2008年05月19日

四川の震災区は泥棒にとっての天国

車を運転して人民公園の前を通り過ぎようとすると、なんだか両脇にものすごい数の人が集まっていた。そして別の建物の前にも恐ろしいほどの人が整列していた。

ほほう、例のあれだなと思いつつ、車を走らせていると、空襲警報が鳴り始めた。すると歩行者はすべて立ち止まり、車もその場で動かなくなった。

時は午後2時28分。どうやら数日前に四川で地震が起きたのと同じ時間のようだ。

その時ちょうど横にあった美容室は、店員をすべて歩道に整列させ、黙祷していた。それをニヤニヤした顔でビデオカメラに収めているのはおそらく店長だろう。

両側の歩道には黙祷している人もいれば、隣の人たちと話をしている人もいる。

ずいぶん長く感じた3分が過ぎ、美容室の店員は笑顔を取り戻し、人々は歩きはじめ、車はのろのろと動きだした。

さて、四川の地震での被害者に対して黙祷をささげ、ものすごい額の寄付をしている漢人だが、もちろんとんでもない輩も中には混じっている。今回はそのニュースをお届けしよう。元スレはここだ。
「公安特別警察が震災地の北川で28人の窃盗犯を逮捕した

 ニュースのポイント:5月17日までに、震災地である北川で任務を執行している重慶の特別警察が震災地区でどさくさにまぎれて窃盗をしていた28人を逮捕し、携帯電話を18個、現金3万元以上を押収した。

 人民ネット 5月18日 震災地区である北川で任務を執行している公安の特別警察は社会の治安を守り、被災現場の秩序を守る責任を負っている。震災発生後、自らの危険を顧みず他人を救出する人もいれば、ボランティアや行方不明の家族を探すなどの名目で、実は窃盗を繰り返していた人もいる。5月17日までに、北川の被災地で任務を執行している重慶の特別警察は被災区でどさくさにまぎれて窃盗を行っていた28人を逮捕した。押収した携帯電話は18個、現金は3万元以上にも上る。北川県中心にある地震で崩れ落ちた金を取り扱う店の横で、5名の男女が落ち着かないそぶりで、全員が金の指輪をはめていたため、調べてみると、すべてが盗んだものだった。」

「ひっでー その場で銃殺にしろ。」

「ろくでなし!人のクズ!」

「その場で処刑。」

「銃殺は甘やかしすぎ、死ぬ前に人の役に立つことをやらせなきゃ
器官を必要な人に寄付させよう」

「今すぐ処刑(楼主注:昔の裁判官が使ったセリフ)」

「決定事項:似たような事件は震災地区の人民に全面的に処理を任せる!」







中国についてなにかを感じたら人気ブログランキング人気blogランキングをクリックして応援してほしい。多謝。

posted by 楼主 at 18:44 | Comment(11) | TrackBack(0) | 盗み
この記事へのコメント
この手の話は割りと聞いた事があったな、外国では。
日本ではこんなこと起こらないだろうと思ってたけど、新潟であったんだよなー。この手の阿保はマジ死んで欲しいっすよ。
Posted by 通りすがり at 2008年05月19日 23:07
うーん。
ご指摘の選挙に関する問題ですが、これこそ楼主さんには釈迦に説法で一番肌で感じているとおもうのですが、洗脳された漢人が一致団結して日本をどうにかする前に、間違いなく途中で内輪もめで自爆すると思います。

それどころか、海外旅行に行く中国人が一番気をつけるべき相手が現地の中国人という状況で、日本に寝返る中国人の方がよっぽど多いでしょう。

それに、もしそれができるのあれば今ではなく、もっと過去にそうなっていたはずですし、アメリカがそうなっていなければおかしいです。

確かに、中国圏のコミュニティーはアメリカで現実に上院に議席(アメリカ人だけど)を持っています。しかし、まったく勢力にはなりえておりません。

横浜中華街の華僑社会でも、近年の婚姻はほとんどが日本人と結婚しており、日本人を飲み込むどころか伝統的なコミュニティーは希薄化して日本社会に融合しつつあり、長老格の人が「それ自体は良いことだけれども寂しい」という状況です。

