2005年05月24日

陳水扁がゴミ拾い

台湾大統領の陳水扁がゴミ拾いをしたというスレがあったので紹介しよう。下を読む前に人気blogランキングをクリックしてくれるとありがたいぞ。

画像をクリックすると大きくなるぞ。
abian1.jpgabian2.jpgabian3.jpgabian4.jpg

続きを読め
posted by 楼主 at 13:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾

2005年05月25日

台湾へ行ってみたい

豊かになった中国人が一番行って見たいところは台湾だという。行けないところにこそ行ってみたくなるのは当然の心理だ。別に面白くもなんともない香港が大人気になったのも、以前はなかなかいけなかったからで、これからは香港の人気も下がっていくだろう。そこで見かけたのがこのスレだ。中国語がわかるならさっさと元スレを読むがいい。中国語がわからぬのなら下を読みたまえ。そうそう、下を読む前に人気blogランキングをクリックしてくれるとありがたいぞ。

予備知識:
この記事を読むといい。

続きを読め
posted by 楼主 at 01:15 | Comment(3) | TrackBack(0) | 台湾

2005年05月28日

怠け者の台湾政府

元スレはここだ。なぜ台湾政府が怠け者なのかを知りたいならさっさと下を読むがいい。下を読む前に人気blogランキングをクリックしてくれるとうれしいぞ。

予備知識:中国は漢字を簡略した簡体字というものを使い、台湾は昔ながらの繁体字というものを使っている。

続きを読め
posted by 楼主 at 15:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | 台湾

2005年06月07日

台湾が弾道ミサイルの発射に成功

統一が目的なら核兵器を使って台湾をむちゃくちゃにすれば統一できる。しかし、それが目的ではないはずだ。台湾と仲良くしていくうちに、じゃ一緒になりましょうか、となるのが望ましい形のはずだ。中国が武力で統一しようなどと考えるから台湾もそれに対抗するしかなくなるのだ。と、長い前置きになったが元スレはここだ。下を読む前に人気blogランキングをクリックしてくれるとうれしい。

続きを読め
posted by 楼主 at 00:29 | Comment(1) | TrackBack(1) | 台湾

台湾を解決せよ

台湾の話題が続くぞ。元スレはここだ。続きを読む前に人気blogランキングをクリックしてくれるとありがたい。

続きを読め
posted by 楼主 at 22:48 | Comment(3) | TrackBack(1) | 台湾

2005年06月14日

林志玲

linzhiling.jpg

いきなりの写真だが、これは台湾のトップモデルの林志玲だ。今回は彼女に関するスレを紹介しよう。元スレはここだ。下を読む前に人気blogランキングをクリックしてくれるとうれしいぞ。

続きを読め
posted by 楼主 at 10:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | 台湾

2005年06月26日

中国人?台湾人?

現在の人類社会では、人はある国に属すことが建前となっている。ターミナルという映画を観た人もあろうが、我々はある国からの保証がないと自由に地球を動き回ることさえできないのだ。この点、台湾人はまるで土に根を張っていない植物のようにふらふらしているようなイメージがある。台湾人が中国にやってくるときには「台胞証」と呼ばれる暫定的身分証明のようなものをもたされることになっている。そんな台湾人の悩みを聞いてみよう。その前に人気blogランキングをクリックしてくれるとありがたい。

続きを読め
posted by 楼主 at 13:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾

2006年04月05日

陳水扁の功績

台湾のある友人が毎日メールを転送してくるが、その中に陳水扁に関するマイナス評価のものがあったので紹介しよう。ちなみにこの友人はいわゆる独立派で、大統領選では陳水扁に投票したといっていたので、元から陳水扁がを嫌うタイプ=統一派ではないことを書いておくぞ。

元行政院院長の孫(苗字)と陳水扁の比較:

続きを読む
posted by 楼主 at 13:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | 台湾

2006年04月06日

台湾人なんて大嫌い

中国で台湾企業は日本企業と同じかそれ以上に人気がない。台湾人はケチだ、というのが最もよく聞かれる評価だ。このスレにはどのような書き込みが現れるのか、ワクワクしながら見ていこう。

「徐匯苑に家を買って 2年前に台湾人に貸したんだ 江西の女を連れていたよ
この台湾人はアメリカと上海を行ったり来たりしてて ずっと上海にいるわけじゃなかったんだけど 一年目はなにも起こらず順調だったんだ
だから二年目から仲介業者を通さずに 自分で契約を書いて 今年の7月までということでサインしたんだ

でも憎らしい台湾の田舎者は 去年の12月から家賃を払わなくなって 電話をかけても出ないんだよ
住まないなら住まないで言ってくれれば こっちだって他の人に貸せるのに 台湾人はずるずると引き延ばしてるんだよ

土曜日に家に言ってみると 去年の10月から電気が止められていて
冷蔵庫の中はめちゃくちゃ

警察までやってきて このやり方は間違ってるといわれたよ 私だってそれは知ってるん
毎月6000元の返済があるから もし貸せないでいると 飲まず食わずでも返済できないんだよね
ほんとうに頭にくるよ

だれか似たような境遇の人はいませんか
どうしたらいいのでしょうか」
続きを読む
posted by 楼主 at 10:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | 台湾

2008年06月17日

馬英九:絶対的権力は絶対的腐敗をもたらす

通りすがりさん

台湾は、大陸と違い、「日本鬼子」なんて、面と向かって言いませんからね。

実は我輩はある台湾人から、初対面の時にそれを面と向かって言われたことがある。決して冗談ではなく。

魚釣島に船でやってくる漢人は、香港人をベースに台湾人をミックスし、台湾から出発するというイメージが我輩にはある。かつて我が国が中華民国と国交を断絶し、中華人民共和国と国交を樹立した際に、日本に対する抗議デモに参加したという馬英九は香港出身のようで、我が国に対して早速いろいろと挑発的なことをやらかしている。

