2007年01月31日

トイレでむやみにおしゃべりすると…

元スレはここだ。

「週末のある日、ある博物館へ行くと、便意を催し、男子トイレに急いでいきました。トイレに入り、すぐに鍵をかけ、ズボンを下ろし、準備万全となりました。すると突然、となりから、男の声で話しかけてくる人がいました:

『おーい、ブラザー、元気かい?』

普段は男子トイレで他の男性とおしゃべりしたりしないのですが、あの日はなぜか、何気なく、『まあまあかな。』と答えてしまいました。

精神を集中させ、全身の力をこめてやるべきことをしていると、隣からまた声が聞こえてきました:

『今日はこれからなにをする予定?』

この男はちょっとひどすぎる、と思いました、なんといってもトイレの中でなれなれしくするなんてありえませんよね?ひょっとしてさびしい人なのかも?と思い、答えたくなかったけれど、やっぱり答えてあげました、『ここの展覧会を見たら、家に帰るけど』と。

『あとでこっちに来てくれないかな?』

ここまでくれば、私にもこの男がどんな人間なのかわかりました:変態のゲイか、精神病患者だと。そしてもう我慢できず、こう言ってやりました:

『バカ野郎!もう話しかけないでくれ。』

するとそれっきり男は黙ったままでした。私はようやく一息つきました。こんなバカには、びしっと言ってやったほうがいいのです。すると突然、隣からまたこんな声が聞こえてきました:
その恐ろしい言葉とは一体!?


posted by 楼主 at 18:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | お笑い

2007年02月28日

アメリカに行って中国のよさを再確認

元スレはここだ。

「アメリカに行ってきてアメリカが中国よりずっと劣ってるってわかったよ!

中国ではほとんど全員が自転車をもっていて、一家に何台もあるのが普通で、値段も中国では二百元ちょっとで、道路には広い自転車専用車線まである。

 一方アメリカでは、自転車は七八十米ドルもするから、人民元に換算すると600元を超えることもあって、値段が高すぎると思われているのが普通で、だからアメリカで自転車に乗るのは金持ちの暇つぶしのためのスポーツってところ。自転車専用車線に関してはごく少数の公園の中にある程度。

続きを読む
posted by 楼主 at 14:13 | Comment(8) | TrackBack(0) | お笑い

2007年04月05日

かっこいいかな

元スレはここだ。

「みんなみてみてこの男はかっこいいかな?自分ではかっこいいと思ってるのに、妻はかっこ悪いって言うんだけど?みんな公正な意見を聞かせてくれるかな?口汚い言葉は慎んでください

かっこいい男の写真を見る!
posted by 楼主 at 20:01 | Comment(5) | TrackBack(0) | お笑い

2007年07月04日

携帯電話中国式使用法

わか (システム屋)さん
>チェックコードが1桁なんだったら式もそれに合わせて作れば良いのに…
まさにそのとおりで、数字だけでいいなら、データベースに格納するときも、入力チェックをするときもずっと楽になるのだから、わざわざXを使う意味がわからない。中国N千年の歴史には謎が多いのぅ。

さて、元スレはここだ。

qiangrenmenzenyangshiyongshouji1.jpg
(靴べら)」
続きを読む
posted by 楼主 at 15:06 | Comment(4) | TrackBack(0) | お笑い

2007年09月29日

こんな物が釣れるなんて

元スレはここだ。

「みんなはどんな奇妙奇天烈な物を釣ったことがある?

そういう自分は0.5平方メートルほどの鉄の板を釣ったことがある。鉄板だとわかるまではてっきり大物を釣り上げたと思ってたんだけどね!!!

友達はアヒルを釣り上げたことがあるよ。」
続きを読む
posted by 楼主 at 16:50 | Comment(4) | TrackBack(0) | お笑い

2007年12月14日

小学校の作文:三十年後の私

今回は台湾の友人から送られてきたメールを紹介する。

「作文の課題:三十年後の私……

健康小学校で、作文の先生が五年生のクラスで作文の授業中に、『三十年後の私』というテーマで作文を書かせました。

そのクラスの小美が書いた作文は以下の内容でした。

驚きの内容を読む
posted by 楼主 at 21:12 | Comment(4) | TrackBack(0) | お笑い

2007年12月28日

中国でつけちゃいけない名前トップ10

元スレはここだ。今回のスレッドは中国語の発音がわかるとより一層楽しめるので、ピンインをくっつけつつ紹介する。

「中国でつけちゃいけない名前トップ10

06年の《青年文摘》に載った《中国のカッコ悪い名前トップ10》という文章が新浪ブログで数週間トップを継続して、閲覧数が45万回にも上りました。『劉波、李剛、李海、張勇、王軍、王勇、張偉、劉偉、王偉と李偉』がそのトップテンとして載っていました。

