2005年05月21日

嘘っぱちの『「毛沢東思想万歳」(下)』

1喝たぬきさんの毛沢東「日本軍国主義は中国に大きな利益をもたらしました」からありがたいトラックバックをいただいた。

この記事の冒頭に毛沢東が話したという言葉があるので引用する。
昭和39年に社会党佐々木更三委員長の謝罪に対した、毛沢東初代国家主席・中国共産党主席の言葉。「何も申し訳なく思うことはありませんよ、日本軍国主義は中国に大きな利益をもたらしました。中国国民に権利を奪取させてくれたではないですか。皇軍の力なしには我々が権利を奪うことは不可能だったでしょう。」(「毛沢東思想万歳」(下))

これは腑に落ちない言葉だと感じ、調べてみると色々興味深いことがわかった。1喝たぬきさんからのトラックバックへのお礼も込めて「番外編」というカテゴリーを新たに作り記事にしてみたい。

続きを読め
posted by 楼主 at 14:47 | Comment(4) | TrackBack(3) | 検証しよう

2005年06月01日

ユニセフ

中国では今日、6月1日が子供の日となっている。

先日、知り合いのうちに行くと、ユニセフから送られてきたという封筒が届いているのを見かけた。その家庭には子供もいないし、以前に寄付した覚えもないという。寄付するつもりはないというので、記念にというよりネタのためにもらってきた。

続きを読め
posted by 楼主 at 18:37 | Comment(0) | TrackBack(1) | 検証しよう

2005年06月22日

近親結婚

我輩が目にしたことがある全てのブログの中で、最も立派だと断言できるブログである神風特攻ブログ:燃えよ!ニッポン:武士の国!を主催されている紫藤ムサシさんから近親結婚についてのコメントをいただいた(実際は近親相姦についてだが、あえて気づかなかったことにする)。我輩にできることはネットでその条文を見つけることぐらいなので、早速翻訳する。

ちなみに規定されていたのは婚姻法の第二章の第七条だった。

続きを読め
posted by 楼主 at 21:45 | Comment(5) | TrackBack(0) | 検証しよう

2005年06月28日

やっぱり嘘っぱちの『「毛沢東思想万歳」(下)』

以前嘘っぱちの『「毛沢東思想万歳」(下)』というのを書いたが、ここに夜帆。さんがコメントを寄せてくれた。勝手に全てを引用する。
 こんにちは (^^)/。

 Wiki に出ているものは、文章内容から見て、会見の記録そのものではなく、毛さんがかなり後になって回想して語っているものですよね。

 それに対して、『毛沢東思想万歳』 のものは、会見の記録 (多分録音) から直接起こされたもののようで、日本社会党側の記録でも同文だと伺っています。

『毛沢東思想万歳』 からの正確な引用文が↓のページにあるので (ネット上には不正確な引用も多いです)、ご参照いただけると幸いです m(_ _)m。

http://www.fukkan.com/vote.php3?no=25481


真相はここだ
posted by 楼主 at 21:08 | Comment(7) | TrackBack(2) | 検証しよう

2007年01月15日

アメリカに地球を統一してもらおうよ

元スレはここだ。

「アメリカに地球を統一してもらえれば長所ばかりで短所なんてないよ、みんな石を投げないでね

みんな李連傑の≪HERO≫を見たことあると思うけど、結末にはがっかりしたでしょ。
でも映画の中では李連傑だけが大局を見据えていて、秦の始皇帝が六国を統一してこそ、世の中が平和になって、さもなければ戦争はいつまでも終わらないって悟っていたんだ。今の世界と同じだね。
みんなもとっくにわかってると思うけど、アメリカが押しかけていったところは発展してるんだよね。例えば、アラスカ、例えば韓国、例えばインディアナ。例えばハワイ。以前は貧乏だったところが今では全く違ってるでしょ
今のイラクは反面教師だって言うかもしれないけど、でも十年以内に、イラクはきっと近隣諸国と同じで豊かになるよ。アフガニスタンも同じ。」
インディアナがなにを指すのかわからない。そしてイラクはもともと豊かだし、アフガニスタンが裕福になるにはそうとうな幸運が必要だろう。
ただ、全体として言いたいことは分からないでもないと思ったあなたには、おとぎばなし:ぐろぉばる金融がお勧めだ。非常に示唆に富むオハナシなのでぜひ読んでいただきたい。

