2008年05月17日

のび太は悪口を言ってるだけではジャイアンに勝てない

しnさん

私はピーナツさんのような意見を聞くと、広い世界を見ようとしない、視野の狭い人だなあと思います

我輩はしnさんのような意見を聞くと、目の前の現実を見ようとしない、視野が広すぎて焦点が合わない人だなあと思う。

以前どこかで子供の言い訳と言う例を出したが、同じことを説明するのに、ここでは仮に万引きをして捕まった人がいるとしよう。そしてこの人は捕まった後、こう叫ぶのだ。

「オレの知り合いのXXが先週函館で万引きしたぞ。オレを捕まえるならあいつも捕まえろ。それこそ平等というものだ。それからYYは三日前名古屋で空き巣をしたぞ。オレを捕まえる前にあいつを捕まえろ。そうそう、昨日はZZが博多で強盗をやりやがった。あいつを捕まえてからオレを捕まえろ。万引きより強盗の方がひどいだろ。」

しnさんは、そうだ!強盗の方が万引きよりひどい(チベット人の方が日本の浮浪者より悲惨だというのと同じ形式)!だから目の前の小さな万引きよりも、遠くの強盗犯をまず捕まえろ!とこの万引き犯の主張に賛成するのだろうか。

そしてピーナツさんはただ単に具体的な例の一つとして浮浪者を取り上げたに過ぎない。それなのに、その例にくってかかるのでは「視野の狭い人だ」と判断されてしまうぞ。目の前に重い荷物をえっちらおっちら運んでいる老人がいたら手を差し伸べよう、電車で赤ん坊を抱いている人を見かけたら席を譲ろう、時間がある時に献血車を見かけたら献血しよう、つまりは身近なことから始めよう、できもしない遠くのことからではなくという意見なのだ。

なんだか自分の力を過信している人が多いが、我々は長野という自分の土俵でさえ中国に敵わない役立たずだということを思い出そう。

ドラえもんの舞台を借りてタトエバナシをする。ここに町内一のいじめられっ子がいる。そしてジャイアンにいじめられるのが嫌だと、のび太に助けを求めた。だがドラえもんはもういない。そしてのび太はそのいじめられっこの肩をもち、ジャイアンの悪口を言っていたら、ジャイアンにこてんぱにされてしまった。

言うまでもないが、いじめられっこ=チベット、ジャイアン=中国、のび太=日本、ドラえもん=強い国力ということだ。

いじめっこを助けたいならみっともない悪口など言っている暇はない、自分を強くすべきなのだ。

CNNが中国に謝罪した(CNNはチベット人の悪さだけを報道しろ!を参照のこと)。これは20年前なら考えられなかったことだ。上のタトエバナシでいえば、ジャイアンは隣町の番長にも負けないほどの力をつけているということだ。

残念ながら、のび太は真っ向勝負ではジャイアンに勝てない。まず必要なのはジャイアンのパンチをかわし、キックをいなすテクニックだ。そしてジャイアンと対等にやり合うにはドラえもんを呼び戻すことだ。遠くから悪口を言ってる場合ではない。

ということで短くまとめるつもりが長くなってしまった。また読者さんにしかられてしまうのぅ。





中国についてなにかを感じたら人気ブログランキング人気blogランキングをクリックして応援してほしい。多謝。

posted by 楼主 at 10:06 | Comment(15) | TrackBack(0) | 嗚呼日本
この記事へのコメント
このサイトは…
中国の掲示板から愉快なスレッドを選び、それを日本語に翻訳して紹介…するところだと思ったんですが〜

最近覗き始めたの者なのですが、今回のこのタイトルの書き込みは不快です。
<しnさんは、そうだ!強盗の方が万引きよりひどい(チベット人の方が日本の浮浪者より悲惨だというのと同じ形式)!だから目の前の小さな万引きよりも、遠くの強盗犯をまず捕まえろ!とこの万引き犯の主張に賛成するのだろうか。>
賛成するわけないと思います。
取り上げる例が陳腐です。
たとえとしておかしいです。
そうまでしてしnさんを落とし込みたいのだろうか〜と思ってしまいます。

