2008年05月29日

谷歌(グーグル中国)の素晴らしい演技

今回の元スレはここだ。

「哀悼と団結の曲線
投稿者:方坤 中国エンジニアリング研究所エンジニア

四川大地震――ここ三十年に華夏の地(楼主注:中国を誇らしげに呼ぶ時の呼称)に舞い降りたこの最大の災難は、中国全体を大きなショックと悲痛に陥れた。ほんの数日前までは、『地震』というのは自分とまったく関係のない言葉のようだったし、被災地の地名も分厚い地図帳の中に人知れず潜んでいた辺鄙な場所だった。しかし今日、全てが変わってしまった。

我々がいつも通り谷歌(楼主注:Googleの中国語訳、グーグル中国のこと)サーチエンジンのデータを整理し分析していると、これまでに見たことのない曲線が現れた。そしてこれが何を意味するのかがわかった瞬間、我々の目は涙に濡れた。

グーグル中国も哀悼


2008 年 5 月 19 日 14 时 28 分に、全国の人民が三分間の黙祷をささげ、四川大地震で被害に遭った同胞に哀悼の念をあらわした(楼主注:四川の震災区は泥棒にとっての天国に当日の上海の様子を書いた。また、もちろん全ての人が悲しんでいるわけではなく、全国哀悼の日に麻雀で負けてイライラしていた人もいる)。

中国のネチズン――彼らの中には谷歌を通じて生活や仕事や勉強に必要な情報を検索している人がたくさんいる。しかしこの瞬間、彼ら――中国のネチズンは、九百六十万平方キロメートルの神州(楼主注:中国を誇らしげに呼ぶ時の名前)の大地に散らばっている中国のネチズンは、標準的な中国語を話す中国のネチズンと四川、、陕西、河南、浙江、広東、安徽、貴州、福建なまりの中国語を話す中国のネチズンは――この瞬間、キーボードとマウスから手を離し、起立し、頭を下げたのは、彼らの祖国のために、彼らの同胞のためだった。その瞬間、空気までが厳粛だった。

全ての人がこうしたのだ。誰も監督せず、そして監督など要らなかった。この谷歌の検索データの曲線が全てを説明している。

あの瞬間、谷歌のすべての社員が仕事の手を休め、ミーティングルームに集まり、地震で不幸な被害に遭った同胞に、そして我々多災多難の民族に黙祷した。しかし我々のデータ収集機は仕事の手を休めておらず、黙々とこの急降下した曲線を記録していた。

2008年の不幸が我々をここまでも一致団結させ、2008年の不幸が我々をここまで国家に親しみを感じさせた。

もし機会にも感情があるとすれば、もし我々のデータ収集機がこの曲線に表現された意味を知ったら、涙を流すだろうか?

あるいは、感動するだろうか?なぜなら彼らがみたものは――

偉大な民族が、巨大な悲痛の中で頭を下げた。そして涙を拭いた後、その頭はこれまでにないほど高く挙げられるのだから。」
これはなかなか素晴らしいパフォーマンスだ。文化大革命当時から今でも全く変わっていない漢人社会では、「自分もみんなと同じだ」と表明することがとても重要だ。中身がそれに伴っているいないはどうでもいいが、とにかく表明しなければ文化大革命当時と同じように、リンチが待っているからだ。なにしろ寄付を他人に強制する気質が社会全体にあるということを思い出そう。

そしてもう一つ素晴らしいのは、具体的な数字がグラフに登場しないということだ。中国のサーチエンジンは百度がダントツでトップで、谷歌などはほとんど使われていないので、実際の数字を出してしまうと恥をかくだけだ。したがってここでは谷歌というその名が示すように、グラフに谷ができたと大喜びするだけで効果がある。このグラフがあちこちの掲示板に転載されていることからも、この宣伝は大成功だといえる。








中国についてなにかを感じたら人気ブログランキング人気blogランキングをクリックして応援してほしい。多謝。

posted by 楼主 at 10:15 | Comment(4) | TrackBack(0) | 技あり
この記事へのコメント
気持ちの悪い国だ。
思想教育なんかに染まるものかと、思っているが、
あの国で生きてると、染まってしまうのか。

旅行などで、中国人と話していて、よく聞く言葉。
「中日友好」
こういう思考回路も気持ち悪い。
個人対個人で考えられないのか。

スローガンや、上記の国家賛美の記事など、
個人が書いている気持ち悪さを中国人は感じないのか。
Posted by 目が点 at 2008年05月29日 13:50
思想教育ならわが国も負けてませんよ?
成人するまでこの国大っ嫌いで統一教会の合同結婚は未来志向で良いことだと思ってたもん
Posted by mi at 2008年05月29日 20:29
>偉大な民族が、巨大な悲痛の中で頭を下げた。
日本なら、内心思ってたとしても、こんなこと言ったら周りの人がみんな赤面しちゃいますよねえ。

ところで、自衛隊機断られちゃいましたね。
やっぱりというか何というか。
Posted by K at 2008年05月30日 09:19
ようするに、本当に可哀想だからとかじゃなくて
哀悼するために団結する自分たちがすばらしいって自己讃美してるだけでしょ。被害者をだしにして。しかしこの哀悼日に対する行為は漢人は
何年続くことやらw
Posted by 影丸 at 2008年06月02日 11:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。