続きを読む
posted by 楼主 at 13:53 | Comment(3) | TrackBack(0) | 検証しよう

2007年02月05日

1900億元が中国から流出

上海の不動産マーケットが一息つき、最高値を更新し続けてきた株価も転落してきた。今回のスレッドでは中国から忽然と消えていった大量の資金について書かれている。

「1900億元が密かに中国から流出したが、いったいどこへ消えたのだろうか

 スタンダードチャータード銀行が発表した最新のレポートによると、中国の外貨ホットマネーが密かに中国マーケットから去って行っていて、ここ半年で約千九百億元に上るホットマネーが中国から引き上げられ、第一、第二四半期における不動産価格調整の噂と不動産価格に関する政策が、ホットマネーの流出に大きな影響を与えているとこのレポートは結論した。
続きを読む
posted by 楼主 at 14:06 | Comment(2) | TrackBack(1) | 検証しよう

2007年07月05日

日本語の促音は難しい

京さん、申し訳ないが、両方とも我輩の琴線に触れなかったので、翻訳はしない。ただ、せっかくなので、あらましをみんなに紹介しておこう。

武田家の家臣が中国にいたは、天津に馬場何々という地名がいくつもあるので、馬場信房の子孫がやってきた証拠だという内容だ。もちろんみんなに笑いものにされている。

一方、中国の東周の時代を題材にしたゲームを作れば、日本の戦国時代よりももっといいはずというのは、タイトルが示すとおりの内容だ。ただし、史料が少なく、年数が長すぎるので、ゲームの題材としては向いていないというマトモな批判が登場している。ただ、日本の戦国時代のゲームのおかげで、日本の当時の歴史に興味をもてたという人もいた。

さて、今回の元スレはここだ。促音というのはご存知のとおり、「っ」のことだ。

「促音って発音するのが難しい!!!

中国語か英語に、似たような発音がないかな?」
続きを読む
posted by 楼主 at 10:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 検証しよう

2007年07月23日

医者が書いた字は読めない

蛞蝓さん
上海の地下鉄ではクーラーが効いているが、それが氷の力なのかそれとも電気の力なのかは定かではない。一月前に北京で地下鉄に乗ったらなんだかぬるい空気が車内でかき混ぜられているだけで、切符が汚らしい薄っぺらい紙だったのと同じぐらい驚かされた。

Kさん
緑豆については、お料理教室を読んでほしい。ちなみに我輩は一週間に二杯ほど食す。

さて、今回の元スレはここだ。

「どうして医者が書いた字ってぜんぜん読めないのかな」
確かに糸ミミズが這ったような字になっていることが多いようだ。
続きを読む
posted by 楼主 at 16:33 | Comment(4) | TrackBack(0) | 検証しよう

2007年08月03日

日本中国台湾で漢字を統一しよう!

答えるべき質問に一つも答えず、haruさんは去っていった。今まで登場してきた漢人と同じように、日中友好の障害になりうる言動を残して。haruという中国留学生にharuさんが撒き散らしていった酷い言葉の数々をまるごと記録しておく。

さて、今回の元スレはここだ。

「中日台で漢字を統一しましょう

漢字を統一することで、漢字文化圏内部の交流が深まり、また外国人が漢字を勉強する際にも面倒が少なくなります。

おおよその考えは以下のような感じです。

統一した後の漢字は手書きの際に使われ、印刷の際には簡体字を提唱するが、強制はしない

基本的意味の漢字、たとえば「頭」「東」「後」などは繁体字にする(楼主注:簡体字では異なった漢字が使われている)

中国と日本の両方で簡略化され、同時に同じ形になったもの、たとえば「体」「宝」「会」影響が大きいため簡体字を残す

中国が単独で簡略化したもの、あるいは双方で簡略した後の形が異なるもの、たとえば「芸」「術」などは話し合いでそのうちの一つを採用し、残りは破棄する

日本が単独で簡略化した漢字、たとえば「仮」「仏」などは繁体字にする

中国が簡略化した後、合併された文字、たとえば「発(楼主注:「發」と「髪」が合併された)」などは、意味をはっきりさせるため繁体字を使う

中国は日本が作ったいわゆる「国字」を承認し、つくりの発音を採用する(楼主注:「鱈」「辻」など。)