そんなチベットのような、遠く現状も直に確認できない所の事柄に地道をあげる人々に、冷えた眼差しを向けたくなるのはわかりますが、上記のような陳腐なたとえをかますほどヒドイとは思いません。
上記の事に答えるなら、
「どこで、いつ、誰が、何をしようと、今お前のやった事は罪であり、許されるものではない」
でしょう。(よく考えると、中国の言い分に対する答えみたいですね)

私たちは、確かに身近に沢山問題を抱えています。
私なんかは、ぶっちゃけ日々の暮らしだって不安です。
人の事なんてかまっちゃいられない中で、たまには献血したり、募金したり。
でも、そんな身近な事って沢山ありすぎて、じゃぁソレを全部クリアしてない者は外国での事柄に関わっちゃいけないのか?ってコトですよね。
じゃぁ海外青年ボランティアなんて何なんでしょう…そんな事する前に、ホームレスのための炊き出しに行け!って事ですね。
それを解決してから海外に行け…となるのかな。

私たちが何かに支援したりする事って、ある意味自己満足だと思ってます。
世の中に色々ある事柄の中から、結局はチョイスして行うしかありません。
色々な人が、さまざまな事柄をチョイスする事で、まんべんなく世の中がまわっていくのではないでしょうか(援助にまんべんなく…はないかもしれませんが)
海外の支援や応援をする人も必要だと、私は思うんですけどね。
今、ことさらにチベット問題が取り上げられていますが、それは今まであまりに知られていなかった反動と、知らなかった事への罪の意識なんかもあるんじゃないでしょうか。
声高に中国人全てを否定する方々にはチョット引くものがありますが、純粋にチベットの人権や自由を願ってる人も大勢いると思います。
それらと距離をおく事に対して異論はありませんが、愚弄するのはいきすぎだと思います。

それから、
<いじめっこを助けたいならみっともない悪口など言っている暇はない、自分を強くすべきなのだ。>
まぁこれは、中国人の悪口を言ってる人に向けられてるんだと思いますが…
これらのやり取りは国の責任です。個人が強くても政治家がヘタレではどうにもなりません。
私達は総理大臣を選べないんですから。
究極は、モンクがあるなら政治家になれ!って事ですよね。
でも人にはそれぞれ向き不向きがあり、みんな政治家になれるわけじゃない…
となると、あとは世論で政治家に圧力をかける…しかないんじゃないでしょうか。
口汚い悪口はどーかと思いますが、それらがいつか大きな力になってくるかもしれません。(いいかどうかはさておいて)

長文失礼しました。
Posted by ごろね at 2008年05月17日 15:28
>ごろねさん

全員の意識を変えろってことじゃないのかね?
なんかこの頃の管理人さんは嫌われ役を敢えてしてるように見えるんだが。
中国人みんなが悪いわけじゃない、そんなのは日清戦争の時だって同じ。
でもそりの合わない中国人は現実問題いる。
そいつらに言いようにされないためにもこの国のことを真剣に考えることが出来る人が草の根で増えればいいと思うわけで。
つまり、政治家に向いてないとかじゃなくて、出来る範囲でみんなが「中国にはいい人もいる」だけでなく「ダメな中国人に対処するにはどうすればいいか」を話し合える土壌つくりをしていけばいいんでないかね?
今すぐが無理でも、俺らの子供の代には浸透しているように。
それまでは多分、我慢していくしかないと思うよ。
管理人さんの話しではないけど、長野であれだけいいようにやられることを容認する現状のこの国のTOPは、ズブズブに中国に犯されてると思っていい。
もう、戦う前から負けてるんだよ。今更騒いだって。
Posted by mi at 2008年05月17日 16:27
 結局、中国人は19世紀と同じ思想で21世紀を戦おうとしているわけなんだなあ。
力ずくで解決を図るのは、19世紀なら当たり前だったが、第2次世界大戦後の大きな枠組みの変動があり、帝国主義の時代は終焉を迎えた。
 ところが、中国人は帝国主義の手法で勢力拡大を図りたいわけだ。まあ、中華思想で行動すればそういう事になるわけだ。
 で、そういう手法に対する反発が、先の聖火リレーで吹き出しちゃった。中国人には理解できないだろうが、あの騒動は先進国の世論に相当大きな動きをつけてしまった。政治活動には無関心の日本でもかなり大きなチベットデモが起きるような情勢になってしまったのはそういうこと。
 それを糊塗しようとして長野に留学生動員したのだが、赤旗で掲げて当人達は満足なんだろうがそれは警戒感を抱かせるに十分な光景だった。そんなこんなで対中感情は悪化。
 そういう空気を読んだ福田総理は、五輪への出席について「事情が許せば前向きに検討してまいりましょうということであります。」と答弁。
それを聞いた胡錦涛は憮然としていた。
 それがどういう意味か判るかな?
Posted by F4 at 2008年05月17日 17:15
管理人さんへ

