欠陥だらけで、値段も高ければ、誰が愛国のスローガンを叫ぼうとも、買う人はいなくなるということだ。中国のメディアが韓国人の愛国精神だの韓国製品しか買わないなどと報道しているが、これは漢人が勝手に韓国人を解読しているだけで、韓国人は何でもかんでも政治問題として取り上げることはなく、もし中国の報道が正しければ、韓国の大統領がアメリカ製の専用機に乗っているのはどういうことになるのだと、前述の教授が話してくれた。

 先日、バスで江源道の友人に会いに行ったが、不運にも農民のデモが行われていて、一日中渋滞状態だった。そのあとテレビでニュースを見ると、農民は韓国アメリカ間の自由貿易協定に抗議しているとのことだった。デモに参加した人は本当に全員が農民なのだろうか?実はそうではなく、一部分はプロ市民で、いろいろな団体に雇われ、デモに参加する雇われ人なのだ。香港に行ってWTOの邪魔をしたのもこの人たちだし、小泉純一郎が靖国神社を参拝したこと二抗議して指を切ったのもこの人たちだ。

 農民は自由貿易協定に反対するのが当然で、自己の利益からの行動にすぎない。もしアメリカから安い米がどんどん入ってきたら、農民にとっては大きな痛手だ。しかし、私と一緒にバスの中に閉じ込められていた韓国人は、農民の行動に批判的で、安い米が食べられるなら、彼らにとってはいいことなのだ。利益が違えば、立場が違う、これこそが本当の韓国なのだ。

 利益はアドレナリンより上

 韓国のスーパーで米を買う時には注意してほしいが、米袋に『身土不二』と書かれているのが、韓国産の米で、値段が少し高めだ。ただし韓国人は『愛国米』として解釈しているのではなく、健康の面を強調していて、身土不二の意味は、あなたのこの体は、あなたのこの土地から分離してはいけない、そうしてこそ健康にいいのだということだ。分離しないとはどういうことか?この土地で作られた米、野菜や肉を食べるということだ。東アジアの国では、このような素朴な飲食哲学が、民間の基礎の上に成り立ってきた。

 韓国の新聞のヘッドラインを占めるのは、靖国神社参拝ではなく、以下のようなデータだ。2005年、韓国の対日貿易赤字は227億米ドル。この事実に対して、韓国人の態度は憤っているわけではなく、すこし恥ずかしそうに、技術が敵わないのだから仕方がない、電子機器の核心部分は輸入に頼らざるを得ない、といったところだ。皆さんには申し訳ないが、韓国人は口先だけで日本製品ボイコットを叫ぶことはなく、バーの入り口に『日本人と犬はお断り』などと書くことはさらにないのはいうまでもなく、お金を大切にしているのだ。韓国人は裴勇俊と東方神起がもっと人気を博し、日本すべての女性を韓国に引き寄せてほしいと願っているのだ。

 我々のイメージでは、日本人が何か行動を起こすと、中国と韓国は共同して抗議の声を上げているように思える。これは確かだ。しかし、我々が見落としたり忘れたりしてはいけないことは、韓国人は我々と何かを叫んでいるとき、その手は、しっかりと動いて仕事をしているということだ。国際コミュニケーションでは、利益が常にアドレナリンより上なのであって、韓国ではタクシーの運転手でさえこのことをよく理解してるため、日本からの観光客に対しては、普段よりも礼儀正しくふるまったりするのだ。」







中国についてなにかを感じたら人気ブログランキング人気blogランキングをクリックして応援してほしい。多謝。

posted by 楼主 at 22:15 | Comment(12) | TrackBack(0) | 朝鮮半島
この記事へのコメント
むぅ…、是非韓国人に聞いてもらいたい話である。
Posted by junji at 2008年01月15日 01:30
東方神起は何回か聞いたことがあるけど、裴勇俊なんて聞いたことが無いな
そもそも日本で活動している歌手なのかな??
Posted by sss at 2008年01月15日 01:58
裴勇俊(ぺ・ヨンジュン)ですね。
日本では漢字で表記されないからわかりにくいです。
Posted by ちゅう at 2008年01月15日 03:25
>>2005年、韓国の対日貿易赤字は227億米ドル。この事実に対して、韓国人の態度は憤っているわけではなく