苗字には繁体字を許可する

中日台あるいは中日台港(楼主注:香港)で話し合うが、韓国シンガポールベトナムは意見を出すことができる」

続きを読む
posted by 楼主 at 14:40 | Comment(22) | TrackBack(1) | 検証しよう

2007年08月04日

中国サッカーオリンピックチームがんばれ

haruという中国留学生が「このサイトを封鎖するべきです。 警察署封鎖の申し出を出します!!!」と言っていたが、どうなったのだろうか。漢人は嘘をつくことに良心の呵責を感じないのが普通なのだが、まさかharuさんに限ってそんなことはないと思いたい。

森本さん
>中国式の読み方を知らないと困るのは中国人と話すときだけではありません。英語で話すときにも困る。毛澤東を「もうたくとう」と読むのは世界で日本人だけです。
日本語でコミュニケーションをとるときに、中国語や英語(の発音)を気にする必要はない。例えばマクドナルドをマクドナルドと発音するのは世界で日本語だけで、この発音ではイギリスやアメリカでは全く通じないが、かといって何の不便があるのだろう。お笑いコンビにチュートリアルというのがあるが、これも全く同じだ。

日本語が通じなければ単に英語を勉強すればいいだけだ。日本語では通じないから日本語を中国語や英語に近づけさせようというなら、いっそのこと日本語などなくしてしまったほうが手っ取り早い。どうせカタカナで書いたとしても元の発音とは似ても似つかないものになってしまうのだから。

ところで森本さんは中国でなんと呼ばれているのだろう。普通はSen1 ben3と呼ばれてるはずだが、それを例えばMo4 li1 mo3 tou4と呼べと主張して、漢字の存在を無視することに努力されているのだろうか。特に森本さんの場合、二つとも訓読みなので、日本語と中国語の発音に全く関係がないのだ。

ところで、そらさんが書いてくれた
>いっそ漢字ではなく、カタカナ表記にするとか。
というのが、漢字の存在を無視するということだ。これなら実用的ではないが、理屈は通っている。

さて、昨日の夜、瀋陽で行われたサッカーU-22の試合をご覧になっただろうか。日本語では「4か国対抗戦」とされているようだが、中国語では「招待試合」という意味の名前がつけられている。この「招待試合」では全ての試合で、審判がなんと全員中国人だそうだ。恥知らずもここまでくるとあっぱれだ。昨日の試合では、中国のアナウンサーまでが言葉を濁しつつも、中国チームに有利な判定ばかりを下す審判に苦言を呈していた。

恥知らずが多い漢人だが、みんながみんな上に書いたような恥知らずというわけではないのはもちろんだ。

以前も書いたことがあるが、オリンピックのフェンシングで、中国選手が明らかに差別されていて、中国選手が全く不利な判定をされ続け、結局銀メダルに終わってしまったことがある。この試合の審判はその後、フェンシング協会のようなところから警告を受けていたが、もちろん試合の結果は変わらない。試合が終わった直後のインタビューで、この選手が審判の判定に関して質問され、答えた言葉が「楽しかったから、そんなことはかまいませんよ」だった。毎日苦労してトレーニングを続けたあげく、あからさまな差別を受けたにもかかわらず、このさっぱりした態度はどうだ。

この選手は上海人だったが、ほかの地方に比べると上海にはマトモな人が多い。昨日の試合に関して、上海の掲示板でどんなことが言われているかを見てみよう。元スレはここだ。
続きを読む
posted by 楼主 at 13:15 | Comment(4) | TrackBack(0) | 検証しよう

2007年08月15日

よく行く日本のウェブサイトはどこ?

元スレはここだ。

「みなさんがよく行く日本のウェブサイトはどこですか?」

続きを読む
posted by 楼主 at 09:36 | Comment(6) | TrackBack(0) | 検証しよう

2007年08月16日

ところで「代理器」とはなんですか?