そろそろ本題の『中国の掲示板』を再開してみてはどうでしょうか?

十人十色で色々な考えも皆さんお持ちのようです。しかし、外側から見ると、水掛け論にしか思えない人も多いと思います。

『中国の掲示板』を楽しみにしてこちらのサイトに足を運んでいる方も多いと思います。
Posted by porepore at 2008年05月17日 17:26
自分の考えに賛同してもらってるから言うわけではないですけれど、こちらのブログを見るのに一円だってお金を払ってないんだし、こういう記事はやめてくれとか、どういう記事にしてくれとか言うのって、どうなんでしょうかね。僭越というか傲慢というか。
嫌なら黙って見るのを止めればいいのに、と思うんですが。
Posted by ぴーなつ at 2008年05月17日 21:58
ブログは、アンテナショップ的な意味合いもあるわけで。

日本の某宗教団体が使う手法なんだが、
団体所属の人間がブログを開設し、反宗教団体の立場を装って記事を書く。すると、その立場に同調する人々が意見を投稿する。要するに、宗教団体にとって不都合な人間たちにどんな輩がいるかを探るわけだ。このへんは、工作国家・中共の常套手法でもあるんだが。

まあ、ここの管理人さんがどうだかは言わないが、ブログ開設者にもいろんな恣意的な思惑もあることを疑った上で楽しむのがいい。





Posted by 大紀元 at 2008年05月17日 22:08
どうも暫く静観しておりました。笑

で楼主さんのご意見はもの凄く分かります。
あまり自分の意見書かないでおこうと思ったんですけど書かせて頂きますね。

>いじめっこを助けたいならみっともない悪口など言っている暇はない、自分を強くすべきなのだ。

確かにそうだと思います。楼主さんの例に突っ込むの悪いですけど、のび太とジャイアンの間には
言語の障害あったりします 笑
ジャイアンが怒っている時とか言語が分からない
ので分析して怒らせない用にする為の備えをしていません。(怒るとかじゃ無くても例えなので
嬉しがっているというのでもあり)

やっぱり相手の事が脅威というのであるならば
その備えをしなければならないと思いますし
中国人が分からない とだけ言って罵倒していたりしても何の解決にもなりませんからね。
なので言語勉強も兼ねてこのブログに足繁く通っている訳です。 笑
Posted by 読者 at 2008年05月17日 22:44
今回のは
例え話としてわかりやすく、楼主の意見を伝えるようになっているのでよいとおもいます。

沖縄とか北海道とか、まるで中国人の言いわけみたいなことを書きだしたときにはヒヤヒヤしましたよ。彼らは判で押したように同じ言いわけしますからね。まったく奴才とはよく言ったものですが、楼主のポジションも戻ってきたようでなによりです。
実際に新疆やチベットのほうや沖縄にも行ったことある私としてはいろいろ思うところあるのですが、もう書きこんだので言わないでおきます。
Posted by njr at 2008年05月17日 23:37
>なんだか自分の力を過信している人が多いが、我々は長野という自分の土俵でさえ中国に敵わない役立たずだということを思い出そう。

