2005年05月30日

広州人と風呂

これはまた愉快なスレを見かけた。元スレはここだ。さっさと読んでくれたまえ。中国語がまだできない人は下を読むがいい。おっとその前に人気blogランキングをクリックしてくれるとうれしいぞ。

続きを読め
posted by 楼主 at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(1) | 広東

2005年07月13日

広東と広西の境目にある村

元スレはここだ。

「土曜日に広西省合浦という山村にやってきたよ、山の向こうはもう広東だ。
季節のめぐりが早いね!稲ももうすぐ収穫だよ。
hepu1.jpg


続きを読め
posted by 楼主 at 17:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広東

2006年04月24日

広州大好き

元スレはここだ。

「広州が好きな人集まれ

広州語が大好き、」
なんだかよく分からない。広州後あるいは広東語というのは中国で大きな力をもつ言葉だ。もともと中国の標準語を決める際に、広東語がそれに選ばれそうになったという話もあるほどだ。若者の間では広東語の一つや二つを知っているのは当然で、カラオケボックスに行けばたいてい誰もが広東語のレパートリーをいくつかもっている。ちなみに広州の広東語は香港の広東語に比べるとやぼったい。

続きを読む
posted by 楼主 at 11:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | 広東

2007年05月15日

四千元の赤子スープ

元スレはここだ。

「広東で、赤ちゃんの次に食べるのは何

2003年の春に突然やってきたSARSはまだ記憶に新しいですが、いくつかの地方の人が食べ物をむさぼり食べるために引き起こしたあの災難は私たちを恐怖のどん底に陥れて、十三億人が苦しめられました。当時ハクビシンを食べる習慣のある人たちに苦情を言って、今後はもう食べることを止め、さらなる災難を引き起こさないように願ったものです。

月日が流れ、いまだにこそこそとハクビシンを食べている人はいるはずですが、でも多くの人がハクビシンを食べないようになり、他のものを食べるようになりました。今日は広東人が赤ちゃんを食べている写真をみて、本当にショックでした。

決して愉快な内容ではないことを覚悟して続きを読む
posted by 楼主 at 12:09 | Comment(20) | TrackBack(0) | 広東

2007年05月30日

広東仏山のサービス業のレベル

更新が止まってしまって申し訳ない。実は上海から、広東の仏山というところに引っ越し、ゴタゴタしていたのだ。ここをクリックして、左側の拡大/縮小コントロールの目盛りを上から数えて7つ目にすると、広州の左下に仏山というのが見えるはずだ。ただし日本の漢字とは書き方が違うので注意していただきたい。ここからは香港よりもマカオの方が近いようだ。

仏山の様子はいずれ紹介するとして、今回の元スレはここだ。

「仏山のサービス業にはもうちょっとがんばってほしい

 仏山は今では近代化された大都市だといってもいいと思うし、仏山で生まれ育って、仏山が成長する様子を見てきたんだけど、でもちょっと残念なのが、仏山のサービス業は近代化された大都市のレベルに達してないってことで、例えば小さなお店(名前を出すのはやめておくけど)の店員は本当に礼儀ってものを知らないから、イメージがすごく悪いし、考えてもらいたいんだけど、他のところから仏山に遊びに来て、店員があんな態度を見せ付けたら、仏山の恥だよね。

 それから香港、マカオとかを見てみてよ、全くショックだったよ、態度とかサービスとか文句のつけようがないよ、外国ならもっといいはずだし。」続きを読む
posted by 楼主 at 11:05 | Comment(4) | TrackBack(0) | 広東

2008年09月03日

広東人が中央テレビを見ない理由

安倍首相の時には、福田を救世主のように持ち上げ、福田が首相になると、一転して支持率が低いから辞めろとでも言いたげな非難を続け、タイのような状況を避けるために福田首相が自ら退くことを決めれば、今度は身勝手だと批評する。これが我が国のマスコミだ。

中国の専門家―福原愛に紹介した自称番長の言葉を思い出した。

 とはいえ僕は、少し格好良く言えば、ジャーナリストだ。おかしなものにはケチをつけていかなければならない立場にある。五輪の全てを肯定する気はサラサラない。

なるほどなるほど。

さて、今回の元スレはここだ。

「どうして広東人は中央テレビをみないのか

大多数の広東人はCCTV(楼主注:中国中央テレビ)をみないことは、明白な事実です。私は責任をもって断言できます、ここ10年から20年の間絶大な人気を誇る春晚(楼主注:春節聯歓晩会の略語。紅白歌合戦のようなもの)さえ、広東人の中には見たことがない人が多いのです。

これは決して広東人がおごり高ぶってるわけでもなく、誰の文化的レベルが高いということでもなく、誰が誰をバカにしてるということでもなく、ただこの現象が存在している、否定のしようもなく存在しているということで、この存在を認めてこそ、初めて問題が解決できるのです。原因については、以下のようなものが考えられます。

続きを読む
posted by 楼主 at 11:06 | Comment(2) | TrackBack(1) | 広東
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。