2008年05月18日

台湾独立志向の歌手ってどうなの?

ローソン中国人留学生大量採用 日本人より優秀だから?にセブンイレブンからのコメントとして

「外国人採用を増やす予定は現時点ではありません」

とあった。イトーヨーカドーは成都を拠点としてがんばっているが、今回の地震で被害がなかったか心配だ。がんばれイトーヨーカドー。そして上海にもぜひセブンイレブンを展開してほしい。

Kさん

でも『敵わない』から恭順しなさいと言ってるように聞こえるのは私の被害妄想なんでしょうか。

我輩はそんなつもりは金輪際ないので、おそらく我輩の表現力か、あるいはKさんの読解力の問題だろう。もし恭順しろと書いてある部分があったら修正するので、ぜひ指摘していただきたい。

ただし

残念ながら、のび太は真っ向勝負ではジャイアンに勝てない。まず必要なのはジャイアンのパンチをかわし、キックをいなすテクニックだ。そしてジャイアンと対等にやり合うにはドラえもんを呼び戻すことだ。遠くから悪口を言ってる場合ではない。

を恭順しろと言う意味に読まれてしまうのではコミュニケーションが成り立たない。

さて、今回の元スレはここだ。蔡依林というのは台湾の女性歌手だ。デビュー当時は香港のメディアから「少年キラー」との称号をもらっていた。写真撮影の際には浜崎あゆみのまねをしているといわれることが多い。

「『アジアの皇后』蔡さん、口が滑った時のリスト!!

セレブなんだから台湾問題が敏感なことだと知らなきゃいけないと思うんだけど

何度も何度もこういうのってどういう意味かな。

shenweigongzhongrenwu1.jpg
(私たちの国にも希望が出てきたかなって思うんです)」

shenweigongzhongrenwu2.gif
(私たち中国人のために頑張ってください)」

shenweigongzhongrenwu3.gif
(それから台湾人のためにがんばりますって感じかな)」

shenweigongzhongrenwu4.jpg
(最初は国外の香港です)」

shenweigongzhongrenwu5.jpg
(台湾ダンサー
中国のハードウェア)」







中国についてなにかを感じたら人気ブログランキング人気blogランキングをクリックして応援してほしい。多謝。

posted by 楼主 at 10:45 | Comment(5) | TrackBack(0) | 中華芸能
この記事へのコメント
楼主さん、前スレでなんか燃料投下したみたいですいません。楼主さんのおっしゃる意味は、多分理解しています。そして私のコメントもはしょりすぎていてすいません。

長文で恐縮ですが、もう一度聞いてください。

まず、あえて結論を断定的にいえば、楼主さんの心配は杞憂です。

中国人が長野に大挙押し寄せて国旗を振りまくったからといって、長野が中国化するわけではありません。各地でそのようなことをされたとしても同様です。いくら騒ごうともやらせておけとスルーして終わりです。翌日になれば何も変わりません。
仮に彼らが単なるお祭りを通り越して犯罪行為に及べば、それこそ機動隊が大挙押し寄せて、地元民と違い何の遠慮もなくボコられるだけです。

おそらく、楼主さんの論点はここかと思いますが、長野では、中国の圧力に屈して中国だけに旗を降らせたわけではありません。そちらには中国の旗の映像だけが報道されていたとおもいますが、当日は中国人だけではなく名だたる人権団体も日本入りしてちゃんと大規模な抗議活動を行っております。
(つづく)
Posted by 金珍宝 at 2008年05月18日 22:56
(つづき)
で、何が違うのかといえば、日本側の担当者が直接対決をさせなかっただけです。実力行使に出たのは極わずかで、映像としては確か地味かもしれません。
これこそ日本人ならではだとおもうのですが、聖火リレーというイベントと人権問題は別の話で、ランナーにドロップキックをかましたところで何の思想があるわけでもない同じ日本人同士だし、聖火が冒涜される以外に何の意味もありません。

そこを冷静に、チベット問題に関するパネルの展示やビラ配りといった実際に直接的な効果のある啓蒙活動に重点をおいた抗議活動を行っていたのです。(報道的にはまったく地味ですが)

中共が面子を潰されまいと現地留学生に聖火防衛マニュアルを配るのとは対象で、誰の指示があったわけでもないのに見事なスルーパスを決めたといえるでしょう。民度の高さを示しこそすれ、中国にしてやられたなどと思うのは、楼主さん、われわれ在日の日本人を見くびりすぎです。