意味が分からんですわ。何が中国にかなわなかったのか、声がでかい・数が多かっただけでしょ。
勝ち負けの問題じゃないし、国力の問題じゃないでしょーに。

>CNNが中国に謝罪した(CNNはチベット人の悪さだけを報道しろ!を参照のこと)。これは20年前なら考えられなかったことだ。上のタトエバナシでいえば、ジャイアンは隣町の番長にも負けないほどの力をつけているということだ。

これも、ん??CNNは過去に何回も謝罪してるし、今回の発言はCNNに明らかに非があった。論理の飛躍も甚だしい。

管理人さんの言いたいことは何となく分かるし、相手を研究し、自分を磨けと言うのは同意ですが、例えがあまりにも無理がありますよ。

今の中国の軍事力で日本を侵攻する能力はないですし、
管理人さんは「中国を研究しろ、もっと知れ」と言うけれど、あなた自身が過大評価してると思うけどな〜。

凝り固まった反中で罵倒しかせず、中国を過小評価してる連中は論外だが、過大評価して脅威を煽るのも日中の緊張を招くんじゃないかな。
それにしても、日本人の中国評は両極端なのは何でだろ〜ね
Posted by ならず者 at 2008年05月17日 23:51
>>それにしても、日本人の中国評は両極端なのは何でだろ〜ね

どうして中国人に「ベッタリ友好」しようとしたり「総毛嫌い」になったりするんでしょうね?
 
要するに中国人を理解してないから、一気に反転する。
 
世界一「個人主義」の国であり、民族だと言うことを最低限知っていれば、付き合いようもあると思いますがね。
 
Posted by ジョー・豊 at 2008年05月18日 00:11
勝つとか負けるとか、日中関係の本質ではないと思うのですが。
今は国家ではなく、グローバル化した企業同士が国家のごとくかつての第一次世界大戦以降の世界情勢を再現しているような状況ですし、実弾は現金(これも俗に"実弾"と呼ぶ皮肉)に取って代わって領土を業界シェアに置き換えてドンパチやっている状況です。

それらの企業には、比率の違いはあれ様々な国の人が所属しており、もはやどこの国家、どこの国籍人というカテゴリーはなんら意味を成しません。

楼主さんはどういう意味で日本人は中国人に勝てないと言ったかわかりませんが、かといって私は特に負ける気もしません。(過去において一度でも中国に完全に負けたのなら中国化しているはず。)
始皇帝が中国を統一した頃、日本人はろくな国家すらない蛮族でしたが、その格差に比べたら今現在の経済力や基地外の数の違いなど屁のツッパリです。

中国は中国で発展するし、日本は日本で発展し、交流が進む・・・それだけではないのでしょうか?
Posted by 金珍宝 at 2008年05月18日 01:55
>金珍宝さん
そうですね。

何でも勝ち負けで考えるのは中国人がよくする事です。いつも自分が正しく、自分が他人よりも秀でていると思っている。中国人同士お互いを卑下し合っているので、お互いに会っても会話しない、挨拶さえしないのは日常茶飯事の事だ。

中国はお金儲けの舞台の一つなんです。世界中が中国だけに注目してると思っているが、自意識過剰なんではないかと思う。ビジネスパートナーのそれ以上でもそれ以下でもない。

日本を含む外国では中国は選択の一つである。逆に選択がないのは中国であって、諸外国が中国を使わないと中国は発展できない。でもそれを諸外国は敢えて言わない。ビジネスをするにあたって優劣をつけるのはおかしいからだ。昨今の先進国の流れではDiversity(多様性)を重要視している。国家、国民はそれぞれ違う背景、経歴を持っていてそこに優劣はない。お互いに尊重しようという動きがあるからだ。

ちなみに、私はこのサイトが好きです。
何故なら中国を批判するだけではないからです。
レスした人達の意見を取り上げて管理人さんの意見を始めに載せるのも良い方法だと思います。

