2006年05月15日

ノウミソが腐った中国人

これまでにいくつもノウミソの存在が感じられないような中国人を紹介してきたが、今回のはさらに強烈だ。これが元スレだ。覚悟を決めて続きを見てほしい。

衝撃の写真を見る!


posted by 楼主 at 13:41 | Comment(4) | TrackBack(0) | お笑い

2006年05月16日

気まずい授賞式

元スレはここだ。

「1

gangadeliangjiangshike1.jpg

この続きをみる
posted by 楼主 at 11:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | お笑い

2006年05月19日

クールな教師

元スレはここだ。

「この統計学の先生は、仙人というより、機転がきくというべきかな。

 初めての授業で----

 先生がこういいました『私のクラスでは、リラックスしてください、朝ごはんを食べてもかまいませんが、栄養をつけなければなりませんので、ステーキなら大歓迎ですが、そのほかのものを食べているのはみたくありません;寝るのもかまいませんが、必ず布団をしっかり掛けてください……』

 学生たちは大笑い。

 先生は続けて言いました『私が最も気にすることは、携帯は必ず気ってほしいということです、というのも睡眠中のクラスメートの邪魔をすることは絶対に許しがたいからです。』学生たちはまたも大笑い。
  
 期末テストのときに、学生たちは必死に答えを書き込んでいましたが、終了のベルがとうとう鳴り響きました……先生が答案用紙を集め始めると、一人の学生が慌てた様子で解答用紙の下に1000元を隠し、『1点10元でお願いします』と書いたメモ用紙といっしょに渡しました。

 この学生は得意げに先生に向って『ok』というジェスチャーをすると、先生も同じように『ok』のジェスチャーで答えました。次のクラスで、テストの結果を配るとき、この学生は『今回は100点間違いなしだな』と思っていると、なんと(続きを読む前に、この先生がどうしたか考えてみてね)考えてから続きを読む
posted by 楼主 at 12:01 | Comment(3) | TrackBack(0) | お笑い

2006年06月03日

乞食がエイリアンから地球を救った!

中国には乞食が多い。どれだけ儲けをつくれるかは、どれだけ人を多くひきつけられるかによるところが多いようだ。他の乞食より自分のほうに人の注意を引くために、熱心に研究が行われているという。他の乞食との競争があるからこそ、その技術は日進月歩で、乞食業界はレベルアップを続けているようだ。

そんな乞食業界に、とうとう天才が現れた。この乞食は、なんと地球侵略を試みたエイリアンの手から地球を救ってくれたのだ!この感動的な話はここで見つけた。

感謝の気持ちを込めて続きを読む
posted by 楼主 at 12:29 | Comment(5) | TrackBack(0) | お笑い

2006年06月16日

お皿を割ったのはお母さんだよ

自由さん、チェックしてみたら中国は憲法第四十二条で労働の権利について規定しているようだ。以下、こなれていない日本語だがざっと訳してみた。

「第四十二条中華人民共和国公民は労働の権利と義務を有する。

国家は各種の方法で、労働就業条件を創出し、労働保護を強化し、労働条件を改善させ、同時に生産を発展させる基礎の上で、労働報酬と福利待遇を向上させる。
労働は労働能力をもつ全ての公民の光栄なる職責である。国有企業および都市と村の集団経済組織の労働者は国家の主人公としての態度で自らの労働に励む。国家は社会主義労働競争を提唱し、労働模範と先進工作者を奨励する。国家は公民がボランティア労働に従ずることを提唱する。
国家は就業前の公民に対し必要な労働就業訓練を行う。」

居住権に関してはこんなものが見つかった。ほんの一部をサクっと訳してみる。

「1975年《憲法》で公民の居住と移転の自由を憲法の条文から取り消したあと、1978年《憲法》および建国以来最も優秀だといわれる1982憲法で居住と移転の自由の規定を回復していない。改革開放以来四度の修正でも公民の居住と移転の自由権は回復されず、また新たに確立もされていない。」

さて、今回の元スレはここだ。

「母親と息子は食器を洗っているとき、父親と娘はテレビを見ていたが、突然、お皿が床に落ちて割れる音が響いてきたが、そのあとには何の声も聞こえなかった、すると娘は父親を見て、こういった『お皿を割ったのはお母さんだよ。』

『どうしてお母さんだとわかるんだい?』
どうして分かるのか答えを読んでみる
posted by 楼主 at 00:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | お笑い

2006年07月19日

教師に楯突くすごい学生

元スレはここだ。

「こんなすごい学生には、教師たちは注意してね
一、
高校のころ、隣のクラスの生徒が見事なことをしでかした。
教えるのがへたくそな先生が授業をしていると、彼は手を挙げ、『電話をかけたいんですけど……』と言い始めた。
『授業中に電話とはなにごとだ?』と先生が不機嫌そうに聞いた。
『110番通報するんですよ!ここに教壇でお金を騙し取ってる人がいるってね!』
クラス全員が爆笑する中、先生は言葉を失った。