あれは、やられたのではなく、やらせたのです。

ワールドカップの時、イングランドが負けたにもかかわらず、フーリガンは騒ぐどころか地元民にすっかり懐柔されてしまい、試合後は大通り公園(札幌)で朝まで地元民や対戦相手のサポーターと仲良く飲んでいただけでなく、挙句に、最後は皆と一緒に食い散らかしを掃除していたのを見たイギリスの記者が、信じられない光景を目の当たりにしたと言っていましたが、本質的にはそれと一緒ではないでしょうか?
(つづく)
Posted by 金珍宝 at 2008年05月18日 23:16
(つづき)
そういった前提のもと、では勝ち負けとは何なのかと言った時、もはや国家間によるイデオロギーや民族の違いを根拠とした実質的利益を伴わない単なる優越感の獲得の為のとしての全面対決で発生する各種の損害は、金融・経済がグローバル化した現代社会において優越感の代償としては許容範囲をはるかに超えている。

では実質的競合関係にある、国に変わる企業同士の争いにおいては、本社の場所や創業者の国籍としての誇りは否定しませんが、実際は人間も資材も多国籍に構成されており、特定の国家・国籍を強調することはなんら意味を持ちません。決して、民族的・歴史的なアイデンティティに意味がないということではありません。

いやそうではなく、それでもなお国家単位で見た経済力や技術力の勝ち負けにこだわりましょうというのであれば、繰り返しになりますが、現代は経済や技術が多国間をまたがって成り立っている為、ゼロサムゲームは成り立たなくてみんな一蓮托生であり、中国は中国で発展すべきで、それに伴い日本は日本で発展する、逆も然り。

中国人や日本人というカテゴリーでの対戦は、私的であったり小規模な分野でしか発生しえないということです。

まぁ、個人的には、「間もなく上海一市だけで日本一国を凌駕する。日本などもう存在価値はない。」などと言っている上海人が居るのを見て、むしろ日本は当分安泰だと思うわけですが。

長文ほんとにすいませんでした。

終わり
Posted by 金珍宝 at 2008年05月18日 23:49
>『敵わない』から恭順しなさいと言ってるように聞こえるのは私の被害妄想なんでしょうか。

不安を煽って意のままに操ろうというサヨクがよく使う誘導方法だから、そういう誘導に何度か瞞された人なら警戒するのは当然だと思う。
追求されないように敢えて結論を示さないが、文面を読めばそういう結論が出るような書き方をするのが、彼等のやり口だから。

 確かに日本に結構な数が来ている中国人は、工作員を含むわけで、さらに帰化した連中はもっと厄介。急速に進む中国軍の拡張も脅威である。
 だが、彼等の行状を見ていると根本に問題があるような面があったりする。それを克服出来ればマジでヤバイ。だから、中国国内で地震の被害者に対して募金するような動きがあることに危機感を覚える。

 中国が、サブプライム問題で世界的に経済が縮退している状況に、猛烈な資源の価格上昇ついでに食糧の価格上昇&今回の地震による被害(貯水ダムが多数被害を受けて干魃が起こるらしい、食糧生産が減少する見込み)にどう対処するか注視している。
 困難を乗り越えられれば国力が増大するが、失敗すれば国力は低下し我々の脅威が減るからな。

 まあ、日本も相当しんどい状況なんだけどね。小麦売り渡し価格を4月に30%上げてパンなどのメーカーが数%の価格上昇で済ませようとしているけど、現在の輸入価格って4月に決めた価格より既に上回っているから今後の値上げは確実な情勢。家計直撃するからマスゴミが国民の不満を煽りやすい状況になっている。
Posted by F4 at 2008年05月19日 06:54
『国籍に意味がないわけがない』を読んで少し安心しました。
桜主さんが『変化球を学べ』と言う以上に、『勝てない』ということを不必要に繰り返しているように感じたので心配してしまいました。
中国は聖火リレーで世界中の警戒心を呼び起こしました。
国民が腹を立てているのに各国の政府は中国に対して独特な遠慮があったという共通点は変な感覚はありましたけど…。
でも、今後、国際社会は中国に対して今までとは違う対応を取るかもしれません。
そうなれば、ジャイアンはのび太では無く先生と対峙するわけですから、そうなるようにと祈らずに要られませんw

ところで日本のレスキュー隊は案の定、生存者の可能性のほとんどないところに配置されているようです。
『軍が仕切る現場で日本隊に生存者を発見させると思うか?』だそうです。
軍と違って政府は今のところ融和的ですね。
国際社会の反応以外に胡錦濤に対するデモやパンダ受け入れに97%反対というアンケート結果も影響したかもしれません。
喜ばしいことです。
Posted by K at 2008年05月19日 10:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。