これは中国に限らず韓国・朝鮮人にも言える傾向です。やばいのは日本ではなく、むしろ影響力がどんどん低下している彼らです。だからこそ必死なのでしょう。そして中国の暴走を一番恐れているのはほかでもない華僑です。
(つづく)
Posted by 金珍宝 at 2008年05月19日 23:44
(つづき)
一番よい例としてはシンガポールかとおもいますが、シンガポールと日本を比べてもらっては困りますし、むしろシンガポールですら華僑の影響力は絶大でありながらそれに見合うほど中国化されていません。

そして中共の指示で暴れる程度の輩がいかほどのことができましょうか? 聖火リレーで必死に旗を振るのが誇りなどと考えている愚かな連中に、それ以上何ができるというのでしょうか? それが帰化人だったとしてもです。

果たして確固たる信念を持って日本を中国化しようという知力と体力を備えた人物が登場したとして、ある程度のところで内輪もめが起こり自滅するでしょう。

アメリカの大学で王さんという留学生が、人権派学生と中国人学生がにらみ合いになったとき、仲裁に入っただけで中国人学生から売国奴と罵られ、本土の家族は晒される。国内が危うすぎてよその国をどうにかしている場合じゃないです。

ご指摘の台湾人も、台湾として日本を窮地に追い込むことを望んでいたのでしょうか? そうではないはずです。

なぜオリンピックが国家開催ではなく都市開催なのかというオリンピックの精神も理解できずに、中華思想の麻薬でラリって始まる前から早くも手段と目的を取り違えている愚民どもが、なんぼのもんでしょうか。

中世と違い、今は馬鹿の寄せ集めでは勝負できない時代であり、中国のその戦略はむしろ時代遅れもいいところでしょう。

長文失礼しました。
Posted by 金珍宝 at 2008年05月19日 23:45
戦時中の、馬鹿の寄せ集めである日本は一致団結していたのだろうか・・・
Posted by 夏 at 2008年05月20日 00:45
>新潟であったんだよなー

新潟の時は中国人も混じってました。
Posted by may at 2008年05月20日 02:29
>新潟の時は中国人も混じってました。

ほんとに?
Posted by gengorou at 2008年05月20日 07:45
都市部からボランティアが続々入ってるようですが、驚いたことに観光気分の人もいるようです。
ミニスカートに網タイツでハイヒールを履いたおばちゃんが『ボランティア』だとレポーターに答えたのにはビックリしました。
その赤いキュートなバッグは何なのよとテレビに向かってツッコミましたw
中学校で行われた募金のヤラセの映像もyou tubeで見ましたが、ヤラセの募金やボランティアでも一定の成果があるようで何だかなぁと思ってしまいます。
Posted by K at 2008年05月20日 09:18
>>金珍宝さん

寝返ったところで憎い日本のためには戦わないだろう・・・。
たぶん共倒れを狙うだろうから、どっちにしろ敵にしかならん。
それに、希望的観測だけで状況を組み立てるのはどうかと思うぞ。
常に最悪のケースを想定し、それでも生き残ることを考えるのが政治だと思う。
まあ、戦争に巻き込まれた段階で経済的には負けに等しいんだけどね。
現代戦はとかくお金が掛かるし、たとえ勝てたとしても、中共から賠償金なんて出てこない。
だからこそ戦争に巻き込まれない抑止力が必要なんだけど、残念ながら日本にはそれがない。
たとえ世界が後ろ指さそうが、いざとなれば中国は戦争(紛争)を起こせる国。日本は起こせない国。
つまり、ジリ貧なわけですよ。
Posted by mi at 2008年05月20日 12:13
>gengorouさんへ
日本のニュースサイトはすぐ記事を消してしまいますが、それに就いて当時ブログを書いた人は山ほどいるので参考までに
http://blog.goo.ne.jp/jun-propela/e/2d1dfefe939472ba665d417d8315e8b7
Posted by may at 2008年05月20日 14:57
日本国籍があれば、元中国人でも日本人ですよね。
Posted by ↑ at 2008年05月21日 03:07
韓国人うぜえ
Posted by ちぬ at 2008年05月23日 14:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。