《中国のカッコ悪い名前トップ10》の爆発的人気に続いて、紫微星宿研究(楼主注:星占いの研究)で知られる命理学者である張盛舒が新浪ブログで《各国のカッコ悪い名前トップ10》、《世界の下品な名前トップ10》と《ネチズンが選んだ下品な名前トップ10》などを発表して、大きな反響を呼び、名前に関する話題を大きな話題へとのし上げました。私も漢字の同音という角度から、《中国でつけちゃいけない名前トップ10》お笑いバージョンを考えたので、読んでお笑いください。そのリストは以下のようになりました:
続きを読む
posted by 楼主 at 20:04 | Comment(5) | TrackBack(0) | お笑い

2008年02月12日

あなたの相手は宇宙人かもしれない!

突然だが、アメリカの大統領選が盛り上がっている。これまで黒人と女性はアメリカ大統領になったことがなかったようだが、今回はどうやら初の黒人あるいは女性大統領が誕生しそうな勢いだ。

ただ気になるのは、アメリカの世界における地位が急降下する時期が目の前に来ていて、任期がその時期に不幸にも重なってしまう次期大統領が、スケープゴートにされてしまうことが予想される。

立候補者個人にとっては大きなチャンスだろうが、アメリカの将来を考えると、二人とも大統領選を辞退して、他の立候補者あるいは共和党に任せた方がいい。「だから黒人はダメなんだ」とか「だから女性はダメなんだ」と難癖をつけられるきっかけを与えないために。

さて、元スレはここだ。

「あなたの結婚相手が宇宙人?500万のエイリアンが地球に身を隠している

 アメリカの《世界新聞報》(楼主注:ここのことだとおもうが、これはアメリカではなく中国のサイトなのでよくわからない)によるとアメリカの未確認飛行物体の専門家であり物理学者でもあるジェームス博士が、アメリカ国内に現在500万の宇宙人がいて、外見は地球人と変わらず、しかも男女の比率は均等で、ほとんどが既婚だが、子供は産んでいないと話した。

続きを読む
posted by 楼主 at 14:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い

2008年02月15日

中国の地下鉄に見る奇人

水のお代わりはありませんのコメント欄にファミリアンさんが
日本でも実際そう。
安い料金なのに文句を言うほうがおかしい。だからガストの水はセルフサービス。

調べてみた。他に、ジョイフル、サイゼリア
バーミヤン、夢庵。
と書いてくれたが、これに対して少し書いてみよう。

まず、件のレストランにはセルフサービスエリアなど存在していない。そしてスレ主は自らコップを調理場の前まで持って行き、水を入れてくれと頼んだわけだ。

次に、スレ主が前回このレストランで食事をした時には、普通に水を入れてくれた。つまり制度としてセルフサービスなどは存在していないということだ。

つまりファミリアンさんは全く的外れなことを書いている。

さて、明らかに悪いことでも、特に中国や朝鮮のことになるとすぐに「日本だって云々」と中性化したがる人たちが我が国には多い。短所を見て見ぬふりをする行為は、中国や朝鮮のためにはならないのだが、なぜそんな事をしたがるのか我輩にはその理由がさっぱりわからない。

ファミリアさんは中国の事情がよく分かっていないようなので、もう少し説明を加えることにする。中国には出稼ぎ人口が多いので、セルフサービスのための設備を買いそのスペースを設けるよりも、安月給で人を雇う方がコストが抑えられる。

そしてそもそも漢人は漢人社会を信じていないので、自分のレストランをずっと続けていこうという志をもつ人はほとんどいない。これはレストランに限らずすべての組織に通じることなのだが、したがって設備投資は極力控え、いつでも首にできる人を雇うことになる。

