2005年05月16日

誰の責任?

共産圏には言論の自由どころか、共産党への批判さえできないことは誰もが知っている。しかしそれをどうやって裏手から表現するか、というところに面白みがある。今回の元スレはここだ。中国語ができない人は下を読みなさい。下を見る前に人気blogランキングをクリックしてくれるとうれしいぞ。

続きを読め
posted by 楼主 at 01:27 | Comment(2) | TrackBack(8) | 中中友好

2005年06月10日

シナが憎い!

ここでいうシナとは中国のことではなくSinaのことだ。たしかナスダックに上場した二番目の中国のドットコム企業だったように記憶している。いったいシナになにが起こったのか、このスレを読んでいただきたい。中国語がわからない人は下を読むがいい。その前に人気blogランキングをクリックしてくれるとありがたい。

関連記事:女と男女の戦い

続きを読め
posted by 楼主 at 17:04 | Comment(4) | TrackBack(1) | 中中友好

2005年06月21日

チベット人はどこへ消えた?

安藤奈津雄さんは安藤奈津雄の政治メモというページを主催されている方だが、コメント欄にこのようなご意見を残してくれた。
中国語?が読めるのなら、中国の2CHみたいなサイトより、人民日報なんかを読んで、日本のマスコミが伝えないような記事を見つけて、あれこれ言った方が、おもしろいかと。
どうやら安藤奈津雄さんは中国の事情に疎いようなので、少しだけ説明する。

一、ここに書いたように中国は憲法で言論の自由を保障しているが、実際にはそれほどの自由はなく、すべて中国共産党の監視下にある。例えば件の掲示板で「天安門事件」などと書き込もうとしても「不適切な表現が含まれている」云々といって書き込みを拒否される。
二、「2CHみたいなサイトより」とあるが、指摘があった投稿は中国でも確実に5番目以内に入る規模を誇るポータルサイトであるSOHUの掲示板にあったもので、SOHUは数年前にNASDAQでIPOを果たしている。日本で言うとgooとかlivedoorとかexciteのようなものと考えていただきたい。
三、人民日報が2CHより立派だとお考えのようだが、それはひとまず置いておくとして、人民日報は朝日新聞と仲がよいので朝日新聞でも読んでいればおおよそ似たような記事に出会うことができる。それに人民日報には日本語版もあることもお知らせしよう。
四、人民日報には中国共産党に不利なニュース記事がなかなか出てこないので、中国の実情を知るには不十分だ。それよりも掲示板の方がまだ実情を表していて、本音を聞くことができるのだ。

前置きが長くなったが、その理由は単純だ。もうお気づきの方もいらっしゃるだろうが、今回紹介するスレが非常に短いからだ。そのために前置きを引っ張って全体の量を増やしたいつもの姑息なやりかただ。ではチベット人を探しにいこう。

続きを読め
posted by 楼主 at 00:14 | Comment(3) | TrackBack(0) | 中中友好

2005年06月25日

もし生まれ変わったら…

今回の元スレはここだ。下を読む前に人気blogランキングをクリックしてくれるとうれしい。

続きを読め
posted by 楼主 at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中中友好

2005年07月02日

また東北人か

今回の元スレはここだ。

続きを読め
posted by 楼主 at 17:30 | Comment(1) | TrackBack(0) | 中中友好

2005年07月07日

あんたら冷たいよ

元スレはここだ。これもレスが付くのを待っていたのだが、ほとんど付かなかった。

続きを読め
posted by 楼主 at 10:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中中友好

2005年07月18日

中国に安全はない

元スレはここだ。

「ホルムアルデヒドが広く使われてるのに、私たちは全然それを知らずにきました、ビールを気持ちよく飲みながら、メーカーを完全に信用していました;

続きを読め
posted by 楼主 at 22:40 | Comment(3) | TrackBack(1) | 中中友好

2006年08月30日

[バスケ]中国はガードがダメなんだよ

我輩が出かけていたころ、日本でバスケの試合が行われていたようだ。おそらくその話題だろう。元スレはここだ。

「中国はガードが全面的に劣っている

ボールコントロールの技術、体の柔軟性、静から動に移るときのスピードはいう必要もないよね、人種的な原因と伝統的な戦術の原因があるからね。中国バスケットは、アメリカじゃなくて、ヨーロッパを見習った方がいいんだよ。NBAはレベルが高くて、見ててもかっこいいよ、でも個人技術に頼るのは俺たちには無理だよ。絶対にね!それに比べて、ヨーロッパの戦術は比較的遅めで、チーム全体での戦術に長けていて、技術的にもバランスが取れていて、パスワークが速くて、積極的なポジショニングで、試合のリズムをコントロールするのがうまいよね。中国のガードはそれに比べて差がありすぎて、ディフェンスでもオフェンスでもポジショニングが滅茶苦茶、一人がボールを持つと残りの四人はそれを見てるだけ、パスがうまくいかなくて当然。異常なのが、姚明が積極的に出てきてブロック、さらには姚明からのパスで攻撃が始まったりして、二人のフォワードがブロックに走り回ってるけど、だったらガードは何やってんだよ!ガードは突破はできないし、パスの失敗率も高くて、シュートのチャンスもうまくつかめず、シュートしたとしても命中率が低すぎ、ディフェンスは相手に振り回されっぱなし、相手のブロックにアウトもうお手上げ。。。。。。」
それでも日本より強かったはずだが。
続きを読む
posted by 楼主 at 23:29 | Comment(4) | TrackBack(0) | 中中友好

2006年12月02日

年末の社員旅行

Kさん
中国人はねずみにまで拷問するんですか。
それより我輩が驚いたのは、ポット二つ分の熱湯をかけてもネズミは死なないということだ。ネズミの生命力はすごいのぅ。

Hageちゃんさん
毛穴には皮膚ダニ(皮脂とか食べてくれる共生生物)がいるので、強い化粧品で殺してしまうと余計肌が荒れると知り、お湯で洗うくらいなのですが、以前より肌の調子はいいですよ。
こちらではその皮膚ダニを退治するためのものがテレビコマーシャルでもどんどんながされている。

せめて時差出勤すればいいのに、やろうとしないですね。
人が集中している都市では、その差が例えば6時間とかにでもならない限りあまり意味はなさそうだ。

バーコードのレジになる前は、たまにありましたね。
中国でもバーコードを使っているが、間違いはけっこうあるようだ。わざと間違えているのかも知れんのぅ。

中国のような自己のことばかりの国には幸せは永遠にやって来ないことがわかります。
自己のことを考えるのはかまわないが、あまりにも目先のことだけにこだわるのはよくない。漢人社会には先のことを考える余裕がないのだが、自業自得といってしまえばそれまでだ。

さて、今回の元スレはここだ。最近は私企業でも社員旅行をするところが増えているようだ。
続きを読む
posted by 楼主 at 20:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中中友好
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。