管理人さんの大半の意見は私のとは違いますが、私はもっと違う人の意見を聞きたい。どんどん論議をしたら良いと思います。
Posted by もん at 2008年05月18日 05:11
のび太くんは腕力じゃジャイアンに敵わない。
だから知恵を磨け、ということならわかります。
でも『敵わない』から恭順しなさいと言ってるように聞こえるのは私の被害妄想なんでしょうか。
そして『敵わない』ことだけを強調して繰り返せば『刷り込み』になってしまいます。
中国人も日本人も『日本人が悪い』と刷り込まれてきました。
中国人が『日本人になら何をしても許される』と考える中で、日本人までもが恭順するだけだとしたら、中国の軍人が言ったように日本は無くなるでしょう。
それなのに桜主さんは『無駄だから抵抗するな』と仰るのでしょうか?
見掛けだけ恭順して内心では再興を決心するなんて強い意志を持つことがどれだけの人にできるでしょうか?
そんなやり方は結局は身も心も奴隷になるだけです。
もしそんなことをすれば、国際社会からも日本は望んで独立を捨てたと思われて、二度と独立できない状態になると思います。
ちょっと先走った話になりましたが、自分の国の現状認識が欠けた人が多いままで桜主さんの仰るような方向に行けば、そうなってしまうと思います。

ところで、被災地では生存者の救出を諦めて消毒を開始したところがたくさんあるそうですね。
広大な地域で何万単位の被災者に対して、日本のレスキュー隊はたったの60人です。
もし日本人が消毒でもしようものなら『毒を撒いた』と言われるのではないか?と心配してたら『日本への賛辞』がたくさん寄せられているとのこと。
『とっても胡散臭い!』と思っていますがw、日本のレスキュー隊の安全を思えば、そういう宣伝も必要なのでしょうね。
Posted by K at 2008年05月18日 08:59
「ドラえもん」の例え話はなかなか面白いですね。

今までは、のび太はドラえもんに“どら焼き”を差し出し、ジャイアンが横暴になる度に抑制することができました。

しかし、ジャイアンはますます腕力をつけてきています。頭も良くなってきています。一方で、ドラえもんの道具はだんだん役立たずになってきています。ドラえもんの要求は少しずつ増えてきています。“どら焼き”は、一つ、二つ、そして、三つ…のび太のお金は尽きてきました。のび太は一家の家計のこと“だけ”なら何でも詳しいママからお小遣いの前借をしました。でも…のび太はやっと気づいたのです。

「こんなこと永遠に続かない!」

さて、この後、のび太はどのような行動に出たのか?


Kさんの『無駄だから抵抗するな』というのは、論理の飛躍があると思うのですが、主張の全般には概ね同意できます。私も中国を信用していないし、これから先に待ち受けているだろう、日本が中国の属国に転落するのは真っ平ごめんです。当時の中国の事情がどうであれ、天安門事件の後に行われた、極度な反日思想の流布に見られるように、下手に出ればどういう処遇が待ち受けているかは肝に銘じておく必要があります。今回の震災の後の、日本の行動も非常に危惧している点は全く同じです。

地政学的な点から考慮しても、単純にアメリカから中国へと藩主が移るだけとは思いません。カリブ海や、中南米諸国がアメリカを恐れるように、ユーラシア周縁国は中国やロシアを恐れてしまうのは自然なことだと思います。


蛇足ですが…

ぴーなっつさんからの指摘は、私自身の軽率な振る舞いを反省したいと思います。

以前からコメントを寄せていたのですが、ここ最近のコメント欄を見る限り、新規参入者にとって、敷居が高く感じられました。管理人さんも、古参の人間同士のコメントは望まないだろうと思ったので、先のコメントを投稿しました。

私のコメントの、傲慢な振る舞いをこの場をお借りましてお詫びします。
Posted by porepore at 2008年05月18日 10:50
poreporeさんへ

そう、素直に謝られてしまうと、こちらが恐縮してしまいます。今、自分のコメントを読み返すと、必要以上にきつい文章にも見えて、もう少し表現を考えれば良かったと反省しきりです。こちらこそ、行き過ぎた表現をお詫びします。文章は難しいですね^^;
Posted by ぴーなつ at 2008年05月18日 13:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。