また、セルフサービスのスペースを設けるよりも、そのぶん一つでも多くの席を用意するのが普通だ。

さらに、セルフサービスという制度自体が漢人社会では成立しがたい。外国で中国人がバカにされる原因にあるように
国外を旅行してホテルを出るときに持てるものはすべて持ち去る、トイレットペーパーを含めて。
という性質があるため、たとえば上海の吉野家では当初、七味をセルフサービスで提供していたが、すぐに小袋に一回分ずつ分けて渡すようになった。

前書が長くなってしまったので、さくっと今回のスレッドを紹介する。元スレはここだ。
続きを読む
posted by 楼主 at 12:13 | Comment(6) | TrackBack(0) | お笑い

2008年02月29日

陳水扁が誘拐された!

いつもくだらない愉快なメールを転送してくれる台湾の友人からのメールを紹介しよう。題して「いくら寄付しますか?」ご存じの通り、陳水扁は台湾の総統(大統領)だ。

高速道路で渋滞に巻き込まれ、車の中でじっとそれに耐えている運転手がいた。

すると見知らぬ人が窓をたたいてきた。

運転手は何事かと窓を開け、用件を聞いた。

「陳水扁がテロリストに誘拐されたんです!テロリストはガソリンに火をつけて焼き殺すと脅していて、一億の身代金を要求してるんです!

だから、お分かりでしょうが、みんなの力を合わせて、一人一人ができる限りのことをしようと応援を募っているところなんです。」

「そうなんですか、ほかの人はだいたいどれほど寄付をしているんですか?」
太っ腹な台湾人が寄付したのは…
posted by 楼主 at 21:29 | Comment(1) | TrackBack(0) | お笑い

2008年03月01日

馬英九が刺殺された!

馬英九は台湾の次期総統(大統領)が有力視されている人物だ。汚職まみれの今とは違い、当時ものすごい人気を獲得していた陳水扁と台北市市長の座を争い、見事に選挙で打ち破った実力をもつ。この馬英九が刺殺されたというビッグニュースをお届けしよう。

「[号外]馬英九が刺殺される!

犯人は中年の女性で、この女性は用意してあった傘にサインしてほしいと偽って馬英九に近づき、突然そのとがった傘の先端で馬英九の急所を突き刺した!
驚愕の写真を見る!
posted by 楼主 at 10:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | お笑い

2008年04月22日

史上最強の漢人(おとこ)の生きざま

アニメ「めぐみ」をここからダウンロードすることができる。我が国は漫画大国なので漫画やアニメで自分の意見を主張するのは理にかなっている。なんと中国語バージョンもあったので、それをダウンロードしてみた。感情移入できるようなストーリーだったらもっとよかったと思うが、世界に向けて発信するその姿勢は素晴らしい。まだみていないひとにはぜひ見ていただきたい。

さて、今回の元スレはここだ。

「最強!こんな人をみたら、自分はまだまだだと感服するしかない!

史上最強の人物、病気中です......その驚くべき写真を見る
posted by 楼主 at 12:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | お笑い

2008年05月04日

西遊記の人参果が実在した!

悲哀!さん
>20年前、そう、天安門事件の時にこそ日本は強硬な態度を取り、「人権改善」を訴えるべきであったが、天皇を訪中させ、中国に助け舟を出した。日本が悪いのである。
全くおっしゃる通りだ。我が国が力を失い、中国が力をつけてしまった現在、反中などはもう間に合わないという現実に気付かなければならない。

我々は、逆境を生き抜いてきた中国に学ばなければならない。さもなければ我が国は南宋と同じ運命をたどることになる。

ローソン中国人留学生大量採用 日本人より優秀だから?をみてほしい。我が国が内側から食い尽くされていくその現場を。

さて、話は全く変わるが、西遊記に「人参果」という食べ物が出てくる。なんでもその形は生まれたての赤ん坊のようで、そのにおいをかいだだけで360歳生きられ、食べれば47000歳生きられるものだそうだ。その「人参果物」が実在した!という驚きのスレッドを紹介しよう。元スレはここだ。

「この世には本当に人参果があったんだ

衝撃の写真を見る!
posted by 楼主 at 10:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | お笑い

2008年05月06日

女性の年齢を的確に当てることができる老人

今回は、いつもくだらない愉快なメールを転送してくれる台湾の友人からのメールから女性の年齢を的確に当てることができる恐るべき老人の話を紹介する。

「私は何歳に見えますか?