続きを読む
posted by 楼主 at 11:18 | Comment(3) | TrackBack(0) | お笑い

2006年08月06日

中国語が分からないと…

中国の携帯が遅れているのではなく、日本の携帯がずば抜けて進んでいるだけということを、中国の名誉のために書いておく。

今回の元スレはここだ。自分が知らない文字に憧れを感じる人が多いが、これは変な中国語を使ってるガイジンに関してのスレッドだ。

budongzhongwendehouguo1.jpg
これはもちろんニワトリだが、中国語には売春婦という意味もあるので、女性が自分で自分のことを売春婦といっていることになり、大笑いできる。
続きを読む
posted by 楼主 at 20:33 | Comment(5) | TrackBack(0) | お笑い

2006年08月07日

ようやくガイジンを騙せたよ

前回の中国語が分からないと…は好評だったようで何よりだ。

携帯について日本が例外的に進んでいるという話をしたが、ニューヨークでは「ぴったり小銭」が必要という記事の中でこのようなまとめの文があった。
ニューヨークでは携帯で商品代金を決済したり、JR運賃を支払うなんてワザは100年経っても無理なような気がする。
日本以外ではこのような状況が一般的なはずだ。

さて今回の元スレはここだ。

「さあ、さあ、さあ、遠慮せずに

tanyu1.jpg
とりあえず続きを読んでみる
posted by 楼主 at 20:15 | Comment(6) | TrackBack(0) | お笑い

2006年08月08日

まったりとインターネット

昨日の画像は評判がよくなかったようなので、お口直しの画像を一発芸で紹介しよう。元スレはここだ。

ゆったりとした気持ちで写真を見る
posted by 楼主 at 20:37 | Comment(7) | TrackBack(0) | お笑い

2006年08月13日

ガラス窓を割ってしまった…

いよいよこの管理画面につながりにくくなってきた。中国の規制に引っかかる日
も近いのかもしれない。

Kさん
>どんな意味があって名前に『皮』なんて字を使うんでしょうね? 『童童』は大人になっても『童』?

日本語で訓読みにすると「かわ」などとおかしな感じになるが、中国語では「おちゃめな」とか「おてんばな」というような意味があるので、不思議ではない。『童童』に関しては、翻って日本語の例を挙げてみるが、日本語で「貞子」という名前があったとして、日本で漢字を習ったガイジンが「子」は子供の意味だから、大人になっても「貞子」という名前を使うのかと疑問に思うのと同じことだと考えていただきたい。

さて今回の元スレはここだ。ちょっと読みにくいので、読みやすいように行換えして紹介しよう。

「ある夫婦が一緒にゴルフをしていたが、そのゴルフ場は高級住宅に囲まれていた。

夫:『ショットの時には気をつけなさい、高級住宅の窓ガラスを割ったら、弁償するのも大変だからさ。』

妻:『はいはい!分かったから!邪魔しないでよ。』

そしてゴルフボールが飛んでいくと、窓ガラスを割ってしまった。

夫:『おいおい!謝りに行かなきゃならないな。』

そして歩いていくとドアをノックした。

『入りなさい。』という声が中から聞こえてきた。

夫婦がドアを開けてみると、床には粉々になったガラスが散らばっていて、骨董品の瓶も砕け散っていた。

ソファーに座っていた男がこう聞いた:『ガラス窓を割った人はそなたたちかな?』

夫:『そのとおりです!申し訳ございません!』

男:『謝る必要はないのだ。こちらからお礼を言わなければならないほどなのだよ、ありていに言おう!我輩は魔人で、この瓶の中に千年も閉じ込められていたのだ。あなた方は我輩を助けてくれたので、一人一つずつ望みをかなえて差し上げ、三つ目の望みは我輩自身に残そう。』