外省人と本省人は違うなどと言っている人が多いが、外省人は台湾の中では少数派なのだから、仮に外省人が全て馬英九に投票したとしても、馬英九は当選できないという事実に目を向けるべきだ。つまり馬英九に投票した本省人が多くいるのだ。

一方でこんなこともあった。台湾でお世話になったある老教師は元軍人で、外省人だったが、国民党と民進党が最も激しくやり合っていた時期に、ふと次のような話をしてくれたことがある。

「独立したほうが台湾人のためになるなら独立したっていいじゃないか。今のように台湾人同士で争っているのが一番良くないと気づかなくてはいけない。」

たまたま知り合った別の老人は、我輩が日本人だと知るや、うれしそうにたどたどしい日本語で話し始めた。本省人だと思うなかれ。なんと彼は満洲国で日本語を習った外省人だった。

通りすがりさんは台湾の現実をしっかりとらえているので心配ないが、多くの日本人が台湾人に過度に感情移入し、外省人が云々、本省人が云々と台湾人に踊らされているのを見るのは、言葉は悪いが滑稽だ。

中国に来ると、手のひらを返したように日本の悪口を言う台湾人が多いことも知っていて損はない。

さて、今回は馬英九に関するスレッドを紹介しよう。元スレはここだ。

「馬英九:絶対的権力は絶対的腐敗をもたらすので批判を歓迎する

 台湾の馬英九大統領は14日に《私たちの希望の地図》という新書発表会の席で、次のように話した。公共政策は民意と知識に基づきますが、これらの民意と知識をいかにして政策としてまとめるかが、政府としての仕事ですので、みなさんから意見を集めたいと思っています。また絶対的権力は絶対的腐敗をもたらすので、皆さんに監視していただきたいと思います。私に投票したばかりに、批判の声を弱めてしまっては困ります。

 中央社の報道によると、発行者である【赤耳】明義の掛け声のもと、ネット上でみんなに希望を書いてもらうプロジェクトが開始し、大統領選挙の前後三週間の間に、一万八千を超える希望が寄せられ、その中には二酸化炭素を減らしたい、路面が平らになってほしい、台湾に住んでいる人はみんな台湾人と認めてほしいなどの希望があり、これらの希望が《私たちの希望の地図》としてまとめられた。14日午前に行われた発表会で、【赤耳】明義が特別製本版の本書を馬英九に贈呈した。

続きを読む
posted by 楼主 at 10:31 | Comment(14) | TrackBack(0) | 台湾

2008年06月23日

漢人による完全乗っ取りが目前に迫った台湾

台湾に初めに住みついた人類がどのような人たちなのかは分かっていないようだが、すくなくともアミ族やタイヤル族をはじめとする「原住民」(もともとは「山地人」と呼ばれていたが、この呼称を嫌った彼らが、漢人からの大きな抵抗に屈することなく、ようやく「原住民」という呼称を勝ち取ったことは影丸さんならもちろん御存知のはずだ)が漢人より先に住んでいたことは確かだ。しかし今では政治的にも経済的にも漢人に支配されるようになった。

ふと、漢人の中にまぎれてフィールドワークに行った時のことを思い出した。原住民(何族に属するかは省略する。少々複雑な事情が彼らにはある)のある老人が昔話を、台湾でいうところの北京語で聞かせてくれたが、その中で「私たちは日本人のことを猿と呼んでいましたよ。はっはははは」という一幕があった。その前後の発言から判断すると、この老人が暗に言っていたのは「そんな日本人に比べてあなたたち漢人は素晴らしい」ということだった。

これを聞いて我輩がすぐに思い至ったのは、被支配階級であるこの老人やその仲間の危うい立場だった。漢人に対しておべっかを使うことで、これ以上の略奪を未然に防ごうとしているまさにその現場に出くわしてしまったのだ。

次の日だったか、この老人が日本語で我輩に詫びてきた。誰かに我輩が日本人だと教えられたのだろう。詫びる必要などない、あなた方の今の立場では仕方のないことだと伝えると、感慨深げに溜息を吐き、色々と苦労話を聞かせてくれた。もちろん日本語で。

さて、アミ族やタイヤル族そして上の老人などが仲間内で話している言葉はオーストロネシア語族に属し、この語族の発祥の地は台湾の雲林のある場所だという学説がある。それほど貴重な言葉が、台湾でいうところの台湾語あるいは北京語にどんどん置き換えられているのが現状だ。

話が変わるが、昨日テレビでニュースを見ていると、オリンピックの聖火が青海省でリレーされている様子が報道されていた。この報道の中で青海省を簡単に紹介していたが、青海省は少数民族の人口が二番目に多い省だとのことだった。さぞかし多くの少数民族が住んでいるのかと思いきや、少数民族全部合わせて46%ほどしかおらず、漢人がここでも過半数を占めていることを知った。

しかし台湾の現状は、青海省よりもひどい。なにしろ台湾の原住民は2%ほどしかいないのだから。

いやまて、和猫さんから

自覚しているかどうかは知りませんが、漢人批判をしながら考え方自体が漢人そのものになっています

という評価をもらった我輩としては、台湾の現状は、青海省よりもずっと素晴らしいと書くべきかもしれない。

続きを読む
posted by 楼主 at 09:55 | Comment(7) | TrackBack(0) | 台湾
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。