ある美女が、お金をつぎ込んで、痩身をすることを決心した。 十数万台湾ドルをかけた成果に、彼女はとても満足だった。

帰宅途中に新聞スタンドで新聞を買い、お釣りをもらうとき、彼女はこう聞いてみた。
『すいません、私は何歳に見えますか?』
『32歳』
『47歳ですよ!』と彼女は大喜びだった。

それから、マクドナルドに行き、店員に同じことを聞いてみた。
『29歳ですか?』
『いいえ、47歳ですよ!』とこれまた大喜びだった。

ウキウキしながら、コンビニへ行きガムを買ったとき、また我慢できずに店員に聞いてみた。
『そうですね、30歳でしょうか』
『47歳ですよ、ありがとう!』と得意気だった。

それからバスを待っているとき、隣にいた老人にも聞いてみた。
『わしはもう七十八でな、目がよく見えなくての、あんたの様子も良くわからんのじゃよ。ただな、若いころはある特殊な方法を使って百発百中だったものじゃよ。信じちゃもらえんかも知れんが、あんたのブラジャーの中に手を入れさせてもらえたら、あんたの年齢もわかるのだがの。』

女性はしばらく何も言えずにいたが、二人以外に誰もいないさびれた街角で、好奇心を抑えきれずにこう言った。
『いいわ!やってみて!』

老人は手を彼女のシャツに差し込み、さらにブラジャーの中にまで入れ、ゆっくりとじっくりと乳房を撫でまわした。

数分後、我慢できなくなった女性がこう聞いた。
『もういいでしょ!私は何歳ですか?』

老人は最後にもう一度だけ乳房を撫でまわすと、手を戻した。そして静かにこう言った。
『あなたは、47歳じゃ。』

女性は驚いて、こう聞いた。
『すごい!どうしてわかるんですか?
『教えても怒らないと約束するなら教えて進ぜよう。』
『怒らないわ。』衝撃の真相を読む!
posted by 楼主 at 09:42 | Comment(1) | TrackBack(0) | お笑い

2008年06月14日

いたずらをされた男女

影丸さんのように、台湾を特別視する人が我が国には多く、そのような人はたいていが嫌中派のように思える。我輩は台北で十年ほど生活していたことがあるので、平均的日本人よりは台湾のことを知っているつもりだが、それでもなぜそこまで台湾を特別視するのか理由がわからず、全般的に見て中国と台湾の間に大きな違いがあるとも思えない。台湾に対するその熱情はどこからやってくるのだろうか。

mayさん

ヨーロッパではトイレの排水がしっかりしてるので、 「トイレットペーパーは捨てずに流すように」と言う中国語の張り紙もありましたよ。

それは台湾人対策かもしれない。なにしろ台湾人はトイレットペーパーを便器に流す習慣がなく、ゴミ箱に捨てるようしつけられているのだ。

もうずいぶん昔の話になるが、台北で知り合いの息子さんに届け物をした時のことを思い出したので紹介しよう。その息子さんにお茶でも飲んで行けと言われお邪魔すると、ルームメイトが喧嘩をしていた。原因が何かは忘れたが、その中でのやり取りに次のようなものがあった。

A:お前いつもトイレットペーパーを便器に流してるだろ!
B:トイレットペーパーを便器に流して何が悪い!
A:そんなことすると詰まっちゃうんだよ!
B:そんなわけないだろ!
A:詰まるんだよ!
B:いまどき上海でもゴミ箱に入れる奴なんていないぞ!
A:は?じゃ日本ではどうだか聞いてみよう。
我輩:日本でも便器に流すぞ。
A:……

ちなみにBは上海出身の若者で、まずは香港に潜り込み、そこから台湾に渡り、アメリカに行くチャンスを待っているという人物だった。時期は1990年代半ばごろだったと思う。上海では伝統的にトイレがなく、桶を携帯式トイレとして使っていたという歴史を知っていると、上の会話がさらに愉快なものとなる。何しろトイレすら使っていなかった上海人にトイレのことでバカにされているのだから。

さて、今回の元スレはここだ。

「いたずらをされた男女

いたずらをされた男女


続きを読む
posted by 楼主 at 10:30 | Comment(7) | TrackBack(0) | お笑い
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。