夫:『やった!生きている間、毎年三百万もらえるように。』

男:『よろしい!あなたの口座に三百万がすでに振り込まれた。』

妻:『私は世界中に大きな家がほしい。』

男:『よろしい!契約書はすでに送られた。』

夫婦が大喜びしながら、魔人に聞いた:『それではあなたの望みはなんですか?』

男:『瓶の中に千年も閉じ込められ、女っ気が全くなかったので、我輩の望みはあなたの奥さんと***をすることだ。』

もうほしいものを手に入れたのだから、一度くらいどうってことない、と夫婦は結論を出した。

魔人は奥さんを二階に連れて行き、***のあと、疲れてベッドの上に横になり、タバコに火をつけ、奥さんに向ってこう聞いた:『あなた方は今年いくつになるのかな?』

妻:『二人とも三十五です。』

魔人の驚くべき正体とは?!
posted by 楼主 at 20:07 | Comment(6) | TrackBack(0) | お笑い

2006年08月16日

ジョークをいくつか

いよいよここの管理画面につながりにくくなってきた。引越しを考えなければいけないかもしれない。皆さんのコメントさえ見ることができない状態だ。

さて、今回の元スレはここだ。

「1.ネコがネズミに罰を与える方法
ある家に一匹の白いペルシャネコがいて、小さいころから聞き分けがよく可愛かったが、ある日、ちょっとおかしいこの家の人たちが、テレビが面白いので、ネコにもテレビを見ることを覚えさせようと、ネコをテレビの前に連れてきたが、ネコは必死に嫌がったので、この家の人たちはネコをテーブルに押し付けるようにして無理やりネコにテレビを見させた。ある日この家の人たちはネズミを買ってきてネコに捕まえさせようとしたが、ネコはネズミを怖がって、ネズミもまたネコを怖がって、二匹とも家中を走り回った。そして次第に、二匹は仲良くなり一緒に遊ぶようになった。ネコはネズミの毛並みをそろえてやったりもした。するとネズミは大胆になり、ある日、ネコの餌を食べてしまった。この仕打ちに、ネコは怒りだし、ネズミを口にくわえるとこの家の人は『とうとうネズミは食べられるぞ』とワクワクしていた。すると…
ネズミの運命はいかに
posted by 楼主 at 22:57 | Comment(1) | TrackBack(0) | お笑い

2006年08月31日

このイヌはすごい

今回の元スレはここだ。

「みんな見て見て~

henlihaidegou1.jpg

続きを読む
posted by 楼主 at 20:50 | Comment(3) | TrackBack(0) | お笑い

2006年11月26日

パックしなくても大丈夫

Hageちゃんさん
日本も最近、民度低すぎて中国のこと悪くいえなくなって来ました。 ゴミ処理がほとんど有料になったので、不法投棄の嵐です。 ささいな事、お金の事で殺人、人を平気でだます、しかも弱い人を狙って。
日本で漢人がこれだけ悪さをしていれば、おつむの足りない日本人がそれを真似しだすのも自然な流れなのかもしれんのぅ。悪貨は良貨を駆逐するというイギリス人の言葉が思い出される。
「クーラー効いてないからお金返せ」という人
これは漢人の名誉のために書いておくが、中国ではクーラー付きのバスとクーラーなしのバスでは料金が違っている。これはクーラーのスイッチがオンになっているかどうかではなく、クーラー付きかそうでないかによって料金が設定されているようだ。

Kさん
中国製の正規版のウィルス対策ソフトが悪いんじゃ?
ということを言いたくて立ち上げたスレッドのようだ。日貨排斥などと騒いでいても、国産のものを信頼できないのだから哀れだとしかいいようがない。

さて、ここ一週間ほど、上海では珍しく雨が続いている。寒い上にジメジメして過ごしにくいのだが、この天気に関してのスレッドを紹介しよう。

「グッドニュース もう女性はパックしなくてもいいんだ!!

へへ このところ上海の湿度は85%以上をキープ!!私は高層マンションに住んでるんだけど、部屋の中の湿度は85%だから、女性は保湿のためにパックなんてしなくてもいいよね。
男性も強制的に無料でやってることになるんだけどね。へへ
このまま雨が続けば、地下鉄とか、オフィスとかでみんなが白い毛に包まれてても不思議におもわないでね」
白い毛というのはカビのことだ。
続きを読む
posted by 楼主 at 19:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | お笑い

2007年01月09日

女はうそつきだ!

日本では女心と秋の空は移り変わりが激しいとされてきたが、我らが中国ではそれを大きく超える研究結果が発表された。その研究結果とは、タイトルにあるとおり
女はうそつきだ!
という驚くべき内容だ。衝撃の元スレはここだ。心の準備をしてから続きを読んでいただきたい。
心の準備ができたから続きを読む
posted by 楼主 at 21:37 | Comment(4) | TrackBack(0) | お笑い

2007年01月12日

男の証明

先日iza(イザ!)に要望を書いたが、まだ改善されていない。といいつつもブログを申請した。口畏!人民!服務!では中国に関した四方山話を、また出来事では我が国に関したものを書いていくつもりなのでよろしく、である。

さて、漢人世界では女性の地位が高いとよく言われる。特に上海では「共働きの夫婦でも、仕事から帰ってきた男性が料理洗濯掃除などを担当する」という話をよく聞かされる。確か半数ほどの家庭ではいまでもそのような状態だという記事を読んだことがある。

そんな漢人世界では、男性が女性にいじめられることがしばしばあり、今回のスレッドでは、けなげに多数の女性に立ち向かう男性の様子が描かれていた。

「今日の午後女性の同僚たちに囲まれて話をしていると、そのうちの一人が急にオレが男じゃないなどと言い出した

 頭にきて、こう言ってやった、男じゃないだと、それならオレのあれを見せてやるってね

 すると同僚たちは笑うばかりで本気にせず、それどころか、見せてみなよ~~~~~~~~~~とか言い出す始末

だから…
ここまで言われて見せなかったら男が廃る!
posted by 楼主 at 20:05 | Comment(5) | TrackBack(0) | お笑い
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。