当たり前だろw 
Posted by J at 2008年01月15日 05:07
えー!韓国人が日本車を買わないのは高関税と、輸入がママならないからだとおもってました。
Posted by メル at 2008年01月15日 09:35
韓国車は日本の会社の援助とコピーで作られた。
だから韓国では日本の車はいらない
という事で、韓国人が100パーセント作った車はありません。
Posted by しめ at 2008年01月15日 15:31

 この記事は決して間違っているわけではないでしょうが、重大に事実を見落としたところから書いていますね。

 日本車が韓国で普及していないのは、ほとんど日本車輸入禁止措置といってもいいくらいだった高関税のせい。それが解除されたここ数年、日本車のシェアはずいぶん上がったはずです。韓国紙は何度も報じているはずですが。

Posted by たぬき at 2008年01月15日 17:15
>たぬきさん
理解しなくてはいけないのは、この記事が中国国内向けであると言うことだと思いますよ。
中国国内の人が納得できる内容でなければ、そもそも記事自体を読んでもらえなくなります。
そう考えれば、かなり踏み込んだ内容になってると思いますよ。
Posted by み at 2008年01月15日 21:58
日貨不買に関して....

『憤青 中国の若者たちの本音』沙 柚 (著)という本に、「中国人の日貨不買運動を背後で操っているのは清華大学出身の聯想やTCLの経営陣である」という意味の文章がありました。
Posted by 森本 at 2008年01月15日 22:35
初めまして

前韓国の掲示板を見ていたら似たような議論がありました。
「日本人が日本製品ばかり使うのは愛国心が強いからだ」と言う話が出て
「日本に住んでみれば解るが、愛国心云々の前に日本人にとっては日本製品以外の物を使う必要がないからだ」と言う意見が出てました

日本製品使ってる韓国人も結構見かけますよね。
(その時の情勢にもよるけど)

中国の新聞だから記事がゆがむのは仕方ないか…

あと日本お断りの店は韓国にいっぱいあるみたいですよ。
Posted by 親指 at 2008年01月16日 00:06
韓国のやり方は汚い。
まず日本製品の売買を国内で規制します。
そして、日本会社から支援を受けて商品を作るか、日本の商品を違法にコピーします。そして、韓国内で売ったり、今では世界に売り出しています。

日本の技術を基盤にして作りだされてる商品でも彼らに言わせると韓国独自の技術となるわけです。

韓国曰く、韓国は他の発展国と競い合えるほどの追いついてきたみたいですよ。www

日本人が日本商品を買う状況とはまるで違います。
Posted by 汽車ぽっぽー at 2008年01月17日 04:06
1980年代に韓国の某半導体へ技術供与、その前に中国にTVプラント輸出(輸出と言っても技術支援含んだプラント輸出)で半導体技術支援経験。いずれも技術をお金で売ったのですが、中国のTVプラントは中国の官僚体制で大失敗。当方政府がらみあり支援しましたが、儲けなし(赤字)。韓国の某社の件も、酷いものでした。良く民度と云う言葉ありますが初めて判りました。その後、中国駐在を担当して、中国人は文書での契約など役立たない事、判りました。日貨不買に関しては、小生が
蘇州に滞在時に蘇州大学他の学生が全国の反日大事件の前にデモをやっておりました。打倒すべき日本メーカ、電機メーカから自動車会社から有名な会社をシャツの背中に書いて集団闘争やる幼稚なものでした。日本製品買うとその利益で軍事費の一部になると言うものです。そんな奴らがオメオメ日系企業に入社するのです。中国人には金儲けと内ゲバがDNAに刷り込まれていますが、共産党は反日をも刷り込もうとして社会の諸問題に目をそらしています。民度が高まる日は何時のことやらです。
Posted by 鳩ぽっぽ at 2008年01月26日 18:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。