森本さん
>ところで「代理器」とはなんですか?
いきなり「代理器」を説明するのは難しく、さらにこの言葉には二つの異なる意味が考えられるので、まずは「代理」から。これは英語のproxyということだ。身近な例としてブラウザでウェブサイトを見ることを単純化する(以下では重複しているもの、たとえばブラウザは同一のブラウザを指す)。

続きを読む
posted by 楼主 at 09:45 | Comment(3) | TrackBack(0) | 検証しよう

2007年09月23日

中国の苗字は辛いよ@英語圏

Jさん
>二十何年ってことはもういい大人ですよね? ゲーム機買ってくれないから親を殴って家出とは・・・。
ソニーさらにそこから日本への非難にと飛び火してないのは、上海の掲示板だからかもしれない。上海人は広東人と並んでイデオロギーにとらわれにくい性格をもっているのだ。

森本さん
>しかし、真っ黒に日に焼けた過度に健康的な女性を「なでしこ」と呼ぶセンスは受け入れられません。
がはははは、何かしらまとめるための名詞を作り出しそれを広めることは、マーケティング的には正しいことだと理解してあげてはいかがだろうか。「〜のカリスマ」だとか「〜王子」だとかが流行るのも似たような事柄なのだろう。

さて、今回の元スレはここだ。中国語を勉強したことがある人ならピンインとは何かおわかりだろうが、簡単に言えば中国式ローマ字表記のことだ。例えば我輩は現在ポカリスエットを飲みながらこれを書いているが、この中国語は「宝鉱力水特」でピンインは「Bao kuang li shui te」となるわけだ。ちなみに台湾では「宝鉱力水得」だ。

「英語圏で中国の苗字を使う際に起こる問題

中国人の名前をピンインで表記するため、ローマ字という同じ文字を使っているのに、英語読みとは違うことがあるため、アメリカで生活している中国人は自分の名前のせいでおかしなことになることがあります。名前は英語名に換える人も多い(楼主注:)のですが、苗字は変えられないので、これはもう仕方がありません。

以前読んだ文章に書いてあったことですが、『X』はピンインの弱点で、英語の名前にはほとんど使われないため、名前に使われていると不思議に思われるとのことでした。たいていは『クス』と読まれ、銀行で働く邢(Xing)という苗字の人は、『クシング』さんとか、『Mr. Crossing』と呼ばれたりするそうです、というのも英語で横断歩道のことをCROSSINGと言い、これはXINGと省略されることが多く、アメリカのあちこちで『Xing』と書かれているため、この略語を元に戻して、『Mr. Crossing』となるわけです。

それから『徐(楼手注:Xu)』、『許(楼手注:Xu)』または『付(楼手注:Fu)』という苗字の人たちはもっとかわいそうです、というのも『×ァックユー』というのは英語でひどい悪口で、この動詞をXやFで省略し、YouをUと書き換えることが多いため、XUやFUという文字を見ただけで居心地が悪くなり、Xuに関しては更に色々な解釈ができます。

また『奚(楼手注:Xi)』という人はローマ数字の『XI』だと勘違いされ『Mr. Eleven』と呼ばれたそうです。

続きを読む
posted by 楼主 at 12:40 | Comment(9) | TrackBack(0) | 検証しよう

2007年09月29日

この中国伝統の服装の名前は?

元スレはここだ。

「誰か教えて!!!!この写真にあるのはなんという名前の服装なの!!

写真にあるような服装を買いたいんだけど、どこに売ってるか、具体的に教えてくれないかな、仕上げがしっかりしてきれいなものがいいな、私って民族の特徴があるようなものが好きなんだよね

shenmefuzhuang1.jpg
この女性は李小璐だろうか。李小璐は中国トップクラスの女優だと我輩が認めている女優だ。中国ではそれほど人気が内容で残念だ。
続きを読む
posted by 楼主 at 10:48 | Comment(6) | TrackBack(0) | 検証しよう

2007年10月06日

飛龍はどうやって排泄するのか

元スレはここだ。漢人は人間の生殖器を正々堂々と口にしたり文字にしたりするのだが、わが国にはそのような習慣がないので、以下では男性のそれを⇒⇒⇒、女性のそれを◎◎◎と表すことにする。

「飛龍ってどうやって排泄するの?

飛龍には⇒⇒⇒もないし、尻もないけど、どうやって排泄するのかな?」
続きを読む
posted by 楼主 at 12:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 検証しよう
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。